日本語教師 in メルボルン

日本語教師 in メルボルン

オーストラリア・メルボルンの日本語学校です。
お仕事の内容や学校での出来事、メルボルンの魅力など
さまざまな情報をお伝えしていきます!









NEW !
テーマ:

ブログを読んでくださっているみなさんこんにちは!

私事ですが、2年8ヶ月のメルボルンでの日本語教師生活を終えました。

 

メルボルンへ来た2年8ヶ月前は本当にメルボルンのことも日本語教師についても右も左も分からない状態で、日本語を話しているのにこんなにも日本語のことを知らなかったんだと愕然としたのを覚えています。

何も分からなかった私に周りの人が丁寧に教えてくれたのは本当に心強く、私に後輩ができたら自分がしてもらったように助けてあげよう!と思っていました。

 

そこから2ヶ月程の研修を終え、無事に日本語教師になることができました。

それからが本当のスタートでした。始めてから今まで2年8ヶ月ずっと走り続けてきました。本当に毎日が楽しくて、仕事なのにこんなに楽しくて良いのかと思うほどでした。もちろん、良い事ばかりではなく自分の準備不足で悔しい思いをした事、伝えたいことが伝わらなかったこと、いろいろなことがありました。でも今こうやって思い返すと良い思い出しか思い浮かばないので不思議ですよね。

 

良かったなと思うことは失敗を恐れなかったことです。

前の自分なら失敗を恐れ、できなかったことに挑戦ができました。それは失敗しても大きな心で受け止めてくれる人が周りにいたからだと思います。

 

私にとって一番の宝物は人との出会いです。

学生はもちろん一緒に働いた先生達、事務の方、そして学校の建物の中に入っているカフェのお兄さん、お姉さん、ビルの管理人さん、学校の建物の横にあるコンビニのお兄さんなど、、

 

皆さんから学ぶことが多く、そしてみなさんのサポートがあり、私のメルボルンでの生活が

特別なものになりました。感謝の気持ちでいっぱいです。

 

私はメルボルンで勉強したことを基盤に次の場所でも私らしく、楽しく日本語教師としての腕を磨き、日本語の繊細さ、日本文化の素晴らしさを伝える架け橋でありたいと思っています。

 

ご縁があり、私と出会い、関わってくださったみなさん、本当にありがとうございました。

 

人との出会いは素晴らしいものです。いろいろな人と出会えるこの職業を私は心から楽しんでいます。今、迷って居る方がいましたら、是非してみてください。学生のわかった、楽しかった、の顔を見ると大変だったことや心配は気にならなくなります。

 

ではメルボルンの綺麗な景色の写真で終わりにしたいと思います。

みなさん、これからもJICのブログ、応援よろしくお願い致します!

 

 

 

 

 

 

 

―日本語教師育成プログラム―
弊社ではインターンシップ生の育成を行っており、目的にあわせた2つのプログラムをご用意しています。
①教壇に立って日本語を教えたい方向けインターンシッププログラム 教壇で自信を持って教えられるように教師に必須の技術や知識、教案作りの方法をしっかり身につけていくプログラムです。

 インターンシップのプログラムの詳細はこちらから↓

https://www.japanese-teacher-internship.com/


②インターネットで教えたい方向けのプログラム (2018年9月開講) 日本語教師の勉強をしたことがない方が対象のビギナー向けの講座です。日本語の学習をしたことがない「ゼロ学習」の生徒を対象にe-ラーニングで日本語を教えるノウハウを学びます。

 インストラクターの詳細はこちらから↓

 https://www.polyglots.net/information/japanese-teacher01/

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス