1日あたり乗車人員では安食駅の方が多いのに… | 岩井やすのりオフィシャルブログ Powered by Ameba

岩井やすのりオフィシャルブログ Powered by Ameba

岩井やすのりオフィシャルブログ Powered by Ameba


テーマ:

こんにちは、千葉県議会議員の岩井やすのりです!日々の駅頭活動では、毎月発行のいわちゃんポストの配布を行っていますが、先月は天候等による中止が相次ぎ、先月1月号を配り終えたのは今週火曜日というありさまでした(>_<)

 

(午前8時すぎのJR安食駅)

 

で、駅配布の最後は、JR成田線の各駅、安食駅、小林駅、木下駅となるのですが、先日ご案内の通り、安食駅では営業時間が大幅短縮され、朝夕の通勤時間帯は無人状態となることになりました。上の写真にあるように券売機にはシャッターが下ろされ、Suicaへのチャージもできなくなっただけに、利用者からの不満の声は小さくありませんよね。

 

ところで、同じ成田線駅でも小林駅、木下駅はこれまで通りの運用となっているのですが、ここで??と思ったのは、朝の駅頭活動をしていて、安食駅の方が小林駅、木下駅より利用客数が多いのではないかと感じていたからです。

 

 

(午前7時半ごろのJR木下駅)

 

その点について、JR各駅の乗車人員(2015年)を調べてみると、小林駅2035人、木下駅2089人に対し、安食駅は2933人と、予想通りの結果となりました。

 

かつて、JR酒々井駅に快速列車を停車させようと、酒々井町がJR酒々井駅の駅員人件費の肩代わりしたなんて事例もありましたが、知る限り、現在、印西市でそのような政策は行われていないので、やはり、なぜ安食駅だけ営業時間短縮に?との思いを抱くところです。

 

木下駅、小林駅も重要な駅でありますが、安食駅も町の玄関口となる重要駅だけに、大変残念。なんとか改善の糸口が見つかればと思います。

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース