(※新しく文字を打ち込んで更新をしていますが、過去日付にて順番に、当時を偲んで?更新する、過去記事を只今お送りしています。)

今日は以前から相談してKさんと共に予約をしていたお料理教室に参加の日です
雨が降るかも?と危惧していましたが、意外と晴れました( ̄▽ ̄)
日中の移動は、とても暑かったです。。。

さてさて。
今回の選択コースはKさんが最近ハマっているポデリッシュで、
夏バテ対策の過去にもテーマとなったお料理のおさらいメニューでした

この所、前回の恵比寿に来た後からスタジオCに行ったり私用で六本木へ遊びに出たり色々で、
朝、何時に家を出たら間に合う電車へ乗れるのかの記憶がスッカリ曖昧になってしまい(←痴呆?)、
どうだったっけ?と思いながらもこの時間なら出来る!と、時間を勘違いしたまんま急いで洗濯とか風呂洗いに勤しんでおりました。

しかし、途中で不安になって時間を調べ直した所、ヤハリかなり早くに家を出なくては間に合わない事に思い当たり、
焦り慄いてすぐ様家を出るとゆ〜ドタバタ劇に見舞われました

間に合わないかもと焦りながら車を走らせ、借りている地元中継駅の駐車場に到着。
それから駅までメチャクチャ走って、何とか乗りそびれた急行電車の次の各停電車に飛び乗れたものの、その電車が走行範囲内の駅のトラブルにより最終的に五分運行が遅れる自体に陥った関係で電車の中は乗客でギュウギュウ。

途中の駅で各停から急行に乗り換える事が出来たけど、ギュウギュウの車内を立って乗らねばならなくなり、精神的にもキツイし身体的にも窮屈な思いをして朝からドッと疲れが溜まりました

それから到着した先の駅で私鉄から山手線へ乗り換えて結果的にはKさんとの待ち合わせ時間には遅れる事なく間に合ったのですが、
とてもスリルある往路だったのです

ともあれ改札で先に来ていたKさんの姿を確認した時は心底、ホッとしました。
そのまま合流して楽しくお喋りしながらTrefle kitchenへ

私達は無事に教室の始まりの少し前に着き、中へ入ってエプロンを付けて席に座りました

机の上に用意されたレシピを見ながら、坂部シェフが手ずから注いで下さったお茶を頂きつつ皆さんが揃うまで談笑するスタイルで、暑い最中の冷たいお茶は爽やかに喉を潤してくれ、とても美味しく頂きました

時間になったので、まずは栄養士の資格を持つ磯ちゃん先生が栄養学の観点から今回のレシピのお料理の組み合わせの説明を楽しく丁寧に行って下さって、
それを聞いた後、更にレシピを見ながら坂部シェフからの調理のコツや手順の口頭説明を受けるのです。

それらが終わるといよいよ、目の前で坂部先生による華麗なる調理の実演が始まります
磯ちゃん先生のアシスタントサポートもいつもながらに完璧で、こんなに呼吸の合うお仕事パートナーと一緒ならさぞかし毎日滞りなく任務が進み、
そしてお互いに気持ち良く時間を過ごせて楽しいだろうなぁと思えます。

今回のお料理はコチラ

{53444E1D-8CBB-41FD-B414-411385B44C2F}

主食はお蕎麦です。

旬の素材が盛り沢山で、ネバネバ素材の品が中心。
夏バテにはネバネバ素材の食材が最高に良いそうで、山芋や納豆なども使われてます

同じ内容ですが、私のテーブルに配られたお皿はコチラ↓

{48574ABA-60D1-4046-928D-12BA164BB9DD}

皆さんで美味しく頂きました
今回は男の子の赤ちゃんが一人と未就学児のお嬢さんが一人、お母様に連れられて参加なさっていました。

賑やかで楽しくて、美味しくて!
素敵な時間を今回も過ごせて幸せです

ゴーヤの入ったお料理がとても美味しかったし、スープも何とも言えない甘味があって旨し…

皆んなで参加する盛り付けは、上手く出来る自信もなく、その面では何一つ信頼されてない気がして総合的に苦手なので…
さり気なく下がって皆さんが働く様を眺めていました。。。

こゆ時に率先して動ける人が羨ましいけど、私には無理だなぁ。
役に立たないの、分かってるもん
もう、ただただ気持ちがあるだけなんだもんなぁ
人様の迷惑を考えると、一歩も動けません。
出来そうな事しかする勇気がないヘタレ。

…で、下がっているともうお一方、今回一緒になったとある女性が同じ様に遠巻きに見ているのに気付いたので、その方と二人でボーッと見てました。

その方も見る専門とか仰ってて勝手に親近感を沸かせていましたが、その実、出来ないとか関係なく単に面倒だから何もしたくない人だったのかも?( ̄▽ ̄)
まぁ、積極的に動く能力の無い私とやってない点では一緒だし、どっちでもいいか。

その後、お茶とお料理を頂いてから手分けしてお片付けを行い、それには極力参加しました。
洗われたお皿を拭く位ならこの私でも出来る…っ!

そして本日のお代金を支払ってからKさんと相談して来月の教室の申込みをしました。
私達は先生にご挨拶をして教室を後にし、お別れする前に少しお茶をしたのです

場所は悩んだ挙句、結局前行ったアトレ別館にある猿田彦珈琲さんで一時間強、過ごしました。

…ところで実は今日、4週に一辺あるダスキンの集金交換日だったんですが、Trefleさんに出掛ける為にお支払いが出来なかったのです。。。

我が家は私が結婚前の義母の代から長年ダスキンの交換サービスと契約をしており、
私が嫁いでからは引き継いで対応する様になったのですが、
何代目か営業さんが変わって、今最高潮に相性の悪い男性が担当になっていました。

以前今の担当と変わったばかりの時の事。
こうして私が家を留守にする事が多いので、未納集金が何回か嵩んでいた事がありました。

代々、基本的には営業訪問日を変えるよりかは次月に纏めて支払う対応をされて来ていたのですが、
ある年に年末を跨ぎそうだったので私が悪いなと心苦しく思って自主的に営業所に連絡し、
何とか年越し前にキチンと支払う方法は無いか相談したところ、
今回は纏めて振込用紙でコンビニ入金で対応して貰う事が出来ると回答があってお支払いをしました。

すると、年が明けてその営業担当が一月溜まっただけで支払いを振込用紙で…とか言い出し、
…は?と、思ってました。

で、あの時は年末前に支払いたかったから振込用紙で対応をお願いしましたが、毎回は嫌だと伝え、
もし無理なら日を変えて在宅時に集金交換に来て貰えたら…と言うと、そのままで。
とゆ〜話になって、イラモヤした事があり。

