伊豆の田舎でお洒落に暮らす

伊豆の田舎でお洒落に暮らす

人生の後半、自分で作ったお気に入りの物に囲まれて、お洒落に暮らす事を夢として、日々を送りたい。

Thank you for stopping by my house. 

 

 

 

 

今日は迎春用の寄せ植えを作ります。

 

2年前に作った、葉ボタンを使った寄せ植え↓

 

 

この時は、ニュアンスカラーのビオラ2株とカレックスと

 

 

こちら↓の、1ポットに5株のミニ葉ボタンが植え込まれた中心がホワイトの葉ボタンを合わせました。

 

 

白いバラの花のようでしょ?

ガーデニング初心者さんには、このような1ポットに小さな株が何本か植え込まれている葉ボタンが使いやすいと思います。

 

 

 

 

今回使うのは、こちら↓の【バラ咲き葉ボタン】

 

 

 

 

丸葉ミニ葉ボタンが紅白3本ずつ植え込まれた1ポットです。

 

 

 

 

【チェッカーベリー】

 

 

 

 

【プレミアムプリムラ マスカットのジュレ】

 

 

 

 

そして、こちら↓のビオラです。

 

 

こちらのビオラ、ブランドビオラではございません。( ̄▽ ̄;)(笑)

ホームセンターで1ポット80円で売っていたビオラです。

 

でも、なかなか良い色でしょ?

色々なビオラが並んでいる中から、素敵な色あいのビオラを見つけ出すのも、この時期の楽しさです。(*^▽^*)

 

 

 

 

今回寄せ植えするのは、こちら↓の四角い鉢です。

 

 

外寸 20㎝×20㎝×13.5㎝

 

 

内寸 17㎝×17㎝×12.5㎝

 

 

鉢底ネットで底穴をふさぎましょう。

培養土の流出防止だけでなく、ダンゴムシ等の侵入も防ぐ為です。

 

 

 

深さの無い鉢なので、いつもは鉢底石を入れないおばさんですが、今回はガーデニング初心者さんへのレクチャーなので、鉢底が見えないくらいの厚みに鉢底石を入れました。

 

 

 

 

鉢に植え込む前に、先ずは鉢の外で仮置きしてみます。

 

 

四角い鉢に4つの苗なので、簡単ですが・・・

 

 

 

葉ボタンの白を手前にするか?赤を手前にするか?

チェッカーベリーの実付きの良い方を手前にする等・・・

この時点で、しっかり植え込む方向を確認し、決定しておきます。

 

 

 

 

こちら↓の画像は、ビオラの株元です。

 

 

黄色くなった葉っぱや、病気っぽい葉っぱがあったら、植え込む前に全て取り除いておきます。

このような作業を、おばさんは『花苗のお掃除』と言っていますが、花苗を植え込む前に必ず『花苗のお掃除』をする習慣をつけましょう。

株元の風通しを良くしておくと病気の発症を予防できます。

パンジー&ビオラはうどん粉病になりやすいので、気をつけましょう。♪

 

 

 

チェッカーベリーの根っこを確認したら、ネット状に根っこが張っていましたが・・・

解したりせず、このまま植え付けます。

 

 

 

 

こちら↓はビオラの根っこ

 

 

白根が張って、新しい根っこが出てこれなくなっているので・・・

 

 

 

ガーデニング用のハサミで根っこをカットします。

 

 

 

 

この画像は去年の画像ですが・・・ このようにビオラの根っこをカットします。

 

 

最初に底の部分をカットして、その後に側面の根っこをかつら剥きのように、ハサミを縦に入れてカットします。

 

 

おばさんが使っているハサミは、こちら↓です。

 

 

 

フラワーアレンジメントを習っていた時(20年ほど前(笑)) レッスンで使っていたハサミです。

鋏の一番奥の部分ではワイヤーもカットする事が出来る万能はさみです。

 

 

 

全ての苗を方向を確認しながら、鉢に入れたら、隙間に培養土を入れていきます。

 

 

 

 

培養土を入れる時は、このように↓割りばし等の棒を使って隙間なく入れるようにします。

 

 

 

鉢をグルっと回して、四方八方から土が入っていない所がないか確認します。

真ん中もちゃんと確認しましょう。結構真ん中入っていない時がありますよ。(^▽^;)(笑)

 

 

 

 

 

寄せ植え完了~ ♪

真上から

 


 

 

 

葉ボタンと赤い実のチェッカーベリーで迎春用の寄せ植えを作りました。

 

 

これからは寒くて生長もゆっくりなので、これくらいギュウギュウでも大丈夫です。

 

 

 

こんなブリキの四角い鉢に植えても良いと思いまぁ~す。(*^▽^*)

 

Mサイズ 約幅16×奥行16×高さ18cm

 

 

 

Lサイズ 約幅19.5×奥行19.5×高さ22cm 

 

 

 

 

今年は是非、自分で迎春用の寄せ植えを作って、玄関に飾ってみましょう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

☆コメント☆ おばさんのエネルギー源となってます。
お時間あれば、φ(.. )書き書きしてやって下さい。
宜しくお願いします。m(u_u )m
 


ランキングに参加しています。
ポチっとして頂けると嬉しいです。
いいねグッド! もありがとうございます。

 

 

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村 


手作り・DIYランキング

 

 

 

 

 

 

Thank you for stopping by my house. 

 

 

 

 

ガーデニング初心者さん 【葉ボタン】という植物をご存じですか?

 

こちら↓がその【葉ボタン】です。

 

 

(Amazonより 画像お借りしました。)

 

 

 

おばさんにとって【葉ボタン】と言ったら、この↓イメージが強いのですが・・・

 

 

門松です。(ガーデニング&ファーマーズ滝の神さんより 画像お借りしました。)

 

門松の足元に植えてあるのが【葉ボタン】でした。

なので、和のイメージは強いし、な~んか古めかしい?感じがする【葉ボタン】だったのですが・・・

 

 

 

今は違うんですよ。

葉ボタンもメッチャお洒落になっているんです!

ホントにびっくりしますから~ w( ̄Д ̄;)wワオッ!!

 

 

 

今日はメッチャお洒落に変身しった葉ボタンを紹介します。

 

 

 

 

 

最初に紹介するのは 《光子シリーズ》です。

光子シリーズの特徴は、ピッカピカの葉っぱ。照葉系ハボタンとも言われます。

 

【光子 ブラックパール】

 

 

葉ボタンですが、まるでバラのように見えます。

 

 

 

3号(直径9㎝)ポット入りで、これ位の大きさ↓です。

 

 

(横浜 GREENFARMさんより 画像お借りしました。)
 

 

 

 

 

 

 

【光子 ブラックスワン】

 

 

こちらは葉っぱの先がギザギザの切れ葉タイプ。

勿論、光子シリーズなので、ピカピカ光っています。

 

 

こちらは2.5号ポット入りで、根鉢を細く仕立ててあるので、寄せ植えしやすくなっています。

 

 

(ガーデニング岐阜緑園さんより 画像お借りしました。)

 

 

 

 

 

 

【光子 カペラ】

 

 

カペラは丸葉に美しい斑の入るタイプです。

 

 

 

こちらも2.5号ポット入り。

 

 

(青空花屋 manimaniさんより 画像お借りしました。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【光子 ポラリス】

 

 

(花みどりマーケットさんより 画像お借りしました。)

 

切れ葉で葉先に黄色っぽい色が入る複色タイプ。

光子シリーズの中でも、一番新しいタイプなんじゃないでしょうか?

おばさん、このタイプは現物見た事がありません。(^▽^;)(笑)

 

 

 

 

 

 

【チタニウムシルバー】

 

 

(花みどりマーケットさんより 画像お借りしました。)

 

メタリックな雰囲気のあるグレーシルバーの葉牡丹

 

 

 

 

 

 

【カフェモカ】

 

 

(花みどりマーケットさんより 画像お借りしました。)

 

アンティーク調のシックなコーヒーカラーの色合いの葉

 

 

 

 

 

 

【ブラックルシアン】

 

 

(ガーデニング岐阜緑園さんより 画像お借りしました。)

 

通常の葉牡丹に比べ葉数が多く、カップ咲き品種。
マットな質感の葉色です。

 

 

 

 

 

 

 

【萌花 ラテ】

 

 

モカ色のアンティークな雰囲気な葉牡丹

 

 

 

(青空花屋 manimaniさんより 画像お借りしました。)

 

 

 

 

 

 

 

【あかね】

 

 

葉脈にローズ色が入るアンティークな雰囲気な葉牡丹

 

 

 

(青空花屋 manimaniさんより 画像お借りしました。)

 

 

 

 

 

 

【萌花 マーブル】

 

 

丸葉なのに葉先にちょっとギザギザが入り、斑入り。

そしてアンティークな雰囲気まである、魅力的なハボタン。

 

 

 

 

 

いろんな色のアリッサムと寄せ植えすると素敵ですね。

 

 

(青空花屋 manimaniさんより 画像お借りしました。)

 

 

 

 

 

ねぇ~ お洒落でしょう!

昔のハボタンとは全然違うでしょ?

 

見た目も昔とは全然違いますが・・・

お値段も昔とは全然違います。。。 ( ̄▽ ̄;)(笑)

 

 

 

 

 

こちら↓の画像は 2018年12月の画像です。

 

 

手前2つの黒いハボタンは、【黒鳳】って品種のハボタンです。

 

 

 

全部で7本のハボタンを使って寄せ植えを作りました

 

 

丸底のハンギングバスケットに寄せ植えしたので、青いバケツの上に置いて撮影してます。(^▽^;)

 

 

 

玄関ホールにハンギングスタンドに掛けて飾りました。

 

 

 

明日は迎春用寄せ植えの作り方を説明します。

お楽しみにぃ~ (*^▽^*)

 

 

 

 

 

 

 

 

☆コメント☆ おばさんのエネルギー源となってます。
お時間あれば、φ(.. )書き書きしてやって下さい。
宜しくお願いします。m(u_u )m
 


ランキングに参加しています。
ポチっとして頂けると嬉しいです。
いいねグッド! もありがとうございます。

 

 

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村 


手作り・DIYランキング

 

 

 

 

 

 

Thank you for stopping by my house. 

 

 

 

 

久しぶりに我が家の庭から見える青空と海の画像です。(この画像は本日撮影)

 

 

手前は草ボウボウで写せません。( ̄▽ ̄;)(笑)

 

 

 

昨日のブログのトップ画像は、我が家からの画像ではありませんでしたが・・・

(昨日の画像は、ウォーキング途中の画像でした。)

 

昨日のブログに ほるんさん から

 

「海は自宅から見れるのですか???だったら、めっちゃ うらやましい~~w!!! 

海大好きなのに、海無県に住んでる私です^^;」  (一部抜粋)

 

と、コメント頂きました。(^▽^;)(笑)

 

 


 

こちら↓の画像は、今年1月の EAST GATE の画像です。

 

 

 

 

我が家の庭は常緑樹の雑木林に囲まれていますが、冬になるとヤマザクラや河津桜が落葉するので、少し見晴らしが良くなり、木々の隙間から海が見える量が増えます。(^▽^;)(笑)

 

 

 

 

そして、2月になると河津桜が満開になります。

 

 

 

 

河津桜の植えてある場所の一段下が下の庭。

おばさんがDIYで建てた izurinコテージ は下の庭に建っています。

 

 

 

 

下の庭からも海は見えます。

 

 

 

 

下の庭の中央には白梅の木もあり、白梅と河津桜を同時に楽しめる時期もあります。

 

 

 

 

後2ヶ月半で、このように河津桜が咲く我が家の庭なのですが・・・

 

今年の6月22日に第一腰椎圧迫骨折をしたおばさん。

5ヶ月経ちましたが、まだ庭作業が出来ません。(´;ω;`)ウッ…

なので、まだ我が家の庭は、荒れ放題 雑草だらけの状態です。

 

そんな訳で、最近の我が家の庭の画像が紹介できないのです。

ワ━━━━。°(゚´Д`゚)°。━━━━ン!!!!

 

 

 

まだ庭作業も出来ませんし、重い物も持てません。

でも、最近やっとポッティングベンチでの作業は、休み休み少しずつ出来るようになってきました。

 

 

ようやく少しずつ善くなってきているので・・・

我が家の庭の画像、もう少し待っていて下さいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

☆コメント☆ おばさんのエネルギー源となってます。
お時間あれば、φ(.. )書き書きしてやって下さい。
宜しくお願いします。m(u_u )m
 


ランキングに参加しています。
ポチっとして頂けると嬉しいです。
いいねグッド! もありがとうございます。

 

 

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村 


手作り・DIYランキング

 

 

 

 

 

 

Thank you for stopping by my house. 

 

 

 

 

久しぶりに伊豆の海の画像からスタートしまぁ~す。(*^▽^*)

 

 

 

 

11月19日に我が家に到着したゼラニウムの苗 (撮影は11月21日)

 

 

 

 

4号ロングスリット鉢に植え替えました。

 

 

植え替えのブログはこちら↓

 

 

 

今日は、植え替えてから約1週間経った様子と、おばさんが気を付けているポイントをお伝えします。

 

先ずは、我が家に来て1週間の生長を変化を《Before》 → 《After》で紹介します。

 

 

【クオリティシリーズ カレイス】

《Before》

 

 

 

《After》

 

 

花茎がグッと伸びました。

 

 

 

 

 

 

【クオリティシリーズ キャンディピンク】

《Before》

 

 

 

《After》

 

 

撮影の向きが逆になってしまっていますが・・・( ̄▽ ̄;)

こちらも花茎が生長して、蕾が膨らんで花びらが少し見えるようになっています。

 

 

 

 

 

 

【クオリティシリーズ フワラーフェアリーベルベット】

《Before》

 

 

 

《After》

 

 

開花しましたぁ~ (*^▽^*)

開花した花茎の向こう側に、もう1本花茎も上がり始めました。

 

 

 

 

 

本当にベルベットの質感な花びらです。

色は変化していくようなので、これから観察していこうと思います。

 

 

 

 

 

 

【カラーリーフゼラニウム ファンシーリーフ キャラメルレッド】

《Before》

 

 

 

《After》

 

 

こちらも開花しました。(*^▽^*)

 

 

 

 

クオリティシリーズと比べると、ずっと小さな花ですが、花上がりは良いそうなので、これからが楽しみです。

 

 

 

 

 

 

【カラーリーフゼラニウム ファンシーリーフ ヴィルヘルムラングート】 

《Before》

 

 

 

《After》

 

 

こちらはまだ花芽は見えません。

でも、葉っぱの生長は確認できました。

 

 

 

こちら↓の画像で、白矢印が示す2枚の葉っぱを見比べて下さい。

 

《Before》

 

 

 

《After》

 

 

葉っぱが大きくなったの分かりますか?

最近随分寒くなってきましたが、1週間弱でこんなに変化がありました。

 

 

 

 

おばさんは、植え替えてからの数日は、夕方 玄関の中に取り込みました。

夜はグッと気温が下がるからです。

でも、玄関の中に取り込んだのは3~4日だけ、その後は夜も外に出してみました。

初めて外で夜を過ごさせた翌日は、直ぐに観察をして・・・

弱っている様子もなかったので、そのまま外で管理するようになりました。

 

今回このゼラニウムを取り寄せたお店は和歌山県の園芸店です。

そんなに我が家と気温的な差はないかな?って思うような場所にある園芸店で管理されていた花苗でしたが、念のため数日だけ夜は家の中に入れてみました。

 

ネットショップで花苗を購入した場合、送られてきたお店の気温と、自分の家の気温がどれくらい違うのか?考えてみましょう。

極端な例ですが、東北の方が九州のお店で管理されていた花苗を購入した場合の事を考えてみて下さい。時期にもよりますが・・・ 今まで暖かい所で管理されていた花苗達が、急に寒い所にお嫁に行ったらどうなるでしょう?

新しい環境・気温に慣れるように、徐々に外気に慣れるようにしてあげましょうね。(*^▽^*)

 

 

 

 

 

 

おばさん流のゼラニウムの手入れ法

 

【クオリティシリーズ フワラーフェアリーベルベット】

 

 

 

株元に黄色くなった葉っぱが1枚ありました。

 

 

 

葉っぱの根元には新しい小さな葉っぱがあります。

この葉っぱにも、日が当たるようにしたいので・・・

 

 

 

黄色くなった葉っぱは取り除きました。

葉っぱを取り除く時は、ちゃんと主茎に手を添えて、茎が折れないようにして取り除いて下さいね。

 

 

ゼラニウムの葉っぱ、黄色くなったり傷んだりした物はおばさんは直ぐに取り除きます。

おばさんはゼラニウムの茎(主茎)に日が当たるようにします。

そうする事によって、主茎の途中から新しい芽が生長してきます。

ゼラニウムはお日様が好きで、肥料も大好きです。

傷んだ葉っぱはサッサと取り除き、主茎に沢山お日様を当てて、肥料もしっかり与えてあげます。

お水はしっかり土が乾いてから!

水遣りする時は午前中にあげましょうね。

鉢底から水が出てくるくらい、たっぷりあげましょう。

 

 

 

おばさんがゼラニウムに使っている肥料は、こちら↓です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おばさん家にゼラニウムの苗が届いて8日経ちますが、水は1回しかやっていません。

置き場所はポッティングベンチの上です。

 

おばさんと同じような時期にゼラニウムの苗を購入した方の参考になれば幸いです。(*^▽^*)

 

 

 

 

 

 

 

 

☆コメント☆ おばさんのエネルギー源となってます。
お時間あれば、φ(.. )書き書きしてやって下さい。
宜しくお願いします。m(u_u )m
 


ランキングに参加しています。
ポチっとして頂けると嬉しいです。
いいねグッド! もありがとうございます。

 

 

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村 


手作り・DIYランキング

 

 

 

 

 

 

Thank you for stopping by my house. 

 

 

 

 

EAST GATE 今年5月の画像です。

 

 

EAST GATE 両側の伐採した木に【コンテストボシャール(ピンク)】と【龍安(紫)】誘引しています。

我が庭の立地を十分に活かしたアングルの画像です。( ̄▽ ̄;)(笑)

 

 

 

 

下の庭にDIYで建てた izurinコテージ

 

 

入口横の壁にクレマチス【白万重】を誘引して、ウインドウボックスにもインパチェンスを飾り・・・

ウッドデッキにテーブルと椅子を出して、木漏れ日の中でゆったりと ♪

 

 

 

 

玄関横の格子に誘引した【エミリアプラター】 上の方には可愛い【ポンパドール】も咲いています。

 

 

↑で紹介したizurinコテージの端材で作った格子に、ハリボテの窓枠を作って、その周りにつるバラとクレマチスを誘引しました。

クレマチス3種類を誘引しているので、一季咲きのつるバラの花が終わった後も、寂しくなりません。

 

 

以上、おばさん家でクレマチスを誘引している場所、3ヶ所を紹介しました。( ̄▽ ̄;)(笑)

 

 

 

クレマチスを育てるとなると、誘引する物が必要になるので、我が家では育てる事が出来ないなぁ~と思っている方もいらっしゃるかもしれませんが・・・

おばさんとしては、庭の広さに制限のある方こそ、縦の空間を有効に使えるクレマチスを育てて欲しいのですが、みなさん色んな条件があると思うので・・・

 

 

今日は誘引しなくて良いクレマチスを紹介します。(*^▽^*)

 

「えぇ~ これもクレマチス?」って、おばさんも最初は驚きました。(@ ̄□ ̄@;)!!(笑)

 

 

 

こちら↓ 【白麗(ハクレイ)】という名のクレマチスです。

 

 

(園芸ネットプラスさんより 画像お借りしました。)

 

 

 

全体の草姿がこちら↓

 

 

(Junk sweet Garden teftef さんより、画像お借りしました。)

 

白麗(はくれい)は草丈が低く、コンテナ、花壇、ロックガーデンに向いています。また、切花としても楽しめます。さわやかな白から青みがかった白色の花を咲かせます。くるっとねじったような花弁から、甘くさわやかな香りが漂います。強剪定すると鉢花としても利用できます。
インテグリフォリア系はつるにならないクレマチス。四季咲き性が強く、可憐な花をたくさん咲かせ、鉢植え、花壇、切花で楽しめます。


タイプ:キンポウゲ科の耐寒性落葉多年草(木立ち性)
草丈:0.6~0.7m
花径:4~5cm
開花期:5~10月
植付け適期:9月半ば~10月と2月~3月が最適、または4月~7月に
花のつき方:新枝咲きの遅咲き系(前年の旧枝は株近くまで枯れ、土中または地上部付近に残った枝から新枝10節以上伸ばして開花)
剪定:強剪定
 ・花後の剪定:花がらを花の根元の部分からカット。今年伸びた新梢も2~3節残して切り詰めると50~60日で二番花が見られる。
 ・2月の剪定:充実した芽をのこし地際から剪定。

 

(園芸ネットプラスさんより 説明文引用させて頂きました。)

 

 

 

 

 

 

 

こちらも草丈の短いクレマチス 【花島】

 

 

クレマチスの定番人気種。ツルを絡ませたりする場所が無くても育てられる草状のクレマチスです。
芳香もあるので切花としても有望。
品種名の花島の読み方はハナジマというのが正しいようです。

地中から伸びた枝に6~7月にかけてピンクの花を咲かせ、花殻を摘むと側枝からも咲かせる。
花後は地面から1、2節のところで強剪定することでうどん粉病などを回避し、秋にまた花を咲かせる


■ キンポウゲ科 耐寒性宿根草
■ 学 名 : Clematis integrifolia ‘Hanajima’
■ 系 統 : インテグリフォリア系(新枝咲き・強剪定タイプ)
■ 作出者 : 小澤一薫 日本 作出年は不明 C.integrifolia×不明
■ 花 径 : 約5cm
■ 花 期 : 6~10月
■ 草 丈 : 40cm前後
■ 耐寒性 : 強
■ 耐暑性 : 中
■ 日 照 : やや半日陰

 

 

 

(おぎはら植物園さんより 画像&説明文お借りしました)

 

 

 

 

 

 

【ブルーベル】

 

 

ツルにはならない草状のクレマチス
草丈が30cmほどまでのコンパクトタイプで姿が良い
鉢植えにもおすすめ
花後株元まで短く切ると繰り返し咲き、長期間楽しめる
淡い良い香りを持つ

日本の方が作出したクレマチス品種ですが、交配の出所はサンクトペテルブルク植物園で収集した種子から作出されたようです。
とてもコンパクトで鉢植べランダガーデンにもお勧めです。

ブルーベルという品種はビチセラ系と早咲き大輪系に同名の品種があります。混同されませんようにお願いいたします。



■ キンポウゲ科 耐寒性草本 宿根草
■ 学 名 : Clematis integrifolia 'Blue Bell'
■ 系 統 : インテグリフォリア系(新枝咲き・強剪定タイプ)
■ 作出者 : 宅間清子(日本)作出年不明
■ 起 源 : 交配親不明
■ 花 径 : 約2cm
■ 花 期 : 6~10月
■ 草 丈 : 30cm前後
■ 耐寒性 : 強
■ 耐暑性 : 中
■ 日 照 : やや半日陰

 

 

 

 

(おぎはら植物園さんより 画像&説明文お借りしました)

 

 

 

 

蔓にならないタイプのクレマチス 白花 ピンク花 ブルー花 3種類を紹介しました。

実はこの3種類、今年の5月に我が家にお迎えした3種なんです。

 

ちゃんとスリット鉢に植え替えをして、開花を楽しみにしていたのですが・・・

おばさんが怪我をしたのでお世話する事が出来ず、画像を紹介する事が出来ませんでした。(´;ω;`)

 

お花は咲いたのですよ。

でも画像も撮れず、その後のお世話もちゃんと出来なかったので・・・

来年咲いてくれるかどうかも?分かりません。

生きている事を願っていますが・・・(^▽^;)(笑)

 

 

 

 

このタイプのクレマチスなら、誘引する場所が無くても育てる事が出来ます。

こんなタイプのクレマチスがある事も、覚えておいて下さいね。(*^▽^*)

 

 

 

 

 

 

 

 

☆コメント☆ おばさんのエネルギー源となってます。
お時間あれば、φ(.. )書き書きしてやって下さい。
宜しくお願いします。m(u_u )m
 


ランキングに参加しています。
ポチっとして頂けると嬉しいです。
いいねグッド! もありがとうございます。

 

 

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村 


手作り・DIYランキング