頑固親父はじめのブログ

頑固親父はじめのブログ

自称/感謝と愛の心であふれる頑固親父

カンボジアに行ってきました。

 

久しぶりに記事を書かせて頂きます。

「海外をもっと知ろう!」という顧問の先生のお勧めで、女房殿と二女の三人でカンボジアに行ってきました。

6月12日朝7:55福岡をベトナム航空で出発、ベトナムのホーチミン(旧名サイゴン)経由でカンボジアのプノンペン空港に現地時間19時(日本時間21時)に到着。13時間かかった。

数日前に顧問の先生が現地入りしておられ、迎えの車を手配してくれていたので待ち合わせ場所に向かう。

image 

カンボジア/プノンペン空港

この後がビックリ!

車とバイクで大渋滞いや溢れている市内を走ること約1時間・・・着いたところがどこでしょう?なんと、北朝鮮レストランでした。それも私たちがTV等でよく見る外貨稼ぎの本格的な北朝鮮料理店でした。

先生もやりますね!まさかの演出、びっくりしました。

そこで先発組の十数名と合流、私たちの到着を待ちくたびれていたようで、

挨拶紹介なしにすぐにビールで乾杯。

料理を味わう暇なく、すぐにショーが始まった。

さすが北朝鮮という位に美人が揃っていた。歌、踊り、ドラム演奏、吹奏バンドと素晴らしかった。

ここでは室内での写真撮影が禁止でした。紹介できないのが残念・・・

image

 北朝鮮レストラン店舗の看板

 image

帰り際に見送ってくれた

その後、宿泊のレジデンスマンションに向かい、疲れていたので私は即眠りましたが、女房殿達はツクツクというカンボジア独特の小型三輪タクシーに乗って近くのマックスバリューに水やジュースを買いに行きました。彼女たちは元気!

image

宿舎19階からの市内中心部

翌朝13日は、朝食は近くのレストランからの出前の洋食(サンドイッチとコーヒー)を食べる。それから、午前中はカンボジアの経済他成長に関してのレクチャーを受ける。

午後は、今回の主目的の「タヤマ」ビジネススクールを訪れた。

どんなところかと言うと、日本人の田山という方がカンボジアの若者にとって今何が必要かと尋ねたら「教育」と「雇用」が必要と答えたので、2007年に、慈善事業的にスクールを開設し、現地及び日本に人材を届ける事業を始めたそうです。

なにしろ貧困国なので、勉強できない環境の子供を迎え入れている。2年制で一年間の授業料は僅か25USドル(日本円で3000円弱)とのことでした。

これじゃ運営が厳しいのは当たり前ですね。

全部の運営費をボランティアで賄っているとのこと。過去何回もスクールの閉鎖の危機があったとのこと。

一年目は昼間に授業を行い日本語と心の勉強をし、二年目は昼間アルバイトをし夜間に授業を受けているそうです。

皆が日本語を学び現地か日本に行って仕事がしたいという「JAPAN DREAM」を描いている。

訪れると、一年生約100人以上の生徒が一堂に集まり我らを迎えてくれた。

彼らの前で私たちが自己紹介し、約2時間以上、日本人一人に約20人の生徒で小ミーティングを行いました。

キラキラ光る目、一生懸命な様子、彼らの向上心や真摯な態度等・・・熱き情熱に感動しました。

近い将来に彼や彼女達を日本に迎え入れることができるとよいなと思っております。

image

 生徒の前で挨拶する女房殿

 image

生徒たちと話をする私

 image

生徒たちと記念写真

その後、先生の提案で、1時間ほどメコン川の遊覧船を楽しみました。

気温が35度だったので船の上でも扇子が大活躍、暑かった。

image 

メコン川沿い風景

image 

船上で「ハイーチーズ!」

image

船から下りてココナッツジュースで喉をうるおす

汗ビッショリになったので宿舎に戻りシャワーを浴び夕食に向かいました。

夕食はフランス料理でおいしかったです。

そこで先発組と別れ、彼らは帰国のために空港に、我らは宿舎に向かい眠りにつきました。

 

翌14日、朝食は前日同様の出前のブレックファースト、サンドイッチとコーヒー、それなりにおいしいのですが、コーヒーが小さなカップ一杯のみ、ルームサービスならコーヒーはポットに2杯分入れて持って来いよ!と言いたかった。

ホテル業の経験者がいない証拠ですね・・・

午前中は、首都プノンペンの生活ぶりを覗いてみました。色々と市場を見、巨大なイオンモールも見てきました。外観も内装も日本と全く同じ、カンボジア人で賑わっていました。日本にいるような感覚になりました。

昼食は宿舎に長期滞在している日本人でカンボジアで日本語を教えている方と知り合い、その人の紹介のイタリアン料理店(PIZZERIA MATTEO)に行きました。

イカスミスパゲッティーとマルゲリータピザを食べました。おいしかった!

image

イカスミスパゲティ、真っ黒・・・おいしかった

 image

マルゲリータ、おいしかった!

 image

誰でしょう?この美人は。

それから宿舎に戻り帰国準備をし空港に向かいました。

カンボジアのプノンペン空港を17:45(日本時間19:45)に離陸し、ベトナムのハノイに向かった。着陸したので機外に出ようとすると、「あなた達は座席に座って待て!」と言われた。

何事かと思っていると、そこはラオスのビエンチャン空港だった。経由便だったのです。知らなかったのでビックリでした。

機内で待つこと一時間、再離陸して無事ハノイ空港に着陸。ヤレヤレ・・・

それから4時間空港で待って、日本時間15日03:30ハノイ空港から福岡に向けて出発、福岡に07:30到着でした。

この深夜出発便は、さすがに大変でした。

観光旅行では過去かなり色々と行ったのですが、この十数年の近隣諸国・諸外国の発展成長ぶりに驚くと同時に「日本も頑張れ!」とエールを送る「頑固親父はじめ」でした。

明けましておめでとうございます。
昨年後半は忙しくてブログをなかなか書くことができませんでした。
正月になり、ブログを半年ご無沙汰していることに気付き
昨年11月に弊社顧問の先生が主催する「ドバイ経済視察ツアー」に参加しましたので、その内容を書かせて頂きます。
 
11月21日韓国仁川空港経由で、UAE(アラブ首長国連邦)に向かいました。
現地滞在4日間、睡眠時間3~5時間、歩くこと毎日10km、強行軍でした。今回のUAE訪問での最大の収穫は「世界観」が変わったことです。UAE(アラブ首長国連邦)は、それはそれは豊かな国でした・・・国そのものが、オイルマネーを原資として、全世界を対象にファンド(投資)で儲けています。
王様の専制国家ですが善政を行っているので国民から尊敬されています。
そして、あらゆる面で全世界を視野に入れて経済活動しています。
人と富がUAEに集まるように動いている。
 
ツアーガイドさんの話によると、
国民は約200万人で一人2000万円程度の年俸とのこと、
一夫多妻制度で7人まで奥さんを持っていい、結婚したら一戸建ての家を無料でもらえる、医療費、教育費無料、税金なし等々・・・但し、一日5時間は働くことが義務付けられているとのこと。
何もかもが「新品」、道路は広く、片側3車線の高速道路、無数の高層ビル、整備された綺麗な街並み、圧巻でした。
スーパーで買い物したのですが、物価は食料品などは安く、日本と同じか少し高いくらいです。
高級ホテルやレストランなどで食事すると高いです。日本と比べると3倍~5倍くらいかな・・・
水はすべて海水から真水に変えて使っている。ペットボトルの水は日本円で一本30円でした。
日本では海水から真水に変えるコストが馬鹿高いと聞いていたのだが・・・
芝生とか緑地帯に、その水を散水機で惜しげもなく使っている・・・
 
医療特区、DAMAC(投資会社)、グローバルビレッジ等の主だった経済視察及び観光地を見て回りました。
ドバイからアブダビも行きました。その途中で巨大な大学(ユニバーシティー)特区、見渡す限りと言ってよい位広大な敷地でした。世界中から学生や研究者を集めるそうです。規模の大きさ、やること考えていることのスケールの大きさにショックを感じました。空港も今ですら世界最大級のハブ空港なのに、現空港の近くに今の10倍程度の空港を建設中で近々オープンし、世界最大のハブ空港になるとのこと。あれもこれも桁外れのスケールなので、「ウーン」と唸るだけで次の言葉が出ず、圧倒されっ放しでした。
食事はおいしく、超高級ホテルでのランチ(バイキング形式)では、日本の寿司(本格的)もあり、おいしかった!
すべての食事がおいしかった。日本人の口に合う味でした。酒はご法度の国でしたが観光客には寛容でそこそこ飲めました。
 
しかし、ツアーガイドさんの話によると、
豊かなUAE国民、それを支える下働きのWORKER(労働者)主にインド人やフィリッピン人等が約700万人がいて、彼らは、月給10万円~15万円程度で働いているとのこと。
彼らはUAEの国民でないので上記のような特典はなく、比較的簡単な入国審査で単純労働目的で入国し働ける制度を作り、自国で働くより少しでも多く稼げる・・・そのような人を集めているとの事でした。
ホテルとかレストランとか駅、建設現場、空港とかで働いている人はほとんどがそのような人達でした。
納得し合意の上の雇用とも言えますが、それにしても、貧富の差が極端すぎるなあ・・・と、私は感じました。
UAE自国民は豊かです。しかし、その3倍~4倍の下働労働者をベースにしている。
このような国作りシステム(やり方)で良いのだろうか・・・私の心は複雑に揺れ動き、納得できませんでした。
今後の日本国の在り方を考えると複雑な心境になりました。
 
弊社もベトナムから実習生がいます。制度が変わって長期滞在ができるようになるかもしれません。
私は日本人と差別することなく「力量」に応じて平等にやっていきます。
グローバルで成功するためには「その心」が必須と確信して帰ってきました。
そして、もっともっと大きな目標を鮮明に描き、実現させる。
そして「UAE以上の豊かで幸せな会社・国創りをするぞ!」と、大きな夢を持ちました。
私,頑固親父「はじめ」の正月初夢としてお聞きください・・・

 

 

DAMACのリレーションシップマネージャー「アナスターシャ」さんと記念写真

トランプ大統領の会社が運営するトランプゴルフ場で昼食、DAMAC会社説明受ける

王族の方の正門前で女房殿と

 

高級車の中古車専門店でロールスロイス1800万円の側で

レストランSERAFINAからの素晴らしい展望

ドバイ博物館

ドバイ博物館入口前で

アブダビグランドモスクで女性は羽織(マント)着用が義務付けれれている

ジュメイラエディハドタワーホテル(超有名)でランチ

世界一高いバージュカリファの最上階からの展望

立ち並ぶ高層ビル群

ルーブル博物館前でランボルギーニのタクシー

夏休みに孫三人連れて沖縄に行ってきました。

 

5月頃だったかな、一番上の孫娘(16歳)が私に三女の孫二人(7歳と5歳)を連れて、沖縄に行こうと言う。

理由は「爺ちゃん婆ちゃんとの旅行がとても楽しいことを教えてやりたい!」と、言う。

さすが、孫娘。私が納得し動くように、私の弱い処をしっかり攻めてくる。

「それじゃ、行かないわけにはいかない、行こう!」ということになり、長女に安いツアーはないか段取りをお願いする。

2ケ月前予約できる「早割」とかで安い航空券を手配してくれた。片道1万円、安い。

そうこうしている内に、夏休みに入り、お盆にかけて二泊三日で沖縄旅行に出発!

一番上の孫娘だけでは、下の7歳と5歳の孫の世話は大変だということで四女が自費で参加してくれました。

直前に予約したので高い費用になったようですが、来てくれて助かりました。

一日目は、那覇のホテルに着きプールで遊ばせ、夜は国際通りの鉄板焼きのキャプテンズインで食事しました。

大人の雰囲気を味わえて喜ぶ二人、良かった。

二日目は、沖縄に来たからには「海水浴」を楽しまねばと、朝、那覇のホテルを出発して、中部に在るビーチ(ルネッサンスリゾート)に孫たちを連れて行きました。

天気が良く、真っ青な空の下、蒼い海、白い砂浜、ビーチに開くパラソル、まさにハワイと同じ雰囲気・・・・・素晴らしい!

孫たちのテンションが一気に上がる。興奮して、海・海・海と叫ぶ。早く海に入ろう!爺ちゃんも孫たちに引きずられて海に入る・・・

7歳と5歳の孫は大喜びで、海から上がろうとしません。

私と、一番上の孫娘、そして四女で交代で付き添ってこの二人を遊ばせました。

二日目の夜は、戻ってホテルのプールサイドでバーベキューを楽しみました。

三日目帰る日も飛行機が午後3時発の便だったので、孫二人は朝から昼近くまでプールで大はしゃぎして楽しみました。

孫たちとこんなに楽しい旅行をできることに、天に有難く感謝する「頑固親父はじめ」でした。

那覇 国際通 キャップテンズインで

乾杯!

海水浴楽しいなあ・・・

おいしいぞ~

カヌーに乗ったよ!

漕ぎ方わからない・・・

ビーチで昼食

女房殿と綜志君 楽しくてたまらない。

プールサイドでバーベキュー。乾杯!