プロ車いす陸上選手 廣道純オフィシャルブログ「これがヒロミチジュン」Powered by Ameba -2ページ目

キャンベラトラックミート2018

キャンベラレースは

400mが54秒15で3位
800mが1分42秒06で3位
1500mが3分20秒36で8位

でした。

次はシドニーのトラックレースです。
重いトラックでゲーム的な賞金レースがメインなので楽しみながら、26日の10kmに合わせます。

{6AB1DBA1-E927-4A29-B436-2CBB4175AC1C}

どこまでも続くハイウエイ。キャンベラーシドニー3時間の旅。

サマーダウンアンダー2018

まだまだ着いてすぐで暑さに慣れてないけど、キャンベラのレース初日、行って来ます。

400m

1500m

100m

の3種目です。


2017年もたくさんの皆様にお世話になりました。

一年を振り返っても最近の事しか思い出せない今日この頃です。
歳のせいなのか、それくらい出来事が多過ぎたのか、はたまた、単に物覚えが悪いだけなのか…

でも、間違いなく今年も最高に楽しい1年であったことは言うまでもありません。

初めてお会いした方も、何回も会ってくれた方も、久しぶりに再会した方も、本当に皆さんありがとうございました。


2018年は完全復活の年と位置付け、2020年東京パラリンピックに向けてスタートを切ります。

来年も皆様の温かい変わらぬご声援をよろしくお願いします。


2018年のシーズンスタートは1/17〜27のオーストラリア、サマーダウンアンダーシリーズからです。真夏のオーストラリアでガンガン戦って来ます!

先日、東京で取材を受けた記事です。

先日、東京で宮前真樹ちゃんと美味しい食事を楽しんだんですが、実は取材を受けてたんです。
{8CDDFA21-4902-4551-84F1-E8EB7D395ADC}

{BB9E5305-65FD-4E52-93F1-0CF74A24917B}

その記事が公開されました。
身体に良いオイルについて、アスリートの健康管理についてなど、書かれてます。

ダイエットや便秘改善、代謝アップいろんな効果があると言われてます。

良かったら参考にしてみてください。

http://beautyoilkitchen.com/study/


スランプから抜け出せそう

今年は例年より早くシーズンが終了し、
すでに1週間の完全OFFも終わり、来シーズンに向けて走り込みを始めています。

というのも、2年前に胸郭出口症候群という神経系の故障により思うように走れない日々が続いてたんですが、ひょんなことから抜け出せそうな感じがしていて、練習が「キツい」から「楽しい」に変わって来たんです。


そもそも、胸郭出口症候群というのは、首の筋辺りや、鎖骨の下の神経を筋肉が圧迫して脳からの指令が正しく伝わらなくなってしまう病気で、
原因は筋トレのし過ぎだったり、ストレッチ不足だったり、加齢による筋肉の硬化であったり、
子供を腕枕してた事だったりといろいろあったんですが、結局、思うように走れなくかり、
不安になるからポジションやグローブの形を変えたり、迷走を続けてしまってました。

2年間です。まぁ、コーチがいないので、客観視出来てなかった事も要因の一つですね。

それが、たまたま新しいグローブを作って、気持ちを新たに走り出したんですが、少し手首が引っかかる感じがして、ポジションを気持ち前方にズラしたんです。
{90BD6FC9-6723-4F34-8D5A-BAE39B8E3363}

{C42ED220-FAA3-4DF0-8154-E01EB45239BE}


そしたら、そこから急に体重が乗るようになり、腕の力ではなく、上半身の体重を乗せてしっかり漕げるようになりました。つまり、腕が疲れにくくなったんです。

26年も走ってて、故障する以前は自然にその理想的なポジションになってたのが、一旦狂うと元に戻れず…という感じでした。それが、偶然、辿り着いた感じです。情けない…笑

ということで、何が言いたいかというと、車いすを漕ぐのはただ単に練習するだけではなく、
秘伝のタレのようなちゃんとしたポジションを腕の長さや体型、グローブの形とマッチさせるという事がめちゃくちゃ重要なんです。

また、何年か経った時に忘れてそうなので、書いておきます。

どんなスポーツでも共通すると思うので、よかったら参考にしてみてください。


明日もガンガン走り込もう!