小鳥の囀り(動画)

テーマ:

Thank you for stopping by my house.  

 

 

 

今日は、こちらの画像と動画から始めるっていうのは如何でしょうか?

 

 

 


 

 

上の画像は、お馴染みの下の庭から見える岩場ですが・・・

 

動画の方は、WEST GATEの前に鎮座する楠木の映像です。

楠木を撮りたかった訳ではないですよぉ~ (^▽^;)

 

 

 

1回は楠木が風に揺れる画像を見ながら、小鳥の囀りを聞いてみて下さい。

もう1回は動画を再生しながら、上の画像を眺めてみて下さい。

 

我が家の庭を取り巻く環境を少しでも感じて欲しくて、こんな事をしてみました。

 

 

 

おばさんは、こんな囀りを聞きながらガーデニングをしています。

『ガーデニング』と言うと聞こえは良いですが・・・

今の季節やっている事といえば、雑草抜きと落ち葉掃除、害虫パトロール&捕殺。

落ち葉掃除は秋じゃないの?って思う方もいらっしゃるかと思いますが、

春には楠木の新旧の葉っぱの入れ替わりの為、沢山の古い葉っぱが落ちます。

 

葉っぱだけではありません。

先日紹介した、ヤマザクラはお花が終わると桜吹雪と言われる花びらが舞う様子はとっても綺麗ですが、花びらだけが散るのではなく、蕚の部分と蘂の塊も空から降ってきます。

今はヤマザクラの残骸の掃除が一仕事です。

 

雑草取り、落ち葉や花ガラの掃除、害虫との闘い・・・

時にはツルハシ持って穴掘り、木の根っこと大きい石との格闘・・・

ガーデニングは花苗植えて「ハイ!終わり~」ではございません。(笑)

 

 

綺麗に咲いてくれた花達を見て回るのはとっても嬉しいですが、日々の作業は綺麗な事ではありません。

しかし、こんな小鳥の囀りを聞きながらの作業は、おばさんをとても幸せな気持ちにしてくれます。

 

 

 

そして、今日は嬉しい事が2つありました。

 

1つは花友Tちゃんが1月にプレゼントしてくれた【オダマキ テキーラサンライズ】が初めてお顔を見せてくれました。

 

 

 

 

 

 

 

おばさん家には、何種類かオダマキはありますが、このタイプのオダマキはありませんでした。

とても華やかなお顔立ちで素敵です。

 

Tちゃん 咲いたよぉ~ ありがとう(*^_^*)

 

 

 

 

 

もう1つは、おじさんの実家から株分けして持ってきた【スズラン】が、我が家に連れ帰ってきて4年目にして初めて花芽を付けてくれました。

 

 

 

以前はボーダーガーデンの一番南側に植えていたのですが、去年斜面花壇のバラを移動した際、スズランの球根は中庭のアジュガを整列させた近くに植え替えました。(白マル)

 

 

 

最近葉っぱが出てきていた事は確認していましたが、今朝のパトロールで花芽が付いている事を発見しました。

 

 

横から撮影した画像でアジュガと比べると、スズランがどれだけ小さいか判ると思います。

 

とってもちいさいスズランの、ちいさなちいさな花芽ですが・・・

3年間待った分、とっても嬉しい発見でした。

 

 

 

 

 

 

 

2018年1月3日のブログで寄せ植えに使ったキンギョソウ↓

 

 

 

 

その時の寄せ植えが、こちら↓

 

 

 

バラやビオラの花が終わり、解体してキンギョソウはボーダーガーデンに植え替えました。

 

 

キンギョソウは多年草であっても、湿度が苦手で夏越しが難しく1年草扱いと言われるようですが、我が家のキンギョソウはとっても元気です。

 

 

ずっと咲き続け、冬にもお花は付いていましたが、可哀想ではありましたがグッと我慢して切り戻しました。(T_T)

 

切り戻したお陰で、グッと締まった株になり、綺麗な花を咲かせてくれました。

 

 

切り戻す時は「お花が咲いているのに可哀想だなぁ~」って思って、カットするのを躊躇してしまいますが、あの時切り戻しをしたからこそ、こんなに立派なお花を支える事が出来るしっかりした茎に生長してくれたんだと思います。

 

 

キンギョソウは挿し芽が出来るそうです。

おばさん、キンギョソウの挿し芽はした事がありません。

今年チャレンジしてみようと思います。

 

 

 

 

今まで以上に色んなお花が咲き始めました。

毎日の庭の散歩が長くなりそうです。(^▽^;)

 

 

 

 

✿最後の1枚✿

 

 

いつもの場所の画像です。

今日は大島は見えませんでした。

でも、気持ちの良い1日でした。(*^_^*)

 

 

 

 

 

 

 

☆コメント☆ おばさんのエネルギー源となってます。
お時間あれば、φ(.. )書き書きしてやって下さい。
宜しくお願いします。m(u_u )m
 


ランキングに参加しています。
ポチっとして頂けると嬉しいです。
いいねグッド! もありがとうございます。

 

 

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村 


手作り・DIYランキング

花と野菜のグリーンカーテン その3

テーマ:

Thank you for stopping by my house.  

 

 

 

 

 

 

昨日紹介した、忘れな草 ブルームッツとネモフィラ マクラータのコラボ 。

今日ドアップで撮影してきました。

 

こちら↓は、ネモフィラ マクラータにピントを合わせて~♪

 

 
 
こちら↓は、忘れな草 ブルームッツにピントを合わせて~♪
 
 
 
 
↑写真の忘れな草 ブルームッツとネモフィラ マクラータは、EAST GATE手前の花壇 ↓の向かって左側なのですが・・・
 
 
日当たりは、右側の方が良いはずなのに、生長が悪いです。
腐葉土やバーグ堆肥も漉きこんだのに・・・
きっと土の質が、右側は悪いんだと思います。
土の改良が必要です。(T_T)
 

 

 

 
ガラ花壇(大)のオルレアが咲きました。
 
 
開花したオルレアにスポットライトが当たっているような木漏れ日でした。
 
 
 
みっちゃんからプレゼントして頂いた、ヤグルマギク ブラックホールの蕾も随分大きくなり、蕾の先に花びらの色が見えるようになりました。
 
 
 
 
今日は角度を変えて、EAST GATEと牧場柵も一緒に写るように撮影してみました。
 
 
 
下の庭も、柿の木の下から撮影してみました。
 
 
木々の隙間から海が見えます。
どうにか海が青く写せました。
 
 
 
 
今日のボーダーガーデン↓
 
 
5日前に紹介したボーダーガーデンと余り変わっていませんが・・・
 
 
白マル↓の所にズームすると
 
 
 
ハゴロモジャスミンの蕾がいっぱいです。
 
 
 
お花は薄いピンクですが、蕾は濃いピンクです。
 
 
開花したら、タップリ香りが楽しめそうです。
 
 
 
 
 
 
 
 
花と野菜のグリーンカーテン その3
今日は野菜の植え付け方です。
 
 
【コンテスドボシャール】と【プリンセスダイアナ】 の植えてあるコンテナには、こちら↓の【白レイシ】を植え付けます。
 
 
 
先ずは、【白レイシ】の苗ポットと同じ深さの穴を掘ります。
苗ポットを穴に入れて、高さを確認します。
 
 
 
その穴の中に、ジョウロでたっぷりの水を穴に入れます。
 
 
 
底から水が流れたし、苗を植え付ける穴の水が引いた画像がこちら↓です。
 
 
 
 
ジョウロからの水で土が撹拌され、苗用に開けた穴が入り口は狭く、深さは深くなってしまったので、ちょっと調整しました。
 
 
 
白レイシの苗をビニールポットから取り出し、穴にそっと入れます。
 
 
 
そ~と、周りの土を苗に寄せて、植え付け完了です。
 
 
 
植え付け完了後に、ハス口を付けたジョウロでプランター全体に水をたっぷり掛けて植え付け完了です。
 
 
 
 
 
 
【ボルゾー】と【サニーサイド】 の方のプランターです。↓
 
 
 
 
名札が隠れてしまっていますが、こちらには【さつま大長レイシ】を植え付けます
 
 
今回は、先程より少し浅目に穴をほりました。
 
 
同じ様にジョウロで水をたっぷり穴に掛けました。
 
 
 
 
 
ジョウロの水で穴の深さが深くなったので、深さを確認します。↓
 
 
 
そっとビニールポットから苗を取りだし、穴に入れ、もう一度高さの確認をしました。
 
 
 
そっと土を寄せて、植え付け完了です。
 
 
 
 
最後に、クレマチスの事をちょっとだけ~
 
 
昨日のブログで紹介しましたが、植え付けの時、一番下の節を地中に埋まるように植え付けます。
節を埋める事により、そこから新しい芽が出てくるので、枝数が増え、花数が増えるというしくみです。
 
おばさんか連れ帰ったクレマチスの苗は、【コンテスドボシャール】と【ボルゾー】は植え替え前で、【サニーサイド】と【プリンセスダイアナ】は植え替え完了の苗でした。
 
その為、【サニーサイド】と【プリンセスダイアナ】は植え替えた際、地際から数えて3節の上で1回カットしてありました。
【コンテスドボシャール】と【ボルゾー】は植え替え前の苗だったので、ツルがまだカットされていません。
【コンテスドボシャール】と【ボルゾー】はツルの先に蕾が付いている為、「お花が見たいのであれば、一回咲かせて花を見てから地際から3節の上でツルをカットして下さい」と師匠からアドバイスを頂きました。
 
3節の上でツルをカットすると、節の両脇から新しい芽が2つ出て、ツルの数が増えます。
ツルが増えるという事は、花数が増えるという事です。
 
 
只、これはクレマチスの系統によります。
おばさんが植えた4種類のクレマチスはカットしてもお花はさきますが、旧枝咲きの物はカットするとお花が咲かなくなります。
 
もし、クレマチスを育てていらっしゃるのであれば、その事を調べてからカットして下さい。
 
 
 
クレマチスの花が咲いたら、また紹介しますね(*^^)v
 
 
☆ゴーヤ(レイシ)の肥料について☆
レイシの施肥は、植え付けてから5日~1週間後に根が動き出してから有機化成肥料を株から離れた場所に置肥します。
後日、施肥した時に、画像付きで紹介しますね。m(__)m
 
 
 
 
 
 

☆コメント☆ おばさんのエネルギー源となってます。
お時間あれば、φ(.. )書き書きしてやって下さい。
宜しくお願いします。m(u_u )m
 


ランキングに参加しています。
ポチっとして頂けると嬉しいです。
いいねグッド! もありがとうございます。

 

 

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村 


手作り・DIYランキング

花と野菜のグリーンカーテン その2

テーマ:

Thank you for stopping by my house.  

 

 

 

 

今日はお天気良く、ガーデニング日和でした。

 
 
 
EAST GATE手前の花壇↓
 
 
忘れな草 ブルームッツとネモフィラ マクラータのコラボです。
もっとドアップで写せば良かったですねぇ~ (^▽^;)
 
 
 
牧場柵越しの下の庭です。↓
 
 
牧場柵に誘引してある【つるバラ 群舞】の蕾が沢山付きました。
蕾も沢山付きましたが、アブラムシも沢山付きました。(x_x;)
 
何度か指で潰しましたが、追いつかないので・・・
1週間程前に、オルトランDX粒剤を少しだけ株元に撒きました。
ほぼ効果なし。(笑)
アブラムシに栄養を吸い取られ、綺麗に咲かないかも?しれませんが・・・
綺麗に咲いてくれる花もあるでしょうから~
これ以上薬を撒く事はせずに開花を待ちます。
 
 
斜面花壇のネモフィラは、今が最盛期でしょうか?
 
 
上手な方が撮影すれば、もっと輝くネモフィラを写せるのでしょうが・・・
おばさんが写すとこんな感じにしか写せません。
ネモフィラに申し訳ないなぁ~ ヽ(;´ω`)ノ
実物はもっと綺麗なんですけどねぇ~ (^▽^;)
 
 
 
 
 
では、花と野菜のグリーンカーテン その2を始めま~す。
 
こちら↓が園芸の師匠に植え込んで頂いた野菜用プランターなのですが・・・
 
 
野菜用のプランターは2つあります。
最初は1つのプランターにクレマチスを1苗と野菜の苗を1苗植える予定で苗を購入し、自分で植え付けをする予定だったのですが、クレマチスと野菜の苗を一緒に植え付ける事が初めてなので不安になり、野菜用のプランター1つと購入した苗を持ってお気に入りの園芸店に行き師匠に直接植え方を教えて頂いてきました。
師匠が2つのクレマチスを1つのプランターに植え付けてくれたので、急遽2つのクレマチスを追加する事にしました。
 
最初に連れ帰ったクレマチスの苗が、 【コンテスドボシャール】 と 【ボルゾー】 でした。
追加したのが 【プリンセスダイアナ】 と 【サニーサイド】 で、組み合わせとして
【コンテスドボシャール】と【プリンセスダイアナ】
【ボルゾー】と【サニーサイド】
このように植え込む事にしたので、自宅に戻り、師匠に植え込んでもらった 【コンテスドボシャール】を取り出して、植え直す事にしました。
 
 
 
では、教わった植え込み方を再現します。(笑)
 
 
今回のプランターがこちら↓です。3年前にお気に入りの園芸店で購入した野菜用のプランターです。
 
 
 
中はこんな↓風になっています。
 
 
底に水が溜まらないように、水抜きの穴が横にあり、上げ底になっています。
 
 
上げ底になっているので、今までは全部土を入れていましたが、今回は師匠のアドバイスで穴の部分だけ鉢底石を入れる事にしました。↓
 
 
 
今回使用した培養土は《花ごころ 花ちゃん培養土》です。
先ずはこれくらい↓培養土を入れました。
 
 
 
 
土の上に元肥として、こちら↓《グリーンそだちEX IBのチカラ》 (ゆっくりと長く効く緩効性肥料)をパラパラと・・・
 
 
これくらい↓バラ蒔き
 
 
培養土と混ぜました。↓ クレマチスの根っこが肥料に直接触れないようにします。
 
 
 
師匠に植え付けて頂いた【コンテスドボシャール】を取り出しました。↓
 
 
最初にビニールポットから抜きだした時は、このように↑根っこが底でグルグル巻きになっていました。
 
 
グルグル巻きになっていた根っこを切らないように捌いて培養土の上に広げます。
 
 
 
左側には【プリンセスダイアナ】を、同じように根っこを広げて置きます。
 
 
 
 
培養土を足して、植え付けは完了ですが、クレマチスは自立できないので、いつもの剪定したモミジの枝2本を使って支柱を作り麻紐で留めました。↓
 
 
 
ここでポイントですが、最後に培養土を足す時は、一番下の節が埋まるように培養土を入れます。↓
 
 
一番下の節から出ていた葉っぱは埋もれています。
 
 
【コンテスドボシャール】を取りだした所に【サニーサイド】を植え付けて、
こちら↓のプランターもクレマチスの植え付け、支柱を立てて植え込み完了しました。
 
 
 
 
長くなってしまったので、今日はこれでお終い!
この後のクレマチスの枝をカットする事や、野菜の植え付け方は、また明日~ (^▽^;)
 
 
 
 
 
