ショージ・サエキのブログ

ショージ・サエキのブログ

ブログの説明を入力します。

 

ニューヨークで起こった「911テロ」も今では遠い昔話のようだ。

 

昔も今も相変わらずマスコミは嘘を垂れ流しておりますが、私達日本人の多くは「過去」から教訓を学んではいないのです。

 

現在のコロナ騒動はフェイクでありますが、911テロも当然フェイクでありアメリカの自作自演だったのでした。

 

しかしながらも、「過去」を正しく認識していない為、2度も3度も騙されるのが人間という生き物なのです。

 

911テロとは何ぞや?と言えば、単純なものであり、「テルミット反応」を使用したビル爆破解体に「飛行機のCG画像」を付け加えただけの実に単純なトリックなのであります。

 

 

先ず、「テルミット反応」とはですが、アルミニウムと金属酸化物との粉末混合物に着火すると、アルミニウムは金属酸化物を還元しながら高温を発生するのです。

 

その温度は、3000度にも達するのです。

 

 

このような高温ともなれば、ビルの骨組みの鉄骨を溶かすことが可能となるのです。

 

先ず、次の動画をご覧下さい。

 

 

髭の種類  さんの動画より

 

実際にワールドトレードセンター跡地から、鉄・アルミ・硫黄成分を含んだ「鉄塊」が見つかっています。

 

また、WTCが崩れ落ちる際には、白い粉を大量に浴びた救助隊員や市民の多くが後に「がん」で亡くなっております。

 

これは「アスベスト」「六価クロム」が原因となっているのです。

 

WTCの建築材料には、何百トンものアスベストが使用されておりますし、また大量に使用されているコンクリートは、「土」と混ざると「六価クロム」という有害物質を発生させる危険性があるのです。

 

 

このアスベスト、六価クロムは、二大発がん性物質としてがん研究機関からもリストアップされているのであります。

 

 

ビル崩壊時には、コンクリートの破片が地面に叩きつけられて土と混ざり、六価クロムを発生させているのではないでしょうか?

 

また、筆者の友人の多くは、「核爆弾」を使用してビルを爆破したと言っていましたが、核爆発の「ピカッ ドン」という一瞬だけでは確実にビルの鉄骨を溶解させることは難しいと考えるのです。

 

 

例えば、原爆の爆心地にある「原爆ドーム」は、3000度を超える高熱を浴びたにも関わらず鉄骨はむき出しになっておりますが、溶けてはいないのです。

 

完全崩壊に至ってはおりません。

 

なぜかと言えば、3000度の温度が一瞬だけだからであり、テルミット反応のように高温が持続していないからなのです。

 

そして、自分が911テロの首謀者であったとしたならば、「どんな作戦を立てるのか?」と考えた場合には、ニューヨークのど真ん中に車を使って「核爆弾」を輸送しないと思うのです。

 

先ず、核を積んだ車両が交通事故に遭った場合、関係ないところで大爆発を起こしてしまうのです。

 

また、それこそ本物のテロリストに核を盗まれてしまうリスクもあるのです。

 

WTCに核を持ち込む際にも警備員にチェックが入りますし、ビル内で保管するにもバレる危険があるのではないでしょうか?

 

もし、筆者がテロの首謀者であれば、アルミニウムだけをWTCへ運搬し、数日後にずらして金属酸化物を建築資材として輸送することでしょう。

 

こうして、「テルミット反応」の材料を揃えるのです。

 

そもそもの話、核爆弾とかコストの掛かる道具を筆者なら最初から考えないものです。

 

 

ということで、次の動画をご覧下さい。

私達がテレビで見た「この位置」には飛行機はいません。

 

unpeude さんの動画より

 

 

 

飛行機なんて飛んでいません。飛行機はCG画像です。
 

同じくコロナ騒動もフェイクなのです。