競馬予想ブログ - iWINS

競馬予想ブログ - iWINS

iWINS、私は競馬で勝ちたい。そのための競馬予想や更新情報などをつづっていきます。

Amebaでブログを始めよう!

テーマ:

いまのところ予想オッズ1番人気はサトノアラジン単勝オッズ3.3倍となっています。思ったほど人気していないと感じましたが、スタートの出遅れる可能性がそれなりにあることがリスク要因として見られたのが原因ではないかと見ています。

 

それでも出遅れたスワンステークスでは陣営の弱気コメントとは裏腹に豪快な末脚を繰り出しての1着ですから地力に勝っているのは言うまでもないでしょう。あとはペースが上がればという条件がつくため取りこぼしの可能性は考えておきたいです。

 

もはやG1レース戦線はディープインパクト産駒が強さを発揮しており手が付けられない状態。サトノアラジンの場合は、2~3着づけで厚めに買うのが馬券の戦術的にベターなのかなと思っています。これなら上位人気馬で決まったとしても妙味のある配当を得ることもできるでしょう。

 

馬券の頭には何をすえるべきかがマイルチャンピオンシップ2016予想における最大のテーマと考えており、とりあえずサトノアラジンを配置しないのなら上位人気は無条件に放り込んでおいてもいいのではないでしょうか。保険をかけるなら3連複でトリガミだとしても半分くらいは資金が返ってくるようにしておくといいかも知れません。

 

それでも頭を絞って買うとするなら注目しているのはヤングマンパワーです。3連勝のうち重賞レースを2連勝していますし地味な血統から人気しないタイプ。この馬がディープインパクト産駒なら2番人気にはなっているはず。そう考えると最優先で頭に入れておくべきだと思うわけです。

 

京都競馬場は初めてなのですが阪神競馬場のアーリントンカップを勝っていることを考えれば特に問題にはならないはず。持ち時計があることも買う要素として重要なところで馬券には外せない一頭であることは間違いありません。

 

京都競馬場の内馬場は荒れてきていますが、だからといって大外に持ち出していたのでは間に合わない馬場なので京都コースが得意な騎手が乗る馬が穴かと見ています。その点を考慮するとあまり追い込み一手の馬は評価できないコースと言ってもいいでしょう。

 

おさらいするとサトノアラジンを2~3着づけにして頭はヤングマンパワーを中心に人気上位馬を配置する。穴馬は京都コースに実績のある先行~差し馬から調子と実績のバランスを見て選んでいく。これがiWINS斉藤が導きだした馬券戦術になります。

 

ただ、いまのところ下半期G1レースはスプリンターズSしか当ててないので参考程度にとどめておくのが正解かも知れません。今年の回収率は120%なので、このレースで高配当をつかんで冒険しようかと考えています。

 

最後に、この記事を書くにあたり参考にさせて頂いたサイトをリンクしておきました。とても予想の参考になるサイト様ですので一度訪問してみてはいかがでしょうか。

 

>> マイルチャンピオンシップ参考サイト様はこちら

 


テーマ:

個人的には天皇賞秋は好きなレース。ここでの力関係がジャパンカップと有馬記念へと続いていく時に参考レースとしての価値が非常に高いからだ。

 

ここに3歳馬リオンディーズがいてくれたら来年の古馬戦線も占えたので故障による引退は残念としか言いようがない。マカヒキの凱旋門賞で株を下げた感のある3歳勢の力をここで見てみたかった。

 

今年は日本と香港のマイル王を称号を引っ提げて中距離路線に挑んでくるスクリーンヒーロー産駒のモーリスは注目せざるを得ない。安い馬ながら世界的な馬までに立身出世をとげた豊臣秀吉のようなイメージを重ね合わせており、ここで勝てば天下統一と言ってしまってもいいのではないだろうか。

 

前走の札幌記念では逃げた馬を捕まえ切れずに芝2000mは長いのかという見方もあるが折り合いは問題ないことから対応できる距離ではあるのだろう。スピードがある馬だけにスローペースの我慢競馬よりもペースは流れてくれた方が良さそうだ。

 

その行く手を阻止しそうなのが名うての牡馬キラーであるルージュバックだ。なぜだか牝馬より牡馬のレースに強い馬という点が面白く東京競馬場が得意という点から非常に魅力的な馬に映る。

 

もともと高い素質を評価されてたことを思えば、この舞台にたどりついたのは必然と言えるだろう。どうも神経質な面があるようだが上手くいけば天皇賞秋で初G1レース制覇となるかも知れない。

 

ふとおもいだしたいつかのTCK女王杯で、オルレアンは出遅れながら素早く好位につけ、逃げるコウエイソフィアを一番最初に捕まえに行き、最後ジーナフォンテンの追撃も振り切る長い足を使いました。
転入初戦となった前走もスピードの片鱗を見せる逃げ、二戦目となる今回、実績のある大井コースとスピードの行きそうなマイル不良馬場、南関牝馬相手なら中心です。

相手は、道悪での末足が光るテンセイフジ。ハウスバスター産駆で早熟懸念が付きまといますが、夏に入って交流重賞で3着するなど、調子を取り戻しています。

混戦ムードのこのレース、頼みはやはり鞍上、末足はあるがもう一歩の伸びが無く勝ちきれない感じはしますが、セイエイシェーンと的場文男騎手に食指。アヤパンが逃げるコウエイソフィアやオルレアンに引っかかっていき、展開が荒れたとき、そこを狙ってくるのはこの馬ではとおもいます。

 


テーマ:
2016年の宝塚記念も来週とな楽しみなわけですが、ファン投票で出走馬が決まるレースなのも面白いところ。

その結果、演歌歌手の大御所である北島三郎氏が所有するキタサンブラックが1位となった。

長いこと馬主をやってきてようやくつかんだG1ホースというドラマ面が評価されたのだろうか。

競馬場で祭も歌って認知度が急上昇したのが要因かも。

そして、意外なことにドゥラメンテは6位という微妙な結果になっていたのが意外。

ファンサービスの悪い堀厩舎が影響しているのか、それとも国内での走りを忘れられているのか。

やっぱり日本人は、生粋の良血より泥臭く血統の悪い出世馬に魅せられるのかも知れないな。

上半期のドリームレースあなたの夢はなんですか?
末足一辺倒のアウスレーゼですが、前々走のようにはまればビックリする様な足を使います。押さえで。

コウエイソフィアは昨年のこのレースの勝ち馬。まるで人気がありませんが、好枠とスタートのよい御神本騎手、またビックリさせられることがあるかも。


アヤパンは南関東に再転入ですが、南関時代はものすごくイレこむイメージ。外枠に入ったしパドックが見たいところです。軽量のグリーンベイは、このレベルとやるにはまずは一戦見たい感じ。前走は出遅れたのがかえって功を奏した気もします。

穴で恐いのはエトワールフルーヴとラベルヴィジュー。両馬とも安定した伸び足が目に付き、前が速くなれば台頭もあるかも。

アウスレーゼの末足は見事でしたね!
僕は、ちょっと足りないかなぁと思っていただけに、悔しい思いをしてしまいました。

ベルモントノーヴァは、追い切りで破格の時計を出していたのと、あとは一発を秘めた馬なので、まぁ前がもつれれば、こういう事はあってもおかしくないんです。買いにくくはありますけどね~。
でも、3着の山田騎手の追い込みはまるでノーマークでした^^;

特に大井の短距離戦で、軽ハンデが他場に比して重視すべきという感覚はありません。調べたわけではないので、今度ちょっと気にして見てみますね^^

まぁ、この間やった1200のアフターファイブスター賞では、軽量53キロの上がり馬、ブローザウィンドが一番人気となりましたが、力負けという感じでしたし、相手関係なんだとは思います。


テーマ:
いよいよ中山記念でドゥラメンテが復活する。
よくコメントがのる調教助手によると馬体重は500kgぐらいで何とか間に合ったとのこと。
あまり歯切れが良くないが淡々としている堀厩舎なので勝負度合いは不明。

ただ、デビュー戦ではあっさり負けているように久々はやはり不安要素ですねえ。
それでも他の馬に勝って欲しくないという思いもあり中心に考えている。
とりあえず当日の馬体重や雰囲気で決めたいと思う。

すごいパフォーマンスを期待したいけどどうなることやら。
来週は2歳王者リオンディーズが登場と一流馬が見られるのは嬉しい。
来週の弥生賞予想も力が入るなあ。

今日は仕事が速く終わったので、大井競馬のツインクルレディー賞を高知競馬パルス藍住(場外)で購入。
グルーンベイ、アウスレーゼ、エムケーファイヴ、アヤパンの馬連単BOXで勝負でしたが、ご存知のとおり、アウスレーゼに注目はよかったのですが、ベルモントノーヴァは買えませんでした。力があるのに軽ハンデ53キロ、侮れません。12Rも最軽量のバニヤンゴスペル(49キロ)が連にからみそうだったし、大井は短距離戦の軽ハンデ馬は、活躍しやすいのでしょうか?

実は、今日は笠松に行く予定だったのですが、仕事でドタキャンになってしまいました(涙
基本的には人生好き勝手やっているので^^;、たまには仕方がないですね。

しかし、今日の笠松競馬は盛りだくさんです。メインの重賞でJBC選定競争になっているオータムカップのほかに、JBCカウントダウン50が8レースに行われ、そこにプレゼンターとしてJBC開催場の川崎の英雄、鉄人「佐々木竹見」騎手が招待されています。
様々なイベントが予定され、今日は中継からも目が離せません。

JBCカウントダウンツアーは、JBCの優勝トロフィーとともに、全国各地の地方競馬場を回りながらカウントダウン特別レースを行うもの、地方競馬の祭典としてのJBCに権威をつける儀式として、結構有効に作用しているんじゃないかと思います。

笠松競馬のサイトでは、JBCのトロフィーが届いた様子がレポートされています。

今日のオータムカップのメンバーの中で、JBCに出走してもおかしくない馬が複数いますし、JBCトロフィーに見守られながら、どの馬がJBC選定に向けアピールすることが出来るのか、非常に楽しみです。



テーマ:
今回、パドックのごとく周るトコがかなり減りました。
14競馬サークルです。
夏は、最終的にチェック入れてたのは32ありましたので、大幅な減少です。
それも、今回からってのが6もあります。
つまり夏からココまでで、24のサークルさんから離れたと…
あ、前回落ちてて今回は受かったってトコが1つありますから、25ですね。
決して嫌いになった訳じゃないんですけど。
ただ、何となくもうイイかな~と。
つか、第1の原因は、周る時間がなくなったってのが大きいです。
時間があれば全部でも見たいですよ。
新しい出会いってのもあるかもしれないですし。
秋華賞予想の前に少しずつ増やしたいですね。

昨年、東海公営との交流戦で猛威を振るったマヤノオスカーが参戦。このオータムカップは昨年に3着し、その後、名古屋の重賞ゴールド争覇を制しました。名港盃でもダートグレードホースであるタカラアジュディと接戦に持ち込み、勝ちきれなかったものの、くろゆり賞でレッドストーンが敗れているウィニングウィンドを千切っています。
前走は地元の重賞も勝っており、ここの中心は仕方のない感じ。


相手は、固いですがレッドストーンを。逃げ馬だし、姫路の六甲盃を逃げ切りで勝ったときも不良馬場でした。春の重賞を逃げ切りで二連勝しましたが、同型のウィニングウィンド相手に名古屋戦で二連敗しているのは、マヤノオスカーを相手に最後交わされることもあるかなぁと対抗までに。
ただし、今回は同型のユウヤクジョが同厩舎。


ユウヤクジョは転入から三戦目。前2走も先行できていて悪くなかったし、前走は深くなった名古屋の馬場を加味すれば、今回狙えないことも無い気がします。積極的な連闘策を好感して。

馬券はここまでにしますが、このレースのもう一つの論点は、転入馬の評価。道営からJRAに移籍し、毎日杯を勝っているタカラシャーディーは千切ってもいいような実績馬です。しかし、湿った不良馬場ではありますが、道営在籍時のダート実績は4戦1勝。ここでは一戦様子見。
むしろ恐いのは、昨年のNHKマイルカップで5着に入ったセイウンニムカウでしょうか。先行力があるようですし、鞍上は安部騎手です。
グランツスワン、ブラックベス、スウィフトリイは、実績的に重賞級とは明確な差があります。
いよいよダービーグランプリが近づいてきましたね~。特設サイトも設置され、ほんといよいよという感じです。

フサイチの関口会長がいらっしゃるという事で、諸イベントも行われるようですね。フサイチリシャールも出走予定馬に入っていて、生粋のダート路線馬達との対決、なかなか歯ごたえのある予想が楽しめそうです。

また、食い意地の張った僕には、いつも以上に楽しみなイベントが満載^^。マーキュリーカップの時もあった海産物の炭焼き、そして、いつも楽しみな川魚の串焼きなんかもあるようです!

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス