シャンプーソムリエ関川忍のBlog

シャンプーソムリエ関川忍のBlog

シャンプーソムリエ創始者という立場で、ヘアケアを中心に美容に関する様々な情報を記事で書いています。
ヘアケアを突き詰めると栄養学にも発展し、現在はオーソモレキュラー療法を基本とした栄養学方面からのスキンケアやヘアケア、ダイエット情報も面白いと思います。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

カラダの中と外から美肌&ヘアケアを考える

シャンプーソムリエこと関川忍です。

 

僕のブログを覗いていただきありがとうございます。

あなたにとって何か得る物があれば・・・と思って

心を込めて記事を書かせていただいております。

 

 

  薄毛や抜け毛を止めて髪を生やす育毛剤、発毛剤

発毛剤は、外用薬の分類で現在は「ミノキシジル 」という成分が入っているものを指します。

基本的には病院やAGA専門のクリニックなどで医師の処方によって購入ができます。

ドラッグストアなどでも販売もされていますが、薬剤師と対面で購入する必要があるOTC医薬品になります。

 

育毛剤は、髪がまだ生えている頭皮を清潔に保ち、髪が正常に育ちやすい環境を整えるものを指します。

美容室などで取り扱っている頭皮ケア剤などがそれになります。

 

つまり、発毛剤は「髪が生える」という表現が当てはまり、育毛剤は「発毛リズムを維持する」という表現が当てはまります。

 

美容室で取り扱っている育毛剤は髪が生える可能性の高い成分などや、効果的な成分が配合されているものが増えてきています。

最近では「ヒト幹細胞培養液」が配合されているものが注目を集めています。

 

弊社でも毛根から採取した幹細胞を培養した培養液を配合した育毛剤を販売しています。

その効果は目を見張るものがある方もいれば、なかなか効果が見られない方もいます。

 

その違いは、頭皮機能が弱り始めている方なのか、頭皮機能が崩壊している方なのかの違いのような気がします。

つまり、薄毛は早めのケアが必要だということで、ご本人の生活習慣やヘアケア認識に大きく左右されることは間違いありません。

 

 

  頭皮=肌を改善することで育毛効果も高くなるのでは?

ここに過去のデータをご紹介します。

 

これらは共通の「ヒト細胞順化培養上精液」が配合された製品での結果です。

 

 

薄毛の方2名が5〜6ヶ月で髪が増えています。

アトピーに長年悩まされてきた10代の男子(ステロイドを長年利用)が、たった1週間で改善され、3年経っても綺麗な肌のままです。

肌のくすみやシミが目立ってきた50代女性がスキンケアで使い続けた結果、肌のくすみが消え、目立っていたシミもほとんど見えなくなりました。

 

これらに共通する成分がこちらのスカルプセラムに配合されているCYSAY因子®︎という、国際特許成分です。

ここで、もしかして?!

肌や頭皮環境を改善することで復活劇が起こるのではないかという期待値が上がりませんか?

 

いま、髪が生える!というケア剤が沢山でていますが、それ以前にもう少し頭皮環境に着眼したこのセラムは頭皮機能が弱り始めている方や、肌ではアトピーやくすみ、シミというトラブルですが、頭皮トラブルの改善にも大いに期待できるのではと思うのです。

 

そこで、大々的に検証にご協力いただける方を募集します!!

 

 

  頭皮改善チャレンジ企画

このスカルプセラムを美容室や一般の方にチャレンジ企画特別価格にてご提供させていただき、結果を教えていただきたいのです。

本来であれば、無料提供と行きたいところですが、流石、国際特許成分だけあって、原料がめちゃくちゃ高価なため、お安くご提供となります。

 

育毛剤によっては頭皮に刺激などがあるものもありますが、開発の段階で相当ひどい頭皮環境のモニターでも刺激が無かったこと、CYSAY因子®︎自体に、抗炎症効果があることで、頭皮環境が悪い方のご協力者も募集しております。

 

このような頭皮や薄毛が気になる方は是非ご協力いただけたら嬉しいです。

 

ご参加いただける方は以下の公式LINE(店舗様と一般の方がございます。)で「チャレンジ」とメッセージください。

また、僕と繋がっている方はFaicebookメッセンジャーや個人LINEでもOKです。

 

特別価格や簡単な詳細をお伝えさせていただき、参加不参加のご判断を頂く流れになっております。

多くの方のご参加を心よりお待ちしております。

 

改めて、募集期間は4月30日で、ご用意した数量がなくなり次第(お一人3ヶ月分は確保)募集終了となりますので、よろしくお願いいたします。

 

 

 

 

弟子のblogです↓

 

 

 

カラダの中と外から美肌&ヘアケアを考える

シャンプーソムリエこと関川忍です。

 

僕のブログを覗いていただきありがとうございます。

あなたにとって何か得る物があれば・・・と思って

心を込めて記事を書かせていただいております。

 

 

  低ダメージカーリング剤

美容業界の常識で、ダメージの激しい髪には弱い薬剤を使うというものがありました。

この弱いというのは昔ならば「チオグリコール酸塩類」から「システイン又はその塩類」を使うことでした。

 

近年では、コスメカールという化粧品登録のカーリング剤が登場し還元剤もシステアミンHCL、チオグリセリン、スピエラ、GMTなどが使われるようになってきました。

 

そして、徐々にpHも中性〜酸性へと低くなり、還元剤を活性化させるアルカリ成分も徐々に低濃度化し、ノンアルカリの流れになっていきました。

 

薬剤がパワー控えめになってくるとカール形成力が弱くなり、それに伴う技術や器具も変化していきました。

また、完全にグレー行為ですが、ノンアルカリ、酸性になることでパワーがないために、それを高めるために還元剤の濃度を多くする裏技も登場しています。

 

ダメージヘアと向き合う美容師さんの創意工夫の歴史があったのです。

それだけ、カールスタイルはヘアデザインの幅を大きく広げるメニューということなのですね。

 

 

  これまでの歴史を覆す

カールスタイルのネックはカールが持たない、カールが出ない、カールを出すとダメージギャップがある場合均一にかけられないか、ダメージを進行させてしまうリスクがありました。

 

つまり、様々な美容師さんの創意工夫に薬剤の進化がついていけずにいました。

現在ヘアカラーとトリートメントメニューが美容室では主軸になっています。

 

何故なら、ヘアカラーによるダメージ毛にカールは出しにくく、カールスタイルを提案できる美容師さんが少ない。

逆に、ダメージヘアが多いので、トリートメントが必要になってくるのです。

 

原因はいろいろありますが一つは完全酸化ができなかった。

完全酸化とは、切断したS-S結合を再結合することですが、これまでは不完全酸化のため、カールが固定されなかったり、持続しなかったことが分かっています。

 

さらに、ノンアルカリ、酸性という低ダメージ、底パワーの薬剤になったとしても、不安定なダメージヘアにそれらを使用すると多少なりともダメージの進行をさせてしまい、毛髪強度はかける毎にダウンしていく。

 

何故なら、還元剤の原料自体に「塩基」の成分が結合しているからです。

これらは、毛髪内部でアルカリとして働くので、ノンアルカリとしている薬剤でもアルカリダメージを与えてしまっているからなのです。

 

そこに登場したのが、「チオグリコール酸システアミン」という還元剤です。

これは、完全にノンアルカリ還元剤なのでダメージヘアも怖くありません。

 

さらに、「グアニルシステイン」というS-S結合を増やしてカール形成を行う成分があります。

この研究者とは10年以上前お会いしたことがありますが、ここに来てこの原料も注目され始めています。

 

この様なハイダメージヘアでもそれ以上ダメージを与えずにカール形成が可能な時代に徐々に進化が始まっています。

 

この進化の一つに(株)SSAが開発したattennaシリーズがあります。

 

attennaシリーズは1剤が2種、2段階酸化剤(1、2)、毛髪強化剤1種、過酸化水素水ブースター1種とありますが、カールの主軸はアルカリ成分を排除した「チオグリコール酸」と「システアミン」が配合された世界初の薬剤として誕生したaid(エイド)です。

 

aidはダメージゼロで幅広い毛髪に対応できます。

 

 

  attennaを使っている美容師さんの声

Aさん

Q:これまでのパーマとの違いを感じたのはどの様なことですか?

A: 手触り感が柔らかいし、ダメージ毛にはパーマをかける事で強度があがったように感じます。

 

Q:attennaシリーズは美容師としてどう感じていますが?

A:これから社会的に見てもエイジング毛の比率が高くなるし、髪色制限もゆるくなり、よりブリーチ毛が世の中に溢れてくる時代になる。

そんな中でこれ以上に相性がいいものは他にはないと思う。 

 

Q:aidを一言でいうならばどんな言葉で表現されますか? 

A:新時代 

 

Bさん

Q:これまでのパーマとの違いを感じたのはどの様なことですか?

A: 毛髪のダメージレベルをそこまで考えなくとも使用できる。仕上がりの質感がとても良い。独特の弾力がある。ダメージが改善したように感じる。ハイライトやブリーチ毛でも安心して使用できる。

 

 

Q:attennaシリーズは美容師としてどう感じていますが?

A:パーマが難しいと思っていてもエイドの考え方はシンプルなので使用しやすい。いままでパーマをしていなかったお客様に喜んでもらえて、デザインの幅が広がり、単価や来店回数がUPする。スタイリング剤も購入される方が増える。

 

Q:aidを一言でいうならばどんな言葉で表現されますか? 

A:パーマ業界のユーティリティアイテム(ツール)

オールラウンダーなパーマ剤

 

Cさん

Q:これまでのパーマとの違いを感じたのはどの様なことですか?

A: 髪の体力がほとんど落ちない。ヴィガーやフェイムとの併用で、確実に髪の体力がかける前より上がります。 さらに、パサつきやチリつきは全く出ない。

 

Q:attennaシリーズは美容師としてどう感じていますが?

A:エイジング世代やハイトーン世代の、今までならお断りしたくなる髪でも、怖がらずパーマにチャレンジ出来ます! 

 

Q:aidを一言でいうならばどんな言葉で表現されますか? 

A:パーマがこんなに簡単になって良いの??

 

様々なパーマ剤を使われてきたパーマに強い美容師さん方の声ですので、かなりこれまでの薬剤とは違うことが伝わってきます。

そして、このattennaシリーズのプレゼンテーションを全国で開催します!

現在、名古屋、東京、沖縄エリアの正式募集が始まっていますので、どのお店よりも早く知りたい方は是非ご参加下さい!

 

只今Facebookで参加募集中

名古屋:3月4日(月)

13:00〜16:00(予定)

会場/(株)ナンバースリー様 名古屋営業所 
愛知県名古屋市中区丸の内2丁目14番15号

 

只今Facebookで参加募集中

東 京:4月2日(火)

13:00〜16:00(予定)

会場/ホーユー(株)様 ホーユースタジオ東京 
東京都渋谷区代々木2-1-1 新宿マインズタワー アネックス棟2F

 

只今Facebookで参加募集中

沖 縄:4月23日(火)

13:30〜17:00(予定)

会場/atelier [es] HAIRDESIGN(アトリエ エス ヘアデザイン)様
沖縄県那覇市安謝2-2-1 花城ビル正面1F

 

札 幌:5月28日(火)

13:00〜16:00(予定)

会場/(株)フジシン様スタジオ

北海道札幌市中央区南3条西8丁目1-2 Kdx Residence南3条1F

 

福 岡:6月24日(月)

13:00〜16:00(予定)

会場/ホーユー(株)様 ホーユースタジオ福岡

福岡県福岡市中央区大名2-1-10 ビームス福岡ビル3F

 

静 岡:7月1日(月)

13:00〜16:00(予定)

会場/未定

 

髪質改善メニューをされている方、酸性パーマを行なわれている方このセミナーに参加することで少し未来の美容の流れが見れるかと思います。

 

ご興味のある方は関川か蛯名までFacebookメッセンジャーやsurpri、アイザ公式LINEなどで「セミナー希望とエリア」のコメントをください。

 

 

 

 

弟子のblogです↓

 

 

カラダの中と外から美肌&ヘアケアを考える

シャンプーソムリエこと関川忍です。

 

僕のブログを覗いていただきありがとうございます。

あなたにとって何か得る物があれば・・・と思って

心を込めて記事を書かせていただいております。

 

 

  アウトバスタイプのトリートメントの優位性

シャンプー&トリートメント

この組み合わせは昔からある至って普通のヘアケアですね。

 

シャンプーしたらトリートメントをする事になんの違和感もなく当たり前のように行なっていませんか?

髪のダメージが気になる方でしたら特にトリートメントはしっかりつけて髪がツルツルになってホッとすることでしょう。

 

中には、少し残し込みの方もいるようですが、それはお勧めしません。

頭臭くなるし、頭皮痒くなるし、髪もベタつくし・・・。

 

トリートメントはしっかりと流すことが基本で、それでも手触りが気になる方はアウトバストリートメントを使うのがおすすめです。

今は、オイルタイプのアウトバストリートメントも流行っていますがオイルとクリームやミルクタイプではまた特性も違ってくるので、ご自身のヘアデザインや求める質感で選ぶことですね。

 

アウトバスタイプのトリートメントの特性としては全てが髪に残るということと、お風呂のそののためさほど肌荒れなどを気にしなくても済むという安全性がインバストリートメントよりも優れています。

 

髪のダメージをなんとかしたければアウトバストリートメントは物によってはとても効果があります。

  新しいキュベシノブトリートメントの使用感

つい最近、僕が作ったアウトバストリートメントのリニューアルをしました。

 

形状はクリームと乳液の中間のタイプです。

少し髪が湿っている時につけると無駄なく自馴染んでくれると思います。

そして、このトリートメントを数日使っての感想です。

 

因みに僕は、髪のボリュームがなくなるのが嫌で、ルイス・リカーリーシャンプーで洗って、トリートメントは使っていません。

毛先はややパサつきはありますが、乾かせば十分な質感です。

 

この乾かす前にキュベシノブトリートメントを使い続けたらある日、あれっ?

て感じたのです。

 

それは、髪質がこれまでと違ってプルンっとしていて滑らかに感じたのです。

はっきり言って、シャンプーやトリートメント、そしてアウトバストリートメントで短期間で髪質が改善されることって期待していません。

 

これらは日々のメンテナンスによって時間をかけてゆっくりと変化するか、現状維持ってところです。

そんな風にやや期待していなかっただけに、3日目という速さで髪質の向上を体感できました。

 

有効成分(トリートメント効果)は以下の成分がメインで、そのほかにホホバオイルや、アルガンオイルも少々配合してます。

 

 

これらが、ドライヤーの熱で髪に日々固定されたのでしょう。

リニューアル前はそこまで保湿感を感じなかったのですが、髪が潤っている感じがします。

 

これって、僕の勘違いかもしれませんが、使われた方どうでしょうか?

 

 

 

 

 

弟子のblogです↓