朗報、世界を救う出来事 | is6689のブログ

is6689のブログ

ブログの説明を入力します。


テーマ:

     天皇の祭祀



夏至の暁、世界を救う「龍」が降臨した。





夕、「戦艦大和」の慰霊塔近くの社に、天から一条の光の矢が射した。これは天羽羽矢(あまのははや)。矢の先に龍の玉?大和(だいわ)は世界平和。万世一系の真実の天皇は世界平和の祭祀を行った、6月21日。


  世界救いの出来事

①6月24日(赤口)

英国がEUから離脱した。思いもよらぬ出来事だった。EUは打撃を受けた。


②7月14日(仏滅)

偽天皇足利明仁氏が「生前退位」を表明した。宮内庁幹部は「事実無根」と言い、官邸は怒った。「現人神天皇」を謀っていた安倍政権とニッポン会議即ち田布施一味は、大打撃を受けた。


③7月16日(赤口)

トルコでクーデター未遂事件が起きた。どうもその首謀者はアメリカに居るトルコ人らしい。今朝(20日)のニュースで知った。アメリカが裏で謀ったクーデターであったとしたら、米国は大打撃を受けた。

トルコはイギリスがEU離脱を決定して以来、明らかにロシヤ寄りになっていた。クーデター未遂事件を受けてトルコはロシアにより接近するであろう。死刑制度をめぐってEUとトルコの対立も起きている。


   戦争阻止神の手

英国がEUを離脱した事で、NATOにひびが入った。世界戦争は難しくなった。日本で戦争に利用される現人神天皇が消えて、日本は戦争が難しくなった。トルコのクーデターは、世界戦争を企む悪の族の陰謀と仮定すると、その陰謀は失敗した。これで益々世界戦争は難しくなった。

EUの負け、田布施一味の惨めな負け、アメリカ、いや、ブッシュアメリカの失敗、世界は戦争阻止に進んでいる。これは万世一系の天皇の世界平和の祭祀に応えた神の手の業と思う。


      龍

詳細は別途にしますが、龍は超古代文明期にそれとして現れていた救い主、キリストです。先天道にその証拠があります。「龍が降りた」という事は世界は救われるという事です。龍を呼んだのは万世一系の天皇、救い主キリストを呼んだのはダビデ大王、真実の天皇はキリスト(天照皇大御神様)の祭主です。日本はキリスト王国です。


万世一系の天皇

イスラエルダビデの子孫

平安天皇ヨシュア

  勝信貴

is6689さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