北海道胆振東部地震 | JAA BLOG

JAA BLOG

日本航空専門学校のオフィシャルブログです。
このブログでは学生生活をはじめ、日常の様々なことを紹介します!


テーマ:

 

 

2018年9月6日早朝発生の北海道胆振東部地震により

被災された皆様に心からお見舞い申し上げます。

 

 

日本航空専門学校がある北海道千歳市は、震度6を観測しました。

直後、全生徒の安否確認をし、怪我などした学生も一人もおらず、

無事であることが確認できました。

 

職員室の様子が、揺れの強さを物語ります。。。

 

地震の影響で北海道全域で停電になりましがた、

本校には自家発電機があるので直ぐに切り替えて、電気をつけることができました。

 

時間を分けてオンオフし、省エネをしながら、1週間程度は発電できるだけの

燃料を確保することができました。

 

 

 

その日、寮生は約389名おりましたが隣接している食堂もあり、

3食全員へ提供することができました.

 

停電の復旧が未定の中、寮生・教職員の安全を守る為、

電池・ライト・飲料水などなどを職員みんなで近郊の店舗へ調達に行きました。

 

発生から24時間後、電気の復旧はまだでしたが、

省エネの時間のみ、調達したランタンを用いて明かりを確保しましたキラキラ

 

 

 

地震発生から約40時間後

一刻も早く実家に帰省させるべく

なんとか大型バスをチャーターして 

帯広・釧路・北見・旭川・室蘭・函館 行きのバスが出発。

学生たちが無事に帰省していきましたバスダッシュ

 

 

JR・飛行機・フェリーその他の交通機関が動き出すと、

その都度学校バスでの送迎も行いました。

 

 

地震発生から約43時間後

千歳市内 学校周辺の電気も復旧。

ひとまずライフラインが戻ります電球

 

残寮生も教職員も、少しほっとしますお願い

 

地震発生から約52時間後 朝と夜の2便に分けて

第1便:石川県 日本航空高校石川・日本航空大学校

第2便:山梨県 日本航空学園本部・日本航空高校

より、支援物資が到着しました拍手

 

電池、飲料、食料などなど…たくさんの支援物資が届きました。

学生たちも本当に感動した様子で笑顔で物資の運搬を手伝います。

 

 

 

 

日本航空学園グループの協力してくださった皆さん

日本航空専門学校のためにありがとうございますえーんキラキラ

 

 

 

 

 

 

地震発生から1週間経ちました。

余震もゼロではありませんが、日本航空専門学校が日常を取り戻しつつあることを感謝します。

 

 

皆さんご心配、ご支援、本当にありがとうございます。

 

 

 

現在は秋休み期間となっております。

本校では震災に伴い、一部秋休み期間を変更しております。

※授業カリキュラムの関係で期間が違います。

 

【〜9月16日(日)まで秋休み】

航空整備科

1年生全員

二等航空整備士コース2年生・3年生

二等航空運航整備士コース2年生・3年生

一等航空運航整備士コース2年生

 

【〜9月25日(月)まで秋休み】

航空整備科

技術コース2年生、3年生

空港技術科

1年生、2年生全員

国際航空ビジネス科

1年生、2年生全員

 

 

 

震災後、学校自体は9月11日(火)より通常運営しております。

何かございましたらお問い合わせください。

 

 

 

 

尚、9月30日(日)のオープンキャンパスについては

予定通り開催いたしますので、ぜひお誘い合わせの上ご来場くださいねキラキラ

詳細はコチラ

 

 

 

 

 

 

 

日本航空専門学校さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス