NPO法人伊豆楽園プロジェクトメンバーが綴るブログ

NPO法人伊豆楽園プロジェクトメンバーが綴るブログ

『社会福祉など様々なボランティアを支援する』楽プロメンバーが綴るブログです

犬猫などの引き取り、保護などはしていません
活動内容は設立趣旨をお読みください


テーマ:

B男のつぶやきおじいちゃん

 

 

二週続けて三連休だと、ちょっとトクした気分ですね音譜

 

普段は東京で出稼ぎ中のためビル伊豆高原に戻る週末の金曜日が待ち遠しいのです地下鉄

 

息子たちとの散歩も、いろんな変化が見られるのは嬉しいものですデレデレ

 

18092217g

以前の黒い息子1号なら、確実に相手に致命傷を負わせていた間合い…あせる

 

18092201g

なぜか二頭は同じ所をクンクンしたいようです汗

 

18092216g

息子1号の心境の変化は驚くほどです滝汗ニオイを嗅がせることは絶対にしなかったのでビックリポーン

 

18092209g

漆黒の被毛にはかなり白いモノが増えてきました汗ジイさんの年齢になったねおじいちゃん

 

18092213g

まだまだイケイケの息子2号はちょっと怖いのですあせる和犬は難しい性格の子が多い気がします汗

 

18092317g

元保護犬のガウガウワケありの二頭が縁あって一緒に暮らすことになり、こんな写真が撮れるようになったとはびっくり二頭をご存知の方は快挙!と思われるでしょうねニヤリ

 

猫エイズのニーナ嬢はムチムチの豊満ボディになってしまいましたがあせる毎日お腹いっぱいに食べることが出来て、ストレスがなく猫エイズの発症が少しでも遅れることを祈っているのですお願い

 

お話も上手なのですが、なんせ要求が多いお嬢様なのが難点あせる

 

何度も死にかけましたが復活したメメ嬢は生後五ヶ月ほどになるでしょうか…あせる

 

病弱なので里親様を募集することも難しく、全てを受け入れて下さる方がいらっしゃらないかと願っているのですが…汗

 

 

子犬や子猫から飼っても、ワンニャンと一緒にいられる時間は15年前後でしょう犬猫

 

ウチにいる子たちはオトナになってから来たり、病気の子ばかりなので、普通のワンニャンよりも一緒にいられる時間が少ないのです。

 

だからこそ、一緒の時間は大切にしたいのです。

 

ワンニャンにとっては、飼い主がすべて。

 

ずっと飼い主だけを見つめているような気がします。

 

その思いに応えられないのなら、飼うべきではないと感じています。

 

1日でも長く一緒の時間が過ごせるように、自分の健康とウチの子たちの健康には十分気をつけたいところですね筋肉

 

 

 


テーマ:

A目

 

 

朝は霧雨から小雨へ…雨

 

お昼頃には雷も鳴って大雨雷

 

そして、少し晴れ間が見えたと思ったら晴れまたまた今にも泣き出しそうな空に…くもり

 

目まぐるしいお天気の伊豆高原方面です滝汗

 

 

 

さて。

 

 

 

先日、緊急里親様募集をしましたアメショー風味のチビにゃんは三毛猫お申し出をいただき、来週お見合いですドキドキ

 

18092228g

 

保護主様が大変心配されていらっしゃるとお聞きしたのですが、元気いっぱいに飛び回って、障子を破いたり洗濯物にぶら下がったり、かくれんぼしたりとあせる元気過ぎるほどの超お転婆ムスメになっていますのでご安心を照れ

 

18092233g

 

 

遊び相手がいないのでちょっと寂しいかもしれませんが汗人慣れはバツグンになり音譜すごく可愛くなりましたラブ

 

子猫は多頭でいた方が飼うにも楽で不安も少ないのでしょうけど、チビにゃんとひとつ屋根の下で暮らしているのは『マボロシにゃんこのオバ様』2匹なので汗気配はすれども姿は見えず…えー

 

遊び相手にはならないので、チビにゃんはひとりで走り回っています猫

 

疲れると、近くでまったりしたり、膝の上でゴロゴロ喉を鳴らしながら甘えていますラブ

 

生後3ヶ月位になると、安心して里親様に託すことが出来る月齢なので、可愛い時期を逃さないように里親様にバトンタッチ音譜

 

18092232g

 

実物はもっと可愛いのですが、カメラマンの腕が悪いのと笑い泣きぶっ飛びムスメなので動いていると撮れないのと、ジッとしているとビックリ顔というか緊張顔になってしまうのですが汗本人は至ってご機嫌さんなのですよウインク

 

チビにゃんの幸せへの旅立ちはもうすぐ…キラキラ

 

 

 


テーマ:

遥々、沼津市から来た子猫です猫

 

知らない場所で、ちょっとドキドキ…あせる

 

 

静岡県動物保護協会HPに掲載されている『登録ボランティア』は犬猫の保護や相談、譲渡会など、それぞれ『出来る事』の項目記載し掲載されています犬三毛猫

 

どこの登録ボランティアも『保護や預かり』は極力しないと思います汗

 

そのかわり、里親募集のお手伝いをしたり、譲渡会にお誘いして里親様に見初められるように配慮したりと、出来る限りのフォローをしていると思います。

 

 

今回の子猫も出来れば沼津市近隣のボランティアが対応してくれれば良かったのですが、相談に乗ってもらう事が出来ずに、回り回ってこちらに来たというわけですガーン

 

アメショー風味の生後3ヶ月弱の女の子ですラブラブ

 

母猫が亡くなり、乳飲み子の姉妹2匹が取り残されていたので保護主さんは心配していたのですが、ノラさんはなかなか捕獲するのが難しく、姿を見ない日が続いたので亡くなってしまったのだと諦めていたそうですえーん

 

そこへ、不妊手術が済んでいるメスの地域猫が先日の台風の前日に子猫1匹だけを連れて来たそうですガーン

 

もう1匹はその後も姿を現さないので…。

 

なんだか抱っこしていると安心ラブラブ

 

 

親戚関係でもなんでもない大人ネコが、子猫を助けて欲しいと言わんばかりに連れて来たとは…そして、逃げて捕まらなかったノラ子猫がすっかり人慣れしているのですえー

 

ネコたちにそこまでされたのでは、ヒトとしても全力を尽くしてご縁に繋げなくてはと思うわけですおねがい

 

保護主さんはご高齢ですが自力でTNR活動をしていて、ご自宅にも5匹の元ノラさんたちを飼育していますが、年齢のこともあり子猫は責任を果たすことが出来ないので…という事でしたので、お預かりして里親様を募集することになりましたニコニコ

 

アメショー風味でお団子シッポのシャイな女の子です照れ

 

優しい里親様とのご縁を待っています音譜

 

駆虫薬済み、まだ体重は1キロありませんが、元気にご飯を食べていますウインク

 

どうぞよろしくお願いしますお願い

 

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス