カネコグッズ注文していただきありがとうございます。



予約受付当初の予定では
【7月中旬頃】と記載させていただきましたが、予想を上回るたくさんの注文をいただきまして、香港の工場からもう少し時間が必要と連絡がありました。

かなり待たせてしまいますが
【7月下旬〜8月初旬頃】のお届けになりそうです。

すみません、もう少々お待ちください.

今後とも各SNSのチェックお願いします



金子



最近ジャージの宣伝ばかりですみませんがもうじき終わります。

予約締切残りわずかとなりました。

【6月12日23:59】まで


販売サイト
https://kaneko158cm.official.ec/

 

このジャージを推す理由

圧倒的フィット感

これに尽きます

 

そして袖の長さも海外プロと同じぐらい。

着てみるとわかりますが信じられないぐらい心地いいんです。

 











伸縮性を比べてみました。



しかし、この良さを伝え続けている中で一つの大きなギャップに気づかされまして。。。。。。

 

透けたくない」という意見の多さ。

 

金子はなんなら肌のみならず人生まで透けたいタイプであり

レースであれば通気性や軽さから見ても透けてるに越したことはないんですね。。

 

具体的な解決案として透けないためにはインナーウェアを活用していただきたいです。

 

ということで急遽

プロジャージ&ビブ購入した方にもれなく

インナーウェアプレゼントキャンペーン始めます。

 




この販売自体の締め切りがもう残り時間が非常に限られてしまっているのでとてもぎりぎりになってしまいますがお許しください。

 

販売の締め切りは【6月12日23:59】となっております。

 

どれほどこのジャージの良さを伝えたいか伝わってくれたらうれしいです。

 

金子には試着してもらえる機会も店舗もありません。

 

金子のSNSか口コミ

でしかわかってもらえないという状況ですが

インナーウェアプレゼントで透けるリスクは相当なくなったので体感してください。

 

このシリーズを着てほしいもう一つ理由は

ビブの締め付けのなさが神がかってる

というところ。

 


金子が試作品を試着して1秒でその場で寝そうになりました。

心地よすぎて。

 

分かりやすく言うと

サイクリングイベント後の後部座席ぐらいの眠くなりさ。

 

ぜひこのインナーウェアプレゼント企画を通して【プロ上下セット】の良さが伝わればうれしいです。


販売ページ

https://kaneko158cm.official.ec/items/20522424

 

質問等はこちらへお願いします。

kanekossyu@gmail.com

 

 

こちらも併せてよろしくお願います。

沢山購入していただいてます。

ありがとうございます。


カネンジャーズが繁栄していきます。




カネンジャーズ入隊希望はこちら。。

https://kaneko158cm.official.ec/



というかカネンジャーズってだれが最初に言いだしたんだっけな。。


本当にうれしい反面、どのジャージがどう良いのかがいまいち伝わってないとも思いました。

 

とくに新製品のプロシリーズに関しては金子しか実際見ていないし、着てないのでどうしたらこのクオリティが伝わるかとばかり考えています。


本当にいいです。

というだけで「あーそうなんだ!」となるような信頼性はあると思っていませんので、どうにかして伝えたい一心です。

 

店舗がない分試着もできませんので。。。

 

金子的にギャップを感じたのは「透けたくない」という声がたくさん見受けられました。

金子は人生も肌もスケスケ大歓迎です。

 

要するに透けただけ通気性がいい証拠なので超絶レース向きというか、実戦にむいているというか。


発汗性は暑い時のレースや練習では非常に重要です。

 

頂上で水かぶって下ってるだけでどんどん乾いていくのですんごいんです。

この製品。

 

あー伝わってほしい。

 

 

 

ということで6月5日23:59の予定だった予約締切を

6月12日23:59まで延長させていただきたいと思います。


下記で写真とか見れます。

 

それと同時に通販サイトでの商品名の表記を前回と同じものに修正しました。

カネコシリーズとしてやっていたので今回もカネコシリーズで行きます。

 

商品ページの説明もよりわかりやすくしたつもりなので再度チェックしていただけたら幸いです。

 

質問や銀行振り込みの注文はこちらでも承っております。

kanekossyu@gmail.com






今現在カネコッシュを元にデザインされた完全オリジナルジャージの予約販売を受付中です。

 

https://kaneko158cm.official.ec/

 

今回のラインナップは以下の通りです。

 

1、世界初公開「エアロ半袖ジャージ」と「エアロビブショーツ」

これは前回のセパレートワンピースと同じ素材でありながらもそのまま上下にわかれたのでより多くの方に体感していただけるようになりました。

 

セパレートワンピに抵抗があるのは重々承知です。

トイレ行きにくそうだし、ガチすぎるし、ポケット2つだし。

しかし

セパレートワンピを買っていただいた方ならわかるのですが凄まじいフィット感と素材の薄さ。

に加えてポケットは3つあります。

ここまででお気づきの方もいるかと思いますが、このジャージをことわざで表現するとしたら「」です。

 

ビブの神ってるところは裾部分の締め付けがなさ過ぎて大丈夫か?と心配になるぐらいのフィット感。

どうしたらこんな絶妙な製品が生まれるのだろうか。

 

これは実際見てもらいたのですがそうもいかないのでまじで悔しいのですが「関東で信用できる男ランキング」で120位に輝いた金子の言葉を信用してください。

 

32,000円

これは上下別でも販売しています。

白いジャージが実際の製品

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2、透けすぎて心まで透ける「セパレートワンピース」

前回に引き続き販売です。

とにかく見える。

いろいろ見えます。

ものすごくフィットするのでいつもよりワンサイズ大きくても着れるかと思います。

この薄さを説明するのは難しいので写真でご確認ください。

 

31,000円

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3、抜群の着心地「半袖ジャージ」と新製品「レーザービブ

1,2のエアロシリーズと比べるとこっちのほうがゆったり着れます。

肩の部分のツヤツヤの素材が本当に心地いいです。

他メーカーと比べるとすぐわかるのですが発色が本当にきれいです。

蛍光色じゃないのに勝手に蛍光してます。

キラッキラしるんです、気付いたら。

家で着るときにあまりにもキラッキラしてるときはサングラスかけながら着替えます。

そんなキラッキラな人生送りたいものです。。

 

ジャージは前回と同じなのですが今回ビブに関しては新製品を採用しました。

明確なおおきな違いは裾の縫い目がなくなり全て一体型になりました。

 

デザインは変わりません。

変わったとしてもちょっと修正されるぐらいです。

 

29,000円

上下別でも販売しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

4、家に忘れたと思ったら実はもう着用してるグローブ

5名にしかまだ実物をお見せしてませんがとにかく評判いいです。

心地いいしめちゃくちゃ伸びる。

金子でも一番小さい2XSをつけてます。

180cm級の超大型人間の彼ですらSサイズ。

ということは日本人であればM以上は必要なさそう。

 

このグローブに関してはかなりデザインは修正されます。

 

2,200円

 

 

 

 

 

 

 

5、水も滴る良いソックス

なんで水かというとこのソックス特に特徴はありません。

水のように特徴がなくとも人間には絶対必要なものです。

 

なのでこのソックスは水なのです。

 

ボトルにソックス詰めてもいいかもしれない。

 

そのうち自動販売機の水の隣にソックス売られるような時代になるかのしれません。

もちろんイオンモールで飲料水コーナーに並べるときのネーミングは考えてあります。

 

ソックスイ

 

ブログ書きながらなんて天才なんだと思っています。

 

2,200円

 

 

 

という風に展開しています。

 

締め切りは6月5日 23:59

お届けは7月初旬以降の見込みです。

 

サイズ等の質問は

kanekossyu@gmail.com

へお気軽にお寄せください。

 

・ジャージ姿の全身映ってる写真(後ろ姿OK)

・身長

・二の腕

・胸囲

・太ももの日焼け部分

 

のサイズを記載していただくようお願いします。

 

5月31日23:59までに金子のツイッターをリツイート&フォローで抽選で1名様に世界初セットをプレゼント企画行っていますので是非チャレンジしてください。

こちらのツイートをリツイートお願いします。

 

https://twitter.com/kaneko158cm/status/1133705065644957697?s=21

 

 

銀行振込可能な方はこちらのサイトで注文していただくと送料無料となります。

 

https://forms.gle/P6JLYwfiQkBpdbmUA

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どうも、ハイパーメディアピュアクライマーの金子です。

5月19日
蔵王ヒルクライム

5月26日
栂池ヒルクライム




2週連続でヒルクライムのイベントに呼んでいただきました。

わかってます。
一番驚いてるのは自分です。

人生のヒルクライムレースは実業団Japan pro tourカテゴリで出場した伊吹山、栂池、宮田、富士のみです。

もちろん全然入賞圏外。

イベントは大好きなのでめちゃくちゃ嬉しいですが、レースでは魅せられる走りができるとは思えないのでできることをやります。

でもそれってキャラを気に入ってくれたということなので普通に嬉しいでしかないです。


金子の脚質をわかりやすくいうとハロン(200mのTT)でアルミホイール、アルミフレームで10秒94でした。





ということはヒルクライムのスタート200mで全ての力を注ぎ込めばいいんだ!

極秘プラン決まった。
誰にも言えない。。


蔵王のホームページはこちら

栂池のページはこちら


会場やレース中でも気軽に声かけてください。
ほんとに声かけてほしいです。

レース会場にいる招待選手ってたまに話しかけづらいですよね。
金子ああいうの嫌いです。

山は遅いけど、平地の練習より好きです。









いつもカネコッシュ、カネコジャージ、カネコワンピを使っている写真みるとめちゃくちゃ元気もらえます。
ありがとうございます。

どのぐらい元気になるかというと48時間ひたすら宿題やってもう無理寝るってなったときにカネコッシュみるとまたスッと起き上がって1時間は粘れるぐらい元気になるんです。

1時間勉強したらどのぐらい合格率がアップするでしょうか。。

やる気スイッチ君のはどこにあるんだローーーー。

金子のやる気スイッチはたぶんここ


是非みなさんも押してみてください。

おかげさまで継続してカネコッシュが広まってくれています。

いつものように本当に純粋に微塵の悪気も感じさせずに無断転載します。


































カネコッシュとセブンジャージ繋がりで何か今後やりたいという思いは常々あるのですが、日本全国に出荷されている状況で東京のみ開催ではなかなか不公平な気がしているので開けません。

自分で全国に脚を運べる状況でもありませんので、お許しください。

最近カネコッシュを持ってる人の呼び方?
を考えています。

インスタグラマー
ローディー
メンタリスト
マヨラー


カネニスタ。
カネコッシャー。

うーん。
なかなか難しい。

カネコッシャーってクラッシャーみたいな感じがして微妙ですよね。

あーなんて贅沢な悩み。

セブンジャージはスポンサー変更のため販売はできなくなりました。

しかし個人的にCCN japanとしてカネコアイテムをメインに展開していきます。
おかげさまで希望してくれている方が集まっていますのでもうすこしで第2回カネコジャージ販売ができそうです。

こちらに記入をお願いしてますが予約じゃなくアンケート的な軽いものなので是非記入してもらえたらと思います。
記入するだけで割引されますのでぜひぜひ。


次回の販売では新たにグローブとソックスも展開します。
(デザイン変更の可能性大)



カネコジャージ、カネコビブはもしかしたら変更されるかもしれません。

マレーシアのレースで新型に触れる機会があったのですがかなり変化していました。






特にビブの縫い目がない感じがすごい変化ですね。

まずは日本で金子が実際に着てチェックしてみたいと思います。

引き続き本家カネコッシュもよろしくお願いします。
カネコッシュの収益は活動資金に充させていだいてます。
日本帰るのでいつでも発送可能です。















4月17日から19日までマレーシアのツールドイスカンダルでした。


ブログおろそかすぎて事後報告になってしまうことお詫び申し上げます。

 

いまは98%ツイッターで生きてます。

残りの2%はみんなの心の中


金子としての今年の初戦。

チャレンジロードでいままでで一番よく走れたものの不安でしかない。

 

ホーチミン経由でクアラルンプールへ。

今回はベトナム航空

映画観れるしお食事まで。。


ボヘミアンでふつうに泣いた。


パパーーーーーーー

うーーーーーーーーー


あと観たのはバンブルビー


そう、映画館では観たくないけどDVDでは絶対見たいというのを観る。


ただ、ボヘミアンは映画館だなと単純に後悔しています。


クアラルンプール空港からは大会関係者のハイエースで4時間ぐらい?移動


チームが滞在してるホテルに着いたのがAM3:00ぐらい

仲良いチームメイトが起きててくれたけど全然笑えない。

しかも3LDK?に8人全員寝てるのでもう金子のベッドがない。

 

そうかわかった。

とオーストリッチで寝た。

 

前にもフィリピンに夜中到着したときオーストリッチで寝たけど金子の身長的になかなか快適に寝れてしまう。

 

しかもなんかわからないけど、リッチな気分になるとかならないとか。。。


飛行機載せられるぐらいだからクッションがなかなかのモノ。

ふつうに寝れる。。


翌朝は今年のチームキットを受け取りました。

バイクは今年はコラテックなのですがもう少しで来るそうです。

 

ヘルメットいいね。

かっこいい。


モビスターと同じだぜって監督に自慢された。


そんなマレーシア初日

それから2日間は軽く練習して調整。

前日はチームプレゼンテーション。

 

ふりかけをおみあげで持ってきたらめちゃ美味いと気に入ってくれた。

何味?とめちゃ聞かれるので英語で翻訳してあげた。



レースは3日間ともほぼフラット。

第一ステージは120km

日本からはキナンとチームUKYO

 

セブンイレブンとしては特に作戦はなくてとにかく先頭集団に誰かが乗ること。

 

もうスタート前から汗だく。

 

スタートしてみると風が当たってきもちいいいいい

 

とはならない。

 

アタック合戦に参加してみるけど乗ることができずに時は流れてそのうち3名の逃げ集団ができた。

 

3人ともめっちゃ強いらしくて一人はツールドランカウィ総合優勝したてホヤホヤのスーパークライマー。


逃げに乗せてないチームが引くけど、引いてるのがUKYO1、キナン1、セブン2(金子含)

 

4人中日本人が3人。

 

というかほかのチーム出て来いよ。

 

引いた後は100名に抜かされてボトルを5本背中に詰めてまた100名を抜いてチームメイトに渡すという作業。

 

終盤になって韓国のチームがまとまって引いていたけど残り10kmぐらいでタイム差が縮まらないからあきらめていた。


残り5kmぐらいになって一気に集団活性化してそのときは金子の脚は大丈夫だったけど、なんか気持ちが前々にいかない。

 

じーーーっとただ見ているという。。。。。

 

なんだかなあ。

第2集団には加われずにそのままメイン集団でフィニッシュ。

 

脚だけは良い感じでも気持ちがダメ。

 

というか暑すぎて疲れがわからない。

 

第2ステージは163km

金子は朝から謎の胃痛で朝食が食べれず超ショック(※)


考えられる原因が暑さか生野菜かフルーツかって思うけど全然わからない。

水道水で歯磨きしたからかな。

 

タイ合宿では絶対ボトルウォーターで歯磨きしてたのに。

ただの詰め甘いひとじゃん。。

 

スタートまで本当にやる気起きなくて、、

スタートしても全然アタック合戦に加わることもなく。。。


きつくはないんだけど集団内で位置をあげる意欲が全然わかない。


逃げ集団にチームメイトのドミニクが入ったのでセブンイレブンで先頭近辺で次の展開に備える。

今回のボトル運びはペース落ち着いていたのでなんともなく。

 

スピードも30kmhー40kmhぐらいでゆっくりと

先頭との差も一気に4分差まで広がった。

 

そのうち差を詰めたがるライダーのアタックが増えてきたところに金子の前輪がパンク。

 

チームカーは4分先の先頭集団についてるので、金子はホイールを外さず手を上げるのみ。


これが大きな間違いであった。

 

いち早くホイール外して意思表示をしないといけない場面だったのに・・

 

サポートカーに

「車に乗る?」

「ホイール変える?」

と問われている時点でもう全然ロス。

 

だいぶ先に止まっていたニュートラルサポートスタッフが車輪をもって走ってきてくれた。

 

なんというかいろいろ金子の心構えがダメすぎてアレ。

 

勝つ人はパンクしない。

という言葉が頭をよぎる。


金子のマイナスオーラがあんまり減ってないタイヤをダメにしたな。


急いで単独で追うものの追いつく気配がない。

サポートカーにカーぺーさーしてもらっても先頭集団では明らかにアタック合戦始まってる。

 

アタック合戦の後ろ2kmから追いつく脚は全然ない。


落ち着いてくれることを祈って追い続けるけど頭がフワフワしてきたので、80kmという残り距離も考えて降りました。

 

