鉄道写真とデジタルカメラ(コンパクト・一眼レフ・ミラーレス)の「勝手にひとりごと」

主にコンパクトデジカメ(コンデジ)でデジカメ鉄道写真研究家である板井岳太(イタイ_タケタ)が撮影(一眼レフ・ミラーレスも使用)した鉄道写真について好き勝手に「ひとりごと」を言っています。


テーマ:

京阪6000系01

 

いつの間にか第8編成(6008F)もリニューアルしていました。

 

 

京阪6000系02

 

6000系リニューアル車の内装は13000系に準じたものに変更されていて、扉前のつり革も跳ね上げ式ではありません。3000系や8000系と同様のモニターが設置されており、特急や快速急行での運用時は自動放送になります。

 

 

京阪6000系03

 

窓枠の形状はリニューアル前と同じですが、色は黒色に変更されています。

 

 

京阪6000系04

 

側面の種別・行先表示はLEDに変更されていて、3000系等と同様に日本語表記と英語・ローマ字表記が交互に表示されます。

 

 

(撮影日:2017年5月5日)

 

Photo and Write by Itai Taketa (板井岳太):デジカメ鉄道写真研究家

 

鉄道写真とコンパクトデジタルカメラとデジタル一眼レフカメラの「勝手に鉄道写真館」(by デジカメ鉄道写真研究家)トップページへ戻る

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

遠州鉄道01

 

遠州鉄道は浜松を拠点とする私鉄で、「赤い電車」が走っています。観光用というよりは地元住民の足というイメージが強いです。

 

 

(撮影日:2013年7月13日)

 

Photo and Write by Itai Taketa (板井岳太):デジカメ鉄道写真研究家

 

鉄道写真とコンパクトデジタルカメラとデジタル一眼レフカメラの「勝手に鉄道写真館」(by デジカメ鉄道写真研究家)トップページへ戻る

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

阪急三宮

 

以前は山陽電鉄からの列車は六甲まで乗り入れていましたが、現在は神戸三宮で折り返しており、阪急線内へは乗り入れていません。ただし、三宮に到着した列車は梅田方面の本線上で折り返しますので、回送列車のみ阪急線内に短い距離だけ乗り入れていることになります。なお、梅田方面からの折り返しに使用している2号線(2番,3番のりば)は山陽電鉄方面の折り返しには使用していません。

 

 

(撮影日:2013年6月12日)

 

Photo and Write by Itai Taketa (板井岳太):デジカメ鉄道写真研究家

 

鉄道写真とコンパクトデジタルカメラとデジタル一眼レフカメラの「勝手に鉄道写真館」(by デジカメ鉄道写真研究家)トップページへ戻る

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

京阪淀駅1番線

 

京阪本線の淀駅近くには淀車庫がありますので、京都・大阪方面の始発列車があります。京都方面の始発列車は淀車庫から直接線路がつながっている1番線から発車します。

 

 

(撮影日:2013年6月11日)

 

Photo and Write by Itai Taketa (板井岳太):デジカメ鉄道写真研究家

 

鉄道写真とコンパクトデジタルカメラとデジタル一眼レフカメラの「勝手に鉄道写真館」(by デジカメ鉄道写真研究家)トップページへ戻る

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
京阪8000系(7両)01
 
プレミアムカー改造のため8000系の一部編成が7両編成になりましたが、7両編成は平日朝のラッシュ時に特急として使用されないため、京都側先頭車両の女性専用車両表示が外されました。
 
 
京阪8000系(7両)02
 
2017年2月のダイヤ変更で8000系全編成が7両編成になることに伴い、女性専用車両の設定がある特急として使用されることから女性専用車両の表示が復活すると思われます。
 
 
(撮影日:2017年1月18日,19日)
 
 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

草津川01

 

東海道本線(JR琵琶湖線)で大阪から草津駅に到着する直前に、線路を横切る築堤に短いトンネルがあります。電車からは築堤の上に車が走っているのが見えることがあるので、道路の築堤のように見えますが、川の堤防で両岸が道路になっています。川は天井川になっていて線路は川底の下を通っています。

 

 

草津川02

 

その川は以前は草津川でしたが、今は廃川になっていますので水は流れていません。川底にはトンネルのコンクリートが見えています。なお、現在の草津川は草津駅と南草津駅の中間付近で東海道本線と交差しています。

 

 

(撮影日:2013年5月15日)

 

Photo and Write by Itai Taketa (板井岳太):デジカメ鉄道写真研究家

 

鉄道写真とコンパクトデジタルカメラとデジタル一眼レフカメラの「勝手に鉄道写真館」(by デジカメ鉄道写真研究家)トップページへ戻る

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

 

9月24日からの土休日ダイヤでは快速特急(京橋-七条間ノンストップ)「洛楽」は全て7両編成になっていますので、当面の間は北浜駅の1番線1番乗車位置には快速特急は止まらないことになります。

 

 

 

24日からのダイヤでも全ての2扉車(8000系)が7両編成になるのではなく、8両編成の2扉車も残ります。ただし、8000系全編成に座席指定車両(プレミアムカー)を連結することが発表されていますので、秋の行楽シーズン後もしくは正月ダイヤ後には2扉車が全て7両編成になる可能性もあります。

 

 

(撮影日:2016年9月18日)

 

Photo and Write by Itai Taketa (板井岳太):デジカメ鉄道写真研究家

 

鉄道写真とコンパクトデジタルカメラとデジタル一眼レフカメラの「勝手に鉄道写真館」(by デジカメ鉄道写真研究家)トップページへ戻る

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

フルーツバス停01


長崎県諫早市の有明海沿いにある国道207号線で旧小長井町付近を走っていると道路沿いに果物(いちご、みかん、メロン)や野菜(トマト、スイカ)を模った高さ3mぐらいのオブフェクトのようなものがあります。これは旧小長井町が設置したバス停の待合室です。写真は「井崎」バス停で、諫早方面はメロン、佐賀方面はイチゴになっています(バス停によっては片側にしかないものもあります)。


フルーツバス停02


この「井崎」バス停の諫早方面のすぐ裏は海になっており、ガードレールからはみ出してメロン型待合室が設置されています。


フルーツバス停03


有明海の向こうには雲仙普賢岳が見えます。


(撮影日:2016年5月2日)

Photo and Write by Itai Taketa (板井岳太):デジカメ鉄道写真研究家

鉄道写真とコンパクトデジタルカメラとデジタル一眼レフカメラの「勝手に鉄道写真館」(by デジカメ鉄道写真研究家)トップページへ戻る
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。