フォロワーの皆さんサワディーカップ!




ジェイ(^ ^)です。


自民党総裁選が大詰めになってきました。


太郎ちゃんは、どうでしょうか?私みたいに初めは河野太郎氏を推しだった人が、太郎ちゃんの討論会を聞いてヤバいと気付き始めたのも事実。



基礎年金を消費税で賄うなんて発想は、言語道断です。益々、消費が下火になり格差社会を広がります。


皆さんもご存知だと思うが、消費税率UPは金持ち優遇で貧乏人は苦しむ税方式。



対外的にも、リベラルが強すぎて怖い。


どうなるんでしょうね。




では、タイ小説の続きです。




大介は、ゴーゴーバー・ティーラックで田舎から出て来て昨日から勤め出した田舎娘のテンモーを席へと呼び寄せた。



大介には…なぜか?ビビっとくるものを彼女から感じたのだ。



しかし彼女は、田舎から出て来たばかりの18歳。眉毛も整えていなく、化粧も厚塗りで口紅も取れかかっている。まさしくソイ・カウボーイは田舎娘の登竜門であった。





初めて指名され緊張していたテンモー。

チーママと大介と3人なら何とか話せたが…、いきなりチーママが席を離れて何処かへ行ってしまった。



そしてテンモーは、ほとんど英語が話せない。まだ大介は、その事には気がついていない。



大介が色々とテンモーに話しかけるが、ニコニコするだけで全く噛み合わない。大介もどちらかと言うと英会話下手だ。



通じていないのか?と大介が思っていると、横の席から岡田が何やらテンモーに話しかけた。二言、三言話すと…。



岡田

課長、彼女は英語話せないみたいです。

今勉強中と言ってます。



大介

岡田は、タイ語が少し話せるんだったな!俺もタイ語を少し勉強するか!(笑)



するとテンモーは急に立ち出して、岡田に何か一言話して何処かへ行ってしまった。



大介は、嫌われたかな?と思ったみたいだが、そうでは無かったみたい。



岡田

課長、ちょっと待ってて!みたいな事を彼女は言ってました。



大介

そうか!分かった。

岡田、すまんな。



岡田

いえいえ。

課長、悪いのですが…この子をペイパーするので、お先に失礼します。



大介

おお💦分かった。



岡田

課長も楽しんで下さい。



そう言って岡田は、指名した子と店を出て行った。



岡田が言っちゃったかぁ…。

最悪、分からなければチーママを呼ぶか。



テンモーが帰って来た。

何やら、ノートを持っている。



それを大介に見せてくれた。

それは英語の勉強帳だった。



カスタマーとのトーク例なども書いてある。これを使って会話するってことだな。



指差し会話帳みたいだな。明日、タイ語の指差し会話帳でも買いに行くか!なんて思った。



知ってる方もいると思うが…指差し会話帳の第1号はタイ語である。





テンモーは、そのノートを見せながら大介に質問してきた。



大介は、彼女にも分かるように簡単な単語英語で答えた。



名前は?

大介。



何歳?

38歳

※ビックリ顔



タイに来た事はあるか?

初めて。1回目。

※少しニッコリした。



タイには、仕事?それとも観光?

仕事



いつ日本へ帰る?

約3年後

※ビックリ顔をした。


そんな時にチーママがやって来た。



チーママ

ハンサムマン、彼女を気に入った?



大介

気に入ったよ。



チーママ

じゃあペイパーしてあげて!

あなたが初めてのカスタマーよ。



大介

いいよ。



チーママ

ショートだよ。



大介

そうなんだ。俺はショートならペイパーはしない。帰るよ。



チーママは、テンモーにタイ語でその事を言ってる様だ。するとテンモーがチーママに何か言っている。



そして大介へ向かって、OKサインOKを見せた。初めてのゴーゴー勤めなのでショートタイムオンリーと店側がしていた様だが、本人が大丈夫と。



テンモーは、大介の横にペタと抱きつき感謝の気持ち表現した。



ロングの料金は、当時のソイ・カウボーイ標準的な2,800バーツ。店側の取り分ペイパー代は、500バーツ。


大介は初めての客なので、金額を吹っかけられるのでは?とヒヤヒヤしたが、全くそんな事は無かった。



店への精算を済ませテンモーを待っていた。そして私服に着替えてやって来たテンモーを見て、大介は…。



次回に続く。



いつも応援ありがとうございます。

ランキング応援も宜しくお願いします。


にほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
にほんブログ村