妊娠中こそ受けるべきか?

気になるインフルエンザの予防接種

 

インフルエンザの季節が来ました。外来で「インフルエンザのワクチン接種を受けていいですか?」とよく聞かれます。答えは「問題ありません、むしろ受けて下さい」となります。皆さん、風疹ワクチンのことを連想されるのだと思います。風疹ワクチンは妊娠中はもちろん「ワクチン接種後も2か月間は避妊してください」と言われますので、その記憶が頭に残っているのだと思います。

 

インターネットにこれに関連する記事が出ましたので、この記事を参考に、これを機会にインフルエンザワクチンについて書いてみます。

 

妊娠中こそ受けたいインフルエンザの予防接種。胎児への影響は?

妊娠中、インフルエンザに感染すると、一般の人よりも重症化しやすく、流産・早産のリスクも高くなると言われています。ということは妊娠された場合に、おなかの赤ちゃんのためにもインフルエンザ対策は重要だということになります。ですから、インフルエンザが流行する前の予防接種など、早め早めの対策が必要となります。

インフルエンザの正しい予防法と、万が一かかった場合の対処法を解説します。

妊娠中こそ受けたいインフルエンザの予防接種

「妊娠中は予防接種を受けちゃダメ」と思っている妊婦さんも多いようですが、そんなことはありません。インフルエンザワクチンは、妊娠中、初期を含めてどの期間に受けても問題ありません。むしろ、予防接種をしないことのほうが心配です。

妊娠中は呼吸器疾患が重症化しやすく、インフルエンザによる入院や死亡の確率は、妊娠していないときより、妊婦のほうが高くなるというデータもあります。もっと重要なことは、インフルエンザ・ウイルスによる炎症により子宮収縮が起こりやすくなるため、流産・早産のリスクも高くなると言われています。

妊娠中こそ、積極的にインフルエンザの予防接種を受けるべきだと考えられます。その際、本人だけでなく、家族も接種することが大切です。

 

ではワクチンはおなかの赤ちゃんに影響しないのでしょうか?

麻疹(ましん)や風疹(ふうしん)のワクチンは「生ワクチン」と言って、生きたウイルスをワクチンとして使います。ですから軽くその病気に罹った状態を作り出します。そして免疫力を強化します。ところが、インフルエンザワクチンは、病原性を完全に排除した「不活化ワクチン」です。すなわちウイルスを殺して、言わばその“死骸”を用いて免疫力を強化するため、病気に罹った状態にはなりません。ですから妊娠中に接種しても、胎児への影響は全くありません。

しかも、生後6カ月までの赤ちゃんはインフルエンザの予防接種を受けることができませんので、母親が妊娠中にインフルエンザワクチンを接種することは、誕生後の赤ちゃんの感染予防にも役立ち一石二鳥になります。

 

接種するのは例年10月末~11月初めがベスト!

インフルエンザの免疫がつくには予防接種してから2~3週間か必要だと言われます。年によっては早めに流行することもあるので、流行前早めに接種するのがベストです。

ワクチンの効果が持続するのは3~5カ月間なので、10月末に接種しても、流行が収束するまでの期間がほぼカバーできることになります。出遅れると、ワクチン不足で接種できなくなる恐れもありますので、遅くても12月に入る前までには接種されてはいかがでしょうか。