2018 秋の種蒔き その1

テーマ:

Thank you for stopping by my house.
 

 

 

今日も午前中は雨でした。

しかし、午後からどうにか止んでくれたので、やっと秋の種蒔きを始めました。

 

おばさん、今回が秋の種蒔き2回目です。

今年準備した土はこちら↓

 

 

40L入って、1000円弱でした。

今年はこれ1袋で終わらせようと思います。(^▽^;)

 

後、これも買ってきました。

育苗箱 98円でした。

 

 

 

去年はこちら↓のセルトレイを使いましたが、リユースが出来ないので、今年から育苗箱を使う事にしました。

 

 

このセルトレイ、去年の残りがあるのでそちらも使いきります。

 

 

 

おばさん愛用のタライに育苗培土を適量出して・・・

 

 

 

適当に水を入れて、混ぜ混ぜしました。

 

 

 

 

あ!そうそう、こんな↓園芸ラベルも買ってきました。

 

 

100均でも同じような物があったと思いますが、こちらの方がしっかりした物だったので、こちらにしました。

 

 

 

 

今日種蒔きしたのは、先日みっちゃんさんに送って頂いたこの種の中の4種類です。

スイトピーだけはもう少し後に種蒔きします。

 

 

園芸ラベルに名前を書いて、名前の下に書いてある [隠 軽] ・ [5mm] 等は覆土の量です。

 

 

 

 

ちょっとここで 《園芸ワードのお勉強です。

 

覆土(ふくど)とは

草花や野菜のタネをまいた後、その上に土をかぶせること、またはその土の意味である。

覆土には次のような意味がある。

1. タネには、嫌光性といって、明るいところよりも薄暗い環境のほうが発芽に適しているものが多い。

2. 雨や灌水(みずやり)などで、タネが流れてしまうのを防ぐため。

3. 小鳥や虫、ナメクジなどによる食害を防ぐため。

 

一般に覆土の厚さは、タネの直径の2 - 3倍程度がよいとされている。豆類やひまわりなどの大粒のタネでは、1cmから2cmくらいが適当である。ケシ類やケイトウなどの比較的細かいタネでは、タネが見え隠れする程度に覆土し、その上を板や手のひらなどで軽く押さえておく。なお、微細種子は、覆土しない方がよい。 

(ウキペディアより、引用させて頂きました。)

 

 

 

みっちゃんさんに送って頂いた花の種4種類を1つの育苗箱に蒔きます。

 

 

みっちゃんさんの真似をして、割り箸で4つに区切りました。

名前を書いた園芸ラベルを刺して・・・

 

 

 

 

【アグロステンマ  隠 軽】(隠れる程度に軽く覆土)

 

 

 

 

 

【ルドベキア マキシマ 隠】(隠・・・隠れる程度の覆土)

 

 

 

 

 

【矢車菊 ブラックホール 5mm】(5mmの覆土) 

 

 

 

 

 

【ダイアンサス クルエンタス 5mm 鎮圧】(タネが流れないように表土を鎮圧)

 

 

 

 

 

 

 

右側2つ、【アグロステンマ  隠 軽】と【ルドベキア マキシマ 隠】に隠れる程度に軽~く覆土しました。

 

 

 

 

覆面が終わった右側を新聞紙で覆い、左側の覆土をします。

 

 

 

 

左側は5mm程度の覆土です。

 

 

左側は仕切りの割り箸が見えなくなりました。

右側の割り箸は見えるので、大体有る場所は判るのでほじくり出しました。(笑)

 

 

 

霧吹きで覆土を湿らして、種蒔き完了です。

 

 

 

そうそう、おばさんの事だから雑に扱って、名前を書いた園芸ラベルを落としてしまう事があるとどれがどれだか?判らなくなるので、育苗箱の縁にビニールテープに名前を書いて貼っておきました。

 

 

こんな風に、 播種(はしゅ)した日も書いておきました。

 

 

 

セルトレイに我が家で種取りしたビオラ3種類とちーちゃんままから頂いたビオラの種も蒔きました。

 

 

 

まだまだ蒔く種があるので、毎日少しずつ種蒔きしていきます。

成長過程も、また報告しますねぇ~(*^^)v

 

 

 


☆コメント☆ おばさんのエネルギー源となってます。
お時間あれば、φ(.. )書き書きしてやって下さい。
宜しくお願いします。m(u_u )m
 


ランキングに参加しています。
ポチっとして頂けると嬉しいです。
いいねグッド! もありがとうございます。

 

 

 

 


 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ

にほんブログ村 


手作り・DIYランキング

洗面所のDIY

テーマ:

Thank you for stopping by my house.
 

 

 

今日も雨です。

おばさんのブログはアメブロではガーデニングのジャンルに属していますが、こんなに雨ばかりだとガーデニングネタも切れてしまいます。(笑)

だからと言って、違う事をブログに書くとアメブロさんからご忠告もくるので、他の事はあまり書けないのですが・・・(爆笑)

 

 

今日はガーデニングじゃない事を書きます。

庭も自分で作っていますが、家の中もDIYしています。

 

耳にタコだと思いますが、おばさんの家は築45年の超中古住宅を3年前に買いました。

色々直してきましたが、まだ完全じゃなかった所が洗面所でした。(まだ完全じゃない所がいっぱいです。(^^ゞ)

 

 

こないだまで、こんな感じでした。↓

 

 

使えるているように見えてますが、全く使っていません。

だって、排水管のジョイントが悪く、水漏れするので使えない状態だったのです。

 

 

ここの洗面所、洗面ボール1台じゃないんです。

引きの画像がこちら↓

 

 

洗面ボール2台あるんです。

(鏡を置いておくと、おばさんが写り込むので外してあります。(笑))

この画像↑の右側にドアがあり、そこがトイレです。

 

 

 

じゃあ、おばさんはどこで顔洗っていたのさ!って言われそうですが・・・

お風呂の脱衣所にもう一台洗面台があるんです。

なので、歯磨き洗顔はそちらの洗面台で出来るので、ここの洗面所はダミー状態でした。

 

 

 

あ!でもね、ダミーであってもこれでも3年前に購入した状態とは違っているんですよ。

 

では、ご披露しましょう。

こちらが、購入した時の洗面所の状態です。

 

じゃん!

 

 

洗面台の上にいろんな物が散乱していたので、画像加工してあります。

下の棚の中にも色んな物が入っていたので、加工して見えなくしてあります。

只、見て頂きたいのは引き戸の色です。

こんな木目の化粧板が張ってあった引き戸でした。

 

 

洗面所の上の壁はこんな↓壁でした。

 

 

 

 

下の引き戸の戸を外し、ペールイエローのペンキで塗り、壁は雨戸を修理した時の端材のベニアにペンキを塗り、板壁風にDIYしました。

そそ、この鏡も外してリメイクしました。

『鏡のリメイク』の記事で詳細ブログあります。

 

 

 

先日、『田舎暮らし 中古物件注意事項』の記事で、漏水した事をご報告しましたが、

今回のこの漏水をきっかけに、洗面所の排水ジョイントの修理もして頂く事になったので、洗面所のDIYを完成する事にしました。

 

 

先程紹介した画像ですが

 

 

この黒い部分がそのままだったので、最初の予定ではモザイクタイルを貼る予定にしていましたが、諸事情によりあまり遠くない将来水周りの大規模リニューアルをしなければならなくなりそうなので・・・(本当はしたくないのです。。。7ケタの支出になると思うので・・・(>_<))

リニューアルの時に壊してしまうのなら無駄になるので、モザイクタイルを貼るDIYはしない事にしました。

 

でも、この黒の洗面台は気に入らないので・・・

 

 

 

こんな物を買ってきました。

 

 

100均(ダイソー)のリメイクシートです。

 

 

シール式のリメイクシートを貼るだけなので、工程は無しです。

 

いきなり完成です。(笑)

 

 

本当はね・・・   白のモザイクタイルを貼りたかったんですがね・・・(_ _。)

 

でも、明るくなったでしょ?

 

 

 

 

 

そうそう、この壁も珪藻土をおばさんが塗りました。

 

上から3枚目の購入時の画像を見て頂けるとわかりますが、昔のキラキラの入った昭和感漂う塗り壁だったのです。

 

 

 

トイレのドアはまだ塗り替えていませんが、その内ペンキを塗ろうか?と思っています。

 

洗面ボールも蛇口も汚れていましたが、クレンザーやピカールで磨いたら綺麗になりました。

 

 

 

築48年の超古でオンボロな我が家ですが、自分の手で直し、磨いていくと愛着が湧き、居心地良い我が家になってきました。

少しずつですが、自分でボツボツ直していこうと思っています。v(^-^)v

 

 

 

 

今日はガーデニング記事でなく、つまらなかった方もいらっしゃるかもしれません。

ごめんなさぁ~い。(^◇^;)

 

明日はガーデニングの記事にする予定でぇ~す。

では、また明日~♪≧(´▽`)≦

 

 

 

 


☆コメント☆ おばさんのエネルギー源となってます。
お時間あれば、φ(.. )書き書きしてやって下さい。
宜しくお願いします。m(u_u )m
 


ランキングに参加しています。
ポチっとして頂けると嬉しいです。
いいねグッド! もありがとうございます。

 

 

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村 


手作り・DIYランキング

来春 絶対買い!の花苗

テーマ:

Thank you for stopping by my house.
 

 

 

 

 

先日、ほっこりかわいい布小物作り☆makkyさんから、

『これからの季節にプランターや植木鉢で育てるのによいお花って何かありますか?』とコメント頂きました。

 

 

おばさんとしては、今の時期に植える花苗は・・・ と悩んだので。。。

お気に入りの園芸店 スタッフSさん(園芸の師匠)に相談しました。

 

そして、園芸の師匠が勧めて下さったのが、こちら↓

 

 

【アンゲロニア エンジェルフェイス&エンジェルス】

 

学名:Angelonia hybrid
タイプ:オオバコ科アンゲロニア属の非耐寒性多年草
耐寒性:5度まで
草丈:40~60cm
葉張り:約30cm
花径:約2.5cm
開花期:春~晩秋
用途:花壇、寄せ植え、プランター
日照:1日中、日光のよくあたる場所

 

 

エンジェルフェイスシリーズは従来のアンゲロニアに比べ、豪華で大きな花が特徴です。色鮮やかでユニークな花が夏の間も咲き続け春~秋まで楽しめます。高性なので寄せ植えのポイントや花壇の背面など高低差をつくるのに適したアイテムです。強健で夏の暑さに強く、真夏も咲き続けます。

特徴
・流通している品種の中では最も大輪で高性
・特に強健で暑さに強く真夏も咲き続ける
・高性なので真夏の花壇でもほかの植物に埋もれない
・花壇や寄せ植えのフォーカルポイントに

 

(園芸ネット本店さんより 説明文引用さえて頂きました。)

 

 


 

 

 

【アンゲロニア エンジェルフェイス (ウエッジウッドブルー)】

 

 

 

ウエッジウッドブルーには、こんな↓タグが付いていました。

 

 

タグ 裏

 

 

 

 

 

 

 

【アンゲロニア エンジェルス (ラベンダーピンク)】

 

 

【アンゲロニア エンジェルス (バイカラー)】

 

 

 

アンゲロニア エンジェルスには、こちら↓のタグが付いていました。

 

 

 

 

 

makkyさんから、『これからの季節にお勧めの花苗は?』とのご質問に、園芸の師匠のお答えだったのですが・・・

残念な事に今の時期、こちらの花苗販売している所はとても少ないと思います。

 

旬な販売時期は5月中旬から6月上旬だと思います。

花期は6月~10月と5ヶ月間ととても長いのです。(途中切り戻しの必要あり)

 

 

師匠が紹介して下さったこの苗、きっと4ヶ月程前に仕入れた物じゃないか?と思います。

しかし、お気に入りの園芸店は管理が良いので、4ヶ月前に仕入れた花苗も手入れが良く、切り戻しもしてある為に、この小さな鉢のままでも株はしっかりした株に成長し、花芽が幾つも上がってきています。

(※ 何故売れ残っていたのか? それはお値段がお高めだったという事だと思います。)

 

お気に入りの園芸店では、こんなに良い株に育った花苗が手に入りますが、他所ではなかなか手に入れる事は難しいと思います。

 

 

 

アンゲロニアの原産地は中央アメリカから南アメリカの熱帯から亜熱帯です。

本当は多年草ですが寒さに弱い為、一年草扱いとなってしまいます。

お気に入りの園芸店て売れ残っていた理由は、一年草扱いのわりには高いという事だったかもしれません。

しかし、普通のアンゲロニアに比べ、こちらのアンゲロニアは 分枝力が抜群に良く、豪華で大きな花が 真夏も咲き続け、株は乱れず美しい草姿を保つ のが特徴です。

 

 

 

(園芸ネット本店さんより 画像お借りしました。)

 

 

現在のおばさん家のボーダーガーデンは、花数が少なく寂しいボーダーガーデンになってしまっているので、このアンゲロニアを連れ帰って植えようと思っていますが(まだ連れて帰っては来ていません。)、温暖な伊豆でも11月くらいまでしかもたないと思います。(11月までもつかなぁ~?(^▽^;))

 

 

 

今日紹介した花色は、3種類しか画像ありませんが、他にホワイトとパープルもありました。

来年は5月中旬からこの【アンゲロニア エンジェルフェイス&エンジェルス】が出回り始めたら、すぐに連れ帰って、半年間我が家の庭を華やかにして頂こうと思います。

 

 

このタグ↓と

 

 

このタグ、覚えておいて下さいね。

 

 

 

きっとお高いと思います(税別で400円~500円位すると思います。)

でも、背丈もあり、花も大きめで、株も横幅30㎝位になり、半年近い開花期があるという事を考えると・・・

 

おばさんは 『絶対に買い!』 な花苗だと思います。

 

 

でもね、でもね・・・

絶対管理が良いっていう事が、開花期が長く出来る条件でもあると思います。

先程も書きましたが、お気に入りの園芸店では適期に切り戻しをしたり、肥料(液肥)を与えたりしているからこそ、この小さな鉢のままであってもしっかりした苗になっているんだと思います。

 

 

 

来年、この花苗を見かけたら連れ帰り、皆さんに報告しますね。

 

 

 

「今、この花苗欲しいよぉ~」って方・・・

↓ ここに残り4苗あるようです。(笑)

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

アンゲロニア ウェッジウッドブルー
価格:540円(税込、送料別) (2018/9/20時点)





 

 

☆コメント☆ おばさんのエネルギー源となってます。
お時間あれば、φ(.. )書き書きしてやって下さい。
宜しくお願いします。m(u_u )m
 


ランキングに参加しています。
ポチっとして頂けると嬉しいです。
いいねグッド! もありがとうございます。

 

 

 

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村 


手作り・DIYランキング

2018 秋の寄せ植え

テーマ:

Thank you for stopping by my house.

 

 

 

昨日のブログで紹介した3種類の花苗と、今日紹介する2種類の花苗で秋の寄せ植えを作りました。

 

先ずは、残りの2種類の花苗を紹介します。

 

 

 

【ヒマラヤソケイ】

 

 

 

《付いていたタグ 表》

 

 

 

《付いていたタグ 裏》

 

 

特徴

常緑の半蔓性低木。キソケイという名前で昔は流通していたので、その方がピンと来る人が多いかもしれません。ヒマラヤソケイという名前の方がイメージがいいから最近はこの名前で流通しています。

 

中国の南西部、貴州省、四川省、雲南省、チベット自治区それにアフガニスタンやインド、タジキスタンに自生しています。標高1100~3500メートルの比較的高地に生え、高さは0.5~3メートルになります。

株は地表からニョキニョキと伸びて、枝先は垂れる。全体がコンモリとした樹形になる。5月・6月あたりに黄色い花を咲かせます。花に香りはない。ソケイはジャスミンのこと。ジャスミンは茉莉花のこと。

 

 

まとめ

●霜に当たらないようにする。
●夏の暑さには強い。
●肥料は2月と花の後。
●剪定は花が終わった7月。8月以降に剪定すると翌年の花が減る。
●育てるのは「寒さと霜よけ」次第。これをクリアすれば簡単。

(ガーデニング花図鑑より 説明文引用させて頂きました。)

 

 

☆おばさんコメント☆

お気に入りの園芸店 スタッフSさん(園芸の師匠)のアドバイスでこちら加えました。

ライムイエローの葉っぱがピリッとしていいですね。

 

 

 

 

 

【マウナケア (アルテルナンテラ)】

 

 

 

《付いていたタグ 表》

 

 

 

《付いていたタグ 裏》

 

 

【学   名】alternanthera
【科属名】ヒユ科
【分   類】多年草 
【草   丈】10~20cm
【耐寒性】弱 約5℃
【耐暑性】強
【日   照】日向~半日陰
【開花期】7~11月

<アルテルナンテラの育て方>
日当り、水はけの良い場所。
土の表面が乾いたらたっぷりと。
寒さに弱いため屋外に置いた場合は初冬までしか維持できませんので、冬越しさせる場合は室内に取り込んで下さい。
※商品画像より株が小さい場合もございます。
※枝数を増やしバランスよく育つように切り戻しをしている場合がございます。
※成長は早いので、育てながらお楽しみください^^

(Junk sweet Garden tef*tef*より 説明文引用させて頂きました。)

 

 

☆おばさんコメント☆

アルテルナンテラ、おばさん家には色々ありますが、この種類はありませんでした。

赤味のある葉っぱはお花とは違う魅力があり、寄せ植えに入れると絞まります。

 

 

 

 

 

 

こんな感じの寄せ植えが出来上りました。

 

 

 

上から覗くとこんな感じです。

 

 

 

お花達のハーモニー画像でぇ~す♪

 

 

 

昨日のブログにao-miさんからこんなコメント頂きました。

 

『ネコのひげ・・・繊細でかわいらしいですね♪
セロシア サンセットアプリコットには、ネコちゃんも
じゃれ付きそう(´▽`) 』(一部抜粋)

 

そう言われると、セロシアは猫ジャラシのようにも見えますね。

 

 

 

 

その様に想像してこの寄せ植えを見ると、楽しいなぁ~と思いながら眺めました。

 

 

 

【ヒマラヤソケイ】のライムイエローの葉っぱと、【マウナケア (アルテルナンテラ)】の赤い葉っぱが寄せ植えの足元を引き締めてくれて良い仕事してますねぇ~(笑)

 

 

皆さんも秋の寄せ植えを楽しんで下さいねぇ~(*^^)v

 

 

 

 

✿おまけの動画✿

 

今日は秋晴れで気持ち良い1日でしたね。

時々動画をUPしておかないと、やり方忘れるので・・・(^▽^;)

 

いつも同じような画像ですが、海の音も一緒にお楽しみ下さい。

 


 

秋の伊豆も良いですよぉ~

遊びに来て下さいね(*^_^*)

 

                         自称 伊豆の観光大使

                               izurin-87 おばさんより

 

 

 

 

 

☆コメント☆ おばさんのエネルギー源となってます。
お時間あれば、φ(.. )書き書きしてやって下さい。
宜しくお願いします。m(u_u )m
 


ランキングに参加しています。
ポチっとして頂けると嬉しいです。
いいねグッド! もありがとうございます。

 

 

 

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村 


手作り・DIYランキング

秋の新入り花苗

テーマ:

Thank you for stopping by my house.
 

 

 

今日は予告通り、お気に入りの園芸店より連れ帰った花苗の紹介です。(*^_^*)

 

 

 

先ずはこちら↓

 

【ネコノヒゲ】

 

 

《お花のアップ画像》

 

 

 

《付いていたタグ 表》

 

 

 

《付いていたタグ 裏》

 

 

科名       シソ科
学名       Orthosiphon aristatus
別名       クミスクチン キャッツウイスカー
原産地     インド~マレー半島
大きさ      40cm~60cm
主な開花期   6月~11月
耐寒性     弱い:10℃以上
難易度     ★★★☆☆(ふつう)

 

こんな植物です。

インド~マレー半島が原産の植物で、本来毎年花を咲かせる多年草なのですが、耐寒性がなく冬に枯れてしまうことが多く、日本では一年草として扱われることもあります。

春~秋にかけて、白い花を咲かせます。花びら自体はさほど目立ちませんが長く伸びた雄しべと雌しべがやや上向きにピンと反り、そのユニークで特長的な姿がネコのひげを連想させる所からこの名前が付きました。

花壇や鉢植えで観賞用として育てられることが多いですが、日本には当初、薬用植物として導入されました。葉に利尿作用や血圧を下げる効果のある成分を含み、「クミスクチン茶」の名前で健康茶の一種として出回っています。白色の他に、淡青色、淡桃色の花を咲かせる品種もあります。ちなみに、クミスクチン(Kumis Kuching)はマレーシアでのこの植物の呼び名です。

属名のオルトシフォンはギリシア語のオルトス(真っ直ぐな)とシフォン(管)からなり、花のかたちに由来します。種小名のアリスタツスは「芒(のぎ)のある」という意味です。

(植物の育て方図鑑 ヤサシイエンゲイより 引用させて頂きました。)

 

 

☆おばさんコメント☆

名前がチャーミング 【ネコノヒゲ】

猫好きな方は育てたくなる植物?(笑)

おばさん家に白花のネコノヒゲは2年前に植えて、去年まではお花を咲かせていたのですが、今年は消えてしまったようです。

消えたというより枯れたんですね。

茎は残っていますが、新芽が出てきません。

今回は薄紫の花のネコノヒゲをお迎えしました。

 

 

 

 

お次はこちら↓

 

【セロシア サンセットアプリコット】

 

 

 

《お花のアップ画像》

 

 

 

《付いていたタグ 表》

 

 

 

《付いていたタグ 裏》

 

 

ジャンル   草花
形態     一年草
学名     Celosia argentea
別名     ノゲイトウ
原産地   熱帯地方

 

 

セロシアの特徴

ピンクや赤紫色の花を咲きます。花序は水分が少なくかさかさしており、枝ごと切り取って逆さに吊るしておくだけで、簡単にきれいな色のドライフラワーを作ることができます。

(Green Snap より引用させて頂きました。)

 

 

☆おばさんコメント☆

以前は見向きもしなかったケイトウ(セロシア)ですが、最近は連れて帰ろうと思う可愛い物が増えてきました。(^◇^;)

生産者の方の努力の賜物でしょうか?(笑)

簡単にドライフラワーにもなるらしので、やってみようと思います。

 

 

 

 

今日のラスト↓

 

【フジバカマ 青】

 

 

 

《お花のアップ画像》

 

 

こちらには名前だけのタグが付いていました。

なので画像なしです。(^▽^;)

 

 

科名:キク科
学名:Eupatorium fortunei
別名:藤袴
原産地:日本 朝鮮半島 中国
草丈:1m-2m
開花期:8月~9月
栽培難易度: そだてやすい

 

 

日本、中国、朝鮮半島に分布する草花で、毎年花を咲かせる多年草です。河原や池の側など水辺に好んで自生します。日本には奈良時代に中国から渡来し野生化したと言われています。秋の七草のひとつであり、派手さはありませんが、その郷愁を誘う花姿が日本人に愛され、様々な古典文学にも登場します。

それほど愛されてありふれていた植物にもかかわらず、現在では野生のものは激減しました。もともと性質は強健で丈夫な植物なので、護岸工事や宅地造成など戦後の急激な開発により、住処を追われたことが減少した一番の理由ではないかと言われています。植物園で栽培しているものや栽培品種は比較的よく見られますが、かつてのように野原に群生してるものはほぼ見られません。

横に伸びる地下茎を持ち、そこから茎を長く伸ばして夏から初秋に淡紫色の花をたくさん咲かせますが、栽培品種は従来の野生種に比べると赤みが強い。草丈は1m~2mになる大型の草花です。花後はタンポポのような白い綿毛をもったタネができ、風によって遠くへ運ばれます。

葉は3つに深く切れ込んでおり、生乾き状態のものは独特の甘い芳香を放つところから中国では「蘭草(らんそう)」や「香水蘭(こうすいらん)」とも呼ばれます。具体的には桜餅の葉(塩漬けされたオオシマザクラの葉)の香りに似ておりどちらもクマリンという成分が香りの元となっています。アサギマダラが吸蜜する植物としてもよく知られています。

(ヤサシイエンゲイより 説明文引用させて頂きました。)
 
 
 
☆おばさんコメント☆
我が家には白花のフジバカマを去年お迎えしてボーダーガーデンに植えてあるのですが・・・
今年は何だか調子が悪く、春先からの葉っぱはちじれた感じで、最近になってやっと普通の葉っぱが出てきたみたいなのですが、まだ花は咲いていません。
上の説明文にもありますが、アサギマダラが好む植物だそうです。
アサギマダラって蝶ですよ。
 
 
 
アサギマダラの画像です。↓
 
(八ヶ岳の東から さんより画像お借りしました。)
 
 
2018年5月19日のブログで紹介した画像↓
 
 
おばさん家の庭にも来た、この蝶がアサギマダラじゃないか?と思います。
 
 
 
 
今日は連れ帰った花苗の3種類を紹介させて頂きました。
明日はこの花苗達を使った寄せ植えを紹介しますね。(*^^)v
 
 
 
 
 
 


☆コメント☆ おばさんのエネルギー源となってます。
お時間あれば、φ(.. )書き書きしてやって下さい。
宜しくお願いします。m(u_u )m
 


ランキングに参加しています。
ポチっとして頂けると嬉しいです。
いいねグッド! もありがとうございます。

 

 

 

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村 


手作り・DIYランキング