New Guitar Note +

New Guitar Note +

Instrumental Solo/Veiled in Scarletのギタリスト「Izo(イゾー)」のブログ。機材と歴史とお酒&食事などを好む性質です。

やぁ|д・)

 

 

春の陽気も感じられる様になってきました昨今、皆様いかがお過ごしでしょうか?

 

気のせいか花粉症っぽい症状がこの時期ちょいちょい出ているIzoですが・・・花粉症なんて気のせい!花粉だけに木の精!と年齢相応なギャグで対応しておりますいつもありがとうございます。(つまり毎年無対応)

 

 

 

タイトルにもあります通り、去る2/6(土)はIzo Solo Bandのホームグラウンド、御徒町JAM SESSIONさんにて配信ライブでございました。

 

 

 

 

 

既に配信は終わっておりますが、2/20(土)いっぱいまでアーカイブ(録画)が見れる様になっております。

チケットはこちらからお買い求め頂けますので、まだご覧になっていない皆様は是非宜しくお願い致します。

 

 

 

ライブの反省については・・・まぁいつも通りっすね、

 

 

 

 

 

 

 

って感じですガッデム。

 

 

Solo Bandっていう性質上、ギターを弾く以外にも自身でやらなきゃいけない事が多いんですよね(言い訳1)。

レコ中ですし(言い訳2)、コロナ禍だし(言い訳3)、確定申告の還付金もう振り込まれてたし(言い訳?)。

 

 

 

ま、Izoの言い訳は今に始まった事じゃないですからね。大体座右の銘が「I Can Play the Guitar a Little」ですからね、四半世紀以上ギターを弾いてギター中心の生活を送っていてもそんなもんです生まれてきてすみません。

 

 

 

ともあれ先週をちょっと振り返りつつブログを綴りたいと思います。

 

 

・2/2(火)~2/4(木)

音楽以外のおちごとしてました。

ただライブ前ですからね、休憩時間にはしっかりと持ち込んだ機材で練習しております、成果の程は上記の通りでしたが。

 

 

 

 

・・・アス○ルのガムテやA4コピー用紙がリアルですねw

職場では普段使っていないエフェクターを通しております。

前々回の記事で書きましたSoul Drivenと・・・あと前段にクリーンブースターの名器として名高い同社の「RC Booster(初期型)」ですね。

特にこの組み合わせでずっと弾いていた訳ではありませんが(←)、何となく試してみました。

しかしまぁSoul Drivenで本気の「気持ち良い」って音を出すのは難しいですね。

あいや、弾いている本人的には気持ちよく弾けてはいるのですが、これがまぁ自分の出したい音がちゃんと出せているかは甚だ疑問。

Izoの敬愛するリーダー様がこちらに書かれておられます通りGainを上げていってもコンプ感が強まるだけで特に歪み量が増えていってる感じではないんですよね。

前回の記事から「歪み量は弾き易さ云々だけでなく、音色を作る大事なファクター」って今更ながらに気付きました故に(←ホントに今更だな)、理想の音にはもう少し歪みが欲しいトコロ。

あ、勿論コンプ感も音色作りには重要なファクターですけどもね。Soul DrivenのGain単体ではアッシの欲している系統への音作りが難しい。

そこでRC Boosterをぶち込んでみた訳ですよ。

結果としてそれなりに良き感じにはなってきたと思いますが、もう少し煮詰めていきたい感じでした。

具体的に前段後段(RCとSoul Driven)のGainとTone設定、あとLevel設定が重要ですねってコレ↓やんけw

 

 

 

 

(つまり殆どが該当)

 

 

まぁウダウダしながらも2/6に向けての練習に勤しんでおりました、「勤しむのは仕事にじゃないのか?」というクレームは一切受け付けておりません(本社の人間がこのブログを見ません様に)。

 

 

 

・2/5(金)

仕事から明けて翌日。朝から私用で都心部へ。

丸1年抱えていた案件が片付いてほっと一安心。

意外と早くに用事が片付いたので出先近くにあります某雑誌編集部の仲良くさせて頂いております方へ顔出しして行こう・・・としたらMTG中との事。

「ジジィかよ、朝早過ぎるわ」

と言われこの日も「テヘペロ(・ω<)」と返しておきました、ガンガン使っていきますよ「テヘペロ(・ω<)」

 

仕方ないので更に近くにありますこれまたお世話になっております(数少ないJourneymanのポスターが貼ってある・・・あ、もう剝がされてるかも?w)宮地楽器神田店様へ。

 

 

 

 

 

こちらの店長様とも気付けば20年来の付き合い・・・って以前のブログで書きましたかね?w

 

 

 

 

 

(顔出しされておられましたし名乗られてもおられましたのでツベ貼り付け)

 

 

ですので近くに来た際は顔出しして「お互い老けましたなぁ」なんてジジイトークでもしようと思いましたが・・・生憎本社でMTGとの事。

あれか?金曜日の午前中はどこもMTGなのか?心当たりのある方はご一報下さい。

 

せっかくなのに空振りか~・・・何か小物でも買って帰るかなぁ・・・

と思いながら小物じゃなくて中古エフェクター・コーナーを見てますと

 

 

 

 

 

 

 

JHSのThe AT中古があるやんけ!

