ivylineのブログ

ブログの説明を入力します。


テーマ:

アイビーラインフィールドモニター

☆伊東俊秋☆

 

はじめまして、アイビーラインフィールドモニターの伊東です。
伝説のマイスター鮎沢さんに憧れ、エリアトーナメントに参戦して早いもので8年経ちました。(もう、爺?になってしまいました。)
いつまでトーナメントに参戦できるか分かりませんが自分の健康のため、釣りは続けたいと思っています。皆様、どうぞよろしくお願いします。
今回は、10月15日に平谷湖FSで行われた、トラキン地方予選アイビーラインカップの参戦レポートをします。


なんと優勝することができました。

 


予選は、タイマン6戦のポイント勝負です。
先週のディスプラウトカップの後にチャタクラの練習をして、表層スローリトリーブが良かったので、発売したばかりのチャタクラアイビーコラボのカニミソグローをメインに組み立て、結果、3勝2敗1分で予選通過ギリギリの8位で決勝に進むことができました。危なかった~

 


決勝は16名が進み、自分は15番目の入場となったため、有望なポイントは全て埋まっている状態でした。


もう、この時点で勝てる気がしません。

 



決勝では、表層に的を絞り、手前をペンタタイプR、その先をアクティー0.8g、沖の流れがある場所をチャタクラとワッツSP(遠投ができるため)でそれぞれを3投以内で交互に投入し、「手前、その先、沖」の魚を休めながら釣っていく戦略で望みました。


少し休ませると、つつくだけの魚がガッツリ食ってきますので、例えば沖を狙っているときは手前は、ルアーをピックアップして手前の魚にルアーを見せないようにしたのがポイントです。(そうすると手前に魚がうようよ浮いてきます)
結果、ペンタタイプRで2匹、チャタクラで1匹、ワッツSPで2匹、ブレイド2gで1匹の計6匹でした。


多分ダメだと思っていたら…なんと同着1位のサドンとのことでした。


サドンの相手はアイビーラインのテスター加納さん。巻きでは勝てないと判断し、手返し優先でワッツSPを投入したら1投目でフィッシュオン!ちなみに、加納さんもフィッシュオン!自分の方が取り込みが早かったので優勝することができました。

 


最後に平谷湖FSの服部さんはじめサポートスタッフの皆さん、アイビーラインスタッフの皆さん、大会に参加頂いた皆さん、本当にありがとうございました。


トラキンはまだ始まったばかりです。
皆さん、楽しみながら頑張って下さい。

 


 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。