みなさんこんにちは\(^o^)/
東京都内渋谷区恵比寿駅徒歩2分のボイトレ、ビジネスボイトレ、話し方スクール
『ファイブイービジネスボイスコーチ&ボーカルトレーニングスクール』代表の浦麻紀子です!

ようやく時短営業も自粛要請も解禁されカラオケボックスも営業されてますね!めちゃ嬉しいです!楽しく安全に歌いたいですよね!!ストレス発散にもなりますし、大きな声を体を使って腹式発声で出すことは自律神経も整い呼吸が深くなり血流が良くなって健康面でも最高です!

カラオケでもライブでも歌を歌う人にとって歌の技法のナンバーワンはビブラートですね!!
いつかはきれいなビブラートをかけられるようになったらいいな!
という方が多いですよね!
歌の幅や表現が広がりますし、聞き手も臨場感を味わうことが出来ます。何より、深みが違いますよね!

ビブラートには、いくつか種類があります。
喉でかけるものや、横隔膜でかけるもの、音の高低差でもかけたりします。

うちが、オススメしたいのは、
『横隔膜を使ったビブラート』
です。
お腹の支えがあるので、喉が開いた状態を保ちやすいです。
歌を歌う人にとって横隔膜のビブラートは確実にゲットしておきたい技法ですし、ビブラートが出来ると出来ないとでは表現の幅の広がりは全然変わってきます。
横隔膜のビブラートを習得するために確実な練習もあるのですが、
今回はなんとなーくビブラートってこんな感じになる!という疑似体験のような練習方法をお伝えいたします!

まず、ロングトーンを出してみましょう。
ロングトーンを出している最中に手で横隔膜(肋骨の一番下の辺り)を手で一定のリズムで叩く?押す?をしみてください。
何となく声が揺れますね。これを何度か繰り返し、その感覚を保ったまま手を使わなくても出来るように練習してみましょう!
お腹の動きがかなり早く細かくなっているのがわかると思います。
お腹の力だけでしなやかに動かせるようになるといいですね!
また、喉でかけるビブラートはすぐに出来ます。
それはまた別の機会に!

滑舌改善、オンラインレッスンやテキストレッスン、ピアノ、ギターの弾き語りレッスンも行なっております。

みなさんこんにちは\(^o^)

東京都内渋谷区恵比寿駅徒歩2分のボイトレ、ビジネスボイトレ、話し方スクール『ファイブイービジネスボイスコーチ&ボーカルトレーニングスクール』代表の浦麻紀子です!


先日は企業様からのご依頼で

「電話応対、敬語セミナー」

を行なってしてまいりました!


ビジネスマンと言っても部署によって電話応対を主軸にしているところや対面営業をされている方々、エンジニアのような人とはあまり接することなくお仕事をされている方など様々です。


そして今はリモートワークも多いのでオンラインでしっかり通る声や滑舌、敬語の使い方や言葉の選び方などのトレーニングを行っていただきたいと希望される企業様も多いです。


様々な部署からご参加頂きましたので、時間の関係もありそれぞれの主要ポイントをかいつまんで、

・基礎の発声

・感じを良くする声の表情のつけ方(声のトーン)

・敬語の正しい使い方

・品の良い言葉、話し方


を中心に講義させていただきました。


特に顔の筋トレにはみなさん苦労されていました。顔の筋肉は40種類以上あるのですが普段の生活の中では30%以下しか使われていないと言われています。

それに自分が思いっきり笑っている時の顔や怒っている時の顔はご家族や仕事仲間はよく見ますが自分が一番知らないものです。


表情のエクササイズは感情表現の第一歩ですね!!


また、最近はあまり感じのよくない口癖が多いです。

「なるほど」

「とりあえず」

「もうちょっと」

など、ビジネスシーンにふさわしくない言葉も多いのでそれの変換なども行ないました。


少しづつでも意識して変えてゆくことが大切ですね!

言葉遣いはほとんど癖になってしまっている方が多いので、癖をとるという感じでしょうか。

日頃の行いがまるっと出ちゃいますよね言葉遣いというのは。


時間はかかりますが言葉遣いは一生モノのスキルなのでじっくり取り掛かってもいいと思います!


オンライン会議などでも相槌一つでガラッと雰囲気が変わることもあります。どんな反応をどのくらいのボリュームで表現するか、

そして、伝える側もどんな話し方や文節、アクセントで話せば一回でしっかりと伝わるかなどを講義させていただきました。

同じ内容のことを言っても、

この人の話は分かりやすい!

この人の話は要領を得ない、、

などありますよね!



滑舌改善、オンラインレッスンやテキストレッスン、ピアノ、ギターの弾き語りレッスンも行なっております。


ホームページはこちら




みなさんこんにちは\(^o^)/
東京都内渋谷区恵比寿駅徒歩2分のボイトレ、ビジネスボイトレ、話し方スクール
『ファイブイービジネスボイスコーチ& ボーカルトレーニングスクール』代表の浦麻紀子です!

