ピッポのおじさんのブログ

ピッポのおじさんのブログ

静岡県静岡市”草薙駅のすぐ近くで、1978年より子どもの本と古書を取り扱っている専門店「PIPPO」の店主によるブログです。
本のことは勿論、日々感じた事や、趣味登山や自然のこと、旅行のことなど紹介したいと思います。

先ごろ辞任した女性東京都議のことだ!

それにしてもマスメディアの取り上げ方は異常ではないだろうか。辞任した後も、いまだにワイドショーなどでは面白おかしく連日取り上げているんだけれど、ちょっとおかしくないか?

そりゃあー、無免許運転で事故を起こしその責任も取らないなんて悪いに決まっているし、論外なことなんだけど、その取り上げ方や、繰り返し長期にわたって放送するマスメディアは異常だ!

これは水に落ちた犬を、みんなで寄ってたかって棒でたたく行為そのものだ。叩いている人たちは安全なところにいて、その行為を誰からも咎められることもなく気持ちがよいのかもしれないがね。ぼくには限度を超えた集団リンチに思えてならないのだ。

 

もう一つ、これもマスメディアの姿勢が気になったことがある。それは先の静岡県の参議院補欠選の際の川勝知事の応援演説の「御殿場にはコシヒカリしかない」という失言のことである。自民党会派を中心に「不信任決議」を出すとか出さんとかいうことに対する報道姿勢のことだ。ことは選挙中の「売り言葉」に「買い言葉」程度のことだとぼくは思っていた。ところが自民党がことを大げさにし、一方的に荒立てさせたのだ。これを助長するような報道が目立った。マスメディアはもっと客観的に報じ「ちょっと大人げないのではないか」と、いう報道の仕方もあったのではないか思えた。結局、昨日「辞任勧告決議」が県議会で可決されたようだ。思うに、先の県知事選で惨敗した自民党の悔しさの表れであったのだろう。

 

マスメディアは「都議の行為」や「県知事の失言」をこれほど執拗に追い詰めるのであるならば、もっとやるべきことがあるのではないだろうか!いうまでもなく安倍晋三のことである。国会で100回以上も虚偽答弁を繰り返し、そのあげく、「コロナ対策」に行き詰まったら、仮病を装って政権を放り出した。「モリカケやサクラ」問題はいまだ未解決なのだ。しかも、先ごろ恥ずかしげもなく派閥の長に返り咲いた。こんな無反省無責任男こそ追い詰めるのがマスメディアの仕事ではないのか!