武徳祭に参加

テーマ:

例年の蒲郡俊成短歌大会の参加を断り、

行った先が武道の聖地旧武徳殿(現武道センター)。

 

昭和の日の4月29日、平成も残り僅か、令和が始まろうとするその総仕上げ。全国武徳祭へご招待を受けた母校の我古武道部。

 

 

剣道・空手・柔術・居合・合気道・弓道・抜刀術・古武道等全国80余りの各流派武道団体が武道の聖地に集散していました。老練な全国屈指の古武道達人の技や気合をまじかに見て刺激を受けたようで、当日はダダならぬ緊張感の中、3回生と2回生が緊迫の演武を披露してくれました。

 

 

学生の参加は異例なるも、観賞するに、一般と学生お互い刺激剤としての役割があるのでしょう。達人技のキレ味と若い勢いが旨く融合するかの如く。