頑固親父はじめのブログ

自称/感謝と愛の心であふれる頑固親父


テーマ:

ハワイでグライダーに乗ってきました。

 

お盆休みにハワイに行ってきました。

結婚45周年を記念して娘たちがセットしてくれました。

ありがたいことです。

メンバーは私たち夫婦と孫二人の4名です。

今回は三女の長男/綜志君(小学1年生)をハワイに連れて行くことになり、そのお世話役を孫娘の莉子15歳にお願いしての旅行になりました。

8月8日夜、福岡発ホノルル直行便で出発しました。

image

機内1泊、現地で5泊のJTBのフリープラン、宿泊はヒルトンビレッジのレインボーホテル、ワイキキ海岸にある素晴らしいホテルです。

私たち夫婦は「のんびり、ゆっくり」が目的でしたが、小学1年生の孫は連日朝から「海、プールに行こう」で、そのお蔭で皆、真っ黒に日焼けしました。

海の中にも一緒に入り泳ぎましたので、運動不足で錆びついていた私の体から、「錆(さび)」がとれ節々の痛みがなくなりました。

水泳は凄い効果があるなと改めて気づきました。

image

部屋からダイヤモンドヘッド、ワイキキ海岸を見る

image

さあ、俺は泳ぐぞ!

image

image

昼食は浜辺の「海の家」で食べました。

image

焼きそば、おにぎり、カップラーメン・・・ここハワイ?

 

4日目にJTBの無料のオリオリバスを利用してダイヤモンドヘッドに行きました。

imageJTBオリオリバスに揺られて・・・

 

image

サングラス似合うでしょう・・・

 

5日目に10数年まえから知り合いになったヒロさんに電話して、半日観光をお願いしました。孫がものすごく喜びました。

image

リムジンの中で寝そべったりして、楽しくてハシャイデいる孫

 

ヒロさんは日本人です。個人でリムジンを購入し現地で結婚式を挙げる人を相手に仕事をしておられます。

前回5年前に行った時にも、ヒロさんに案内してもらって、ノースショアでグライダーのアクロイバット飛行を体験したので、今回も予約していないが行ってみようということになり約1時間ドライブを楽しみながらノースショアのデリンガム飛行場に行きました。

受付の女性に「グライダーに予約なしで乗れますか?」と尋ねると「OK!」とのこと、その時、今まで高所恐怖症とか言っていた小学1年生の孫「綜志」君がグライダーに乗りたいと言い出した。

それで、アクロバット飛行を止め、孫と二人での遊覧飛行に切り替え

私と孫で後部座席に乗り(後部座席には操縦稈がついていない)、飛行機曳航(軽飛行機がグライダーをロープで引っ張って飛行)で出発。

孫が怖がるかと思っていたら、「凄い、楽しい」の連発、感動した様子。

上空で泣き始めたらどうしようと心配していたので、ホッとしました。

約小1時間ノースショアの山沿いにフライトしてくれ、空を満喫しました。私はアクロバット飛行ができなかったのでちょっと残念でしたが

孫に初飛行を体験させることができたので50年間「飛行機野郎」だった私としては孫と一緒にグライダー体験できたことは感慨深いものがありました。私は昔々になりますが学生時代、グライダーに熱中しました。約1000回フライトし教育証明も取得しました。自慢話になったかな・・・なぜ、ハワイまで行ってグライダーに乗りたがるのかを説明したかったので。

image

imageimage

準備完了。READY FOR TAKE OFF!!

image

image

写真中央海岸の横に見えるのがデリンガム飛行場です。

image

image

5年前にノースショアに行く途中にあったおいしいエビ料理の店(屋台風)が廃業したとのことで、残念!仕方ないので他のエビ料理店に行きました。残念ながら味はちょっと落ちる。だけどスパイシーでまずまずでした。


{12CB8997-121C-4F89-BBBF-20893B0A8912}

{13B7BB66-D794-45D4-A45A-F184F95B633A}

それからコストコに連れて行ってもらい、お土産他買い物をしました。

観光はそれくらいで、ほとんどの時間は孫二人と海岸とプールで過ごし、本当にのんびりゆったりした時間を過ごすことができました。

ハワイに夫婦で孫を連れて行ける幸せを天に、お客様に、社員に、家族に、私を支えてくれている全ての人に感謝する頑固親父「はじめ」

でした。

 

image

エッグススイングで「全部食べるぞ!」

image

孫二人 仲良く「ハイ、チーズ!今から田中オブ東京でステーキを食べるぞ!!

imageimage

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

二度目のベトナム(ハノイ)

7月21日(金)から24日(月)早朝帰国で3日間ベトナムに行きました。

二度目のベトナムでした。メンバーは女房殿と社員と私の3人です。

ベトナム航空で福岡からハノイまで4時間、福岡空港を飛び立って上海の上空から中国大陸上空を南に下るコースです。

二度目のベトナムの印象は、あまり変化を感じませんでした。

新車が多くなったかなとは感じました。相変わらずバイクの多さには驚かされました。

今回も商用で行ったので、観光できたのは一日だけでした。

この一日(最終日)を紹介させて頂きます。

同行した社員が初めてのベトナムということで、私ども夫婦は前回ハロン湾観光をしたので別の場所に行きたかったけど、同行した社員のためハノイ観光の目玉である「ハロン湾」に決めました。

ハノイからハロン湾にバスで8:00出発、4時間かかった。遠い!

そして、ハロン湾クルーズが3時間、ハノイに戻るのにまた4時間

ホテルに戻ったのが午後の8時、それから夕食に行き、空港に・・・

そして、日本時間深夜03:15発のベトナム航空で福岡へ朝7:15着でした。強行軍でした。帰りの飛行機の中で女房殿が息ができない、苦しいと言いはじめ心配しましたが、なんとか帰り着きました。

これからは、自分たちの年齢を考えて、スケジュールを組まねばといまさらながらですが思いました。

前置きはこれくらいにして紹介します。

「ハロン湾」
幻想の世界遺産、海の桂林ともいわれる「ハロン湾」
これは正に生きている間に一度は見物されることをお薦めしたい観光スポットです。ハノイ市内から180KM離れていて車で約4時間かかります。
入り組んだ入江にニョキニョキとそびえる奇岩により湾内は波が静か、木造のクラシック調のクルーズ船で景色を見ながらその船上で地元でとれたエビや牡蠣等の海鮮料理を食べる。2時間の最高のクルーズでした。

image
ハロン湾の成り立ちは11万5000年前の氷河期にさかのぼるといわれています。
広大な石灰岩台地が沈降してできたそうです。

 

image
奇岩の数は大小合わせると2000近くあるそうです。

 

 

 

image

クルーズ船の中で食べた海鮮料理

image

クルーズ船の中で食べた海鮮料理

image

クルーズ船の中で食べた海鮮料理 追加料金を払って食べたシャコ

おいしかったよ!

 

今回の旅行で一番感動したのは、

最終日ハロン湾観光が終わり、空港に行く途中で食べた料理がおいしかった。麺好きの私にとって、ベトナムでこんなにおいしいスパゲッティに会えるとは考えていなかった。

それは家庭料理の「GLADINH」という店です。

 

*1枚目の写真はこのお店をブログで素敵に紹介している方がいらっしゃったのでその方の写真をお借りしています。

 

image

 

image

海鮮イカスミスパゲッティー、おいしかった感動ものでした。

image
 

おいしかったので紹介させていただきます。

二日目の昼食で

ベトナム料理の定番「フォー」を食べました。
行った店は「フォー10」
綺麗な清潔な店で、フォーはベトナムでも北部が本場だそうです。
その日に蒸して作る米生地をカットした生麺の食感、時間をかけて作ったスープ、牛肉他沢山の具材、最高!おいしかった。

 

image

フォー、これに辛子を入れて食べました。
これまた、最高、暑さを吹き飛ばす絶妙の辛子フォーでした。

image
汗をかきかき、おいしい!と叫ぶ私と加藤君

 

三日間のベトナム(ハノイ)滞在でしたが、親日的な国だなと感じました。そして顔つきや考え方、食の味付けも日本人と似ていると思いました。

帰りの機内で女房殿が気分悪くなり心配しましたが、大事にならず

良かった。天に心より感謝する「頑固親父はじめ」でした。
 

PS
ハノイの町の写真他立ち寄った店とかを紹介させていただきます。
image

街でフランスパンを売っている、ビックリ。元フランス領だったからかな?

image

バイクに子供乗せて走るたくましいおばちゃん

image

天井がないハノイの繁盛してる家庭料理の店

image

水上人形劇にて演奏している楽団。ベトナム独特の弦楽器がすばらしかった。

image
ハノイを走るバイク集団

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

GWは孫とハーレー(サイドカー)に乗りました!

 

ここ数年、GWは四人の娘達の家族と一緒に湯布院に行っていたのですが、今年は都合が合わず揃わないので、湯布院に行かず各自「のんびり」過ごすことにしました。

そうは決めたものの、

1ケ月ほど前に、湯布院保養所の修理したはずの水道バルブから水が漏れていると管理事務所から連絡があっていたので、私は4月29日と30日に長女夫婦と湯布院に整備がてら行きました。

ガス屋さんに来てもらい、バルブ交換をお願いしたのですが、水(温泉水/冷泉)が山の上のタンクから引いてあり元栓を閉めなければ工事できないのですが、29日はGWで多くの方がログハウス村に来てあるので元栓を閉めることができない。

「どうするか!?」、「水が噴き出すのを覚悟でやるかどうか・・・」

思案の結果、業者の人とずぶ濡れ覚悟でやることにしました。

バルブを外すと案の定、水が10Mくらい屋根の上まで勢いよく吹き上がりました。新しいバルブを業者さんが装着完了する迄、私が猛烈に飛び散る水を「傘」で工事している業者の人に水がかからないように防ぎました。

幸い30秒間ぐらいでバルブ交換が済み、助かりましたが、ずぶ濡れになりました。レモンガスさん、ありがとうございました。

休日に来てくれて、レモンガスさん、ありがとう!

接続前の写真です。

29日は終日、長女夫婦と保養所の点検・掃除を行いました。

夜はご褒美で湯の岳庵に行き、食事をしました。

湯の岳庵の橋の上で、栞子ちゃんと長女です。

湯の岳庵で、豊後牛おいしかったよ。

女房殿は「すきやき」が大好きです。

GW真っ最中の5月3日は博多どんたくに行きましたが、

雷雨になり(ひょうが降りました)博多どんたくのパレードは中止になりました。(4日は好天に恵まれ盛大に開催されました)

せっかく町に出てきたので、中州に在る「メキシコ料理」を食べに行きました。

メキシコ料理店「ロシータ」で長女夫婦と栞子ちゃん

あっさりした味のトスターダス、我が家の女性陣は大好きです

いつ食べても、ここのタコスは最高!!!

店の前で記念写真、大きくなったら私も食べるぞ!

 

5月5日は子供の日ということで、

三女の子供たちが4日の日から私の処に泊まって、「爺ちゃん、ハーレーに乗せてくれ!」というので両日とも二日間朝早くから近くの志賀島までツーリングをしました。

最初4日は、莉子(長女の娘)と綜志(三女の長男)と走りました。

帰りがけに、私が時々行くコメダ珈琲で朝食を食べさせると大喜びでした。

翌5日は、綜志君と唯織(三女の長女)と同じコースを走りました。

その日昼、バーベキューをするとのことで、志賀島でサザエを50個購入しました。

前日、コメダ珈琲で朝食を食べたことを知っているので孫娘(唯織ちゃん)が絶対に朝食食べに行くというのでコメダ珈琲に前日に続いて行くことに。

大喜びでした。

莉子ちゃんと綜志君と一緒に

志賀島、勝馬海岸で

自撮り棒で撮影したよ

玄海島をバックに

サイドカーに兄妹並んで乗りました

兄妹で思い切り志賀島勝馬海岸で遊びご機嫌な二人

砂遊びに興じる孫たち

初夏の勝馬海岸

GWはこのように孫と一緒に楽しく過ごしました。

最高に幸せでのんびりできた一週間でした。

購入して約35年になります。未だ新品同様でエンジンも快調です。

当初は娘達を乗せることが目的でしたが、今は「孫」が乗って楽しんでくれます。

元気で孫と遊べることを天に感謝する「頑固親父はじめ」でした。

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。