天宮光啓塾 生かせいのち(生き方塾)

天宮光啓塾 生かせいのち(生き方塾)

これまでの破天荒で型破な紆余曲折してきた人生から学んだことや、チベットや四国遍路修行で体験、経験をしてきたお話などを交えながらいろいろと綴っております。

また、天宮光啓塾 生かせいのち(生き方塾)開催に関するご案内やお知らせなども!






皆さん、おはようございます。

 

 

 

コロナウイルスの一日も早い終息を願い、

 

 

 

『光明真言』を一日一万遍を目標に、お唱えを続けております。

 

 

 

 

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、「緊急事態宣言」が発令されました。




期間は1カ月程度とされておりますが、

 

 

 

 

収束ではなく、完全に“終息”させるためにはまだまだ時間がかかる

 

 

 

 

個人的にはそのように感じております。

 

 

 

 

したがって、光明真言をはじめ、お不動様の真言もさらに継続的にお唱えしていきたいです。

 

 

 

 

 

※ 台湾の兄弟弟子のお寺の名前は、この光明真言から名づけられました。

 

 

なお、光明真言をお唱えする際に、

 

 

 

「金剛合掌」の印を結びながらお唱えしてはいかがでしょうか。

 

 


 

 

密教には、三密(身・口・意)というものがあります。

 

 

 

 

簡単にいうと、私たちの言葉の三つが、仏様と同一であるという教えです。


 

 

 

つまり、印を結ぶ(身)、 真言を唱える(口)本尊を思い浮かべる

 

 

 

 

そうすれば、仏様方と一体になれる、

 

 

 

 

さらに付け加えれば、仏様がいつもそばにいてくださる

 

 

 

 

そのことを実感できるようになる


 

 

 

ただし、月夜に暗雲が立ち込めるがごとく、心に迷いや不安、疑いの気持ち、猜疑心などがあれば、

 

 

 

 

せっかく仏様がそばにいてもなかなか気づくことができない。

 

 

 

 

ですから、真言や陀羅尼、お経をお唱えする時、

 

 

 

 

まず最初に、合掌礼拝(がっしょうらいはい)をして、

 

 

 

 

自己に向き合い、

 

 

 

順に、懺悔(さんげ)、三帰(さんき)、三竟(さんきょう)、十善戒(じゅうぜんかい)

 

 

 

発菩提心(ほつぼだいしん)、三昧耶戒(さんまやかい)、

 

 

 

そして、開経偈(かいきょうげ)をお唱えいたし、仏様を心に観ずる。

 

※ 高野山真言宗「仏前勤行次第」を参照

 

 

 

 

恭(うやうや)しく みほとけを 礼拝したてまつる・・・

合掌礼拝(がっしょうらいはい)

 

 

 

無始(むし)よりこのかた 貪瞋痴(とんじんち)の煩悩(ぼんのう)にまつわれて

 

 

 

身(み)と口(くち)と意(こころ)とに造るところの

 

 

 

もろもろの つみとがを みな悉(ことごと)く懺悔(さんげ)し奉(たてまつ)る・・・

 

 

 

 

 

 

それでは、本日も仏と共に。

 

 

 

生かせいのち

 

 

 

 

南無大師遍照金剛

 

 

 

 

合掌