まいど!今週のヨサゲなものは2つ!

 

ボーズ、Googleアシスタント対応のヘッドホン「QC35 II」

 

ボーズ(BOSE)は、Googleアシスタント対応のワイヤレスヘッドホン「QuietComfort 35 wireless headphones II(QC35 II)」を発売したそうです。記事によると・・・

 

ボタンを押しながら話しかけるだけで、Googleアシスタントからカレンダーへ予定を追加したり、電話をかけたり、ニュースをチェックしたりできる。Googleアシスタントはスマートフォン単体でも利用できるが、QC35 IIでは、ボーズの技術を活かした精度で音声コマンドを認識。アクティブ・ノイズ・キャンセル技術も使い、周囲が騒がしい場所でも認識してくれる。

 

だそうです。音楽聴きながらGoogleアシスタントが使えるのは便利ですよね。中の人も結構オフィスや自宅では頻繁にGoogleアシスタントの音声検索を利用するので、これは結構欲しいかも。

 

何より、BOSEのQuietComfortシリーズですから、ノイズキャンセリング機能はお墨付き。ブッチャケ、音楽聞かないで、集中のためにノイズキャンセリング機能だけ利用して仕事すればかなり効率上がるかも。必要なときには、ボタン押してGoogleアシスタントを使えば更に効率アップ。むしろ音楽より仕事用にしたいくらいです。

 

お値段が、価格は3万7000円(税抜)とかなりしますけど、ノイズキャンセリングの機能とGoogleアシスタントの機能の融合からしたら、納得の価格じゃないですかね。

 

ノイズキャンセリングヘッドホンをお探しの方にはオススメですよ。

 

・ 1,000種類以上のノートPCで使える85gの超小型ACアダプタ「FINsix Dart」

 

米国のベンチャー企業FINsix(フィンシックス)が開発したノートPC向けの超小型ACアダプター「Dart(ダート)」が紹介されてました。記事によると・・・

 

重量はわずか85gということで、スマートフォン1台分よりはるかに軽い。一般的にノートPC標準添付のACアダプタは、ケーブル部分を除いても300g前後はあるのがザラなので、本製品に置き換えることで4分の1程度になる計算だ。またケーブルがかなり柔らかく、バッグの中に入れるさいもまとめやすくなるので、標準的なACアダプタの数分の一と言われる体積差以上に、荷物の量まで圧縮される印象だ。

 

これ良いですよね。出張とかで、ノートPCを持っていく場合、どうしても1日はバッテリー保つけど、翌日は充電しないと保たないじゃないですか。当然ながらACアダプタを一緒に持っていくわけですけど、ノートPCのACアダプタってかなりでかくて重いものが多いですよね。

 

ノートPCの重さが1Kg前後なのに、ACアダプタだけで200gとか300gとかあったりして、かさばるし重いしで、できれば持って行きたくないくらいだったりしてね。

 

今回の「Dart(ダート)」は記事にもある通り、85gと軽量で小さいので持っていくのも苦になりません。それだけでもこれ買う意味がありますよね。

 

お値段が12,000円ということで、ACアダプタとしてはかなり高価ですけど、今後ノートPCを買い換えたとしても使いまわすこと考えたらそんなにお高くないかも。

 

出張が多く、ノートPCとACアダプタが必須という方にはオススメですよ。この機会に是非ご利用になってみてはいかがでしょうか?

 

では、また来週!

 

 

 

 

AD