ネットにはフェイク情報が多い。
私の所に来る相談者も、フェイクを信じている人が多い。

例えばこれ。

https://youtu.be/tCgXBgvLoDA

「携帯に*#060#を入れると盗聴されているか分かる」と言う物だが、それ入れて表示されるのは携帯の固体識別番号であって、盗聴とは何ら関係が無い。

この動画の人は「電話すると」と言っているが、端末情報を呼び出しているだけで発信はしてない。

これ、ワンクリック詐欺で、個人情報を抜かれたと思い込ませる手口で使われていた物でもある。

ワンクリック詐欺では、この携帯の識別番号を表示させる事で、電話番号や住所などの情報を取られたと思い込ませていたのだが、これを知られたからと言って何の意味も無い。

早い話、携帯の固体識別番号とは製造番号の事で、製造番号を知られたからと言って何も出来ない。

製造番号なんて物は、不具合が生じた製品の工場のラインチェック程度しか使い道が無い。

AD
この動画の13:25からのお話し。

まあこれが「集団ストーカー」なる物の本当の被害だろう。

いや、そんな事は生温い方だ。


思い返せば色々な事があった。


その1
盗聴調査を依頼して来て、調査したら「お金が無いから出世払い」と言った人。

その2
調査料金は犯人から貰ってと言った人。

その3
フリーダイヤルでの相談であまりに電話代が高額になった為、フリーダイヤルを廃止したら「何でフリーダイヤルをやめたんですか、お金が掛かるじゃないですか」とクレームを入れてきた人。

その4
フリーダイヤルにしていた時に、夜中の2時3時でも、当然のように電話してくる人が如何に多かった事か。
そうした人に限って、2時間は当たり前に話す。

その5
調査直後に結果報告と支払いの約束で、張り込み調査を依頼して、調査終了後は居留守。
そして数ヶ月経ってから金を払わず電話で結果だけを聞こうとした人。

その6
閉めてあるシャッターを開けて、私の家の中に勝手に入ってきた人。

その7
出張調査を依頼しておきながら、当日出発の時に確認をしてから行ったのに、到着するとインターホン越しにキャンセルした人。

その8
調査に呼ばれた行ったら、警察に「犯人がここにいます」と通報した人。

その9
電話に出ると「あんたが犯人?」と言い、それ以降無言電話をかけ続けた人。

その10
自身のブログで「殺します」と書いていた人


これらがベスト10と言った所か?


こうした「被害?」を受けて始めて分かる。

そんな事してたら「狙われる」と思えて当然だよね。
AD

選挙も近いので、2011年の都知事選に立候補していた人の政見放送を題材にしてみよう。


2011年都知事選政見放送



この動画の2:17から「オブラートで包まれた情報の断片からでは見えない決して伝わっていない真実の姿、それらを全て検証し変えていく事が、現職には無い私の強み」と言っているのだが・・・


そして、5:00から始まる「方位磁石」の話し・・・

人体を蝕む強力な電磁波を発生させる装置が、東京の街中に数十年来埋まっているって・・・オイオイ。


なるほど、選挙を主張を伝える道具にしている訳ね。


で、この人がUPした動画を見てみよう。


城北公園を方位磁石&トリフィールドメーターで計測


0:48に「自宅とか電気の常にある所と比べると、かなりレベルは低いと思います」


当たり前だろそれ。

政見放送で「埋設」と言っていたが、埋設されていない事を証明してるし・・・



豊島園駐車場にてバイクを方位磁石&トリフィールドメーターで計測

バイクのエンジンをかけたらトリフィールドメーターのレベルが上がるって・・・

当たり前だろそれ!

エンジンの仕組み知らないのか?


プラグでスパークさせてガソリンを燃やしている訳だから、スパークする時に電磁波は出るし、発電するのにエンジンでダイナモ回して発電してるんだから、エンジンをかけたら電磁波が測定されるのは当たり前だろう。


「先ほどは電場もかなり針が指していた」と言っているが、その部分の映像が映ってい無いという事は、電場の針が動いていた時と、向きや場所が違う事が考えられる。


まあ何と言うか「フレミングの左手の法則」を思い出した方が良いと思う。



電磁波測定器自宅内全ての照明計測異常は2か所part1
家の中の照明器具を色々調べてはいるのだが・・・


何と言うか・・・白熱灯と蛍光灯では反応が違うのは当たり前なんだけどね。


この人、主に磁場を調べている。

蛍光灯の安定器は重ねた鉄板にコイルが巻かれている。

そのコイルに電気が流れている・・・・・・・つまり電磁石と同じ構造になっているから磁場は計測される。


白熱灯やLEDには安定器が無いから、磁場はほとんど計測されない。

また、白熱灯はフィラメントが発熱して光っているので点滅はしていないのでチラつきは出ないが、蛍光灯は+と-が入れ替わる時に60Hz地域では120回、50Hz地域では100回点滅しているから、蛍光灯を写すとチラつきが出る。


自宅内方位磁石&トリフィードメーターによる計測

いやはや、そんな超微弱な磁場を調べて何の意味がある?


この手の方位磁石って、時々振ったりして使う事もある。

何故なら、針と磁石との摩擦で途中で止まる事がしばしばある。

その時、少し振ったり、軽く叩けばちゃんと方位を示す。


磁石が方位を示したら、一度振ったり叩いたりして、磁石の向きが正しいかを確認するのは、磁石と地図を使って登山やらサイクリングをした事がある人なら、常識だと思うぞ。


この人の実験でも、違う方向を向いている磁石を軽く叩けば、恐らく針の向きは正常な方角を示すと思う。




携帯電話充電器電磁波操作による誤作動充電止まる


多分それ、使用しながら充電しているからじゃないのか?

使っていれば電池は減る。


減ったら減った分を充電する。

それを繰り返しているだけじゃないのか?


普通に充電が完了して、メールを1通を送って、再び充電器に入れれば、少しの時間充電して充電ランプは消える。


使用しながらの充電は、それを繰り返している訳だ。


不思議でもなんでもないし、ましてや電磁波とは無関係の事だろうに・・・


それよりも、この映像の画面「○○ネットワーク」・・・・・八街、再びかよ。




何だかな~、磁場や電場が有るべき所で測定して「こんな所に磁場が!」とか「こんな所に電磁波が!」とか騒いでいるだけじゃん。






AD