英会話教室の先生でニュージーランド人のジェーンさんが、バラバラの国籍を持つお友達3人と泊まりに来て下さった。

 

彼女たちが着物に興味をお持ちだと聞き、着付けをして差し上げることになった。

 

中のお二人は日本語が全く話せない。

 

そこへ持ってきて、ジェーン先生が 「私の生徒です。」と紹介してくれたものだから、急遽滞在中は日本語禁止となった。

 

背の高い人、ふくよかな人、グラマーな人など日本人離れした(それはそうだわ)体型を持つ方ばかり。

 

とは言え、着物は全て日本人サイズ。

 

腰上げなどほとんどとれない方ばかり。

 

本来ならば、もっと体型に合った補正をしつつ着せてあげたかったのだが、如何せん時間も足りない。

 

 

それこそ英語初心者の私は、最初こそ覚束ない英語を駆使して説明していたが、途中からはジェスチャー混じりの無国籍語での着付けとなった。

 

その後、着物姿で近所の温泉神社にお出かけになった。

 

後日、折しも美しい紅葉をバックに、笑顔の写真がFBにアップされていた。

 

忙しかったけれど、喜んで下さって本当に良かった。

 

と言うか、私自身がとても楽しい経験をさせて頂いた。

 

 

 

 

 

 

 

 

AD