走ったの1.5日だったけどめちゃくちゃ得るものありました。


詰めが甘かった部分を修正していきます。

 

その日はチームのドミニクがステージ3位にはい山岳賞リーダーにもなった。

 

 

第3ステージは車で次のゴール地点までワープ。

残念ながらドミニクは山岳賞はキープできず。

でも総合4位でUCIポイントを獲得。

 

23日の昼に成田に到着する予定です。

残りのマレーシアを楽しみたいと思います。


次のレースはUCI 2.1ツールドコリアに決まりました。


 

応援ありがとうございました。


レース終わったらキナンの中島選手にミロご馳走していただいたので一生ついていこうと思った。


金子を探してみてください。








サインシート


ママーーーうーーーー





めちゃ寝れました。

ありがとうございます



全員オーストリッチです。





味を翻訳した。

それでもなおみんなは何味かきいてくる。

なんでだ。。



新しいウェアいかがでしょうか。




大会期間中のホテル。

外見いいけどエレベーター死ぬほど遅いしなによりも各部屋に窓がない。


窓がないって実際初めて?かもしれないけどめちゃくちゃストレス。

特に朝。

携帯見ないとおおよその時間がわからない。









個人サポート

ユニカル

カルシウムとクエン酸


チームプレゼンテーション



レース前






山岳賞キープできなかったけど調子めっちゃ良さげ。



中島選手のミロ

2018年の様子はこちら

https://ameblo.jp/jack158cm/entry-12367559229.html?frm_id=v.jpameblo&device_id=1fad7f9039a9401a8bf24fb4fbe689f7

 

心の底から苦手な修善寺に参加しました。

坂は苦手だけど好き。

 

なんというかインターバルが苦手。

インターバルトレーニング嫌いだから。

 

初の試みとしてインターバルトレーニングせずにタイでのベーストレーニングだけで走ったらどうなるんだろうって思ってそのまま突撃してみました。


全日本資格はあったから気楽に挑戦できたからできたことなんですけども。

 

移動は往復とも普通列車で。

小田急線が近いので宇佐美駅まで2回の乗り換えでこれちゃう。

1500円で2時間30分ぐらい。

電車の中ではひたすらネットフリックス。

 

宇佐美のコインロッカーでレース走れる準備してアップがてら亀石峠を上る。

 

30分ぐらいだけどゆっくりならすっごいちょうどいいアップになった。


目の前の大セブンイレブン様様様でバナナ食べてサインして検車して。

 

特に今回はペラペラしゃべらずにレースまでこっそりしていた。

毎回しゃべりすぎてやばいからね。

 

スタートしてすぐぐらいに先頭集団と第二集団に大きく分断されて。

そこでは追いかけたいけど去年の嫌な思い出が蘇って攻めることができずに集待機を選択。

単騎で参加してるなら行かなければいけないとこでした。

 

優勝した岡選手があとから単独で先頭に合流していた。

 

まさかそんなすぐ決まるわけが、、、ほんまや。

 

ということで金子君のスイッチ完全オフになりました。

例年ならやる気失ってちぎれちゃうけど、集団にいてもきつくないからいけるとこまでいってみようモード。

 

とにかく修善寺にいい思い出がないので余計なことしたくない。

 

メイン集団?はひたすらブリジストンのコントロール

よくあんなにひけるな。。。。

すご。。。

としか思わなかった。

 

ラスト2周になって金子の脚が想像以上に残ってるのでウズウズしてきた。

でももう先頭集団は2分離れてるから相変わらずやる気は出ない。

 

先頭集団で展開出来たらどこまで走れてのだろうと第二集団で考えながらそのままゴール。

 

なんとも言えない修善寺でした。

 

ただあとから知ったんだけど去年の優勝タイムより今年金子がいた集団のほうが40秒速い。


展開うんぬんよりも単純に金子比でいうとやばい成長。

 

この集団のスピードで去年は半分の7周で自転車降りてるからね。

 

やば、成長してる。

 

とはいえその分先頭集団はもっと速い。。

 

単純に悔しいです。

頭が金子の邪魔をするのや。。

 

帰りも普通列車です。

往復5時間、3000円

ひたすら反省会兼ネットフリックス

割合としては10対100


修善寺のレースだけで一日終わるのは嫌だから電車遠征が正解すぎるなと感じる。

スケジュールの乱れが起きないから。

 

次のレースは今年最初のUCIツアーです。

マレーシアで5日間走ります。

 

会場で応援していただき嬉しいです、

またどこかでお会いしましょう。

 

 

 

 

拝啓

敬具


カネコッシュコラボ






前回のブログで全部もってかれた彼










写真ありがとうございました

2月11日から参加した40日間に及ぶタイ合宿から日本に帰りました。


 

とにかく思うのは日本で乗り込まずにいくと痛い目に合うということ。


去年も乗り込まずに参加して2週間目以降に脚が回り始めました。

 

なので40日間いたものの、本当にきつい日数はそこまで及びません。

きつくなるところでついていけないのできつくなりようがない。



タイ合宿に行く前はしっかり乗り込んでから参加しないとだめだなと思いました。

 

今回も3週目ぐらいしてから幸也さんとフェンさんの次にバイクぺーサーに残れるようになったり、毎年来てる分違いが分かります。

今回に限っては登りでいつもより幸也さんについていける時間が増えた気がしてます。


合宿序盤にゆっくりペースの時に犬が突っ込んできて、それにビビった前の選手に突っ込んでこけました。


ですがそのあとしっかり180km乗れて翌日以降もすべて完遂しています。

 

低速だからあんまりダメージなくてラッキーでした。


タイは相変わらずご飯がおいしいので毎年太って帰るのですが大人になった金子には「自制心」がほんの少し芽生えました。

いつもならこれ食べてるな―――っていうのを我慢できていた。


金子が大人になったので記念にだれかケーキ食べ放題連れてってください。

 

タイで出会った方々感謝です。

非常にお世話になりました。


いいシーズンがおくれますように。


まずチャレンジロード頑張ります。

 

拝啓

敬具

 




登りで粘った



シンハーパークのジップライン

フェンさんやばいね



ジェットコースターモードもあり




めちゃ観光地








個人サポートのユニカ食品
カルシウムとクエン酸飲料




 



トラブルなかったわけじゃなくてトラブル起きた場所が自転車屋さんだった奇跡。
なんかおかしいなと思ってガチャガチャしてたら無事?その場でワイヤー切れてくれた。

世界で一番ワイヤー切れてから修復までの時間早かったと思う。







ジップライン







フェンさんビビりすぎ




幸也さんに頂上で喧嘩売ったら瞬殺された。









 ぜんぶもってかれた。

タイ合宿中に合宿所からすぐのところからすぐのところまでのヒルクライムレースが行われました。


賞金高いと思って参加申し込みしてから賞金いくらか尋ねるとファンライドだよって返されました金子です。



まじで調整してまじで賞金とりにいこうと思ってましたが普通に練習の一環で行くことにしました。


2日前

どこいったか忘れたけど160kmぐらい

前日

餃子屋さんへ200kmちょい

 

当日は朝早くいい感じの疲労感とともに会場行くといろいろ食べるものがあったので軽く朝食を。


 



ちなみにファンライドなのはわかるけど負けたくないので前夜は全然眠れなかったし

5時30分にセットした目覚ましより早く起きた。

 

目覚ましより早く起きるってめちゃくちゃ眠り浅いらしい。

金子の心も浅いよ。

 

スタートにはマウンテンバイクの方もかなり多い。

 

33kmでまあまあ登るレース。

 

最初ローリングスタートでリアルスタートしてすぐ選手がはっきり分かれる

競うか競わないか。

 





本格的な登りな頃には10名ぐらいになってたししかも猛烈に若い。

しかもまた登りがえぐいからあっという間に2人になっていた。

 






この黒い少年なかなかねばる。

体軽そう。。


そして最後の20mで負けた。

 

なぜかというと彼は残り1kmで取引を持ち掛けてきた。

「なあ、ミスターカネコ」

「はあはあ」

「負けてくれ」

「はあはあ」

「100バーツあげるから(350円)」

「はあはあ」(首は縦に振っている)

 

というもの

きついのに話しかけてくるなよと思ったけど100バーツはありがたいので取引に応じた。

 

 

※フィクション

 

そんなこんなで2番目。


表彰ないと思ったら普通に並ばされた。

なんだよ。。

そしたらもっと頑張ったのに。


でも脚の太さランキングは優勝しました。




 

 

ダイスケ・カンケコ選手頑張りました。