フォロワーの皆さんサワディーカップ。



ジェイ(^ ^)です。

台風が抜けてから、空気や風が一気に秋になった感じがするジェイです。



ブログの続きです。



マンハッタンホテルでのチェックイン待ちにイライラしていたジェイは、普段ならまず話に乗らないマッサージ嬢らの誘いにのってカオサンエリア近くのマッサージ店へ向かう。



マッサージ店の場所は、カオサンから少し離れており観光客があまり来ないエリア。タイ人相手のマッサージなのだろうか?



店に着くと、マッサージをするとも何も言ってないのに2階へ通され、これに着替えろ!みたいにマッサージウェアを渡された。



仕方がないので1時間と言ってから、マッサージしてもらった。良くもなく不可もない普通の古式マッサージが始まった。



15分もすると…、皆さまも一度は経験があると思いますが。(笑)股関節周辺を触り出し、ブンブンのお誘いがありました。



ジェイは古式マッサージ店に行って、ブンブンしたのは30代の頃に一回だけです。それも興味本位で。


マッサージ店では、ジェイはマッサージして貰いたいです。(笑)



しっかりとお断りしてマッサージが終了、受付へ。料金はスクンビット並みに1時間、400バーツ。ぼったくりでもないので、400バーツ支払いチップも100バーツ渡した。



するとLINE電話にも登場した、少し日本語が話せるババアが登場。



ババアが…

もう客も居ないから店を閉めて、いまからみんなで食事に行こうと言い出す。



時刻は9時前、ジェイもお腹が空いたので話に乗ってしました。(笑)


※写真は、当時のものではありません。

LINEに送ってきた写真を使用。



場所は、写真と同じカオサンのレストラン?多分同じだろう。


4対1で食事をしました。


女性も写真より歳がいってるように思う。30代後半?40近いと思う。他二人は40代、日本語が話せるババアは50過ぎだろう。



やはりタイのババア達との食事は楽しくない。そして、よく飲みよく食べる。(笑)ジェイはATMにされたようだ。



まあ許容範囲。

想像はしていた。何事も経験が大事、行かなければ何も楽しめない。



しかしトイレや席に立つ時だけは、自身のドリンクは空にして席を立った。

※飲み物に何か入れられるのを防ぐ為。



食事も終わり…

次はクラブで踊ろうと言っている。


ここでタイブロガー・ソイさん流に言えば…、自身のエマージェンシーコールが鳴った!と言うだろう。


ジェイなら…

私のサイドエフェクトがアンタライ(危険)と言っている。(笑)



レストランへの支払いは4,000バーツを超えていた。確か5,000バーツを支払った記憶が。



クラブでは全員の入場料を払わせ、ボトルを入れさせるつもりか?完全にカモのATM状態になる。またクラブからの帰りも危険。



お金よりも楽しくないの一番。

一応、やり取りがあった女性は気を遣ってくれたが…。



そして明日は、朝からPCR検査もある。読者さんにもLINEでPCR検査のことを色々と聞いており不安になって来た。



ジェイはクラブに行く前に、レストランのトイレに行くとマッサージ嬢らに告げ、グループから離れた。



トイレには行かず、そのままタクシーに乗りホテルへ帰った。 マッサージ嬢には、体調が悪くなったから帰るとLINEをした。



もしあのまま行ってたら…。(笑)

4対1は、少し危ない。



ジェイのサイドエフェクトが正しかったと…今も思っている。ソイさんもパタヤ在住の時は、危険と感じた事が何回かあったそうです。



いよいよ明日は、PCR検査である。

これをパスしないと帰国出来ない。



次回に続く。




ジェイとのLINEです。

良かったら、登録お願いします。


いつも応援有り難うございます。


にほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
にほんブログ村