You're My Heart! You're My Soul!!

You're My Heart! You're My Soul!!

自然、料理レシピ、国際情勢などを取り上げています。

Amebaでブログを始めよう!

2018年12月22日

今回の観劇は・・・❝クロッシング・クリスマス・クリアランス完全版❞

 

今回の劇場は・・・

東京都新宿区❝新宿村LIVE❞

 

 

1960年代の米国ボストン

移民に対する世間の強い風当たり、陰の部分を、クリスマスという明るい華やかな時の流れに乗せて描いた作品。

 

明るい印象で始まるオープニング

その印象を容赦なく削り取っていく悲劇的なストーリーと意外な結末。

1人の少年が子供から大人へ成長していく過程を、陽と陰の二つの世界のフィルターを通して表現されています。

 

 

 

ハイネ玩具店、ユダヤ系移民によって営まれている店舗

店主であるハイネと二人の息子、兄レニーと弟アル。

 

「ちゃんと大人になったら・・・」

弟のアルは大人になったら、店を継ぐことを決めていた。

しかしこの店の奥には、アルも中を見たことがない秘密の部屋があった。

実はこの部屋こそ、ハイネ玩具店の正体そのものであった。

 

ボストンには犯罪シンジケートが牛耳る裏社会が存在した。

ハイネ玩具店の息子 兄のレニーはその裏社会に足を踏み入れるようになり、そこで名を馳せるようになる。

 

ある日、対立するイタリア・マフィアの総攻撃を受け、関連施設や組織網が破壊され壊滅状態に陥る。

しかしハイネ玩具店だけが被害を受けなかった。

ここで謎が解ける。

なぜハイネ玩具店が被害を受けなかったか。

それは店主のハイネが闇組織のトップだったから。

ユダヤ系移民のハイネは、差別と迫害の中、生きるために闇組織を作った。店の秘密の部屋には、麻薬などの密売品が隠されていた。

 

 

クライマックスは2つ。

一つ目は組織のトップであるハイネと、組織を壊滅させた息子レニーが短銃で撃ち合うシーン。

親子の相打ちという移民問題をめぐる悲劇の結末がそこにあった。

 

その後、父と兄を失った弟アルは孤児院に入ることになる。

クリスマスの日、サンタの姿をした兄レニーが、ハイネ玩具店に置いてあったおもちゃの人形とともに、メッセージを伝えにアルのもとへやって来る。

「いつか息子か娘ができたら・・・

サンタはいると言ってやれ。それに相応しい父親になれ。

それができれば大人だ」

このシーンがもう一つのクライマックス。

 

 

もしかしたらサンタクロースは、子供の世界ではなく、本当は大人の世界に存在するものなのかもしれません。