(ちなみに写真は以前のブログでも使いました違う楽器店様での試奏時の画像)

 

 

あいや、厳密には中古コーナーに値札もなく置いてあったんスよ。

 

 

ジジIzo「あのぅ・・・そこにありますJHSのThe ATは・・・売り物ですかのぅ・・・?」

 

 

と若い店員さん(男性、以下若店)に聞いたところ・・・少々お待ち下さいと偉そうな年配の店員さんに確認されてましたw

 

 

若店「中古で入ってきたばかりの物ですね、勿論売り物です」

 

 

Izo「ほうほう。ちょっと見せて頂いても宜しいですか?」

 

 

若店「もちろんです。(ショーケースから出して手渡してくれる)どうぞ」

 

 

手に取ってみますと結構年期入っている感じ。

各所傷も多めで裏面はマジックテープを貼って剥がした形跡が有り。

なるほど、最前線(ライブ等)で結構使い込まれている珍しいタイプですな。

最近は家ギタリストも多いので、中古でも比較的綺麗なのが多いですからね。

 

・・・しかし・・・これだけ使い込まれていれば・・・

いくら人気機種のJHSでも安いんじゃなかろうか?というライブ前日にあるまじき思ひがムラムラと←

 

 

若店「試してみられますか?」

 

 

Izo「(うーん・・・音自体は知ってるけど久しぶりだし思い出補正入っているかも知れないからなぁ。あと使い込まれているから不具合も無いかチェックしておいた方が良いな、買うか解らんけど←この間0.5秒)

 あ、はいお願いします」

 

 

 

って事でまさかのこのタイミングで試奏w

試奏用ギターは、これまた中々年期の入ったラージヘッドのストラトw

ただまぁアッシのメインと同じラージヘッド・ストラトなのでラッキーでしたね。

アンプはJC-120、これまたド安定。

 

弾いてみますと、以前弾いた時よりも既に持っている同じAndyモデルと近い感じもありました。言うまでもなく↓コレですね、Soul Drivenの右隣。

 

 

 

 

ただXoticよりももう少し(良い意味で)ダーティーと言いますかRockな感じと言いますか・・・やはり違いは大いに感じました。

 

午前中の宮地楽器神田店様でJourneymanの曲とElectric Gypsyを弾きまくるIzo、傍目にヤバイ人です本当にありがとうございました。

 

 

うーん・・・有りっちゃ有りなんだよなぁ・・・

どっちも優劣は付け難いレベル。

ただまぁ中古相場が2万弱くらいなので、それよりも安ければワンチャンあるかな?

結構使い込まれてますしね、その辺空気読んでくれれば・・・

くそっ!店長さんがいらっしゃればダメ元で値切り交渉するのになぁ・・・

 

 

とか思っておりますと

 

若店「如何でしたでしょうか?」

 

 

とタイムリミットのお声掛け。

(別に延長出来ますが、元々知っているエフェクターだし延長する気も無かったですが)

 

 

Izo「良いですね。ちなみにおいくら万円ですか?」

 

 

若店「少々お待ち下さい(←また先輩っぽい店員さんに確認する)・・・えっと・・・1万2千円(税別)です」

 

 

Izo「安っ!(←マジで言っちゃいましたw)」

 

 

 

若店「どうやら並行輸入品みたいですね。付属品は概ねついておりますが、それで安いみたいです」

 

 

 

Izo「なるほど・・・

 

(考えろIzo・・・!これは・・・このタイミングでこの出会いは逃してはいけないのではないか?あ、そう言えば確定申告の還付金がそろそろ入っているんじゃないか?それで買えるやんけ・・・。しかし明日のライブでいきなりコレ投入は冒険過ぎやしないか?でもXoticと使い分ければ・・・保険にもなるし、何より足元にAndyモデルが2機もあるとか想像しただけでも「悔しいけどビクンビクン///」じゃないか?←この間0.85秒)

 

お金下してきますんで下さいw」

 

 

 

とまぁ財布に1万3千2百円も入っていなかったクセに買っちまった訳です、アホかとバカかと。

 

 

ともあれ目的が空振りで終わったクセにお持ち帰りと相成りましたThe ATちゃん。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

うはぁ!みwなwぎwっwてwきwたwww

 

 

って事でライブ前日に支度もそこそこにヘッドホンで音作りですよ。

 

 

勿論基本的な音作りは変えません。今までスタジオでしっかり作って来ましたからね。

ただ明日The ATを投入する為に、Xoticと使い分けるべく似た感じのレベルや質感にしつつ・・・差異を出す為のセッティングをしました。

 

・・・結構な大荷物で、荷物減らす為にPOD GO買っておいて・・・コンパクトとは言えそこからエフェクター増やすとか、今考えてもアホの所業ですね。

 

 

しかしまぁ自身のテンションがそれで上がるなら良いではないか!

と開き直りました。そんなライブ前日。

 

 

 

 

・2/6(土)

 

ライブ当日。

変な時間(早朝)に起きてしまい、この時間だったら少し酒飲んでもう少し寝るか~・・・とかしていたら思いの外に酒が進んで1時間未満の仮眠で出発。若干のアルコール残り感。もうアホとかいう次元を超えたアホですね。

 

 

ともあれ現地入り。気付けば今年3回目のJAM SESSIONさんw

(年始のセッション会、店長とのMTG、そしてライブ当日)

 

 

 

 

ステージが拡張されておりました。

元々トリオなので手狭感は全然ありませんでしたが、更に普通のライブハウス・クラスへと変貌しておりました。

 

何か変な装置も追加されていましたしねw(ちなみにこの足は私です)

 

 

メンバーより早く現地入りしまして、色々と配信用のセッティングに勤しみます。

お店のカウンター内に入り、設置してありますPCやツイキャス、スイッチャー等を店長とスタッフの三人で確認していきます。

 

 

・・・とそこでなんとリーダー様がご来店!

 

 

差し入れに~とメンバー全員へ日本酒を買って来て下さいました( ;∀;)

 

 

 

 

(↑昨日の打ち上げキャスで開けさせて頂きました。話は前後しますが、無茶苦茶美味くてビックリでした。最近ですと「雑賀孫一」「作」に続くIzo的大ヒットでした)

 

 

 

 

 

いやはや申し訳ございません。

前回も差し入れをわざわざ持って来て下さいましたし、本当に恐れ入ります。

そんな素敵な大人リーダー様の雄姿はこちらからご覧頂けます↓

 

 

 

 

 

 

近いうちに行われるであろう、Izo Solo Bandとの対バンに向けて今のうちに皆様予習をお願い致します(/・ω・)/

リーダー様が嫌がっておられるとのうわさも耳にしておりますが、まぁ実際はこうなんじゃないかな?というセクハラ理論を振りかざして何とかご一緒出来る様に致します(←だから界隈で嫌われているのだと最近気付きました)。

 

 

そうそう、差し入れと言えばもう一つ素敵な物が・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

なんと!日本インスト界の最低傑作と呼び声高いJourneymanの発売1周年を記念してのお花を頂いてしまいました!( ;∀;)

 

 

嬉しいですね、本当に・・・自身のやってきた事が少し報われた気がします。気のせいかも知れませんが←

本当にありがとうございました!!_/\○_

 

 

 

そうこうしているうちにメンバー全員会場入り。

演奏の方の準備を粛々と進めます。

んでもって例のThe ATを導入した足元がこちら↓

 

 

 

 

 

 

 

XoticのBB Preamp ATの方は変わらずTrebleとBassとLevelがセンター、Gainが13~14時方向。

対してThe ATの方はHeadroomスイッチがセンターの「100wモード」。音量が一番大きいのでLevelは9時半方向、Gainは15時近くで・・・Toneが14時&Airが13時という設定で落ち着きました。

 

これでXoticの時は綺麗目な歪み、JHSの方がワイルド目な歪みという使い分けになりました次第です。

 

 

・・・ただまぁ・・・位置的にこの2機種の切り替えが難しいっすw

ここはもう少し考えて行きたいトコロですねぇ・・・まぁ前日に購入しといて考えもクソもありませんがw(´д`)

 

 

 

言うてる間に本番です。

 

 

 

 

ウダウダ書きましたが結構あっという間でして、開始5分前でまだメイク終わっていませんでした。

 

 

配信ライブ自体はスタジオからとかで結構やっていたつもりですが・・・

やはりJAM SESSIONさんは音が良いのでテンション上がりまくりです♪

テンション上がり過ぎてミスも多発です、いつもの事ですか?テヘ(ry

 

 

 

アンコールまでやらせて頂きまして全14曲、正味1時間半と・・・今回も中々の曲数をやらせて頂きました。

ま、個人的反省点はまた後程。

 

 

終演後は色々と配信後の後処理をしつつ・・・店長に許可を頂いて一杯だけ乾杯させて頂きました。

 

 

 

 

本来はお店のお酒を頂くトコロですが、休業中ですのでビールがありません。仕方なくコンビニで缶ビールを買ってきましたw

 

 

その後何とか21時までに退出し、22時半には帰宅。

途中まではhama~くんと同じ電車でした。

 

 

・・・大荷物です、緊急事態宣言中で電車が空いているのは・・・こう言ってはアレですが本当に助かりましたw

 

帰宅後は片付けをしてコンビニで買ったカップ麺とオニギリという中々底辺っぽい食事を採りつつ(※)・・・ちょっと配信録画に不備がありましたのでその処理をして気付けば午前3時でした。

 

※・・・緊急事態宣言中により、お店が軒並み開いてないので

 

 

 

 

・2/7(日)

起床後は色々と溜まっていた残務処理です。

2ndアルバムのゲストさんから録音データが届いておりますのでその確認諸々。

その他色々こなして・・・気づけばお腹が空きました。

ちょっと散歩がてら久々に足を延ばして・・・昔よく行っていたラーメン屋さんへ。

 

 

 

うん、相変わらず美味い。

ただちょっと・・・温かったのが残念でした。

15時前にも関わらず結構混んでましたしね。

 

 

帰り道、初詣に行っていない事を思い出して近くの神社へ。

空いていればお参りをして帰ろうかなぁ・・・と思っていたらまさかの行列w

音楽で色々と自粛を破っている以上、その他の事は必要以上に自粛します常識的なのかチキンなのか解らないIzoは御神籤だけ引いて帰りました。大吉でした、久しぶりですw

 

 

更に晩御飯を普段行かないお店で調達したり、大好きなお店のどら焼きを久々に買ったりして・・・散歩終了。

また仮眠を取ってから夜の打ち上げ配信に備えました。

 

 

20時から打ち上げ配信。

前日のライブ本編で「初見さんが引かない様に、打ち上げらしく身内(昨日ご参加下さいました皆様)だけ参加出来る”合言葉(鍵)制”」にしましたが・・・ちょっと解り難かったみたいですね(;´Д`)

まぁ滅多にやらないパターンですが・・・本当にすみませんでした。

 

配信内容はhama~くんと「粛々と昨日の反省」となる予定でしたが、普通に打ち上げっぽい雑談で終わりましたw

お酒も入ってましたし、終わった後印象に残っていたのはリーダー様の稲○淳二風エフェクター通販ネタとhama~くんのバカボンのパパ物真似くらいでしたかね?(鍵付きとは言え最高に身内ノリでした、楽しかったですがw)

 

 

配信後は散歩時に買って来た初めてのお店のキッシュとボロネーゼを食べました。

 

 

 

 

キッシュって「美味しい!」ってヤツをあまり食べた記憶が無いのですが・・・これは美味しかった!

濃厚でかなりグラタン?っぽい感じがあり、素晴らしかったです。ボロネーゼもなんか「4時間煮込んだ」とからしくでこちらも美味かった!

リピ確定ですね。

 

 

 

 

・2/8(月)

 

そんなこんなやっと休日らしい休日です。

先ずは昨日頂きましたお茶爆のお礼を送り、メンバーにライブの動画や写真を送り・・・そしてブログを書き始めて気付けばまた3時間以上経過ですよ。

ホントにリーダー様は30分であの文章量を書かれていると思うと驚愕です。

まぁアッシとは人間の素質が全然違いますからね、言うまでもなくアッシは世間一般的に最低ランクなので(←本当に言うまでもないな)。

 

今日はこれから・・・次のレコ曲の準備をしつつ、また趣味の料理とお風呂でも浸かりつつ・・・ノンビリ過ごしたいと思います。

(お酒は金曜日~日曜日まで飲み続けているので、今日は夜近くまでお預けです多分←)

 

 

 

さてさて、そんな感じの2月最初の週末でした。

とにかくこれからはレコーディングを急ぐ感じですね。

来月からはViSのレコーディングもありますし(滝汗)。

 

とは言え・・・配信という制約もありながらライブはやっぱり楽しいですね。

こちらも対バンさんを探して何とか次回に繋げたいと思います。

 

 

 

 

【オマケ】

 

 

~スピーカー付き浴室照明導入~

昨日の打ち上げ配信で申しておりました例のLEDスピーカー、あまりにも快適ですのでオススメ致しますw(*ノωノ)

 

 

 

 

 

・・・ってよく見たら防水じゃないんスねw(;^ω^)

まぁウチは照明カバーが付いておりますのでなんら問題はありませんが・・・その分音はクッソ籠ります(苦笑)。

 

とは言えお風呂に浸かりながら音楽を聴けるのは格別ですね♪

以前一度だけスマホをジップロックに入れてお風呂に持ち込みましたらスピーカーの振動でお風呂にDiveしましたw( ;∀;)

 

口金サイズをご確認の上、興味のある方は是非是非お試し下さいませ(/・ω・)/

 

 

 

 

 

~今回のライブでの反省点(備忘録)~

 

・プレイ面

出来る限り「力まないように」と脱力を心掛けておりましたが・・・やっぱり自身のテンションが上がってくるとついつい力んでしまいます。

パフォーマンスはしっかりと意識しつつも、プレイに関してはもっと脱力を心掛けて向上させていかなきゃなぁ・・・と思いました。

 

 

 

・サウンド面

まぁぶっちゃけた話JHSとXoticは自己満足の領域なのでスルーでw

(後々ライブ動画を見ても音の差は比較的僅差で楽曲に直接影響を与える程のモノではないと再認識)

ただ自身は違いが解りますし、そこでテンションが変わりますからね。

無駄遣いをしない様にしつつも、こういう気持ちは大事にしていきたいとは思います。

 

もっと根本的な課題として・・・どうにも「空間系の量が足りなかった」模様。

良く言えばかなり「ソリッド」な音でしたが、世間一般的にはかなりドライだった様で・・・ライブ後半は店長さんに(卓の方で)リバーブを足されておりました(苦笑)。

 

どうやら自分は客観的な空間系の量設定が出来ていない模様。

動画を見返して見ますと、Electric Gypsyの前にやっていたクリーン系のお遊び(?)も・・・せっかくのシマーリバーブが全然活かせてなくて、ただの綺麗目なクリーントーンで終わってましたしね。

 

 

 

↑シマーリバーブの参考音源。0:40~辺りを目指して音作りしてましたが・・・結果は全然でしたね(苦笑)。

 

 

むかしむかし・・・まだまだギター初心者だった頃のお話しですが・・・

ディレイとかリバーブのエフェクターがコンパクトで発売されており、ビギナーでも比較的簡単に入手出来る様になってたんですよね。

そうなるとギター雑誌なんか目を通しておりますと「初心者のみんな!空間系は深く掛け過ぎると良くないぞ!」的なご指摘をよく目にしました。

すると「あ、空間系は深く掛けると初心者っぽくなるのか」というアホな理解をしてしまい、可能な限り薄く掛ける様にしておりました。

 

その内色々な方のプレイやインタビューに目を通しますと「空間系も音作りの大事なファクターだ!」と書いてあり、ここから空間系の大事さに再度気付きます。

 

んで最近は「しっかりと掛けつつも必要以上には掛けない」というスタンスでやってました。最近って言いながらも10年前後~の話ですが←

 

 

そう意識しながらも、ライブ後の動画なんか見ますと・・・やっぱりちょっとディレイが薄い気はしてたんですよね。ソロに限らずVeiledとかAXBITESの時も。

 

今回の配信ライブで、↑に書きましたElectric Gypsyでの導入部のシマーリバーブ。

そしてバッキング/リード問わずのディレイとリバーブが全然感じられない事、後半卓の方でリバーブを足された事。

その辺りを加味して・・・またPOD GOの空間系の種類や量を調整し直さないとイケナイなぁ・・・と改めて思った次第です。

 

この辺りは別に「新しい機材を足さなきゃ」とかじゃなくて完全に自身の調整能力の問題っすね。

今改めて「先週のスタジオ配信動画」とか見ててもやっぱりちょっとディレイ足りてないッスわ、何故気付かなかったワシwwww( ノД`)

 

 

・・・とまぁそんな感じで・・・

・プレイ面→もっと脱力を心掛ける

・サウンド面→空間系の丁度良い量を見つける(自分が思っている以上にWetに掛ける)

 

この辺りを直近の目標として次回の配信or通常ライブに反映させていきたいですね。

 

反省ばかりのギター人生ですが、まぁその分いつも目標を持って生きていられるって事で前向きに頑張りましょうww

やぁ|ω・)

 

 

やっとマイナンバーカードを受け取りましたIzoです。

 

これで来年から確定申告はもう少し楽が出来るハズです。マイナポイントなんて大した事ないから期待なんてしてないんだからね!///

 

 

 

はてさて、そろそろ「POD GO」っていうジャンル作った方が良いんじゃないかっていう3回目の記事です。

 

 

いやね、このブログに外部から飛んで来られる奇特な方は大体「ギター機材」関係のキーワードなんですよ、まリーダー様とは比べ物にならないくらいですけどね、敢えて言おう(Izoは)カスであると!

 

 

 

 

そんなこんなで・・・先週土曜日はIzo Solo Band略して「ISB~愛と涙のインスト!時をかけるアラフォー~」のスタジオリハでした。あ、別に突っ込まなくて大丈夫ス。

 

 

 

 

 

 

・・・鏡が汚ねぇ・・・w(´Д`)

 

PePe師匠ペペTシャツ着てますがこの汚れとは関係ありません。

・・・ってかペペローションさんのフォロワー少ねぇなw(←お前に言われたくはない)

使った事ないけど(ヲイ)、フォローしようかな?(ヲイヲイ)

 

 

 

 

話しが相変わらず逸れまくります、すみません。

 

取り敢えず「POD GO」のバンド初おろしだったのですが・・・

 

 

 

この部屋AMPがマーシャルしかなかった(´Д`)

 

 

スタジオ代ケチって一番狭い部屋にしたからなぁ・・・いつもご支援頂いているんだからケチるんじゃなかった・・・

 

 

 

 

 

↑このツイート見て、

~あ・・・これはhama~くんに「クソリーダーが狭い部屋予約しやがったから痛めたじゃねーかKS」って思われたのか?・・・~

 

 

って思ったのは内緒です、マジすみませんでした次回から広い部屋にします( ;∀;)

 

 

 

ま、ジャズコ(JC-120)はいつでもレンタル出来るっちゃ出来るんですけどね。

ただ流石に自分で予約しといて想像の1.5倍くらい狭い部屋でしたので追加レンタルは止めました。常設機材は「外に出せません///」って言われましたので←コラ

 

 

 

そんな訳で素直にMarshallのJCM900を使いましたよ。

アンプの差異による音的に問題はそんなに無かったんスけどねぇ・・・(一応卓にも繋いでましたし)。

ただこのアンプが若干故障気味で、勝手に音量が上下するのには閉口しました。

 

 

しかしまぁその程度はよくある事っすからね。こちとら伊達に日本全国ツアーで回ってないっすから、某バンド時代に。

 

 

 

練習自体はバッチリ問題ありませんでしたよ、俺以外は←

ソロバンドのイカンところはここですね、リーダーがKSでもジャッジメントするのがリーダーなので特に気に留めないという点。そうやって言い訳している時点で自分のダメさ加減がよく解ります。やっぱりどこぞの神様とは大違いですね、日々勉強であります。

 

 

 

自分のプレイのダメさも際立ちましたが、今日はPOD GOのお話しです。

概ねの傾向は大丈夫そうでしたが、1点気になりましたのは「歪みが深い系の音作りが不味い」という。

 

 

・・・なんと言いますか・・・音のキレが悪いって言いますか、歪みが少し足りないって言いますか・・・

 

 

所謂「Metal系の歪み」っていうのが欲しい訳じゃないですが、もう少し「ハイゲイン」って感じの音にしたい感じでした。如実に感じたのは↓の曲とか。

 

 

 

 

 

 

 

 

一応クランチ系と同じ様なセッティング(内部での使用エフェト・チェーンは同じ)で、ブースターの種類やON/OFFやGainの値なんかで歪みの感じを変えていましたが・・・全然シックリ来ないっていうかイケてないっていうか・・・

もう少しバッキングに関しては「ザクザク感」、リードに関しては音の太さと伸びやかさ?が欲しい感じです。

本当にイケてないのは顔面だけにしてろって話ですよ!(怒)

 

 

例えるならこんな感じの音達ですかね?↓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

下はISBのカバーでもお世話になっておりますホーイ先生w

 

 

 

 

 

 

 

・・・↑この時くらいが限界ですかね?これでももう少し音の太さっていうか歪みの重さ?が欲しいです。

 

 

普通に音の歪みを深くしてMetalっぽくするだけなら簡単なんですよ、一応こっちも本職ですしw↓

 

 

 

 

 

 

 

しかし上記に上げた悟り兄先生や法衣先生の様に、あくまでも「Rockインスト」の範疇でのハイゲイン感が欲しい・・・。

でもでもIzo SoloでのMetal化は避けたいんですよね、何となく・・・(何となくかよ)。

 

 

 

そんな感じで気になって再度音作り(&実は気にしてて練習)の為に翌日朝一でスタジオ入り。

前日と同じスタジオですw

 

 

 

 

 

 

 

・・・一応配信用にセットアップはしてありますw

(そのためにちゃんと想定よりも1時間長く予約しました)

 

 

 

ちなみにLineのメンバースレに「バンド練習の翌日にまた個人練習スタジオに入っちゃったテヘペロ(・ω<) 」って書きましたらhama~くんから

 

 

 

 

 

 

 

って言われました・・・やっぱり根に持っていたらしいです( ;∀;)<ゴメンヨ

 

 

 

 

さて置きましてPOD GO。

 

 

色々とテストしてみます。

が、中々納得のいく音に出来ないし仕上がらない。

やってみましたのは下記の通り。

 

 

 

・中に入っているアンプの種類を変えてみる

→今はクリーン~クランチに強いDr.Zのモデリングを使っておりますが、これを色々な種類のに変えてみました。それこそクリーン/クランチ~ハイゲインなヤツまで。しかし・・・なんかどれもシックリ来ないんですよね、音が途端に嘘くさくなるって言うか・・・まぁ嘘くさいのは自分のプレイなんですけどねテヘペロ(・ω<)

(2021年で一番テヘペロって言ったギタリストを目指します、嘘です)

 

・ループに入れているBB Preamp ATを外してみる

→ハードに拘るのは危険。こういう時は物事をもっと柔軟に捉えて・・・と考えて外してみて音作りもしましたが・・・そうなると気に入っているクランチ系の音とは全然違う質感になって、それらの音を使う曲群との剥離が半端ない感じになりました。急に「音変えましたよ!どうっすかね!?」みたいな?

 

 

 

・・・2個しか試して無いんかい!

と思いますでしょ?

いやいやこの二つだけでも結構時間掛かってるんス。

単純に書いてる内容だけじゃなくて、各種パラメーターとかイジっていると結構時間掛かるんス。

 

 

そんでまぁ試してみた3つめが・・・

 

 

「ブースターの位置を変える」

 

 

でした。

 

 

今までのチェーンは

インプット→ブースター→BB Preamp AT(メインの歪み)→クリーンAmpモデリング→IR→空間系→アウトプット

って感じでした。

 

 

それを

 

 

インプット→BB Preamp AT(メインの歪み)→ブースター(歪み)→クリーンAmpモデリング→IR→空間系→アウトプット

 

 

と変えてみたところ・・・

 

 

あら意外と良い感じ・・・?('∀')?

 

 

 

 

ただまぁBB Preamp ATは物理的に外部エフェクター。

つまりノブとかを一々変えるのは大変っていうかダサい。

わざわざしゃがんでノブの位置を変えるのは・・・ねえ?

 

 

しかしメインの歪みの後段に激しい歪み系を入れるのは・・・

 

 

 

と思いつつ入れてみると、あらまぁこれも良い感じ!?(ちょっとオバチャンっぽい言い方)

 

 

 

ご存じない方に軽く説明しますと、歪み系のエフェクターを2つ使う場合はアバウト下記の通りになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

今のアッシの状態ですと、↑で言うトコロのBB Preamp ATが青いエフェクター(BOSSのBD-2。ちなみにコレもAndyが愛用しているエフェクターだったりしますw)と同じ状態になっております。

 

 

歪みを増やす為には前段(BB Preamp ATの前)にブースターを入れていたのですが、セオリーに反して後段に入れて・・・尚且つエフェクターの種類をブースターっていうかもう「Distortion(良く歪むエフェクター)」にしてみたところ、これが思いの外良かった訳です。

 

 

 

意外なところで意外な発見。

意外意外と言っておりますが、これ・・・結局のところ実際にシミュレーター系のチェーンではなく実際のエフェクターで実践するとノイズがエライ事になって使い物にならない音になるんですよw(多分。実機も持っていますが最近は全然やってないので解りませんが)

デジタル機器でのチェーンだからなせる業か・・・?

ともかくこれで色々と調整していくと、↓の感じで良い感じの歪みが得られました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上段がバッキング用で、下段がリード用のセッティング。

どちらもPOD GO内でKeeleyのDS-1をモディファイしたエフェクターのシミュレーター。

まぁ設定はどちらも常識的な(?)GainもLevelも低めの設定ですw

 

どちらもかなり望み通りの音となり、ノイズもPOD GOのノイズゲートを軽く掛ければ対応出来る程度の範囲。

 

 

という訳でこの音で配信をしてみて、自宅に帰ってからは録画で客観的に確認してみましたが・・・良い感じ!

前日の録画とも比べてみると、バッキングのみでなくリードのトーンもしっかりと太くなっていました。

 

 

そうか・・・今までは歪みは少ない方が音が太いと思っていましたが、望む種類によっては意外にも歪みが深い方が音も深くなるんスねぇ┐(´∀`)┌

 

 

 

これでライブの方も何とななりそうで良かった!

 

 

配信ライブは色々と仕込みますので、普段ツイキャスでIzoを見て下さっている方も、初見の方も是非是非お楽しみ下さいませ!

 

 

 

 

 

 

2021-02-06御徒町JAM SESSION(無観客配信ライブ)

Izo ( Solo Band ) Live vol.3~御徒町JAM SESSION配信ライブ/プレオープン~

 

18:30Start

1500円

 

2021年最初のライブはやっぱりホームの「御徒町JAM SESSION」!
昨今の社会状況を鑑みて「配信のみのライブ」となります。
新しく配信機器を導入した御徒町JAM SESSIONにて、いつもの個人配信とは違った映像・音をお届け!
今回はJAM SESSION配信ライブ企画・プレオープンとして、お求めやすいチケット価格となっております。
沢山のご視聴お待ちしております!

 

(配信・チケット販売はツイキャスからになります。ご視聴の際にはアカウント登録が必要となりますので宜しくお願い致します。こちらよりアクセスして下さい)

 

 

 

~オマケ~

 

 

【黒霧島で有名になった知人の和尚さんの雄姿】

 

 

 

 

・・・法螺貝吹く前っす、それ以外特にコメント無いっすw

 

 

 

 

【三つ前の記事で言ってたJHS社のThe AT】

 

 

 

↑楽器屋で弾いた時の画像。セッティングが無茶苦茶ですが気にしないで下さい。大体この時コレ弾いたギターはVeiled用のエクスプローラーでした(EMG)w

 

 

 

 

【JHSのThe ATを弾く前日の写真】

 

 

・・・兵庫県の海でSatoshiさんとはっちゃけましたw

(Keijaさん宅近くの海)

 

 

 

 

 

・・・海綺麗っすね~・・・(そろそろ田舎へ行きたい病)

やぁ|・`ω・)

 

 

(出だしからしょうもない話題が長いです。Soul Drivenについては「~~~~」まで飛ばして下さい)

 

 

 

知り合いの和尚さん(真言宗醍醐派)と「黒霧島のロング瓶とショート瓶で味が違うか否か?」という法論・・・もとい論争に発展しました、まるで延暦寺と園城寺の様に。

 

 

Izo「メーカーさん曰く、中身は同じらしいッスけど・・・自分の経験上では味が違うんスよねぇ・・・」

 

 

和尚「そう?じゃあ俺両方買って飲み比べてみるよ」

 

 

Izo「是非に!」

 

 

 

~後日~

 

 

和尚「・・・そうそう、例の黒霧島の件、

 

 

 

 

 

味全く同じだったよw」

 

 

 

 

Izo「・・・え・・・マジすか?」

 

 

 

和尚「うん、ストレートで飲み比べたけど全く一緒だったw」

 

 

 

Izo「うーん・・・納得いかないけど・・・俺の記憶違いって可能性もありますしね」

 

 

 

和尚「じゃあ清木場くん(ワシの本名)も試してみたら?」

 

 

 

Izo「そっすね、ちょっと今週末やってみるッス」

 

 

 

 

という事があり、先ほど早速やってみました。

 

 

 

 

 

 

~ルール~

・今回は「お湯割り」で判断

・カップの匂いも事前に確認

・同量のお湯・お酒を計量カップで測定

・ツレに協力してもらい、どっちか解らない様にシャッフル

 

 

 

ここまで万全を期して挑みましたが・・・両方開封した瞬間、

 

 

 

全然香りが違うしwwww( ノ∀`)

 

 

 

やっぱりショート瓶の方が香りが強い。

まぁもしかしたらお湯割りにしたら解らないかもですからね!

 

 

って事で早速トライ!

 

 

 

結果!

 

 

 

 

・・・一撃で解りましたw

 

 

 

 

やっぱり思った通り香りが全然違いますねぇ。

 

 

自分の記憶違いではないと安堵した反面、多少謎は残ってますけどね。

 

 

メーカー曰く「どちらも中身は同じ」なのは間違いないと思います。

別に作ると逆にコスト掛かりそうですしね。

 

そうなると・・・何故ここまで香りが違うのか?って事ですよね。

 

 

中卒Izoの推論としては、「瓶の透明度が違うから外部からの紫外線によって香り成分が劣化するからではないか?」と考えました。

 

重ね重ねギターばかりの人生で義務教育すらも怪しいIzoの考察なので真に受けないで下さいw

 

ただ↑でも見ての通り、900mlの瓶の方がガラスの色が薄いんスよねぇ・・・

 

 

あとは輸送時の振動影響を受けやすいとか・・・?

 

 

どれもアテにはならない推論ですがw

まぁ確実に香りの違いは解りました、良かった間違って無かった!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、間違って無かったと言えば「XoticのSoul Drivenです(長いわ前フリ)。

 

 

 

 

~~~~~~~~~~~~~~

 

 

 

 

 

 

「Soul Driven レビュー」でググると6番目に出てくる記事を書かれたフジコオーバードライブのリーダー様より譲って頂きました当方の宝の一つでござりまする。

 

 

 

以前まではTech21のRK5 FLY RIG V2 Richie Kotzen Signatureを配信などのメイン機材で使っておりましたので、入力段階でのブースターとして愛用しておりました↓

 

 

 

 

 

ギター→Polytune3(チューナー兼バファー)→Soul Driven→A/Bスイッチ

・Aライン

コーラス→クリーンのアンプ

・Bライン

ワウ→FLY RIG RK5 Ver.2

 

 

てな感じでした。

 

 

しかし今はご存知の通りこげな感じです↓

 

 

 

 

 

 

ギター→POD GO(ループにXoticのBBpreamp-AT)→宅へのステレオとJC-120へのモニタリング

 

 

 

って事でSoul Drivenちゃんが今フリーの状態になってしまいました。

 

転がしておくには勿体無い名器、そんな訳で今は練習用のアンプに接続して使っております。

 

 

使い込んで行きますと・・・このペダルの不思議な感じが色々と解ってきた気がしました、嘘ですよく解っていないかもです()。

 

 

 

「Soul Drivenを使って思った事」

・基本的には↑でリーダー様が書かれておられます通りです。

 

 

     終  わ  り

 

 

・・・ってなるのでもう少し自分でも思った事をw

 

・どのノブも動かすと音色に影響が出る

→ToneとかMid Boostは皆さん書かれている通りと思うんですよね、概ね。

気のせいかも知れませんが、自分は「Volume」ノブも音色に影響が出ました。

まぁ入力レベルが変わるんだから当たり前っちゃ当たり前なんですがw

なんか他の歪み系よりもその差異が大きく感じたんスよねぇ。。。

 

・逆にあまり影響が出ないのが「Gain」

→Gainは歪みの振り幅が少ないですね。

アレン・ハインズ氏(このペダルはアレン・ハインズっちぅギタリストのモデルが元になっておりやす)も「どの位置にノブをセットしても使える音になっている」と仰ってましたが、特にGain(歪み量)はそれを的確に表していると思いますね。

ちょっとでもそれなりに歪みますが、そこからフル10にしても破綻は絶対に起こさない歪み量。フル10で心地良いか?って言われたらそういう問題ではありませんがw

故にこれも皆様書かれておられますが、クリーンブーストは基本的に出来ないかと。まぁ自分は↑での通りクリーンブーストっぽく使ってはおりましたがw

本当のクリーンブーストはやっぱりRC Boosterの方が汎用性があるかと。もっともこのリンク先のVer.2は使った事ありませんが。

(RCは適度な「硬さ」と「暖かさ」が心地良いですね。EP Boosterと双璧をなすブースターだと個人的に思っておりやす)

 

・Mid Boostノブの仕事

→こちらも皆様書かれておられる内容で恐縮ですが・・・中音域のブースト量調整ではなく、中音域のブースト帯域を変更する為のノブですね。左に回すと低域に寄って、右に回すと高域に寄る感じ。EQでいうフリケンシー的な感じっすかね。

どっかに書いてあった・・・もしくは誰かが仰ってましたが、Mid Boost自体は常に掛かっている状態・・・って事らしいっすね。

ですのでToneノブとの組み合わせがやっぱり本器の肝であると思います。

 

・歪みの傾向がFuzzっぽい?

→今までは結構他の皆様も仰ってました内容が多いですが・・・これは自分のオリジナルな感じ方かと!(自慢する内容ではない)

誤解を恐れずに言いますと、歪み方というか傾向が少しFuzzっぽいな、と思いました。

Gain量というか歪み方が「バリバリバリ!」っとなる訳ではありませんので、そこは誤解ありませぬ様に。

しかし手元のVolを下げた時のクリーントーンへの変化の仕方がFuzzみたいな綺麗なトーンへと変化しました。

よってSoul Drivenって「歪みの範囲が狭い、トーンセッティングが色々と出来るFuzzの一種ではないか?」という気持ちがアッシの中で芽生えました。

 

・コンプレション感が少なくレンジが広い

→上記に書いたFuzzっぽさが影響している様なしてないようなですが、コンプ感は少ないですね。

プレイ的にニュアンスは無茶苦茶出し易いです。よく「延々と弾いていられる」と書かれる方がいらっしゃいますが、ホント仰る通り。アッシも延々と弾いていたくなる音です、自分で弾いてて自分でウットリ系ですw

ただし、このニュアンスが出し易い=弾き易い・・・とは一概に言えない部分もあるかと。

コレ単体の歪みではコンプ感が少ないので、フルピッキング等で粒立ちを揃えるのは結構難しかったです。レガートはニュアンスが出せて面白いんですけどね。

この辺りは総合すると「玄人向け」とかいう感じになっちゃうんですかね?いや、上手い下手じゃなくてそういうのが好きな人向け・・・って事なんでしょうね┐(´∀`)┌

 

 

 

 

・・・とまぁそんな感じでウダウダとSoul Drivenについて語ってみましたが如何でしたでしょうか?

 

個人的にXoticのエフェクターって本当に使い勝手が良くてツボにはまり易い良いエフェクターが多いと思っております。

誰にでも「良い音」と思わせる事が出来つつ、それでいてイージーではなく難しくもない。尚且つ他に変わるエフェクターが少ない。

比較的現代的なメーカーさんにしては本当に良いエフェクターが多く揃っている企業さんだと思います。

 

 

 

 

 

 

↑以前配信した「Soul Driven」と「BB Preamp AT」の試奏動画

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アッシもしばらくはSoul Drivenでしっかりと練習して、アレン・ハインズ氏並みにニュアンスの出せるギタリストになりたいと思います、20年後くらいに!!←

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さてさて明日(日付的に今日)はISBのスタジオ練習です!

 

頑張りますぞい(`・ω・´)