☆最後の2枚☆
 
今日は蝶の写真が2枚撮れました。
 
 
同じ種類の蝶で、同じ蝶か?と思ったのですが、上の蝶は弱っていたのか?羽の形も傾いているし・・・
違う蝶のようです。
 
どちらもマクロモードで撮りました。
凄く近づいて撮ったのですが、じっとしていてくれました。(*^^)v
 
 
何て種類の蝶かは分かりません。
今日は蝶の種類を調べる時間が取れませんでした。ごめんなさい(。-人-。)
ご存じの方、教えて下さい。
宜しくお願いします。
 
 
 
 
 
 

☆コメント☆ おばさんのエネルギー源となってます。
お時間あれば、φ(.. )書き書きしてやって下さい。
宜しくお願いします。m(u_u )m
 


ランキングに参加しています。
ポチっとして頂けると嬉しいです。
いいねグッド! もありがとうございます。

 

 

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村 


手作り・DIYランキング

花と野菜のグリーンカーテン その1

テーマ:

Thank you for stopping by my house.  

 

 

 

つるバラ アイスバーグが咲きました。

 
 
見つけたのは今日でしたが、開花したのは今日ではないと思います。(^▽^;)
 
今年はつるバラは殆ど手入れが出来ておらず、このアイスバーグも誘引は去年のままです。
茎にはカイガラムシが付いています。(>_<) オハズカシイ
 
ホッタラカシでいたにも関わらず、こんなに綺麗な花を咲かせてくれました。
ありがとう m(_ _)m
 
 
 
 
 
3月5日のブログで紹介した、こちら↓ 【絹さやエンドウ】(赤花) と 【アリッサム】の寄せ植えの絹さやエンドの花が咲きました。
 
 
 
咲いたお花がこちら↓
 
 
1つお花が咲いた~と思っていたら、反対側にも1つ咲いていました。
 
 
 
全体の画像は取り忘れましたが (^▽^;)
3月5日のブログでも言っていた通り、場所を玄関前のフェンスから中庭のフェンスに移動しました。
 
お花が咲いたので、上手くいけば2つの絹さやインゲンが収穫出来るかも?しれません。
収穫出来たら紹介しますね。(*^^)v
 
 
 
 
 
 
上の画像4枚の内、最期の画像を除く3枚に写る窓は爺ちゃんの部屋の窓です。
これからの季節、西日が当たる窓なので、グリーンカーテンで西日を遮ろうと思います。
 
今年はお花と野菜のグリーンカーテンにしようと思います。
園芸の師匠に相談したところ「クレマチスも一緒にネットに絡ませたらどうですか?」とアドバイスを頂いたので、野菜だけでなくクレマチスのお花もネットに絡ませて、華やかなグリーンカーテン作りにチャレンジしまぁ~す。ヾ(@^▽^@)ノ

 
 

 

 

今日はどんなクレマチスを植えるか?紹介致します。
 
今回のクレマチスはお気に入りの園芸店で求めた【湘南のクレマチス】のクレマチスです。
 
 
品種は全て、師匠にお勧めの物を選んで頂きました。
 
 
 
クレマチスは4種類植えます。
最初は2種類だったのですが、訳あって4種類になりました。(笑)
 
【コンテスドボシャール】
 
 
【湘南クレマチス コンテスドボシャール】 ← こちらに写真&商品説明あります。
 
 
 
 
 
【ボルゾー】
 
 
【湘南クレマチス ボルゾー】 ← こちらに写真&商品説明あります。
 
 
 
【コンテスドボシャール】 と 【ボルゾー】 はジャックマニー系です。
 

《ジャックマニー系》

ヨーロッパの「ビチセラ」と、アジア系の「カザグルマ」とを、
交配させて生まれた、「ジャックマニー」を交配親とする系統です。
前年枝、及び当年枝から伸び出す枝の節々に花をつける、
開花期間が長い系統です。
中~大輪の、花色が豊富な品種が多いのが特徴です。
冬期に地際近くから切り戻す、強剪定をします。
強健、多花性で育てやすい系統です。花期は5-10月で、四季咲き性。

 

及川フラグリーンさんのHPより引用させて頂きました。
 
 
 
 
 
【プリンセスダイアナ】
 
 
【湘南クレマチス プリンセスダイアナ】 ← こちらに写真&商品説明あります。
 
 
 
《テキセンシス、ビオルナ系》
この系統にはテキセンシス系とビオルナ系が含まれます。
テキセンシス系は、アメリカのテキサス州から、
メキシコにかけて自生している、チューリップ型の花をつける、
テキセンシスと園芸品種を交配、改良した系統です。
また、ビオルナ系は、ベル型の花をつけるビオルナと、テキセンシス、
クリスパ、フスカなどを中心に交配、改良した系統です。
 
花径2-4cm、壺形や筒形の花形で、横向きに咲きます。
当年枝から伸びる新梢の、1.5メートル位の節々に花をつけ、
下から上に向かって咲きながら伸びるため、
開花期間が長いのが特徴です。
緋赤色やスカーレット色などの優れた色が多く、
耐暑・耐寒性に富み、育てやすく、多花性です。
庭植えに適しており、冬期には地上部を切り戻す、強剪定を行います。
花期は6-10月で、四季咲き性。
 
及川フラグリーンさんのHPより引用させて頂きました。
 
 
 
 
【サニーサイド】
 
 
【湘南のクレマチス サニーサイド】 ← こちらに写真&商品説明あります。
 
 
 
《ビチセラ系》
南ヨーロッパから、アジア南西部にかけて自生する種を、
交配親とする系統です。
最も早くから、ガーデン用として園芸的に改良された種類なため、
庭植え向きの種類が多いと言えます。
前年枝及び当年枝より伸びる新梢の節々に、
下の方から花を付け、頂花に達します。
開花期間は5月下旬-10月と長く、小-中輪の花をたくさんつけます。
耐暑性も強く、丈夫で育てやすい種類です。
冬期に地際近くから強剪定します。
 
及川フラグリーンさんのHPより引用させて頂きました。
 
 
 
 
 
 
 
昨日、師匠に直接クレマチスの植え方を教えて頂いてきました。
明日はクレマチスの定植の仕方を紹介します。(*^^)v
 
 
 
 
 
 
 
 

☆コメント☆ おばさんのエネルギー源となってます。
お時間あれば、φ(.. )書き書きしてやって下さい。
宜しくお願いします。m(u_u )m
 


ランキングに参加しています。
ポチっとして頂けると嬉しいです。
いいねグッド! もありがとうございます。

 

 

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村 


手作り・DIYランキング

ゼラニュームの寄せ植え

テーマ:

Thank you for stopping by my house.
 

 

 

 
 
今日は、先日紹介したヤマザクラの全景が入る画像からスタート!
 
 
こんな借景の我が家の庭。
小鳥の囀りと蝶が舞う、こんな素晴らしい自然の中にある庭で、毎日ガーデニングに明け暮れるおばさんは、なんて幸せなんだろうと思います。
自然に感謝、感謝でございます。(。-人-。) アリガトウ
 
 
 
 
 
 
 
今日はゼラニュームの寄せ植えです。
 
今回はシンプルに寄せ植え花材は3つです。
では、紹介します。
 
【ゼラニューム】
 
 
 
お気に入りの園芸店から連れ帰ってきました。
この方、お一人様だけ売れ残っていたのですが、この優し~いピンクの色が気に入って、連れて帰ってきてしましました。
プラスティックの鉢入りで、このままだと仮分数なので倒れてしまいそうだったので・・・
大きな鉢に寄せ植えにして、倒れる心配をなくそうと思います。
開花前の花茎が何本も上がっています。
長い期間楽しませて頂けそうです。(*^_^*)
 
 
 
【カラーリーフ フクシア】
 
 
 
カラーリーフとして楽しむフクシアです。
極小輪の白お花が咲くそうです。
去年も同じ種類を連れて帰ってきましたが、お亡くなりになりました。(^^ゞ
1年草扱いでいた方がストレスがなさそうです。
 
 
 
【ステラ スコピア】  3月23日のブログで紹介した物です。
 
 
お花がいっぱい咲くようになりました。
このステラとピンクのゼラニュームの相性が良さそうなので、こちらのハンキングから外して寄せ植えにします。
 
 
 
 
 
一応、イメージイメージ・・・(笑)
色合い、ポジションのイメージを膨らませる為に3つを固めて置いてみました。
 
 
今回使うベース(植木鉢)はこちら↓
 
 
シンプルなテラコッタの鉢です。
 
鉢底穴にネットを置いて(虫の侵入を防止&土の流失を防ぐ為)鉢底石を入れ、その上に培養土(花ごころ 花ちゃん培養土)を入れました。
 
 
いつもはビニールポットのまま、鉢に仮置きするのですが、今回はゼラニュームはプラスティックの鉢入りだし、ステラはハンキングバスケットに植え付けた物だし・・・
ハンキングに植え付けたステラ スコピアは論外ですが、プラスティックの鉢は硬くで融通がききません。
 
な・の・で~ こんな風にしてみました。
 
 
ハンキングバスケットから抜いた ステラです。
順調に開花が続いていると思っていましたが、地上部が順調だと根っこの発達も順調のようです。
綺麗に根が生長していました。
 
 
 
三日月型のハンキングバスケットなので、少し土を落として丸くしました。↓
 
 
 
丁度良い大きさのビニールポットに入れ替えました。
 
 
 
プラスティック製の鉢に入ったゼラニュームもビニールポットに入れ替えました。
 
 
これで根鉢の形の融通の効くビニールポットに入れ替えたので、鉢に入れて仮置きする事が出来るようになりました。
 
しかし、鉢の大きさがそれぞれ違う為、高さも違っています。
 
そこでこんな物↓を使って高さを調整します。
 
 
花苗が入っていたプラスティックの化粧鉢です。
 
 
これを、このように↓入れて・・・
 
 
 
ゼラニュームと高さが同じになるように調整しました。
 
 
 
この化粧鉢を入れた事で、ステラ苗とフクシア苗の高さが丁度良くなります。
 
ビニールポットのまま、入れてみます。
 
 
 
ゼラニュームの向きは、どっちが良いかなぁ~と、回してみたりもします。
 
 
こちらは、花も葉っぱも完全に後ろ向きですね。
 
 
この3つの花苗は、どれも過湿を嫌う植物なので、ウオータースペースを浅目にしました。
ゼラニュームの根元の画像↓です。
 
 
ウオータースペース2㎝弱です。
 
 
 
ビニールポットを外し、今度は花苗の角度などを微調整しながら土を入れていきます。
 
 
 
 
鉢と苗の隙間に土を入れる場合は、この↓ように、棒で突っつきながら土を入れていきます。
 
 
 
周りから土を入れても、中心部分には土が入っていないので、そっと花苗を持ち上げ土を入れていきます。この時も棒を使って奥まで土が入るように気をつけます。
 
 
 
カラーリーフ フクシアと鉢の間↓も、土がちゃんと入っていません。
 
 
ここも棒で突っつきながら土を入れていきます。
 
 
 
植え込み完了~♪
 
 
 
 
ひとつひとつをアップで~(*^_^*)
 
 
 
 
 
 
 
こんな感じに出来上りましたぁ~(*^^)v
 
 
 
 
この寄せ植えは、日当たり良く、雨の当たらない風通しの良い場所で管理します。
 
ステラ スコピアが手前に垂れさがって生長する予定です。
カラーリーフ フクシアにも小さな小さな白い花が咲く予定です。
 
生長したら、また紹介したいと思いまぁ~す。ヾ(@^▽^@)ノ
 
 
 
 
 
 
 
 

☆コメント☆ おばさんのエネルギー源となってます。
お時間あれば、φ(.. )書き書きしてやって下さい。
宜しくお願いします。m(u_u )m
 


ランキングに参加しています。
ポチっとして頂けると嬉しいです。
いいねグッド! もありがとうございます。

 

 

 

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村 


手作り・DIYランキング