ありがとう

テーマ:

 

「お掃除がこんなに気を遣う仕事だとは思いませんでした。」

 

新人スタッフの言葉である。

 

自分の家を掃除するようにすれば良いのだと思っていたと言う。

 

そんな時の私の返事は、

 

「大丈夫、いずれ慣れるから。」

 

常に清掃担当者にお願いしていることは、

 

『前に利用したご宿泊者の痕跡を残さないように。』

 

幸いにも、最近まで働いてくれていたスタッフが、後輩達にお掃除のやり方を教えていってくれた。

 

御年80歳。

 

それはそれは厳しかったという。

 

「でも、仕方が無いんです。納得できることなので。」

 

とは、その特訓を受けた人の言葉。

 

お陰様で、今のところ清掃に関しての苦情は一切無い。

 

 

建物の年数が経つに連れ、ややもすると、古い=汚いと取られがちだが、解る人には感じて頂けるのではないかと思っている。

 

そして、私自身がぞうきん片手に最終チェックをする。

 

自分でも、まるで意地悪ばあさんのようだわと思うこともあるが、そのぞうきんが汚れることはほとんど無い。

 

良いスタッフに恵まれ、本当に感謝感謝である。