好きすぎてツライ(18) | 私、BABYMETALの味方です。

私、BABYMETALの味方です。

アイドルとメタルの弁証法
-May the FOXGOD be with You-


テーマ:

―May FOX GOD be with You―

★今日のベビメタ

本日4月29日は、2017年、Red Hot Chili PeppersのUSAツアーSpecial Guestとして、フロリダ州マイアミのAmerican Airlines Arenaに出演。「ギミチョコ!!」で、チャド(D)、フリー(B)、ジョシュア(G)、RHCPスタッフ(Tp)が神バンドに加わった日DEATH。

 

「META!メタ太郎」編

●『Metal Resistance』の収録曲が事前発表されたとき、このタイトルにメイトの間に「何じゃコリャ?」感が広がり、発売されたCDをいざ開封して聴いてみると、その感情はますます深まった。水戸黄門のリズム、「♪メタルのハートで生まれ変わるのさ~」というポジティブなメタル賛歌。そして、一晩この曲を聴き込んだ翌朝、通勤途中の駅構内で、この曲を脳内再生して行進している自分に気づいて苦笑したのを、懐かしく思いだす。

Wembleyから2016年度のワールドツアーでは、シンガロングはなかったが、東京ドームでSU-の煽りによって5万5千人が「♪Woo Woo Woo~」の大合唱をして以来、巨大キツネ祭りや広島洗礼の儀でも継承され、いまや一番が終わるとすかさず大合唱する曲となった。「THE ONE」がシリアスなBABYMETALとともに歩むメイトの心情を表しているとすれば、「META!メタ太郎」はちょっとコミカルなベビメタ賛歌である。

●この曲は、単純に聴こえるが、意外にコード進行に凝っている。それもベビメタらしく、短調と長調、下降進行と上昇進行がせめぎあい、歌詞の世界を表現している。

原曲キーは、D#(E♭)。ギターのフレットでいうと6Fになるので、セーハが必須である。だが、セーハができれば、実に理にかなったコード進行になっている。

最初の「♪メー(D#)ター太郎、メーター太郎、君はヒーローさー、メ(G#)タル(B♭)のハ(Gm)ート(Cm)で生(Fm)まれ変わるの(B)さ」のところは、ルートが5弦6F→6弦4F→6弦6F→6弦3F→5弦3F→6弦1F→5弦1Fとどんどん低くなっていく。長調のコード進行なので、力強さがどんどん増していく感じである。

これを2回繰り返すと、ここで転調して短調化(D#→D#m)する。

YUI「♪(D#m)ずっと昔、もっと昔(B)は(C#)るか(D#m)彼方」

MOA「♪(D#m)銀河系の澄んだ星で(B)生(C#)まれ(D#m)ました」

SU-「♪時は(D#m)戦国勝てば天国負けっぱ(B)なしな(C#)ぼくらは地獄…」

ここも、セーハコードで、ルートが5弦2F→5弦4F→5弦6Fとなる。短調化しているが、上昇コードなので、堕ちていく感じはなく、力強く上がってくる感じになる。

「♪そんな(D#m)日々はここでサラバイ、さあ立(B)ち上(C#)がろう(D#m)よ」のところでまた転調。今度は同じ短調でD#m→Cm。

(Woo Woo…)「♪(Cm)君に聞こえて(G#)いる(B♭)か心の声 (Cm)君に届いて(G#)いるか(B♭)仲間(Cm)の声」(ぶっ飛ばせーメタ太郎!)

ここもセーハコードのルートは5弦3F→6弦4F→6弦6Fとなって、力強さがどんどん増してくる。そして、B♭がD#のⅤコードなので、自然に原キーのD#に戻っていく。

D#mからのB→C#→D#mも、CmからのG#→B♭→Cmも、ギターでいえば2フレット刻みの上昇コードになる。つまり、短調だが、力強い「♪ジャーン→ジャーン→ジャーン」という単純な上昇コードで勇気を与えるのがこの曲を構成する背骨なのだ。

2番が終わった後のシンガロングでは半音上がって、「♪(C#m)君に届いて(G)いるか(B)仲間(C#m)の声 君の心のヒーロー(G)呼び(B)出(C#m)せ―」となる。

そして、半音上がって強調されたこのC#mは歌の部分に入ると、キー=Eになり、「♪メー(E)ター太郎、メーター太郎、メタルヒーローさー メ(A)タル(B)が響(G#m)け(C#)ば ぼく(F#m)らは友達(B)さ」となる。

お気づきだろうか。C#mからのE。

これは「イジメ、ダメ、ゼッタイ」と同じである。

●「イジメ、ダメ、ゼッタイ」は、理不尽な状況にメタルの力を借りて、勇気をふりしぼって立ち上がる曲だった。C#mで始まった下降進行の曲は、YUI、MOAの偽闘、ツインギターの上昇フレーズと下降フレーズのせめぎあいを経て、C#への長調化を経て、半音下がってCからの上昇コード進行に転じ、最後の最後に原キーC#mの平行調のEで大勝利!する。

「META!メタ太郎」は、D#で始まるが、途中D#mに短調化し、Cmに転調し、サビの繰り返しで半音上がってC#mに達し、その平行調のEになる。

「♪君の心のヒーロー」とは、「イジメ、ダメ、ゼッタイ」の時に立ち上がった自分であり、仲間たちのことだ。

単純に見えて、実は「META!メタ太郎」は、メタルのパワーで立ち上がり、上昇コードに勇気づけられ、転調を経て、メタル仲間とともに、勝利のコード=Eで大合唱する歌なのである。

そしてこのEこそ、「ギミチョコ!!」のキーであり、「THE ONE」の最初のコードでもある。

BABYMETALの曲は、すべてがつながるように工夫が凝らされている。だから、何度聴いても飽きない。ドラマのような感動が押し寄せる。

「META!メタ太郎」は、「イジメ、ダメ、ゼッタイ」の後日談であり、世界に打って出た「ギミチョコ!!」につながり、「THE ONE」の前触れでもあるのだ。

(つづく)

jaytcさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス