夢で良かった

テーマ:

昨日は東京で、フラガールやファイヤーナイフダンサー達と一緒に、着物でフラを披露。

 

暑いことは暑いが、酷暑とまでは言えないいわきに住んでいると、夏の東京しかも野外ステージはある意味恐怖。

 

ところがいざ到着してみると、夕方ということもあり思いの外暑くない。

 

とは言え、仕事を終えてから出かけ、2ステージに参加、帰宅が午前様。

 

さすがに少々疲れた。

 

グッスリ眠ろう。

 

 

しかし、そんな時に限って、なかなか寝付けない。

 

それでもなんとか眠りに・・・・・

 

そして夢を見た。

 

 

モニターに大勢の男性がフロントに居るのが映し出された。

 

私はその壁1枚裏側の事務所にいる。

 

1人が皆から暴力を受けている!

 

そして、殺されてしまった。

 

わーーーーーーーーっ、どうしよう!

 

警察を呼ぼうか?

 

いや、そんなことをしたら声が聞こえてしまう。

 

次は私が殺されるかもしれない。

 

とにかく、逃げよう。

 

先ず、モニターを消し、私が此処にいた証拠を消し去ろう。

 

そーっとドアを開け、隣のキッチンへ逃げようとしたその時、キッチンの別のドアーが開いた!

 

殺人鬼が入ってきた!

 

事務所に戻り、反対のドアーから主人のいる寝室へ逃げ込み鍵をかける。

 

そして小声で寝ていた主人を起こした。

 

「起きて、起きて、殺人鬼が・・・ドアーを壊して入ってくるかもしれない、どうしよう。」

 

というところで目が覚めた。

 

 

翌日、この話を聞いた主人からクレームが付いた。

 

「なぜ、最初に俺を起こさなかった。」

 

 

因みに、この夢はとても良い夢だそうだ。

 

何か新しいことをしようとする私に、それを助けてくれる人達(殺人鬼達)という意味らしい。

 

細かい理由は考えず、とにかく吉夢と言うことだけ覚えておこう。