Gsuite導入企業はこれでも良いかも・・・

 

PC Watchの記事に、 日本エイサー、Androidアプリが使えるCore i5搭載Chromebox てのがありました。

 

日本エイサー株式会社は、法人/文教市場向けにChrome OSとCore i5プロセッサを搭載した超小型デスクトップ「Chromebox CXI3-F58P」を17日に発売するそうです。記事によると・・・

 

OSにChrome OSを採用し、Androidアプリも実行可能(すべてのアプリが動作する保証はない)。本体サイズが149×152×40mm(幅×奥行き×高さ)と、ほぼ平置きしたCDケース4枚分のコンパクト筐体を採用した。 CPUには4コア/8スレッドのCore i5-8250U(1.6GHz、ビデオ機能内蔵)を採用し、高性能を実現。デジタルサイネージやキオスク端末、POSシステム用デバイスとしても好適としている。

 

だそうです。本国では文京市場向けなどでかなりのシェアを誇るChrome OSですが、日本では認知度も含めてまだまだの印象ですよね。ただ、大企業も含めて、いわゆるGsuiteを選択する企業もそれなりにあって、全てをブラウザのChrome上で完結可能なシステムを利用しているところも増えています。

 

そういった中では、今回のChromeboxも選択肢としては有りなんじゃないかと思います。Windowsに比べて圧倒的なマイノリティですので、Macと同様にセキュリティに関してはかなり安全ですし、Androidアプリも実行可能となっているので、アプリケーションにも困ることはありません。

 

安くて小さくてセキュリティも万全なPCって、企業にぴったりだと思いませんか?

 

中の人は常々、Gsuiteの利用企業様などにはChromeOSをお薦めしてきたりしてたんですけど、「対外的にMS Officeファイルなどをやり取りする場合に、互換性で問題が出るのがちょっと・・・」というような形で導入まで行かないことが多いんですね。

 

それはそれでしょうがないんですけど、それが多くない企業様なんかでしたら、Chrome OSは結構いい選択肢だと思うんですよ。

 

普段よりGmailを始めとしたサービスを中心にご利用の企業様などは、今回のChromeboxなどもリプレイスの選択肢に加えてみてはいかがでしょうか?