石垣島旅行 その3~カヤック | 名古屋発!ワールドトラベラー 瑞杞 のブログ

名古屋発!ワールドトラベラー 瑞杞 のブログ

世界の旅と言葉と食べ物 を紹介!

名古屋から海外旅行へ約20年で26ヶ国。
ドメスティックな語学オタクの瑞杞(みずき)がお届けします。
海外旅行・語学(英仏中韓国語など)・グルメに興味ある人必見・・・かも?


テーマ:

石垣島の3日目は、カヤック


西表島に行って、1日エンジョイコース・・・・という選択肢もあったのだけど、
2日間のダイビングの疲れを考慮して、石垣島の中でのカヤックを探してみた。


カヤックサービス free suits(フリースーツ)石垣島


がWebでヒットしたので、数週間前に申し込んだ。


Webに予約状況が表示されているので、わかりやすかった。
この日は、既に午前が予約入っていたので、自動的に午後の予約を申し込むことに。


午後Bコース:吹通川マングローブカヤック+滝つぼ遊び


1回に1組限定のサービス。
写真サービス。


というところも気に入った。



さて、当日、午前中から天候が不安定。


ちょっと雷音。


昼前に電話が鳴る。雨でもやるかどうか。の確認。


雷はマズイけどーー。
雨だとキャンセルする人もいるみたい。


行く気まんまんで水着に着替えていたので、ちょっとびっくりした。。。



ホテルにお迎えが来て、30分ほどのドライブ。
ガイドさん、以前はダイビングのガイドやっていたらしく、
ダイビング話で盛り上がる・・・



吹通川の河口到着。

他のグループもぱらぱらいる。





マングローブ天然記念物



すぐ向こうは海だ。

マングローブのある川は、海水なのだ。


ドリンクは持ったけど、防水カメラは持ってこなかったので、自分目線の写真がないのが残念。
さすがに、スマホをカヤックの中に持っていく勇気はなかった。


防水ケースには入っていたけれど、ひっくりかえって水没するのが怖かった。
(結局、ひっくりかえらなかったので、持って行っても大丈夫だったけど)




少しのレクチャーで出発。


前方へ進む、後方へ進む、曲がり方、止まり方。


ちょっと練習。




イントラさん1艇、私達1艇。2艇で川を上っていった。


ちょっと漕ぐのに緊張したけれど、すぐ慣れた。



カヤックの前方に私。後方に夫。
私が疲れると、推進力は後方エンジンのみ、となる。




狭い川の中へ入っていく、、、、

おおおお、マングローブ!!



なんか、森林浴に満たされます。。。。!!


ときどき頭上に枝が渡っているのですが、これは、横にはよけないで(船が倒れるから)
リンボーダンスのように体をまっすぐそります。


腹筋が・・・・ぁぁぁぁ


どんどん奥へ。。。

まるでジャングルクルーズのようで、何か動物(ワニとか?!)でも出てきそうな雰囲気です。


途中で休憩。
マングローブの森に入っていきます。


おおおお?!シオマネキの大群が・・・・
見渡す限り、シオマネキ。
(シオマネキ=右のはさみだけが大きい小型のカニ。南国の海近くの湿地にいる)


近寄ると、さっと泥の中に隠れてしまいますが、息をひそめてじっとしていると、
出てきますが、ちょっと手を動かしただけども、気配を察して、穴に隠れてしまうのです。


かわいいヤツだわ。(^^)



休憩が終わったら、戻るのみ。



あっという間に1時間半たってしまいました。


気持ちよかったーーーーっ!!


もっと疲れるかと思ったけど、そうでもなかった。。。。

ちょっと、ここちよい疲れ具合だったわ。




さて、次は滝壺へ。

滝壺遊びは、一旦車に戻って、5分ほどのドライブ。

そこから、川を上っていきます。

滑るから、クロックスでは、無理。マリンブーツを借りて、滑る岩場を歩きました。

慣れないので、滑りそうで、結構、危なかった。
段差も多かったし。


ガイドさんは、慣れてるから、すいすいーーっと。
それに影響されてついていくと、やばいよ。。。おっとっと。。。



滝壺到着ーー。



どぼーーーん!と泳ぐイメージだったけど、そうではなく、少し冷たいしぶきを浴びて森林浴。


帰りもちょっとはらはらしながら、ゆっくりと、絶対に滑らないように、慎重におりていきました。


天候は、ぱらぱらと小雨が降ったり、ちょっと遠い雷音がして、いまいちだったけど、
自然満喫で楽しすぎ~~~っ。


ホテルに帰る車の中では、爆睡・・・・でした。


次は西表島でも、やってみたいな。


カヤック。おすすめ!



↓↓↓↓こちらもよろしくね↓↓↓↓

ワールドトラベラー瑞杞 の 楽しい海外旅行研究所

瑞杞さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス