いそりんの「NO LIMITS」 ~限界を打ち破れ~

いそりんの「NO LIMITS」 ~限界を打ち破れ~

いそりんの感じた日常の多事総論

久しぶりに休みの日が晴天に恵まれました♪
埼玉県杉戸町の田んぼまで、車で1時間かけてやってきました。
溜まりに溜まった農作業をやっつけなくては・・・(^^ゞ
 
今年も豊作だった100×4mの4畝の田んぼです。
ここで我が家の一年分のお米が収穫出来るのです(^^♪
シーズンOFFになってキッチリときれいにしておきましょう(^^)/
 
image
まずは新米を最後のもうひと干しです。
先日行きつけのお米屋さんで新米を精米した時に、乾きが悪くて水分量が多かったらしく機械を詰まらせてしまったのです・・・(*_*;
出荷基準の15%までキッチリと乾燥させましょう('ω')ノ
 
今日は草刈りをしておかなくてはいけません('◇')ゞ
お借りした田んぼはいつもキレイにしておくのが礼儀です。
僕たちが思っている以上に田舎の方は雑草を嫌がりますから。

 

法面と畦もこんなになってしまいました(*_*;
今回やっておけば年内はもう大丈夫でしょうね('◇')ゞ
 
草刈り機を長時間振り回していると、だんだん手が痺れてきます。
本当はちょっとずつ区分けしてやっていけば良いのですが・・・
 
ちなみに田んぼの中はこんな感じです。
稲刈り時に切り藁を満遍なく撒いてあるので、これが春までにゆっくりと腐食して土に還っていくのです('◇')ゞ
土が肥えてくれれば無農薬・無肥料栽培が可能になるのです。
 
第2農園はどんな感じでしょうか?
こちらは思ったよりも草が生えていませんね('◇')ゞ
来月あたりで収穫しに来た時に草刈りすれば大丈夫かな?
 
左から「ブロッコリー&キャベツ」「ダイコン×2」「ニンジン」です。
ええ感じに見えますが、ひと畝ずつチェックしていきましょう(^^)/
 
キャベツ「初秋」は近くの産直から購入した苗です(^^ゞ
早生ですので年内に収穫できるはず。
自宅近くの第1農園のキャベツは中晩生で年明けからの収穫になるので、時間差でキャベツには困らなくなる皮算用なのですが・・・
 
しかし無農薬栽培というのは残酷でもあります(^^ゞ
外葉はアオムシにやられて、まるでレントゲン写真のようです。
しっかりと「テデトール」「スグトール」しておきました(^_-)-☆
あっ、「手で取る」「すぐ取る」のことで薬剤じゃありませんよ(^^ゞ
 
でもキャベツって、外葉はボロボロでも玉は大丈夫なんです。
これからは虫もそんなに活動的じゃなくなるでしょう(^^)/
上手くいけば来月下旬から順次収穫出来るはずです(^^♪
 
image
キャベツの両端に植えているブロッコリー「ハイツ」も順調です。
ブロッコリーも葉はボロボロになっても蕾が着くので大丈夫です。
ここまで身体が大きくなっていれば収穫出来るでしょう(^^)/
 
image
「大蔵ダイコン&耐病総太り」は順調に来ています(^^)/
雨が多くて心配しましたが、高畝にしてあるので根腐りはしていませんでした。
 
image
間引きをして2本立てにしておきました。
1本にしても良い頃でしょうが、去年の栽培で大きくなり過ぎたので、今年はもう少し最終間引きを遅らせましょう(^^)/
ダイコンの葉っぱは美味しいので持って帰りましょう(^_-)-☆
 
image
「黒田五寸ニンジン」も順調に育っています。
ニンジンは発芽さえ上手くいけば、後はそんなに難しくありません。
 
image
株元の雑草をキレイにして、間引きをしておきました。
種まきが遅くなったので、少し遅い生育ですが何とかなるかな?
来月にもう一回、間引きが必要ですね(^_-)-☆
 
image
種から育てた「野崎純2号ハクサイ」は外葉を大きく展開しました。
レタスとの混植なので虫もあまり着いていないようです(^^)/
もう少ししたら巻いていきそうですね(^^♪
今年も美味しい白菜がいただけそうです。
 
imageimage
ニンニク「ホワイト6片」も発芽してくれ、農家さんに頂いたネギ「ボウズ知らず」も定植することが出来ました(^^)/
これだけ栽培すりゃ、半自給自足生活としては充分でしょう(^^♪
 
imageimage
最後に天日干ししていたお米を取り入れます。
水分量を計ってみたら、ちょうど15%くらいになりました(^^♪
この水分量ならば、良い状態で保存できそうです('◇')ゞ
 
image
帰宅途中に田植えを手伝ってくれた友人家にお裾分けを(^^)/
稲作に興味を持ってくれると嬉しいな(^_-)-☆
そのうちやりたいと言い出さないかしら。
 
今日も良~く自然に遊んでもらいました。
ビールを飲んだらキュッと寝られそうですヽ(^o^)丿