▼本日限定!ブログスタンプ

あなたもスタンプをGETしよう

 
 
近年次々とお友達を亡くし、
寂しさもあり認知症が進んだようで一日中うるさく鳴いています。
しかし、寝ているときは可愛いですね。
手が開いている~
 
今日は猫の日でした。

短期間でバブルを繰り返すこのご時世、

隔世の感があります。

近年のミニバブルの膨らみとその崩壊のことです。

超大型のバブル崩壊は1990年代のこと、

今も失われた「30年」と云ってはばからない人たちもいます。

実質、賃金、地価、物価とその当時と変わらないことを鑑みれば

確かにそうかもしれません。

※大学の学費だけは恐ろしく上がっていますが えーん

 

当時は異常な金融政策によるキャピタルゲインバブルだったのでしょう。

その手仕舞いもまた急激で恣意的な情報操作等が

あったとも云われていますね。

裏付けのない「あだ花」に不動産業者も踊らされました。

 

その後、不動産的指標である考え方も少しはロジカルに

なってきたように思えます。

一つは収益還元という考え方。

近年よく耳にする「利回り」ですね。

「いつまでに」「いくら」回収できるかということ、

インカムゲインで不動産を評価するというものですね。

 

その意味では、

京都は賃貸入居者として「二兎も三兎」も追える

ロケーションですよと、

その結果がこのミニバブルを繰り返しているのかなぁと。

一兎(失礼)は人口147万人の人口都市、

二兎(失礼)は人口の一割の学生数、

三兎(失礼)は留学生・観光客であると。

 

1990年代のバブル崩壊後、

ITバブル、リーマンショック、スルガショック?

そして今回のコロナインバウンドショック?と、

色々あっても三兎も追えるロケーション都市は

なかなか見当たらないのではないでしょうか。

 

だから、

利回りと入居率の良い京都に人気が集中するのでしょう。

 

 

過去の思い出を振り返り投稿しよう

みんなの回答を見る