野菜のおすし(Vege sushi)ブックレット制作に向けて、クラウドファンディングに挑戦中! | vege dining 野菜のごはんPowered by Ameba
2018年08月18日

野菜のおすし(Vege sushi)ブックレット制作に向けて、クラウドファンディングに挑戦中!

テーマ:ブログ

 

クラウドファンディングをはじめました

何のためかと言いますと……。

庄司いずみが7〜8年がかりで力を注いでいる野菜のおすし(Vege Sushi)のすべてを詰め込んだブックレットを制作したく、その資金集めのためです。

 

すしは和食の代表メニュー。海外の方が日本にいらした時に食べたいもののナンバーワンだと思います。

目で見て美しく、食べておいしい。職人さんがつくる寿司は、日本の誇る素晴らしい文化です。

 

が、魚介のすしはハードルが高い。

日本人である我々ですら家庭では難しいと感じるし、海外の方はなおさら。また、生魚の食べられない方もいるし、欧米に多いベジタリアンは魚介のすしは食べられません。

そこで野菜のおすし!

 

ヴィーガンの料理家である庄司ならではの、色とりどりのベジずしを、これまでもレッスンやイベントなどで伝えてきました。2010年に発売になった日本語版の『野菜のおすし』、そして2016年に発売となった英語版の『The Vegetable Sushi Cookbook』と、書籍でも広めてきました。

 

けれども……。『The Vegetable Sushi Cookbook』は現在でも手に入りやすいのですが、日本語版『野菜のおすし』は古い本ということもあり入手困難。

すしレッスンやイベントのたびに本がほしいと言っていただきますが、お譲りできないのが現状です。

 

オリンピックに向けて、またオリンピックのあとも。

「どんな国籍、どんな信条の人も食べられる野菜のすしを、日本食の、あたらしい代表メニューにしたい!」との強い思いもあります。

 

そこで、今回、庄司いずみベジタブル・クッキング・スタジオ編著の本として、ブックレットを作ることにしました。それにはお金がかかります。

印刷代、スタッフへのギャラetc。

そこで、冒険ではありますが、クラウドファンディングで資金をあつめることにしました。詳細はこちら

 

野菜ずしの魅力を内外に伝えたいという想いには、その先もあります。

庄司が常々語っている夢。「ヴィーガンカフェだけでなく。コンビニ、ファミレス、社食、学食すべての店で、ベジタリアンメニューが選べる日が来るように」という夢の実現に向け、ベジタリアンの方にもそうでない方にも魅力的な野菜ずしは、大きな武器になると思うのです。

ヴィーガン文化を日本でも、欧米のように根付かせたい。というか、そうならなくてはならないと思うのです。

今回の挑戦を通して、「いつかヴィーガンマガジンの発行ができたら」、そんな夢も描いています。

 

野菜ずしに興味のある方はぜひ!

今まで興味はなかったけれどという方も、庄司を助けると思って、ぜひ!

お力を貸していただけるよう、深く、深くお願い申し上げます。

 

 

 

 

 

 

 

 

スタジオでのレッスン情報やメディアでの掲載、出演情報、プロデュース商品のお知らせなどは随時サイトに掲載しています。

 

 

 

 

麺屋武蔵新宿総本店に、庄司いずみコラボのヴィーガンラーメン登場です!

ヴィーガンラーメンの歴史を変える、歴史を作る意気込みです! ぜひぜひ足をお運びくださいね。

 

新刊本が発売になりました!

 

 彩り美しく、ボリュームたっぷりのサンドイッチが人気です。

  シャキシャキ野菜のサラダをギューッとはさんだサンドイッチ。こんがりグリルした野菜をはさんだサンドイッチ。コトコト煮込んだ野菜をたっぷり詰めたサンドイッチ。ラペやマリネなどをトッピングした一口サンドイッチetc。こんな野菜のサンドイッチを、"サラダサンド”と命名します!

「サラダは食べるのめんどくさい」という人も。手で持ってパクつけるサラダサンドなら、即座に問題解決です!

 野菜をたくさん食べたい人や、サラダを持って出かけたい人、家族や彼に野菜を食べて欲しい人などに、ぜひぜひ新刊を読んでいただきたいのです。

 カフェやデリのメニューを探しているプロの方にも、おすすめできる一冊です!

 アマゾンはこちら。ぜひチェックなさってくださいね。

 

 

最新刊スーパー大麦レシピ、好評発売中です。

 

 テレビや雑誌で引っ張りだこの"スーパー大麦”はご存じですか?

 大腸の奥まで届く種類の食物繊維がたっぷり! 腸内フローラを整えて、やせ体質をつくる。その上肌の保水力が高まるなど、美容にも効果があるみたい!

 そんな効果はともかく……。

 ちょっとやそっと加熱しすぎても、つぶつぶ食感がなくならず、存在感抜群。甘みと風味もいい感じ。

 サラダにざらり、スープにパラリ。味がとってもいいので、好きなものにトッピングするだけで、いつものメニューがヘルシーメニューに早変わり!

 さらに、ベジタリアンの料理家としては、ひき肉がわりに使う素材としてとっても重宝しています。

 そんなスーパー大麦のレシピブック、『スーパー大麦ダイエットレシピ』、ぜひぜひ書店でチェックなさってくださいね。

 

 

新刊『作りおきベジスープ』発売中です!

 今度の本は、やせるベジスープ!

 糖質オフを気にされる方にぴったりの、超低糖質のスープを紹介しています。<br clear="all">

 超低糖質でありながら、うまみはたっぷりある3つの素材を組み合わせたベジスープ。

 タイトルに、作り置きベジスープとありますが、まずは冷蔵庫で3〜5日は保存可能なスープをたっぷり作り置きをすることから、スープ生活スタート!

 これ自体はとっても薄味。これをスープのベースにし、いろいろなアレンジスープを楽しめる仕組みです。

 後半は、大人気となったデトックスベジスープで、体の不調を整えるレシピを新に編集し直していただき、一冊で2度も3度も楽しめる、たいへんお得な内容です。

 食欲の秋、体重や体型が気になるみなさん、低糖質スープ&デトックスベジスープを作りおきし、ラクラクダイエットいたしましょう! アマゾンはこちらです。

 

 

ひとつの野菜でつくる常備菜』、おかげさまで好調です!

 大ヒット、ロングセラーシリーズとなった『やさいの常備菜』、『野菜のマリネとおかずサラダ』、『やせぐせがつく野菜の常備菜』の"常備菜シリーズ”最新刊、題してひとつの野菜でつくる常備菜です。

 

 せっかく常備菜をつくるなら、仕込むのもラク、展開もラクなのがいちばんです。

 だから、今度の本では"ひとつの野菜でつくる常備菜”にこだわりました。

 じゃがいもならじゃがいもだけ、にんじんならにんじんだけ、もやしならもやしだけで作る常備菜。

 ひとつの野菜だけなら買いものもラクチン。ひとつの野菜でひと手間でできる仕込みおかずなら、ちょっと時間の空いたときに作れます。

 いそがしい日はそのまま食卓に並べるだけで、野菜たっぷりの献立ができあがり。

 そのまま食べ続けるのに飽きてきたら、食べる時にもうひと手間。

 何かとあえたり、味つけをプラスするなどの簡単アレンジで、おいしく食べられるよう、展開レシピもたくさん紹介しました。

 ぜひ書店でお手にとってご覧くださいね。

 

 

スタジオの人気レッスンが一冊の本になりました。

 

 またひとつ、夢がかなって素敵な本ができました。

 作っているときから楽しくてワクワクするのが、ヴィーガン料理の素敵なところ。

 それをたくさんの方にお伝えしたく、スタジオをオープン。私自身のクラスのほか、私自身が「この方に習いたい!」と思う方を講師としてお招きし始め、気がついたら素晴らしい方達が集う場所になっていました。

 メディアで話題の今をときめくシェフのみなさん、精進料理の第一人者の先生、人気ベジカフェの方やアーユルヴェーダ、ローフードなどの専門家など。

 さまざまなクラスを企画する中、私自身も発見が多く、そして人気を集めているのが世界中の野菜料理やベジタリアン料理を紹介する"世界のベジ料理シリーズ”です。

 スペインはムルシア地方の野菜料理を教えてくれるタオさんや、ベトナム精進料理を広めたいという香川トアさん、モロッコ野菜料理のファティマさん、韓国で絶大なる人気を誇る李さん、台湾素食の芳苓さん、南インド料理のウジワラ・ゴピーさんなど。

 日本とは違う調理法、違うスパイスの組み合わせ。包丁の使い方からして私たちとは違うこともあるし、野菜料理が「体によさそうな、おとなしい味」ではなくて、エスニックな、パンチの効いたメニューに生まれ変わるのもすばらしい。

 そんな人気のクラスを集めた一冊、世界の野菜ごはん、ぜひぜひお手にとってご覧くださいね。<br clear="all">

 

『野菜のごちそう』大好評です!

 新刊本、『野菜のごちそう』、好評発売中です。

 野菜料理家として、野菜やきのこ、海藻、穀類など、植物性の食材と向き合う毎日。

 そんな中で出会った味のうち、「ゆっくり食事を楽しむシーンで作ってほしい」と思う料理を集めた一冊がこの本です。

 私自身もお酒を飲むことも好き、家族や友達とおしゃべりを楽しむのが大好き。そんなとき、「野菜の料理がぴったりだなぁ」といつも思うのです。

 こってりリッチすぎる料理だと、すぐにお腹いっぱいになってしまい、ゆっくりお酒を楽しめない。

 また、手がかかりすぎる料理だと、もてなし役がキッチンにこもりっぱなしになることに。そうすると、まわりは興ざめ、もちろん作る人もグッタリ疲れてしまいます。

 だからこそ、ごちそうを楽しみたいときは、野菜の料理がおすすめです。

 チャチャッとできて、軽くておいしく、カラフルで見栄えがいい。そんな野菜のごちそうなら、女子会ランチにも、おもてなしにも。あるいは、家族や彼とゆっくり食べたいとき、ちょっといいワインをあけたいときなどにもぴったりです。カンタンだから、もちろん毎日のごはんにも。

 野菜のごちそうが、ギューッとつまったこの一冊。書店でぜひぜひお手にとってご覧になってくださいね。

 

 

 今日の渋谷は晴天です。よい週末をお過ごしくださいね。

 

 

これまでの出版物はこちらからごらんください

 

メディア掲載などの最新ニュースは、サイト記事からご覧ください。

 

 

 

 

 

 

 

 


庄司いずみさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース