フォロワーの皆さん、サワディーカップ。



ジェイ(^ ^)です。

日曜日、会社の部下が奥さんと一緒に我が家へ、結婚の挨拶に来てくれました。新婚さんの初々しい姿に若き日の自分を少し思い出しました。

今やチビ、ハゲ、デフのオヤジですが…。^^;
内脂サポートでも飲むか!(笑)

一億円を貰えるか?今の年齢から20歳、若くなれるか?どちかの願いを叶えてくれるなら、絶対に若さを選ぶジェイ(^ ^)です。

皆さんは、どちらを選びますか?
読者さんの年齢にも寄るでしょうが。


話は変わり、あのタズヤンがタイの孤児院に寄付されてました。お店に置いてある寄付金貯金箱と自らの1万5千バーツを足して6万7千バーツほど。


素晴らしい事ですよね。
私もタズヤンを見習って夜嬢ばかりタンブンしないで、恵まれない子供達にもタンブンしたいと思いました。

ヒロさんは、すでに俺の26に置いてあるブタの貯金箱に寄付されてると思いますが…。タズヤンが無事に寄付されてましたよ。(^ ^)




ではブログの続きです。



大介はパッポンの人気ゴーゴーバー嬢、ノリカと意気投合??

ノリカから食事に誘われる。


大介は、ノリカからの誘いに軽くOKしてゴーゴーバーの精算を済ませ店を出た。


普通このような場合、夜嬢はバックマージンが入るタイ料理のレストランへ連れて行く。


パッポンにも、以前は有名な店が何軒か有りました。あえて店の名前は出しませんが…。店に入ると日本人と夜嬢のカップルばかりでしたね。


ノリカは、そのような店には行かず、ステーキを食べにミズキッチンへ行ったのだった。






※ジェイも何回か行かせて貰った。日本人オーナーが店に来なくなってから味が落ちたと噂になっていましたが…。

しかしここミズキッチンでは、ステーキが200バーツで食べれる。有名な鯖ステーキは、150バーツ。残念だが、昨年度閉店した。



二人はミズキッチンに入り席に座る。

店内は薄暗く、海部元首相の色紙などが飾らせており昭和の雰囲気をプンプンする店内。




大介は、本日は魚DAYである。
初めて食べるサバ ステーキなるモノが気になって、鯖ステーキにした。ノリカは、ビーフステーキにマカロニグラタン。


この三品が看板メニューらしい。


ビールは、まだ飲んだことが無いクロスタービールにした。


※当時のジェイは、ビアシンしゃなくクロスタービールをよく飲んでいた。ビアシンは、現在より味や色も濃く少しクセがあった。それに比べてクロスタービールは、少し価格が高いが軽いサッパリした飲み口だった。



このクロスタービール、現在タイで全く見なくなった。まだあるのだろうか?


大介がクロスタービールを一口飲むと…。
ハイネケンのように飲みやすいビールだった。シンハービール(ビアシン)は、味も濃く少しクセがある印象だ。


※冷蔵庫が余り復旧していない時代から、タイではビールに氷を入れ飲む文化があるタイ。
氷で味や色が薄くなる為…当時は今と違い、濃い味でビールの見た目の色も今より濃い。現在のシンハービールはかなり飲みやすい。

タイで飲むアサヒスーパードライは、味が違うと感じた方はいるだろうか?タイで飲むスーパードライは、実はタイ産なのだ!ライセンス契約でシンハーの会社が作っている。

日本産よりキレがない。(笑)


料理が運ばれて来た。
サバステーキもビーフステーキも立派で美味しそう。


ノリカからステーキやマカロニグラタンも少し分けて貰ったが、日本人が作る昭和の懐かしい味がする。大介は、また来ようと思ったに違いない。(^ ^)


※ジェイは、ミズキッチンでTボーンステーキを食べれなかったことが今でも悔やんでいる。


食事が終わるとノリカは、大介を引っ張ってタクシーへ乗せた。


どこへ連れて行かれるのか?不安が頭を過ったが、今回はノリカに身を委ねる事にした。


次回に続く…。



懐かしく感じた方もあったかと思います。
今日のブログは、一昔前を思い出させる話を書かせて貰いました。



今日もお読み頂きありがとうございました。
コロナや大雨で大変な思いをされている方もおられるでしょう。少し気分転換にでも、読んで頂けたら幸いです。