最近は新型コロナの影響でライブイベント自体が延期されるなど少なくなってしまっていてとても悲しいです。が、安心安全に開催しておられるイベントも多々あります!そういうところはほんまにありがたく人前で声を出すってやっぱり大切やんやなって感じます!

ようやくワクチンも広まりながら感染者の減少してまいりました!が、まだまだマスク生活は続きそうですね。

先日は鍵盤のサポートのお仕事でした!
やっぱり生音はとてもいいですね!!
特にリズム隊の生の迫力やグルーヴは生楽器ならではの良さがあります!もちろんカラオケも楽しいですしヒトカラもよくやります(笑)が、仕事等で生楽器に触れることが多いとどうしてもダイナミクスや音の膨らみ、リズムのうねりなどとても大事なんやなと思います!

ボーカルのトレーニングでは、特に基本のリズムのトレーニングをたくさんやったりします。
ボーカルのスキルに直接関係あるの??と疑問に思われるかもしれませんが、曲のテンポやグルーブを知りそれを表現することはボーカルのうまさに直結しますし、誤解を恐れずに言うと、リズムを制するものは歌を制する!というくらいまでリズムは重要です!

例えば、ピッチが多少ズレていても、歌上手いなーって思う方も沢山いらっしゃいますし、ピッチは完璧なのに何故か心に響かない歌というのが存在するのも本当ですよね。

歌が上手い。
話し方が上手い。

「上手い」という概念や解釈は人それぞれで、曲全体を把握、話の流れを把握しながら歌ったり話したりできることは全体を俯瞰で見られる余裕や伸びしろがあると思います。

リズムも、しっかりと四肢を動かし身体で感じることで曲の流れ、話の流れを掴んでいければと思います!

音楽でのトレー二ングは、
例えば、
八分休符をウ
四分休符をウン
八分音符をタ
四分音符をター
というだけでも練習になります!

お持ちの楽譜をご覧いただき、
ウ、ウン、タ、ターなどだけで歌ってみましょう。案外休符の長さに戸惑ったりします(笑)

16分が出てくる場合は繰り上げてもいいと思います!
16分休符を、ウ、
8分休符を、ウン、
4分休符を、ウンウン、
のように、ご自身で数えやすくカスタムしてみてくださいね!

そして、なによりも、
休符をしっかり捉えられているかが鍵です!!

音符(メロディ)のところだけに注力してしまいがちですが、休符を含めてはじめて曲として成り立っているのです。
休符をしっかり感じながら曲の輪郭作れると、より曲の解釈が進みますしきちんとした歌の尺を知ることができます。感覚ではなくしっかりと的確に捉えることが出来ます。

これは話し方(プレゼン等)でも同じです。
どうしてかと言うと、話すことが上手な人は
沈黙
を大切にします。
歌でいうところの休符ですね。

ずっと喋り続けるのでは無く、きっちりと「沈黙」という「話」を作れるかどうかです。

少し話がそれますが、心理学の一部では相手から話を引き出したりする際にわざと黙ったりすることもあるようです。
テンポや空間を意識して話すことで、同じ内容でもより立体的に説得力のある話になります。

話す時間と、話さない時間、
これをうまく使うことで、相手の心に寄り添い話を潤滑に進めることも出来ますね!
ですので話し方においても、テンポや沈黙が重要視されています。
TEDというプレゼンのYouTubeは有名なので是非参考までにご覧ください!

これでリズムマスターして、
歌にも話し方にも表現、表情をしっかりつけてまいりましょう!

滑舌改善、オンラインレッスンやテキストレッスン、ピアノ、ギターの弾き語りレッスンも行なっております。



みなさんこんにちは\(^o^)/
東京都内渋谷区恵比寿駅徒歩2分のボイトレ、ビジネスボイトレ、話し方スクール
『ファイブイービジネスボイスコーチ& ボーカルトレーニングスクール』代表の浦麻紀子です!

本日はプロダクションさんとのお仕事でした。
ライブの曲作り、アレンジ、構成、mc、ステージングなど、今度の大きなライブに向けてのディレクションでした。

オリジナル曲の構成だけで仕上げず、カバーも織り交ぜつつ、バンドサウンドだけではなくアコースティックで声の存在感をフルに活かせていたり、言葉の一つ一つを丁寧に置いてきたり、と、いろんなポイントから楽しめるようなライブにしたいですねと関係者の方とお話ししました。

それぞれの目標があって、それぞれの個性が滲み出て、イレギュラーなことや想像もしてなかったハプニングがあったり、、
ライブは生き物だと思います。

先日も主催のライブイベントでしたが、いろんな生徒さんがでます。そして、いつもは間違えないところでミストーンを出したり、歌詞がすっこ抜けたり、なかなかのハプニングの多いライブステージでした。
もちろん人間なのでミスするのは当たり前で、ただそれをどうミスに見せないようにカバーして楽しむか、そしてどう次に繋げるか、
一つ一つのライブや舞台、プレゼンでもそうですが、やり終わった後にそれをどうするかによって次のステージが決まると思います。

ただ単に楽しかったねー!や、あー何となく出来たかな??で終わると、もうそこまでです。

自分のどこをどうすればもっと伝えられただろうかとか、なぜここでつまずいてしまったのかを、ちゃんと原因を究明し改善策を思案することが生もの、ライブ、だと思っています。
何が原因かを究明するにあたって、常に自分のコンディション(身体や喉周りの筋肉、声帯、体温、内臓の動きや深部の温度、骨の位置など)を知ることが必須です。

話している時やステージに立っている時は一人称で必死になっています。後で客観的に冷静になってその時の自分を見るというのが一番いいですよね!そしてしっかり反省、対策、改善策、次の目標、と、順序立てて解決してゆくことって単純なことですがとっても大切に思います!
人間って喉元過ぎればなんちゃら、、同じことを繰り返す生き物、、ですもんね。
うちもお酒を浴びるように飲んだ次の日は毎回反省します(笑)


ライブは生もの。そして、それを冷静に客観的に見る。
そこからしっかりと次に何をすべきかを考えたり感じたり、1ミリずつでも無理なくどんな方向であったとしてもたくましくたのしんで育っていきたいですね。

滑舌改善、オンラインレッスンやテキストレッスン、ピアノ、ギターの弾き語りレッスンも行なっております。




みなさんこんにちは\(^o^)/
東京都内渋谷区恵比寿駅徒歩2分のボイトレ、ビジネスボイトレ、話し方スクール
『ファイブイービジネスボイスコーチ&ボーカルトレーニングスクール』代表の浦麻紀子です!

譜面の読み書きは世界が変わる?!

音楽をやっていると譜面を見ることは絶対ありますよね!
だけどボーカリストの方やボイトレをやっている方でも譜面を読んだり書いたり出来る方は少なかったりします。

読み書き出来なくても良いんですよ!
だけど出来た方がいいんですよ!

なぜ??
それは、リズムや音程、音の跳躍に対して目で確認出来る、目で音を奏でられるからです!特にリズムでは必須だと感じます。

メロディーと歌詞だけで曲を表現しようとする方が多いです。
楽曲というものは、メロディーと歌詞だけでは完成していません。その曲のビート、リズムを設定し、アコースティックでない限りドラムパターンやベースラインを考察し、上物(ギターやピアノ、管弦など)を配置することではじめてメロディーや歌詞がくっきり輪郭を持つようになります。
それを分かっていないとただ単にメロディーを追い歌詞を載せているだけですよね。
楽曲本来の意味や構成を知ることが、その曲を表現するための最大の敬意であると思います。

実際によくある話ですが、ハモりの音が取れないという方は絶対に出来た方がいいです!
感覚でももちろん音は取れますが、
例えばAからBに移る時にいつも外してしまう、、とか、サビの後半がいつもハモりが外れる、、など、
感覚で歌っているとどこの音を出しているのかを確認しないのです。

AメロのハモりはいけるけどBメロはハモれない。
上でハモることは出来るけど下のハモリが苦手。
などということもあると思います。


そんな時は導音(ガイドの音)を探してみでも良いですね。譜面見ていると、意外とあれ?ここの音とここの音って同じだったんだ!!ってことがよくあります!

歌っていると音階で歌うわけではないので、どことどこの音が同じなのか分からなくなったりしますよね。

でも譜面を見ると意外と同じ音だったり思ってるほど高くなかったり。

そして譜面を見て歌うとリズムも自然にとるようになったり良くなったりします!
そして、譜面の読み書きは皆さんが思っているほど難しいこともありません!
音楽のルールに則っれば簡単に読んだり書けたりするようになります。ルールが分からないととんでもなく難しく感じますよね。でもルールさえ分かれば慣れだけです。

野球でとサッカーでもルールを知らずに観るより、ルールが大まかにでも分かって観る方がそれぞれの面白さがよく伝わってきますよね。

そういう意味で譜面が読めたり書けたりするといいですよね。
音階(ドレミ)で歌ったりする練習があるのも、音の跳躍などのトレーニングに役立つからです。
絶対音感がなくとも、相対音感を養えば音楽の幅がめちゃくちゃ広がりますし、体にしみ込みますのでピッチがすごく安定します。
カラオケの採点もそうですが、ピッチを安定させるということは伝えたい歌を伝えるための確実にしたいツールの一つです。

昔の人は録音機材などが十分にない、むしろ全くない中で譜面を書き、それを音としてアンサンブル等を仕上げてゆくのが普通でした。
音を耳で感じるのと同時に目で感じていました。

現代では譜面というものは歌が上手く歌えるようになるためのひとつのツールでもありますね!

ビジネルシーンでも、話し方やプレゼンの時に自信の資料を作成させます。
その時、内容を書かせるのではなくどこに注意すべきか、アーティキュレーションや姿勢の確認など、普通に話していると意識を忘れてしまう部分にスポットを当てていきます。


目で音を楽しみ、譜面で曲を具現化、立体的なもにする。
そして目でプレゼンを構築する。

二次元から三次元を生み出すことは色んな可能性を生み出し自分らしいものが見えるようになると思います!

滑舌改善、オンラインレッスンやテキストレッスン、ピアノ、ギターの弾き語りレッスンも行なっております。