久しぶりにホメオパシー健康相談会でメンテナンス。

QX-SCIOという機械で診てもらったら、先日ブログに書いた通り、やはり鉄分が不足していました。

マグネシウム、カルシウム、ビタミンB5なども必要なようです。他にもあるけどね。

 

 

やっぱりか~と思ったのが、「副腎が疲労している」ということ。

自覚症状があるし、それを判断する血圧の測定方法を試したら副腎疲労の特徴が出たこともあるんです。あくまでも自己診断ですが。

 

 

カフェイン止めて調子が良くなったのは、そういうことだったのかと。

副腎疲労の人にはカフェインは大敵だもんね。

 

 

中国上海近郊 朱家角のカフェ

 

 

それと、もう一つやっぱりか~と思ったのが

「気づくべきことがある。(のに)抵抗している。」

と言われたこと。機械にね。私の超意識からのメッセージらしいけど。

無意識のレベルなので自分ではこの抵抗の存在は知りません。でも、薄々感づいてはいました。

 

 

この抵抗って機械を使った人全員に出てくるんだって。

だから私は人間全員にあると解釈しています。

 

 

何に対して抵抗しているかは人によるでしょうけど、本当はさっさと手放した方がその人のためになるのに、手放すことに抵抗しているということだと思います。

手放した方がいいものって、無意識レベルの思い込みや信念のようなものでしょうね。

 

 

若干飛躍するのかもしれないけど、人間は幸せになることすら抵抗したりする生き物ってご存知ですか?

これをアブラハム・マズローが「ヨナ・コンプレックス」と名付けました。

 

 

不思議なもので、慣れ親しんだ状態が例え不幸であっても、そこから出ることが怖かったりします。

人は、自分の能力や可能性が広がることを疑い恐れているんだそう。脳に「新しいことをするな」とプログラミングされていると言っている人もいます。

 

 

だから、「怖いと感じることこそやってみろ」と多くの人が言うのでしょうね。

そこから自分の世界が広がっていくってこと。

 

 

台風一過の秋の空

 

 

ということで、結局行動あるのみです。

私もそうだけど、人ってやらない理由を見つけることに長けているんですよね。

こういう時は頭で四の五の考えずに動くのが得策だと思います。

 

 

でも、どうしても動けないという場合は、現在提供中の「ストレスクリア・メソッド」でお手伝いできるかもしれません。

 

 

ストレスクリア・メソッドは、「やりたい」「なりたい」けど「できない」という状態をテーマにセッションを進めるコーチング技術の一種です。

セッション中に感情の解放が起きたりもするセラピーのような技術でもあります。

 

 

最後に「やりたい」「なりたい」と「できない」が統合すると、抵抗がなくなってサクッと動けるようになるかもしれません。

自分の敵は自分です。統合すると、敵が味方に転じると言ってもいいかもね。

 

 

そんなにガッツリ自分と向き合うエネルギーがない方には、「お悩みに ゆんわりタッチ」はいかがでしょう。

 

 

とは言っても、ご自分の感覚で選んでいただくのが一番だと思います。

 

>>メニュー・料金はこちらです。

ウェブサイトに移動します。

 

 

 

あなたの心と体の調整をお手伝いする

ゆんわりタッチとストレスクリア

 

長沼美恵(ながぬまみえ)

 

 

イベント出展情報一覧ブログ用

 

 

カウンセリングでもセラピーでもコーチングでもないストレスクリア・メソッドと

心身と人生の滞りを解消するボディワーク「ゆんわりタッチ」を提供するサロン

 

生きづらいからの脱却 ハートいきいきサロン 
群馬県伊勢崎市の一軒家サロンです。(完全予約制/対面は女性限定)
web ハートいきいきサロンHP
ハート ピンク メニュー・料金
ハート ピンク ご予約・お問い合せ
ハート ピンク 営業日程(空き状況)・アクセス

 

 

ランキングに参加しています☆

にほんブログ村 健康ブログ セラピストへ