人を大切にする会社

テーマ:

今日と来週土曜日の「伊藤聡子と新潟の経営者」 は、

株式会社 大谷 代表取締役社長 大谷勝彦さんです。


昨年行われた「日本で一番大切にしたい会社大賞」で入賞した8社のうちの1社ですクラッカー


「大谷」は日本一の売り上げを誇る、業界シェアNo1のはんこ屋さん。

おもにショッピングセンターの中に入っていたりするのですが、店舗数は138、売上高は24億円に上ります。

今年はさらに半年で目標を上回る勢いだそうです。

はんこ屋さんは全国に7000軒くらいあるそうですが、多くは零細企業。もちろん、少子化、ペーパーレス化で市場自体も縮小する中で、どんどん売り上げを伸ばしているというのはすごいことです。


「大谷」には色々な特徴がありますが、そのうちの大きな一つが障害者雇用です。

正社員は60名、そのうち20名は障害者です。パートは550名中5名が障害者です。

また、大谷さんはパートさんのことを「パートナー」と呼んでいます。

このことからも、「大谷」が、縁あってこの会社に集う人たちをいかに大切に考えているかがわかりますよね。



そもそもこの日本一のはんこ屋さんは、大谷さんのお母さんが内職で始めていたのがスタート。

苦労するお母さんを楽にさせてやりたいと、大谷さんは中学卒業後に盛岡に修行に出たのです。その時の師匠である経営者が、足に障害を持つ方だったと言います。

24歳の時にお父さんが亡くなって新潟に帰り、お金がないので、7坪の店を、レコード店を持ちたい友達と半分こして「大谷」を開店しました。


大谷さんは、「10年後には新潟で1番になる!」という目標を立てました。

自分には学歴もコネもない・・・だからこそ一生懸命頑張らなければ!と思ったのだそうです。

そして、常識破りのはんこ屋さんの多店舗展開に乗り出すのです。

ヒントはワシントン靴店。当時はめったにはかない革靴でも多店舗展開できるのだから、はんこでできないわけはない!というわけです。

周囲の予想を大きく裏切って、この戦略が大きく当たったのです。


ところが、こうしてビジネスとして順調に進み始めた矢先、大谷さんは何百万人に1人という難病にかかってしまったのです。肺や骨に肉腫ができる病気で、何度も手術と入退院を繰り返し、医者からも「長くは生きられません」と言われたそうです。

そんな中で、さらに娘さんも交通事故に・・・。幸運にも一命を取り留めたのですが、このことをきっかけに、大谷さんは人生への向き合い方が変わったといいます。

「人生悔いなく生きよう。そして、生かされている命、わたしのやるべき役割があるはず・・・。」

そう考え始めて以降、不思議なことに病気の発病がないのだといいます。

決して治ったわけではないのですが、普通の生活ができていて、お会いしていてもそんな大変な病気をかかえていらっしゃるとは思えないほど、顔色も良くお元気です。

お医者さんにも説明のつかないことって、あるんですよね・・・。



もともとはんこを作るという職業は、かつての師匠がそうであったように、障害者が手に職をつけるために選ばれやすい業種でもありました。そこで、「大谷」も早くから障害者の雇用に取り組んできましたが、大谷さんは、本当にどこにも就職できなくて困っている人の雇用にまで積極的にとり組んでいます。

なぜ、そこまでするのか・・・。


大谷さんは業績が大きく伸びたときに社員に特別ボーナスを支給するのですが、社員を支えてくれている家族にも感謝したいと「家族ボーナス」という制度をつくりました。

まだ新潟だけの店舗だった頃、社長の大谷さんが社員の家を1軒1軒まわって、役職の人の家族には2万円、一般社員の家族には1万円を菓子折りとともに届け、家族の想いも聞いて回ったそうです。

その時に、障害を持つ子供を持つ親の共通の願いは、「自分たちがどうしても先に亡くなります。どうか、社長さん、その後もこの子をお願いします」ということでした。

「一生面倒をみます!」大谷さんはそう約束したのだそうです。

大谷さんは新潟県と他の大手上場企業とも協力して、重度障害者雇用企業「サンバーストにいがた」も設立しました。出資額は県を上回って大谷が一番です。


お話を聞いていると、もはや会社として利益を上げることが目的いうより、どうやったら、「大谷」に来たことによって、関わったことによって、幸せな人生を送ってもらうか、ということがテーマになっているような気がします。そして、そんな会社にしてきたら、結果として売り上げが上がっている・・・・。

大谷さんの姿勢は、これからの会社の在り方として非常に考えさせられるものがあります。


社員を元気にさせるさまざまな「仕掛け」が大谷にはたくさんあるのですが・・・仕事があるので汗またあらためてご紹介しますね。


まずは、大谷さんのお話を聞いていただきたいと思いますラブラブ

新潟の方、放送は15:00から。それ以降は、ポッドキャストでお聞きいただけます音譜

http://www.fmkento.com/podcast/ito-satoko/