錨を下ろす

 

こんにちは!

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

 

 

 

 

ありのままの自分に気づいて、行動を促していくことを月ごとにテーマを変えておこなっている『気づきと行動』。

 

 

11月のテーマは、『錨(いかり)を下ろす』です。

 

 

あなたが本当に見たいのはどんな景色ですか?

 

 

詳しくはこちら↓

錨を下ろす

 

 

 

 

▼IHフェア in Tokyo facebookページ▼

IHフェアin東京

 

道

 

こんにちは!

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

 

 

 

 

前回のブログ:感じていない感情の続きです。

 

 

インテグレート・ヒーリング(IH)のセッションで、『思考がうるさい』というサバイバル・プログラムを手放した私。

 

 

 

 

次は、IHフェアin東京を一緒にやっているHirokoちゃん(ブログ:

https://ameblo.jp/prema-marisol/)にインテグレート・ヒーリング(IH)のセッションをお願いしました。

 

 

 

 

 

 

 

今回のセッションのテーマは、『体調に影響を与えているストレス』。

 

これまでも何度かこのテーマでインテグレート・ヒーリング(IH)のセッションをしたんだけど、まだこのテーマでできるのね。

 

そうよね、まだ完全に回復したとはいえない状況ですし。

 

 

 

 

インテグレート・ヒーリング(IH)は、身体の反応を見ながらセッションを進めていきます。

 

はじめに問題となているものの情報をピックアップしていくのですが、反応したのは、「自分が思うほどには動けないこと」。

 

セッションを受けた6月上旬ころ、常に気怠いということはなくなったものの、何かするとすぐに疲れてしまう。

 

そして、疲れると回復するのに時間がかかる。

 

そんなことの繰り返しで、自分が思うようには動けなくて、もどかしい気持ちを抱えていたんです。

 

やりたいことはたくさんあるのに、すぐに疲れるからできることは限られる。

 

このジレンマから抜け出せずにいたんです。

 

 

 

 

他に反応したのが、「人間関係のこと」。

 

私は自他ともに認める内向型人間で、人間関係は苦手です。

 

そんな人間関係でこのころ私を悩ませていたのは、嫌われているとかぞんざいに扱われていると勝手に思ってしまい、身体をえぐられるような、そんな感覚に時々おそわれていたんです。

 

別になにかあったわけでもなく、誰に対してということもなく、勝手に思いがわき上がってきて、えぐられる感覚になっていました。

 

私的にはちょっときつい感覚でしたね。

 

 

 

 

とまあこんな感じで問題をピックアップしたら、次にセッションの目標を決めます。

 

 

道

 

 

目標も身体の反応をみながら決めいきます。

 

 

 

 

私は人間関係が苦手なだけあって、人も苦手です。

 

どうしても引っ込み思案になりがち。

 

そんな私の身体がこれを目標にと反応したのが、

 

『自分を信頼して我が道を行く』。

 

といっても、自分勝手や自己中心の我が道を行くではないですよ。

 

周りと調和しながら、自分を信頼して、素直に自分を表現して、行動する、

 

という我が道を行くです。

 

 

 

 

セッションの目標が決まったところで、

 

次は目標である『自分を信頼して我が道を行く』ことができるように、

 

妨げとなっているストレスやブロックを取り除くエネルギーワークをしていきます。

 

 

 

 

ということで、どんなワークをしたかというのは、また次回のお楽しみ♡

 

 

 

 

▼IHフェア in Tokyo facebookページ▼

IHフェアin東京

 

蓮の花

 

こんにちは!

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

 

 

 

 

前回のブログ:自分の制限を解放した後の続きです。

 

 

 

 

体調の回復が停滞しているなーと感じるようになり、この状態をなんとか動かせないかという気持ちもあり、インテグレート・ヒーリング(IH)のセッションを受けることにしたのが、6月上旬ころのこと。

 

 

 

 

IHフェアin東京を一緒に開催している東京のLindaちゃん(ブログ:https://ameblo.jp/lindakeiko)にお願いしました。

 

 

 

 

 

セッションのテーマとなったのは、『感じていない感情』。

 

感じていない感情?

 

そもそも感じていないんだからわからないよ~~と思いつつも、

 

反応があったのは、『無』という感情。

 

 

 

 

そう、ちょうどこの頃は、5月中旬に終了したMBSR(マインドフルネスストレス低減法)の瞑想を続けていたけれども、どうも瞑想できている感じがしなくて、瞑想が迷走していると思っていた時だったんです。

 

仏教では、瞑想は無の境地に辿り着くための修行の方法。

 

私は、無の境地に辿り着きたいわけでも悟りを開きたいわけでもなく、それよりは無の境地に辿り着く手前の状態に行きたい。

 

なんだけど、瞑想していてもその方向に向いている感じがしなくて、まさしく迷走していると感じていたんです。

 

 

 

 

そして、このセッションで設定した目標は、『この瞬間に集中する』。

 

思考が入る余地がないくらいの集中です。

 

まさにマインドフルネスですね。

 

私としてはそのくらい集中していたい!

 

 

蓮の花

 

 

このために行ったエネルギーの修正は、サバイバル・プログラムを解除すること。

 

サバイバル・プログラムは、身体が機能させているプログラムの一種です。

 

このプログラムは過去の状況に対応するために機能していたものですが、もう必要なくなった今もまだ機能しているため、プログラムを手放すことをしていきます。

 

 

 

 

私の中で機能していたプログラムは、『思考がうるさいこと』でした。

 

その元々をたどっていくと、以前勤めていた会社でのこと。

 

とにかく忙しい職場にいたんです。10年ほど。

 

混乱の嵐の真っただ中に入社して、右も左もわからない中であらゆることをこなさないといけない。

 

息つく暇もないくらいの忙しさの中で、いくつものことを同時進行させないといけない状況でしたので、思考は相当うるさかったと思います。

 

というか、これでもかというくらい思考を働かせざるを得ない状況でした。

 

今振り返っても、よく倒れずに働いていたな~と思うくらい。

 

ま、それなりに身体は壊しましたけど(苦笑)。

 

今はもう落ち着いた静かな時間がとれるのに、思考は未だに忙しくしていたんですね。

 

なんてこったい。

 

 

 

 

今の体調不良は、今までの生活の積み重ねの結果であることは明らかで、

 

その積み重ねてきたものの一部がようやく症状として出せるようになってきたのかな~とか、

 

心と身体はつながっているので、これも体調に影響しているのかもしれない、

 

なんてことも思いながらも、

 

よし!これで迷走から抜け出せる!?なんて希望を持ちつつ、

 

さらにインテグレート・ヒーリング(IH)のセッションを受けたお話はまた次回。

 

 

 

 

▼IHフェア in Tokyo facebookページ▼

IHフェアin東京