私のお花見

テーマ:

3月は嬉しいことに忙しすぎて、我が家の蘭たちをじっくり眺める余裕もなかった。

 

ふと気がつくと、2年前に当時の板前さんとお揃いで買った鉢に異変が。

 

初めて蕾を持った!

 

「女将さんの蘭はどうですか?僕のは全然咲かないんですが。」

 

「大丈夫よ、そのうちに咲くから。」

 

と言ってお互いを慰め合っていたのは1年前。

 

そうは言いつつも、ほんと、咲かないわねと内心思っていた。

 

パフィオという品種で、スッと立つピンクの花に二人とも一目惚れ。

 

とは言え、花が付いている鉢は値段が高く、それならば苗から育てようと、お揃いで買ったものだった。

 

 

水やりだけはこまめにしていたが、花芽が付いていたことに気づかなかった。

 

他にも昨年3年目にしてようやく咲いた黄色の小さな蘭 (名前は忘れた) も、今年はびっしりと蕾を持っている。

 

そんな蘭だらけのロビーに新しく全く違った花が仲間入りした。

 

カンガルーの足という意味を持つ『カンガルーポー』。

 

黄色のそれは生け花によく使われていて目新しくはないが、私が購入したのはサーモンピンク。

 

その立ち姿が凜として美しく、思わず買ってしまった。

 

終盤に近づいている蘭、これから咲く蘭、そしてカンガルーポー。

 

まだまだロビーは花盛り。