12/08(土)・資金繰り勉強会【赤字を償却費で調整して黒字、銀行はOKか?】 | 不動産専門 税理士 石村満彦が節税の極意を社長と大家さんに伝授。新宿・船橋・千葉を中心に起業・独立支援、資金繰り支援。

不動産専門 税理士 石村満彦が節税の極意を社長と大家さんに伝授。新宿・船橋・千葉を中心に起業・独立支援、資金繰り支援。

決算書・節税法でお金を残す3つの方法。決算書を見直すだけで30%以上節税に成功し、資金繰りを改善した方法を分かりやすい言葉で解説!


テーマ:

みなさん、こんにちは。
節税提案・税理士 石村満彦です。
 

 

銀行から融資を受けている会社は、毎決算期ごとに

決算書と税務申告書の提出を求められます。

 

 

赤字の場合は、追加の融資は通常、

認められません。

 

 

そのため、黒字にするために減価償却費で

調整する会社があります。

 

 

例えば、法人税法で減価償却費の計上が

300万円まで認められているとします。

 

 

償却費300万円を計上してしまうと

100万円の赤字になってしまう場合。

 

 

200万円を償却不足として計上せず、

償却費を100万円だけ計上すると、

 

 

100万円の赤字が100万円の黒字に

転換します。

 

 

ただし、税務申告書では償却不足200万円と

記載する必要があります。

 

 

償却不足額を税務申告書に記載しておかないと

後で税務上損金に落とせないからです。

 

 

銀行は、税務申告書に償却不足額200万円があると、

会社の決算書を修正し赤字100万円と認定します。

 

 

つまり、減価償却費で利益の調整をしても、

銀行には通用しないということです。

 

 

こういう場合、合法的に赤字対策をする必要が

あります。

 

 

合法的に赤字対策をする方法を

資金繰り勉強会では解説しています。

 

 

中小企業の経営者は是非ご参加ください。
よろしく、お願い致します。
 

 

お申込・詳細はこちらから

http://ishimura.biz/

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
節税提案・税理士 石村満彦でした。

 

 

本メールマガジンの購読解除は、お手数ですがこちらからお願い致します。
http://mail.os7.biz/m/VtVt
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
【発行者】
節税提案・税理士 石村満彦
【節税メルマガ゙登録・解除】
http://mail.os7.biz/m/VtVt
【節税ノウハウが登録すれば学べる!】
http://ishimura.biz/lp/7mailseminar/
【Amebaブログ】
http://ameblo.jp/ishimura-cpa/
【節税勉強会】
https://www.facebook.com/tax.saving.study
【石村満彦公認会計士・税理士事務所】
http://ishimura.biz/
【連絡先】
info@ishimura.biz
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

不動産専門 節税提案・税理士 石村満彦さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス