二人めを我が家に! かぷりこの不妊治療

二人めを我が家に! かぷりこの不妊治療

35歳から不妊治療はじめました
2014. 1月~ 人工授精5回
2014. 8月~ 体外受精1回
2014.12月  新橋夢クリニックに転院
2016. 4月  女児出産
2017. 4月  職場復帰
現在40歳、働く母2年目&二人目不妊で通院中です。


テーマ:
第2子チャレンジ7回目の採卵日です。


娘は、朝車で義実家に行くことになりました。
私は8時に夢クリなので、私の方が先に出ます。


朝準備をしていたら、娘が起きてきて。
娘「あ、これなに?」(滅多に食べないお菓子)
私「今日ね、おばあちゃんのお家に行くの。おばあちゃんと食べようね」
娘「これは?」(昨日届いた絵本)
私「おばあちゃんに読んでもらおうね」
娘「読んで!」
私「おばあちゃんちのお楽しみにしよう。まず朝ごはんね」

毎日着替えを嫌がる娘も、いつもよりすんなり着替えて。
私「お父さんと、〇〇は、おばあちゃんちに遊びに行こうね。お母さんは病院だから。〇〇、おばあちゃんち楽しみね。猫ちゃんに会えるね」
そう言いながら支度をしました。

娘も「おかあさん、びょういんね」と繰り返して。
私が出かける時には、満面の笑みで。
娘「いってらっしゃーい!」

平日、私は必ず娘と旦那より先に出るので、娘にとってはいつものこと。

おばあちゃんちに行けることは、かなり楽しみな様子。
猫にも会えるし。


用意したもの。
絵本2冊。(まだ一度も読んでないもの)
トトロのDVD。
折り紙。
粘土。
シールブック数冊。

義母と2人の時間は3時間ほど。
お昼前には旦那が義実家に戻る予定です。


さあ、私は採卵。


7:40 夢クリ到着

7:58 5F呼び出し
リカバリールームで着替え。

8:50 トイレ指示

8:55 オペ室へ
私の前で先生が変わったようでした。
消毒が手早く、しかも少し荒め。院長かな。

左側、最初に針を刺したとき、痛!と思う。
麻酔、してるのにね。

2つめは、そこまででもない。

小さいのも2つほど採ってくれて、さすが院長と思う。

右、2つ。
お腹を押されて、刺されたときの痛さ。思わず体が逃げる。
…すみません。動いたら採卵しづらいですよね。


6回刺したんだろうか。


「とりあえず2つです」
という声が聞こえる。
成熟卵あるかな。
変性してませんように。


9:05 リカバリールーム
ゆったり休憩。

9:41 ガーゼを抜くためにトイレへ。
起き上がると、右のお腹が少し痛む。
たいした痛みではないので、そのまま着替えて4Fへ。

4Fで待っている間も、断続的に右のお腹が痛む。
珍しいなあ。
本を持っていったけど、読む気になれず。

10:26 内診
内診後しばらくして、ようやくお腹の痛みが消えました。

10:53 診察
座ってしばらく、先生がモニターを見ていてお話ししてくれない。 
これまでのカルテを読んでいる様子。

通院長くなったしね。

医「えー。採卵ですが、成熟卵が4つ」

ん?!
聞き間違い?

思わずモニターをガン見。

採卵数 7。
MⅡ  4。

4個?!

モニターの中の卵を何度も見る。
間違いない。
4つ、MⅡ 。

医「未熟卵が3つです。凍結できたら、移植ですね」
私「あ、まだ移植はできないと思います」
医「あれ、そうでしたか?」
私「年内は、乳酸菌のサプリを飲むようにとのことで。また採卵に来ます」
医「では、生理が来たら2日めか3日めに」

成熟卵が4つ。
首席も採れてるし、変性してない。

最高記録です。

心が踊っちゃう。


11:39 培養士説明
旦那の成績が見事なまでに良くなくて、全て顕微授精になりました。
成熟卵たちをじっくり眺めて、名残惜しいけどさよなら。
がんばってね。


旦那は、9時過ぎに新橋に到着。
10時前には帰って行きました。
義母と娘とランチしてるはず。娘どうしてるかな。

こちらは、お腹がすいて倒れそうです。
どこかで食べよう。


成熟卵4つは、本当に嬉しい。
どうか育ってくれますように。


Ameba人気のブログ

Amebaトピックス