本日(7日)は、10日に公示される衆議院議員総選挙に向けた選挙対策本部の会議が開催されました。




今回の選挙は、いろいろな面で特殊であり、構図が複雑です。

選挙直前に、新しい党できたり、その新しい党に野党第一党が合流したり、またそこから分裂して新しい党ができたりと、ここ一週間ほどでめまぐるしい動きがありました。


立候補を準備している人の中には、これまで大反対してきた政策に賛成を表明する党から公認で出馬する人も多数います。

選挙が始まったら、有権者の皆様は慎重に見極めないと、どこの党がどんな政策でその政策に賛成している候補者が誰なのか、混乱してしまいそうです。


伊藤信太郎は、これまで一貫した政策、主義主張を訴えてまいりました。

その根底にあるのは「国民の為の政治」という理念です。

選挙では、各政策について、できるだけ丁寧にわかりやすくお訴えさせて頂きたいと思います。