「神の7秒間」って知ってる?

テーマ:

最近、ちょっと「筋トレ」に興味が出てきている。

 

そう、完全にカッコいいパパキャラを狙いに行っています。ええ。(どーん)




で、筋トレについて詳しい友人と色々と話していたら、
「神の7秒間」って話になった。




「神の7秒間」

 

 

 

これ知ってますか?



僕は全然知らんかったっす。







なんか筋トレのメソッドみたいなやつで


詳しくはしらんけど、簡単にいうと、






もう無理!!!!






絶対無理!!!!






これ以上は無理ぃぃぃ!!!!!






って、




もう完全に出し切っちゃった状態からの「7秒間」が
筋肉が鬼のように成長する時間らしいのです。





だから、トレーニングして出し切ったあとの7秒間で、
腕立て1回でもいいから動くことが筋肉を付けるのにファイヤー効果を発揮するらしい。






そこまで追い込んだ状況でまだ動かそうとすると
脳みそが「あ、やべっ!今以上の筋肉が必要だ!」って思うから筋肉が付きやすいらしいのだ。


(別に調べていないので間違っているかもw)







で、この



「限界を超えてからが勝負でしょ!」



みたいなノリって



望んでいる、望んでいないもかかわらず
僕たちの人生でもよくあるよね(苦笑)









もう無理!!!!





絶対無理!!!!





これ以上は無理ぃぃぃ!!!!!





いや、神様、ガチで無理だってぇぇぇえ!!!!!!






みたいな状態(笑)






いわゆる、自分の限界を超えたような状態になっちゃって、、、、

 


でも、、、意外となんとかなっちゃったあとって

自分の器が大きくなっている感じしませんか??






うぉおお!!!完全に無理だと思っていたのに、
なんとかなっちゃってるよ!!!



みたいな経験って、きっとあなたにもあるよね?





そして、その後にまた同じようなことが起きても、

もう「そんな無理」だと思っていない。


「あ、これね。まあなんとかなるっしょ」


みたいな感じで、ちょっと前までは大問題に感じていたものが、

あんま大した事ないことになっていたりするよな(笑)





これって、自分の限界(だと思っている)を超えちゃった状態から
なんとかなるという経験
をしたから、自分が鬼クソファイヤーで成長したのだと思うのです。


ってゆーか、そんなこと屁でもない自分を「思い出した」のかもしれない。






だから、逆にいうと、

 

僕たちは「自分の器を大きくしよっかな〜」って思ったら
限界(だと思っている)を超えるような状態を、引き寄せるものなのです。

 

 

 

 

そこで、筋トレで筋肉をつけるように、

「人生版、神の7秒間」を体験して自分の器を広げるのだ。

 

 

 

 

 

だから、もしあなたの周りで、

「神さまガチで無理なんっすけど。。。」状態の人がいたとしても、

 

 

それは自分の器を広げようとしているだけなのかも知れない。

 

 

 

 

 

そんな時に無理やり助けようとしちゃダメだぜw

 

 

筋トレでも「神の7秒間」中の人は死ぬほど苦しそうな顔をしているからなww

筋トレ中に邪魔するよなものだからなww

 

 

 


「めっちゃ苦しんでいる人」=「筋肉ムキムキになろうとしている人」

 

 

くらいに思ってOKかと思います。

 

 

 

 

「あ、この人は神の7秒間中なんだな」って温かく見守ってあげるのだ(ᵔᴥᵔ)





これは天使の時間なのだ♡
image

↑家に帰ったら靴下こんな感じで履いてしまうよな??ww

 

 

 


椎原 崇

 

 

椎原崇の情報はメルマガを中心に発信しています。

 

メルマガは大変多くの方に購読いただいており

「毎日メールが来るのが楽しみ!」

「マンガを読むように読めてめっちゃ役に立つ!」とめちゃめちゃ好評です!!


僕のコンサルや講座、お楽しみイベントはメルマガのみでご案内することがほとんどなので、


ぜひメルマガ登録しておいてください(*^^*)

もちろん無料で、ウザくなったら速攻解除できます。

 

 

「椎原崇公式メルマガはこちらから」↓

 

 

 

 

リブログ(9)

  • ”「神の7秒間」って知ってる?”

    こんばんは。本日2記事め。パーソナルトレーナーの大畠美保です。「限界を超えてからが勝負でしょ!」筋トレする人には常識の話ですね。それは人生にも言えると、確かにその通りだったなと思います。苦しんで苦しみきった先に広い心があった。壊れてしまうほど無理することはないけれど、限界を感じたところの、あと一歩の…

    大畠美保

    2017-12-06 18:52:32

リブログ一覧を見る

コメント(6)