続 ハイドレイヴサプリメントそろそろ発売します! | シャンプーソムリエ関川忍のBlog
新型コロナウイルスに関する情報について

シャンプーソムリエ関川忍のBlog

シャンプーソムリエ創始者という立場で、ヘアケアを中心に美容に関する様々な情報を記事で書いています。
ヘアケアを突き詰めると栄養学にも発展し、現在はオーソモレキュラー療法を基本とした栄養学方面からのスキンケアやヘアケア、ダイエット情報も面白いと思います。

カラダの中と外から美肌&ヘアケアを考える

シャンプーソムリエこと関川忍です。

 

僕のブログを覗いていただきありがとうございます。

あなたにとって何か得る物があれば・・・と思って
心を込めて記事を書かせていただいております。

 

先日に引き続きハイドレイヴサプリについて記事を書かせていただきます。

先日はハイドレイヴのお話でした。↓

ハイドレイヴサプリメントそろそろ発売します!

 
そして、今日はいよいよ今度発売しますハイドレイヴのサプリメントの詳細です!
 
食べても太らない人と、食べたら食べた分太ってしまう方がいます。
太るということは、言い方を変えれば中性脂肪が体内で増えていくということです。
 
どうして中性脂肪が増えるのか?
カンタンに太る理由をお話しするとしたら、糖質を取りすぎる!
ということに尽きます。
 
ではどうして糖質を取りすぎると中性脂肪が増えるのか?
中性脂肪というくらいだから「油」物を摂るのが原因じゃ無いか!?
 
って思う方は、大きな勘違い。
油はいくら摂っても太ることはありません。
 
僕たちのカラダは糖質を取りすぎた時に血中の中に対象のグルコース(糖質)が流れ出していきます。
適度な量であればエネルギー代謝にそれらは利用されますが、おすぎた場合に血管を傷つけてしまうんです。
 
これを血糖値が高い、血糖値が上がるといいますが、この繰り返しで血管がボロボロになっていきます。
専門用語ではこれをグルコーススパイクと言いカラダにとっては危険な状況ってことです。
 
 
そこで、多すぎるグルコースを減らさなければいけませんので、膵臓というところからインスリンという物質を分泌して、この多すぎるグルコースを取り除いていく時に作られるのが「中性脂肪」です。
 
 
こんなお腹の方はこのグルコーススパイクの繰り返しを常に行われていたと思います。
 
最近のダイエット方法で「低糖質ダイエット」が流行っているのがこのグルコーススパイクが起きない様にすると中性脂肪がつくにくくなるからなんです。
 
グルコーススパイクを起こす代表的な食材
スポーツドリンクやエナジードリンク、ジュース類。
麺類やパン類、コメ類といった炭水化物。
ビールや日本酒類。
甘いお菓子類や果糖類。
 
 
細かくいうと、もっとたくさんありますが、ざっくりとこれらを沢山食べると血糖値が上がります。
 
ですので、中性脂肪を作りにくくするには、グルコーススパイクが起きにくい食生活をすることです。
さらに、筋肉量があることで代謝が高まりますので筋肉量を維持することも大切です。
 
よくスポーツ選手が引退すると太って誰だかわからない事がありますが、筋肉量があるときの食事と変わらない、または日常生活に戻り糖質が多い食事やお酒の飲み過ぎによって太り始めます。
 
では、運動をしっかりすると痩せるのか?
といえば、それほど痩せることはありません・・・残念。
 
運動:食事は1:4
実は、運動などでは脂肪は落ちて20%程度で、80%は食事による影響が大きいです。
 
つまり、常にグルコーススパイクの起きない状態を保ち、余分な脂肪を燃焼していきましょうって事なのです。
脂肪を運動で燃焼してもグルコーススパイクが常に起きる食事をしているのであれば、中性脂肪を作りながら燃焼させるという非効率的な状態になってしまいます。
 
しかしここで問題です。
運動をしすぎると活性酸素が大量に作られ老化を進めてしまうという注意が必要なんです。
 
 
これは、先日の記事ハイドレイヴサプリメントそろそろ発売します!で説明していますが、体内ではSODやカタラーゼという酵素が活性酸素を分解し無害化しています。
 
ところが、年齢と共にこの酵素が減少していきますので、当然年齢が高い方ほど活性酸素の分解力が衰えていきます。
その年齢の境目が35歳〜40歳前後と言われていますので、この年齢前後の方以上の方は決してハードな運動を続けない様に注意が必要です。
 
何故なら、体内で無害化できない活性酸素が老化を促進してしまうからです。
運動=健康というイメージがありますが、年齢に合った運動を考えて行って下さい。
 
しかし、ジムなどで頑張っちゃう方・・・結構いますよね〜。
結構な距離を走る方いますよね〜。
 
そんな方は抗酸化成分を沢山摂る様にして下さい。
若い人と酵素量が違うので・・・。
 
そして、コロナ太りの今こそ正しいダイエットを!の記事でも書きましたが、タンパク質を沢山摂って欲しいのですが、何故なら酵素の原料はアミノ酸で、アミノ酸の集合体はタンパク質だからです。
 
材料が無いに作るものは作れませんからね!
 
また、抗酸化成分はサプリメントでも摂取可能です。
その抗酸化効果が最も高いのが「水素」になります。
 
スポーツジムなどもでも水素サーバーがあるのがそのせいです。
ところが水素水は、口に含んだ瞬間から水素が反応を始めてしまいますので、カラダに吸収される前に早々と抗酸化効果のほとんどが終えてしまいます。
 
 
また、活性酸素が最も大量に発生するのが実は「腸」なんです。
一説によると活性酸素の70%は腸から発生されていると言われています。
 
ですので、できれば腸内まで水素を届ける事が老化防止に適していると考えられます。
 
そこで、効果が期待できるのがタブレットや錠剤タイプの水素サプリメントです。
 
 
ハイドレイヴサプリはそんな腸内でゆっくりと水素を発生させる錠剤タイプになります。
 
さらに、白金も配合していますので、水素がその働きを終えた後は白金が体内から排出されるまで活性酸素を除去し続けてくれます。
※白金は口から胃、そして腸へたどり着き最終的に吸収されすに排泄されるので安全性の高い美容成分です。
 
キレイに痩せるために!
もう一つ大切なことは実は腸内環境にあります。

腸内には、約1,000種類、100兆個、1.5kgの細菌が生息していると言われており、様々な働きを持っています。

腸内の回腸(小腸の終わり)から大腸にかけては、多種多様な腸内細菌が種類ごとにまとまって、ビッシリ腸内の壁面に生息しています。

これらを腸内フローラ(腸内の花畑)といい、このバランスを改善する事で、健康や美肌、スリムな体型にも寄与します。

 

 

「善玉菌を増やせば痩せる」というのは間違った知識!
 
世の中の流れとして善玉菌を増やそう増やそうという流れが目立ちます。
しかし、美しく効率的に痩せるには善玉菌、悪玉菌、日和見菌のバランスがどやら重要だという事がわかってきています。
比率は善玉菌が20%、悪玉菌が10%、日和見菌が70%が理想とされています。

そして、ヤセてる人は「バクテロイデス門」という脂肪細胞に働きかけ、脂肪の蓄積を抑えたり、脂肪を燃焼する俗にいうヤセ菌が多い事がわかってきました。

 

つまり、このヤセ菌が腸内に多い状況を作ることで中性脂肪が付きにくく、ヤセ易い腸内環境にする事が可能となります。

そのため、今回ハイドレイブサプリにはヤセ菌をプラスしました!

 

理想としては・・・

①低糖質・低カロリー・高タンパクの食事

②筋肉量を落とさない適度な運動

③ハイドレイヴサプリを運動前を前、運動後を中心に摂取

 

この3つの組み合わせが効果的に美しく引き締まった美ボディーを手に入れるのではと思います。

 

 

 

 

もしも大切な方やご自身が感染してしまったら↓

患者さんあるいは家族の方が主治医にこの治療をお願いする時はこのサイトの動画を観てもらい、二つの書類をダウンロードして渡しましょう。

 

この治療は自由診療ではなく、健康保険でも認められます。

 

 

二つの書類はこちらでダウンロードできます。

↓ ↓ ↓

COVID-19 Critical Care Working Group

 

 

COVID-19治療にビタミンC点滴を導入する各国の動き

Change.org上での署名活動がスタート

COVID-19の治療に高濃度ビタミンC点滴の認可を求める署名活動が「Change.org※1」上で行われています。
(※1様々な分野における署名を集めるウェブサイト。署名が15,000名に達すると、アメリカ政府(今回の場合はFDA(アメリカ食品医薬品局))へ回答を求めることが可能となる)

5月5日時点では17,000名以上の署名が集まっており、当学会(オーソモレキュラー医学会)としても今後の動向を注視しています。

 

感染拡大のスピードを国民一人一人の努力で押さえこもう運動!

ワクチンの候補も50種類もあり、治療薬も従来品の中に可能性のあるものの研究が進んでいますが、いつできるのかはまだ見えない状況です。

 

しかし、新型コロナウイルスは待ってくれません。

 

そのために、今の状況を乗り越えるために必要な栄養素・・・

ビタミンC、ビタミンD、亜鉛、セレン、マグネシウム、そしてタンパク質(EAA)の摂取。

これらを正しく摂取し、手指消毒を行い感染率の低いカラダ、感染しても重篤化しないカラダ作りが今できる積極的な予防法ではないかと思います。

 

そして、これをできるだけ避けていきましょう!

守りと攻めの予防はどちらも大切です。

 

 

片方だけでは感染する確率が上がります。

感染者を増やすリスクも上がります。

 

これ以上重篤患者が増えれば、癌などの手術治療が必要な方の手術さえ延期せざるを得なくなります。

(集中治療室が重篤感染者が埋めてしまうから。)

 

 

 

 

 

再生医療による「美肌」「発毛」に興味のある方はこちら↓