更に、いつも訪問日の朝に電話を掛けてくるのですが、朝にかけてくるその時間はバタバタしていて電話に間に合わない事が多々あったんですけど、
したらその人、電話する日を訪問日の先週末とかに変えて来やがりましてな。

何だかやることなす事、イライラするのです。
払うわ。
居らへん時に来んなや
と、内心ムカムカしていました。

でも、留守の時はキッチリと払えてない負い目もあって罪悪感から何も言えずにモヤモヤを胸に抱えていたのですが、
その人が一向に担当のままで変わらないので、ずっとコイツなのか…?
と不満でした。。。

そんな思いをお料理教室の参加日付の打ち合わせ時にKさんに愚痴りつつ、
ダスキンが来る日は参加を避けたい意向を話したんですが、
Kさんも過去ダスキンと契約をしていた事があって、その時は同じく集金日に縛られる日々にストレスを感じていたと共感を得たのです。

ソイツの対応にあまりにも腹が立って、一度ヤケになってダスキン自体を解約しちまおうかなと思った事もありました。
でも、玄関マットの契約をしてしまっていたので解約もできず、モヤモヤ。

…さて。Kさんの場合、モップの代金だけだったのでお金を用意して玄関に置いといたという話をしてくれて、
それはイイかも!と、来月はそうする事にしたのです。

しかし。
それを決めた矢先、先週末に例に違わず、そいつから電話があり、留守と伝えつつも我慢がならなくなって、玄関にお金と交換モップを置いておくから勝手に交換してお金も持ってって〜と伝えて電話を切った出来事の経緯があり。

そして、お金をとモップの古いやつをすぐさま洋服を買った時のビニール製の袋に入れて玄関にセット。
このままぞんざいに郵便受けに入れて置いてやる…!と、息巻いておりました。

ただ、段々とずっと奴が来るのかと思うとやはり嫌になっていても立っても居られず、
納品書に書かれた営業所の番号に電話をしたのですが、通じませんでした。

よく見ると、裏面に総合案内所の番号がフリーダイヤルで印刷されていたのでそちらに掛けることに。

コールセンターの方が丁寧に対応して下さる中、営業所を変える事は出来ないか問い合わせ、
営業担当さんと合わないとだけ伝え、営業所の責任者の方からのコールバックを待つ事に。

その際に私の名前と我が家の契約内容を伝えたら、そんなにたくさん契約を…?と言われて、
尚丁寧に対応して下さって何となく溜飲が下がる思いがしたのです。


暫くして、その日の内に営業所の所長と仰る女性の方からコールバックを頂き、
義母の代から脈々とどうやら20年程契約が続いていた様で、
凄く丁重に対応して頂けたので、営業所は変えない事にしました。( ̄▽ ̄)

ただ、再来月に霊の営業担当は退職する予定だったらしく、切れるタイミングが早計だったかも…と思ったのでした
退職するならクレームつけなきゃ良かったなぁ

ずっと通ってくるならともかく、辞めた男の事などどうでも良い訳で。
あーあ。タイミング悪っ!…

後の祭りって言葉は正にこんな感じを表しているのですね。。。

でも私は今迄の鬱憤を晴らすかの如く、手始めに今日から早速、
そんなにキッチリと金が支払って欲しいならくれてやるわ企画を雑に敢行しています( ̄▽ ̄)
即ち先日予め用意をしていた丸裸の代金キッチリと代えモップの先を入れておいた袋を無造作に郵便受けに突っ込んで家を出てきた訳です。

てな感じの経緯があった事をKさんに打ち明ける話も含めつつ、色んな話を楽しみました。
2人が対面に座れる小さなスペースの席だったので何やら尻が痛くなりながらのそれでも止められない(笑)弾丸トーク!!

Kさんが先日、海外旅行をされた話とかも聞けたりしてホント、楽しかったです
今回はカフェモカを頼んでみたんですが、私の中ではカフェラテの方が良かった。

今度からココでお茶をする際はカフェラテ一択かな?とも思ってみたり。
マドレーヌも頼んでみたけど特に感動する程美味しいとも思えずでした。。。

そんな訳で、教室を終えたばかりだというのに長時間Kさんの身柄を拘束してしまいましたが、
そんな楽しい時間もアッと言う間に過ぎ去るもんで、夕方になってしまったので今日はこれにてお別れして、お互い家に帰る事になりました。

その後私達は、山手線のホームから各々の方面の電車へ乗ったのです。

お料理教室へ美味しく参加してからの楽しいティータイム
それから自宅へと戻って郵便受けを確認すると、中にはダスキンの新モップが無造作に入っていました。

そこで、ヤッパリ最後まで合わねぇ営業だとゆ〜事実を再確認しました。
クレーム入った事は、そこはかとなく伝わってる筈だけど、こんな感じ?と思うと、
モウ来月までと言わずに速攻で辞めてくれて構わないわ…( ̄▽ ̄)という気分になりました。
何となくね。。。

それから、娘の宿題と自宅学習を経ての夕飯。
ダスキンの水面下での嫌な受け渡し事情さえなければとても充実した1日ではなかったかな?と思いまちゅね〜ニヤニヤけっ!
AD
(この記事も過去日付での過去記事更新です。記事自体は18日に書き下ろしているので目に触れないまま終わる事もあるかもですが、自己満ブログなので誰が見ていなくても独りで書き進めています♪

パイレーツオブカリビアンの新作が映画館で放映されてますね!

フジテレビでは、毎週土曜日に旧作を全てテレビ放送してくれてました。
ウチは家人が家にいる時につけるチャンネルの定番として目的もなくフジテレビを垂れ流す家なのですが、
その流れで放映し始めたパイレーツオブカリビアンを娘が気に入ってしまい、
毎週見ているのですが、夜遅くなって眠くなる分は分けて別の日に録画で続きを見るスタイルで全作を見ました(笑)

新作も見た〜い!
と言うし、私や恐らく主人もテレビで見てる時は内心楽しんでいたので、
今日はみんなの希望でこの映画のチケットをネットで取り、イオンシネマへ行きました。

先にチケットを取りに映画館へと向かい、発行してからチラッと娘の学用品の追加などの買い物をしたのですが、
駄菓子屋で娘がオモチャを発見し、それも主人が買わされました

映画は昼からの回の物を予約したのですが、早めに行ってお昼ご飯をイオンで食べようとゆ〜事になっていて、
喫煙席のあるサンマルクカフェに行く積もりだったのですが、日曜の昼時でお客さんが一杯
仕方なく一階のスタバへ行こうとしたのですが、一階のスタバの前のフロアにはイベント広場があり、
運悪く、地元のダンスチームのダンス披露会が開催される予定とガッチングしてしまったのです

何故運が悪いかと言いますと、お披露目を予定されていたチームの中に娘のお友達が属するチームがエントリーされており、
偶然その子の家族の弟君と娘が鉢合わせしてしまったのです…

映画のチケットを支払いも発行もした後の事。。。

な  の  に  。

お友達の女の子のダンスが見たい〜!
映画なんてどうでもいい!!

とか言い出すよ、このオナゴは。
そして、弟君と遊び出しました。
まだどちらも始まるまでには少し時間があったので、弟君とその辺をウロウロとして追いかけっこしながら遊び始める娘を放っぽってスタバで簡単に腹を満たす事にした私達…。

最初の注文レジが結構混んでいたので、途中で注文を私に丸投げして席取りをしてくれていた主人。
私が並んでいる時間にも二人がチラチラとやって来ては楽しそうに何やら語ってまた去って行くを何回か繰り返していた。

やっと私の番が来て、注文と支払いを済ませてからカウンターへと移動して注文の品を受け取ってから奥に取ってくれていた席へと向かったのです。。。

弟君とその家族に会う前に娘が喉が渇いたと言っていたので、スタバのオレンジジュースのパックを一つ、買っていました。

席で私と主人が食事をしている間に娘達はその席へは現れず、飲食が済んでから外へ出ると、ダンスの発表が始まっていました。
立見のお客さんを掻き分けて後ろ頭の間から、お友達の家族が座っていた観覧席の場所を見ると、
お友達のママのみで弟君も娘の姿も見当たらない

アレ?と思って探していると、お友達のパパさんが、一番末っ子の娘さんを抱っこしてキョロキョロしながら歩いているのが見えました。
なので、挨拶がてら声を掛けて、もしかして弟君を探してます?と尋ねてみると、
あ、ハイ…と、相変わらずヨソヨソしくて素っ気ない

奥さんはフレンドリーなんだけどなぁ。
と思いつつも、すみません、ウチの子と一緒に遊んでいると思うんですが、見失ったので探しますね…と、伝えてそれから主人と手分けして探す事にしました。

程無くして主人が二人をキャッチ!
外の入口の玄関先に出ていた出店の前で遊んでいたらしき二人。

もうダンスが始まってるよ!と言うと、弟君はしまった!といった表情で家族の元へと戻ろうとしたのですが、
観覧席との境目にロープの外は人だかりで中へは辿り着けず…

で、パーテーション仕切りの脇からなら子供がすり抜けられる程のスペースがあって、
そこから行きな…!と促すと、弟君は無事にママの元へ。
ふと見ると、パパさんも末っ子ちゃんと既に席に戻っていて、探していたんじゃなかったのかな…?と、よく分からず

ま、まぁ見つけられて、戻れたから良かったのかな。

娘は暫くその隙間からダンスを覗いていましたが、よく見えなかった上に、その内にお友達の出番が終わったみたいだったので、
モウ映画の方へ行く事には不承不承ですけど納得が出来た様です。

ただ、もう上映時間を過ぎていると知ると途中からになるんじゃない?
と、その事を気にして見る気持ちが半減した感じでした。

が、私達も料金を支払っていたものだから( ̄▽ ̄)メゲずにマダ予告が長いから間に合うかも!とシツコク粘って娘を映画館へと必死に誘導しました。。。

そして映画館のエリアに着くや否やポップコーンが食べたいと言い出し、
娘と私が一先ず映画館内へ向かい、後からポップコーンを買って主人が追って来てくれる事に。

チケットをもぎりの係員さんに渡し、3Dメガネを受け取って中へ入ると、念の為に…と、トイレに入っておく事に。
それから映画館の上映シネマの部屋に入ると、ソッと席に着きました。

まだギリギリ予告上映しており、本編に間に合ってホッとしましたが、買い物した荷物などの整理をしているとビニール素材の袋がカサカサと音を立ててしまい、周りが気になってドキドキしました

暫くして主人が戻り、ポップコーンやら飲み物やらが入ったデッカイトレーを持って来たのですが、
映画用にとスタバでオレンジジュースを買ったのに、新たに映画館でも娘のジュースまで買って来ており、小声で要らなかったのに…!的なやり取りの応酬をしつつ、
スタバの方は持って帰れるから後にする事にして袋にしまい、何とか騒動も落ち着きました。

その後、タイミング良く本編が始まり3Dメガネを掛けて映画を楽しんでいたのですが…。

後小一時間程で終わるという所で、娘が突然、飽きた…!
と言い出し、モゾモゾと落ち着かなくなってしまったのです

何とか最後まで大人しく見て欲しいと思ったのですが、他に近くで観ている人の居る中で説得は難しく、パパが娘を連れて出ると言い、
そのまま家に連れて帰ってくれる事になりました

車は?と小声で聞くと、二人で歩いて帰るから…と

なのでポップコーンが入った大きなトレーや買い物の荷物を置いて行ってと伝えて、主人は娘を連れて退場。。。

確かに、今迄のシリーズに比べると今作は娘が好きなエリザベスがヒロインではないし、何だか終始暗い雰囲気で子供からすると怖いので、この映画のファンの人以外には退屈なストーリーだったかも知れないなぁと思うけど、
観たいと言っておきながら帰りたいとか、ホント娘が幼過ぎて辟易します

私はせめてもの元を取る為に残り全部観ましたが、最後に全シリーズに出て来ていた馴染みあるキャラクターのバルボッサがあんな事になるなんて…!と、4週に渡って一気にテレビで全シリーズを見てきた私としては、チョット涙無くして見られず…。

最後にウルっと来てしまいました。

そして上映のストーリーが終わり、エンドロールが始まった時に最後まで見たい思いはありましたが、我慢して遅蒔きながら、私もシネマを出る事にしました。

買い物荷物とトレーを持っての退散。
まだ出口には係員さんも居ない中で通路に置いてあるゴミ箱にゴミを捨ててトレーを重ねて返却場所へと返し、映画館フロアの外に出た時に主人へLINEメッセを打ちました。

今どの辺?

…まだ途中ならば車で拾って帰ろうかな?と思ったのです。
送った直後に館内放送が掛かり、ミニオンズのキャラクターと限定で写真が撮れるイベントが始まるとゆ〜お知らせがあったのですが、
娘は既にイオンには居らず…。

居たら喜んで参加してただろうなぁと思うと、バカだなぁ…と思えました。
その後、LINEに返信があってもう時期に着くよ〜との事。

お疲れ様。
じゃあもう観終わったから私もすぐに帰るね!
ミニオンズのキャラクターと写真が撮れるイベントが始まるってお知らせされてたけど、参加出来なくて残念だったね、ニーナは…

みたいな内容を返信。
そして速攻で車に乗り、私も帰宅をしました。

帰ると娘は弟君と遊んでいて、私が持ち帰ったパパに買って貰ったオモチャを出して早速、遊び始めました。
娘は弟君とそのオモチャで遊ぶ約束をしており、気が早る中で映画が退屈だったので駄々をこねて帰りたかった様です

主人は、暑い中歩いて帰らされたにも関わらず、
以前からとても気になっていたらしい庭の草むしりをどうしてもやらなきゃ!と思ったのか、
ひたすら懸命に草むしりに励んでいました…

働き者のDNAって、凄まじい。。。
やりたくなくても、やらなくてはならない思いに急かされてやっちゃうのか…。

対して私は怠け者のロクデナシ女。
何もヤル気にならなくて、困る。
実の両親共に、働き者の筈なんだけど、何でこんなに駄目になったんだろう。

頑張る主人の姿も知らぬまま、暑い部屋でゴロゴロしてました。
先日感じたすっぽん小町の威力はどうやら、幻だったみたいです。。。

暑い中、限界まで頑張った主人は汗だくになって働き、その夜にはヒットポイント1程にまで落ちていました

かわいそうに。
暑い中、徒歩で帰って来た時点で休めば良かったのに、何故それ以上に頑張るのか?

ふと、頭に浮かんだのは蟻とキリギリスのお話。

キリギリスの様にロクデナシな私の身の上に訪れる罰は何なんだろう?
蟻である所の主人が、この先報われる事をひたすら願う私です。

怠ける私の身の上に因果応報の不幸が訪れ、
私のこの先の幸運が、頑張る彼の身の上に全て譲り渡した上で極上の幸せに包まれるといいのにって思います。

…唐突に話は戻るけど、パイレーツオブカリビアンは今回で最終話なんだろうか?
キャプテンスパロウは海賊として生き、色っぽい話はこの先無いままなのかなぁとか思うと、何となく…不憫。( ̄▽ ̄)
AD
(お久しぶりです!今回は、過去日付での過去記事更新です。何だかバタバタしてたり妙にグッタリしてたりで放ったらかしになってました

数年前から私が通い始めた足もみのKMRさんは、何と今年で40周年になるそうなんです!

40年って、何気に凄くないですか? 

何せ、人1人がオギャーと生まれて40歳になる年月相当って事ですもんね。
それだけの年月を和智院長先生はその腕一つで駆け抜けて来たのかぁ…と思うと、単なる一会員でしかない私なのに感慨深い気持ちになります。

歴史を重ねるって、1日1日を築く訳だから幾らお金を払っても買える性質のモノではないのでとっても貴重な宝物だと常々思っているのですが…。

それにしても、やはり40年とは素晴らしいとつくづく思います。

それまで精々足つぼマッサージやリフレクソロジーを好んでリラクゼーションサロンへ趣味的に通う位だった私が、KMRさんの大元となった官足法自体の存在を知ったのは高々、数年位の程度の事。

キッカケは樫木裕実先生の旧スタジオ時代にインストラクターでいらした、故・MICO先生からのレッスンで教わった足もみの健康法でした。
それに感銘を受けて、官足法の事を個人的に調べる内にネットで行き着いたのが今の移転前のサロンで経営をされていたKMRさん。

当時の私は官足法のセルフ揉みへ大いに興味があって、大元本式の事務所が公認している官足法を直に受けてみたいと思っていた。
で、地元からも通えるお手軽な距離にあったのがココだったとゆ〜事でご縁でスタートしました。

今や、セルフ揉みの志や何処?と言わんばかりのお任せっぷりなのですが
KMRさんも新しいサロンを構えて高い技術力はそれ以上となる上に、内装もゴージャスに生まれ変わり、素晴らしい飛躍ぶりを発揮されており、ヘナチョコ会員の私はただただ、圧倒されるばかりです。(笑)

それに伴って院長先生御自ら手掛けて下さるプレミアムコースも始まり、
私も今や大ハマリで毎月、精一杯可能な範囲でそちらのコース一択で大変お世話になっております

そしてそのKMRさんからありがたくも40周年の祝賀パーティの招待を受ける事が出来、
喜び勇んで参加させて頂く事に決め、この日を迎えました

お天気も気持ちの良い晴天で、正にこれからのKMRさんの明るい未来を示しているかの様な1日
招待状を確認するとドレスコードの指定はなくて平服で、との事でした。

平服…。
無知な私がネットで調べると、
平服ったって、祝賀会に参加するんだから普段着って意味じゃないからね、小汚いカジュアルなんて一番ダメだよとの注意書きが

まぁ、小汚い格好で行くつもりは更々ありませんでしたが、普段着じゃダメなのねとゆ〜無知っぷり。

だからと言って、畏まった格好で無くても良い様なので、手持ちのアクシーズファムのお洋服の中から普段着では無さそうな、
それでいて年甲斐も無い感の無い無難なお洋服を選んでそれを着て行く事にしました( ̄▽ ̄)

良いお天気なので日傘があれば良かったんですが、実は私、日傘を持っていません
あまり日の当たる場所を出歩かないので帽子で十分かな?と考えて持っていないのですが、
今日は帽子を被りたいなぁと思いつつも、今すぐ出せるのはスタジオCのキャップのみだったり

スタジオCのはカワイイんだけど、カジュアルスポーティ過ぎて今のカッコには明らかに合わないので、被っては行けない…

参加費無料との事でしたが手ブラで参加するのもどうかと思ったので、手土産を買う為に早目に家を出て立川のデパートに寄る予定にしていたので、
ついでにフェミニンなデザインの帽子があったらこの機会に買っちゃえ!と思い付き。
そして以前、主人から貰った商品券もあったので軍資金の足しにする事にしました( ̄▽ ̄)

格好が相応しかったかどうかは謎です
こゆ時に己の姿を客観的に見立ててくれて意見をくれる様な同行者が居ないって辛いよね
40超えてアクシーズファム着てく時点でOUTカモですがね。

まぁ、仕方ないか。

さてさて。
そうして招待状を鞄に入れて家を出て、いざ立川の伊勢丹へ…。

手土産は、薔薇好きの院長先生を思って以前からギフト用品売り場階で見掛けて気になっていた薔薇を含めた綺麗なお花のプリザーブドフラワーが閉じ込められたガラスドーム型の置物達の中から選んで贈る事にしました

しかし、専門店として店構えしてない売り場に見本しか置いていない置物をどうやって買えばいいのか分からなかった私。
その辺にウロウロしている店員さんも捕まらなくて売り場に立ち尽くしていると、
そんな私を見兼ねたのかやっと声を掛けてくれる女性店員さんが居ました…

その時の私には、スゴクありがたかった。
客に見えない私が悪かったのかなぁ?
しかし、見えなくても客に違いないので、こゆ売り方をするなら少なくともガン見してる人に対して積極的に声掛けする接客をしてくれればいいのに…
と、心折れかかった私でした。。。

取り敢えずその店員さんに、このデザインの物を買いたいです。
と告げ、その在庫を捜して出して頂きました。

商品は幾つかあり、元は生花を加工しているので仕上がりの表情が微妙に違うからお気に召した物を選んで下さいと目の前に並べて頂き、
その中から花弁が小振りだけど形の良い薔薇のモノがあったので、それを指定して購入する事に。

店員さんはそのままレジまで同行して下さって、その後に私が品物の代金をレジで支払うと、今度は接客を引き継いだレジ担当の店員さんからプレゼント包装を待つ間に持つ番号札を渡されて呼ばれるまでの間を少し、待つ事に。

そのレジ前の売り場にはキッチン用品も並べられていました。
なのでついでに、お出汁の漉し袋を洗う用の専用洗剤とか売ってないかなぁ?と見ていると、何となく気になる洗剤が。
でもなぁ…?と迷っていると包装出来ましたとお呼ばれ。

慌てて引き取った後もその商品をチラチラ見ていると、別の売り場店員さんが声を掛けて下さったので質問してみると、色々と親切に対応して下さいましたが、漉し袋に適した洗剤は残念ながらありませんでした

仕方なく諦めて店員さんにお礼を言ってそのフロアから退きまして、
お次は二階まで降りて帽子のコーナーを見てみる事に。

今の時期は麦藁素材のお洒落な帽子が並べられていて、デザインは素敵だけどお呼ばれの席で麦藁帽はどうかな…アカンやろ。
と思って逡巡。
帽子は便利だけど取った時に髪が乱れるので室内で被り続けていても遜色ないデザインのモノが良いのでは…?と悩みました。

そして、その売り場の店員さんに色々と相談した結果、ベレー帽を勧められたのですが、生憎伊勢丹では今の時期は来週の売り出しの準備の為に品数が充分に揃っておらず、
来週ならオススメできるものが多数入る予定だと案内して頂いたものの、それだと遅いのでベレーは諦めてお断りし、別のを試してみる事にしました。

そこで最終的に見付けて買ったのは、カジュアルな感じだけど布素材でリバーシブルにも使えるANNA SUIの帽子でした。
その中にベレーもあったけど、カワイイが私には派手過ぎる上に若過ぎてて似合わなかったので辞めました( ̄▽ ̄)

なので、その布の帽子の方を買う事に決めてレジを済ませ、そのまま被って帰ります☆
とタグを外して貰いました

そうこうするウチに丁度良い時間になったので、駅から電車に乗って快速でお隣の国立駅へと移動。
パーティ会場の途中にある国立のファミマに立ち寄り、振込用紙で支払うとある代金の入金処理をお願いしてから再び会場へと向かいました。

KMRさんのサロンの隣で15:00〜受付との事だったのですが、その5分前位に着きました。
会場が近くなると、それらしき招待客の方々の姿がチラホラ…。
皆さん、ちゃんとしたお洒落な格好をされていたので、普段着にしなくて良かったとコッソリ胸を撫で下ろしていた私でした
(趣味の良し悪しはともかく、いちお、場違いな格好ではなくて安心的な…?)

…中に入って周りを見回し、被っていた帽子はヤハリそっと取る事にしました。( ̄▽ ̄)

入口の前にスタッフの石垣さんの姿を見掛けて、知っている人の存在により、私の中の安心感が噴出(笑)
思わず駆け寄って、盛大にご挨拶をしてしまいました。

石垣さん、前のサロンに通うウチにいつの間にか足揉みスタッフさんとして加わっていらした方でしたが、性格がおっとりしていて対応も優しくて素朴で心を感じるお嬢さんなので、
そのお人柄がとても好きです

今日も、ボッチ参加で緊張していた私の心の拠り所になってくれた方でした(笑)
入口には他に、院長先生のご子息の弟さんの方が立っていらしたのですが、初対面なのでどなたか分からずニコヤカに会釈しながらのスルー

石垣さんとのご挨拶を終えた後、受付をされる方の列に並んで待ちました。
中には受付に副院長さんや補助スタッフの相葉さんのお姿が。

先程のご子息の弟さんの奥様で補助スタッフの信子さんのお姿もチラッと見えましたが、手を振ってみたけど気付かれず、皆さまはそれぞれのお役目にお忙しそうでした。

受付をする際に副院長の佐久間さんや相葉さんにご挨拶をしながら手土産をお渡しして、信子さんに案内されつつ用意された席へと向かいました。

一室のフロアの中には各テーブルが幾つか並んでおり、前の右端に司会席と、中央にはステージがありました。
KMRのスタッフさんが総出で飾り付けた二色の風船が壁に這ってかわいらしくディスプレイされていて素敵でしたよ
皆様から贈られた色とりどりのお花もたくさん!

テーブルには、ウエルカムドリンクとして心尽くしのお茶とお水がペットボトルで用意されていました。

私が座る席にはKMRの会員さんばかりが老若男女混じって集うお席で、一番右端に位置しています。

同じ会員だけれども、見知らぬ者同士。
でも女性なら気遣いを見せてお酌とかをした方が良いのだろうか…?
でもなぁ。

と、主婦でありながら女性ならば兼ね揃えていたい女子力が無い私としては内心ビビっていました。

で。
結論として、ババァな私は下手にスキルもないのに出来る風を装って迄出しゃばらず、
周りの若そうな女子に丸投げする事で様子見…(卑怯者)

て、手酌でいいぢゃんか。お互い。だって自分が飲食したい物なんだし…(←ダメ女の心の本音)

近所のお節介オバチャンのレベルにすら達せない終始使えない私でした
こゆのん、苦手ん。。。

私はと言うと、お水を頂く事にしました。(手酌で)

さて。手元には、受付で渡された式次第がありました。
タイムスケジュールは記されていません
ですが、何と始まるのは15:30〜だったのです。
途中でカナリ暇になりました

お呼ばれした席でズット携帯を弄る訳にも行かず、式次第を見たりしつつも最後の方は何もする事が無くなり、ただボーッとして時間が経つのを待ってしました

そんな感じで待っていると時間になり、司会者が裕貴先生で、待ちに待った式典が始まったのです

院長先生や来賓の方のご挨拶が順番にありまして、来賓のご挨拶がお二方ともスゴク長めで尺は大丈夫なのだろうか…と余計な心配をしつつ、進む式典。

そして歓談タイムに入り、院長先生が選りに選ったとゆ〜ケイタリングのお料理のどれも、美味しい事!
乾杯の際には、シャンパンが用意されていて、私も最初に注いで下さった一杯だけはチャッカリと頂きました

他にもビールや日本酒、シャンパンのお代わりなどの瓶毎の追加がドンドン出るわ出るわで、デーブルは大賑わい(笑)
皆さま、お酒好きの方が多かった様で沢山呑まれておりました。

私は飲めない分、お料理をたらふく(笑)頂きましたが、こういった席では普通、一度並んだモノが売切れてしまうとソレで終わりというのが慣例なのではないかと思っていたのですが、
お料理の席に食べ物が無くなっても無くなっても新たに出てくるので、
何て太っ腹な会なんだろうと、院長先生のお心遣いを思って感謝・感動するばかりでした。。。

他にも楽しい◯×ゲームや、長期会員さんへの感謝の席など、短い時間に濃い時間を過ごせる企画が盛りだくさん!

メインは何と言っても、麗しき院長先生の華やかな芸能活動時代のお姿がふんだんに紹介されたKMRの歴史スライド!
院長先生は元美容家からスタートし、女優やモデルを生業として若かりし頃を駆け抜けた貴人だったのです

とても素敵なスライドを制作されたのはご子息の弟さんの側のお嫁さまであられる信子さん
とってもとっても素敵なムービーでした

あのデータ、欲しいな(笑)
一回こっきりの上映で終わるには惜しい様々な歴史の詰まった20分のスライドショー。

眼福でした

感動的なシーンはまだまだあって、長い期間を共に支えたKMRのスタッフさん全員に、院長先生がサプライズでアクセサリーのプレゼントを用意していた事も明かされ、
一人一人に受け渡されるシーンも胸に焼き付いています。

主任さんや足揉みスタッフの葛西さん、泣いてました

お忙しい時代も今も尚、皆さんで一丸となって頑張っていらした歴史に院長先生の感謝の心が形になって贈られる様は見ていて何だか、コチラまでウルウル…。
心洗われる…。

何て美しくて羨ましい絆なんだろ。
そんな人間関係、私も築きたかったなぁ。。。

そんな風に楽しくて微笑ましくて、楽しい時間も過ぎて行きました。
それも、ボチボチとお開きになります。

最後に部長さんこと院長先生のご主人でもある実はお偉い(笑)和智さんがシンプル過ぎる締めの言葉を一言発し、終焉となりました( ̄▽ ̄)

ソコ、とても部長さんらしくて笑えました。

最後に出口で院長先生にご挨拶をしてからポッカポカの心で帰宅。
帰宅時間がべらぼうに遅くなる程のパーティではなかったので、コッソリと帰れて良かったです(笑)

あんまり素敵なパーティだったのと、他の方がご祝儀を渡されているのを見て、
置物だけでは足りない気がしてきたので、後日着で院長先生宛てに感謝の気持ちをと思い、
私の大好きなお店でクチコミ評判の良い薔薇の花束を贈る事にしました

翌週に受けたプレミアムコースでいたく歓迎された薔薇の花束がコチラ!↓
(院長先生がこんな風に生けて下さったそうです

{475AF44F-A967-4B09-8662-7DC9E360E2A1}

プレミアムルームの演出に貢献出来たでしょうか?(o^^o)
AD
七夕ですね〜

今日の関東方面は晴れ間の見える日でした。
大体七夕の時って例年雨の確率が多いので、晴れの日をあまり期待する事も無かったのですが、
本日は、予約した時から待ちに待ったスタジオCでお昼に少人数制のトレが行われる日だったのです。

しかしながら数日前、日本列島にやってきた台風3号の影響で梅雨前線も刺激されてしまい、
深刻な災害を受けてしまった地域がある中で、今も落ち着き始めてはいるけれども気候にまだまだ予断を許されない状態の様です。

とにかく、これ以上メチャクチャにならない内にサッサとおさまって欲しいです。
台風が去ったからといって、被害に遭われた地域が負った物理的な傷が癒えるのにどれだけの月日を要する事かと思うと胸が痛い。。。

今や自然災害は誰にでも起こり得る事なので、いざ家が…となった時にどうすれば良いのかなんて私にも絶対に分からなくなるだろうなと思うと、
今まさに該当地域へお住いの方の気持ちを考えると、途方に暮れてしまいます。

どうか、1日も早く復旧が為されます様に。
今はただただ、そう願わずにはいられません。

何事も起こらなければ、単に能天気に七夕のトレーニングを楽しめたのですが、
今の時期は流石に予定されていた行事を楽しみに参加するのも忍びなく、カナリ複雑な気持ちです…

…取り敢えず、今回私は昼の部の枠に予約を入れて参加のお知らせを頂いていたので、当初の予定通りに参加をさせて頂く事にしました。

ここ数日は私には珍しく、何だか緩やかなヤル気が出てきておりまして、気持ちが安定している様に感じます。
以前迄の様にどうしても気分がヤル気方向に奮起出来ず、眠気に支配された感じで何もしたくないといった地に堕ちたグータラっぷりがナリを潜めてくれております。
ありがたい…。

ちょっと、まともなヒトの仲間に入れた様な、救われた気分です。

それには思い当たる節が少しあって、速効の根拠もないのでプラシーボ効果というか、もしかしたら単なる気のせいなのかも知れないとは思いつつも、
先日、とあるパパブロガーの方のアメブロ記事を読んでそのご家族の方々がオススメされていたのが良さ気だなと思い、
興味を惹かれたのでお試しで一袋買ってみたすっぽん小町とゆ〜サプリメントが思いの外、効果を発揮しているのか?と思っていたりします( ̄▽ ̄)

事実、飲み始めた翌日から何となく、早目に家事を片付けてしまわなきゃな…といった気持ちになるのです。
不思議と。

なので、今朝もいつもダラダラと見てしまうスマホでのネットなどをサッサと切り上げて気分が変わり、
変に気負わなくてもスッと家事モードに入れており、早々に終える事が出来ました。

故に、気持ちがとても軽いです。

今日はトレの始まりが14:00〜と、遅目なのでキチッと早くから始めさえすれば私がやりたいラインの家事課題が全て終えられる風にはなっているのですが、
それが分かっていても今迄は、ダラダラウダウダ、一向にヤル気が起こらなかったんですよね

その為に後手後手家事の夜の時間帯へと皺寄せが全部寄ってしまって、焦ってイライラして、ダラダラして時間を無駄にした割には変に疲れて1日が終わるパターンがしばしばでした。

この気負わなくてもスッと入れるヤル気モードが続いてくれるとありがたいので、
個人的に定期購入をしてみようかと思った次第です( ̄▽ ̄)

私は単純な人間なのでホントに気のせいの可能性もある上にアフィに走れる様な才覚もないのでwリンクは貼りません。
ご興味のある方は、良かったら調べてみて下さいね

痩せるサプリとか健康サプリとか、結構好きなんです(笑)
ただ今までの経験上、痩せるサプリだけはその大部分が効果は無いのでは?と疑っております。
事実、私が飲んだ限りでは一切、痩せた事はありません。w
だから、どんな痩身系のサプリも私的には絶対にお勧め出来ないのです。

結局の所、痩せる為には自分自身の努力が必要なんですよね。
安易に食べないとするだけではなく。
まぁ勿論、一切食べなくても死なない、おやつ類を含む不要な間食をカットするのは問題ないと思います。
それをしないのは無駄に太らない為の基本ですよね!

てな訳で。
今日は家事をスッキリ全部終わらせてから、少し早目に家を出る事が出来ました。
車で向かう途中、時間には余裕があるからと思って焦らず…と努めて思いながら運転をしていて、途中までは一切、変に車線変更をしなくても済む様に前の右折車が居なくなってから前進するとか、
進行方向片側二車線の道路が工事で左側に合流を余儀なくされる事や最終的には左側の道を行かないと右折専用道路に入ってしまう事から、
後方に車が一台も走って居ない状態になってから車線変更を左側へと行ったりして進んでいました。

しかし。
1点のみ、ムカつく出来事が…

私は気分にムラがあるので、気に入らないと嫌なドライバーへと豹変するタイプの出来れば車にならないで欲しいであろう方のドライバーです。
(自分で言う?)

なので、運転中は通常でも狭い心が五割り増しで狭くなるのです。

長い期間行われる予定の道路工事の表示は、二キロ先から目立つ様に示されています。
私は常々、この道を通る時に車線規制の予告が前々からなさせているにも関わらず、
右折目的以外の車が右側をいつまでも走っている事を大変忌々しく思っていました。

コイツらショートカット目的で最初から割り込もう…と考えているのでは?と思うと流れが悪い道路であるだけに憎しみも増します。

今日の右側走行の車は、4トントラックでした。
デカイ車体な訳ですから、運転席からの見晴らしはさぞや良い事でしょう。
にも関わらず、右側を走り続けている。

寛大な心の持ち主のドライバーさんなら持ちつ持たれつだよ…と、気にならないものかもしれません。
トラックを運転した事が無いので、トラックの事情も知りません。

そしてこの場合、私は決して持ちつ持たれつじゃないと思う。
左側に合流を促されるって早々に分かってたら、予め車線変更するし。

と、言う事で、譲りませんでした。
元々私の方が短い車体で、トラックとは私の乗る車のお尻がかぶる位の位置で並走していたので、
譲るにしてもブレーキを踏んでドウゾドウゾ!と、わざわざスペースを空けて入れなきゃならない。

何かヤダ!
と思ってそのまま走らせ続けていたんですが、指示器の見えない位置でトラックだからお知らせ音側鳴るんだけども、ジョジョに左側に寄ってくるのが更にムカつきを拡大させました。

知るか…。
と思ってスピードを緩めずにいると、けたたましくクラクション。

アホかと。
元々好き好んで右側を走ってたんデショ〜?
誘導標識が見えなかったとは言わせないぞ、4トン野郎。
割り込むのが当たり前と思うなよ

と、後からも1人で怒り狂っていたのですが。
しかしよく考えれば、こんなに腹立たしくて嫌な思いをする位なら、最初から道なんて譲ってやれば良かったんじゃないか?と思ったりもしました。

が。横入りする奴は基本的に嫌いなのでそんな奴にだけは譲る義理もないとゆ〜のが私の基本思考なんですけどね。。。( ̄▽ ̄)
何でもゴネれば通るのかよ!とか思うと嫌なんです。

フト昔、似た様な愚痴怒り記事を書いた時にアナタは怒ってばっかりで馬鹿みたい的な事を思っていたとご意見を頂きましたが、
そう思う方はどうぞ、私の事はお捨て置き下さい。
価値観の違う人間とゆ〜のは、この世に存在するものなのですよ( ̄▽ ̄)w

とはいえ、怒りにくいならそれに越した事はなく、だからこそのアンガーマネジメントの必要性を先日感じたばかりなのに、この体たらくかよ!と、自分にツッコミ入れたくなりました

先日、怒りを起こさない為には…と、コメントで仰向けに寝るといいらしいアドバイスを頂いて、その夜からソッコーで試してみるものの、
私、仰向けに寝ると背中辺りが痛くなる事をスッカリ失念しておりまして、
なるべく仰向けに…と思いながら寝る様にしてたんです。

心は滅法狭い癖に怒りの私の中での容量的なモノは人よりも大分多いので、効果を出すには続けなきゃ!と、頑張っている最中の事…。

お友達や知り合いで固めたInstagramを見ていて、とある広告が私の目に飛び込んで来ました。

それは、エクスレーブとゆ〜商品を扱う広告でした。
簡単に言うと、履いているだけで痩せる効果がある…が売り文句の品物でした。

サプリなど、簡単に楽して痩せるとゆ〜フレーズにどうしてもときめいてしまうキライのある私( ̄▽ ̄)
ついつい、その宣伝ページを見に行ってしまいました。

コレはよくあるアフィリエイト商品のウチの一つなのかなぁ?とは思いつつ、紹介されているページの商品説明の中身を斜めに読み進めてみると、
骨盤を安定させて体を楽な位置に整える効果を持たせる事によって痩せ効果も…という様な事が書かれており、そこに更に興味が惹かれてしまったのでした( ̄▽ ̄)

何となく欲しくなってしまい、コチラもお試しで一度…と、洗い替え用の纏め買い枠もある中で、一枚のみの購入をしてみる事に。
しかし、サイズがMとLのみの2サイズしか無くて、それに何となく引っかかりつつも、
Lだったら何とかイケるかな?と思って購入作業を完了してしまいました。
それですぐ届くのかと思いきや、爆発的大人気で売り切れてしまい、届くのが遅れてしまいますが急いで製作を追加するので暫くお待ち下さいとのお知らせメールが来たりしつつも、
やっと昨日、それが届いたのですが開けてみると、異様に小さく…

え。これ、Lなん?!と、正直メッチャ思いました。
広げてみれば確かにパンツなんですけど、どう見ても小さい。
樫木先生クラスのスレンダーボディの女性が穿くなら穿けるのかも知れませんけど、私なんて到底無理じゃね?と思って穿く気が失せ、一旦そのパンツを適当な所に置いてしまいました。。。

それから改めてサイトを見直してみると、着用されているモデルさんの例の画像があって、それはマトモに穿けてる感じなんです。

他サイトに飛んで色んなアフィリエイトサイトでのレビューを見てみてもサイズの事はキツ目に作られているのでSよりLにすれば良かったかな…みたいな投稿が一件あっただけで概ねみんな穿けてるけどチョット窮屈かも〜的な感じのモノばかり。

入らなかった人は1人も居ないのか…?と思いました。

仕方なく、更に説明文や使用感の紹介文を読んでみるとそのパンツは骨盤を安定させる為に作られており、窮屈な締め付け感があるけれども、それは正しい位置に骨盤を戻す設計なので大丈夫みたいな内容の事も書いてあったのでした。
なので、夜に娘とお風呂に入った後にそのパンツの事を思い出して折角安くもないお金を買った物ですし、一度でもちゃんとチャレンジしてみようと思い直したんですね。

しかし、見た目からして絶対無理だろ?と思ったそのパンツ。
無理矢理に穿いてみた所。

…何か物凄い事になりましたゲロー

明らかに小さい寸足らずなパンツと、巨漢体型の私のハミ出た贅肉とのコラボレーション!!

どこから見ても、立派な新種のクリーチャーの誕生でした。。。チーン

そして、股下のありとあらゆる部位に細くなって裏返ってはギリギリジワジワジリジリと股間に食い込んで来やがるのでした。。。

最悪やん、コレ!

と思いましたが、それでも決して安くはない買い物だったので、一晩…一晩だけ、何とか耐え忍んで試してみよう。
でなければ報われなさ過ぎる。
そう思い、私は一夜をソイツと過ごす事に決めたのです。

ですがコレ、何か穿いてみるとその激しい食い込みがものすごく感覚的には気持ち悪いんですが、
明らかに見本の様に正しくは穿けていないにも関わらず、下腹部を締め付ける感じは想像していたよりも悪くない。

とゆ〜か、寧ろ良くて、何かこう…ね。
骨盤がキュッと圧迫されていてスッゴク楽と言うか、妙に爽快感があるんですよ。
明らかにビジュアルでは心底、穿けてないのに不思議です。

でですね。
またまたサイトを見直しました。

するとソコには嘘か本当かは知りませんけど、ちょっとした知識が書かれておりまして、
仰向けに寝る体制がキツイと思って俯せや横向きを好んで寝る人は、既に骨盤が歪んでいるのかも…とゆ〜一文が目に入ったんですね。

正に私、それだ!
と思って。
もしかしたらこんな一種マニア向けかも知れないクリーチャー状態の着用姿になってしまったけど、効果があるかも知れないと思ってその日は寝ました。

些細な事なんですがその翌日、まだ服を着替える前で起きたばかりの時のそのパンツを着用中に、とある出来事もありました。。。

朝方って夜中の内に溜まった尿で膀胱がパンパンだったりしませんか?
私は大抵、朝起きたら先ずはトイレに行きたくなるタイプ。( ̄▽ ̄)

でも最近、若い頃はどんなに催してもオシッコを我慢する事なんてヘッチャラだったのに、
最近は体の機能も徐々に衰えて来ていて、どうしてもオシッコが我慢出来なかったり、
何度もトイレに行きたくなったりと加齢を意識せざるを得ない症状が出て来ていました。

催した時に直ぐにトイレに行けないと危機一髪に陥る状況となる事も何故かよくあって…
樫木先生のトレに通っていて様々な効果も実感しているけど、泌尿器関係の事だけはイマイチ改善し切れないままの状況だったのです。

ですが、不思議とこのクリーチャー変身パンツを着用していると、若い頃の時の様にシッカリ尿意を我慢が出来てる感が半端ない…びっくり

もしかして、こんな奴だけどこのパンツはやりおるのでは…?
という気持ちになって追加して買っちゃおうかな…?と、今とても迷っています。

このパンツは通常のパンツの上からもガードル的に着用出来るとの事なので、
暫く夜の間に試してみて考えようと思っています。

骨盤がまだ歪んでいるのだとしたら、補足道具的なこのパンツをトレ通いと平行して使用し相乗効果で更に整えばカナリ最強なのでは?と思いました。

なので、暫く試してみようと思っています!

さてさて今朝方は一見、爽やかな晴れ間が見えてカラッと晴れていたお天気でしたが、
地元中継駅に着いた頃からジトッと湿気を少し感じ始め、何となく厚目の雲が目立つなという感じでした。

台風3号以来、こんな風に関東方面でも朝はお天気だったからと油断は出来ないのかなぁ?と思ったりもします。
いつ雨が降ってもおかしくない様な不安なお天気模様なのがスッキリしなくて何だか嫌だな…

しかしその後も地元から六本木へと向かう間は雨になる事もなく、無事に到着する事が出来ました。地下鉄
でも今回、私のイラツボを刺激する出来事が多くて自制に困りました

私鉄間の乗り換えで電車を降りる時、私が降りる前にいち早くホームから乗り込もうとした男が居たんですよ
お前が乗るのは、後じゃボケ!

そんなイライラする出来事が起こりつつも、着いた六本木の地で私が地下を潜ってミッドタウンへと辿り着き、時間帯が昼時半ばだった為にめぼしいお店が満席で、
結局スタジオ方面へと向かう道中では、いつの間にやらギラギラと空は晴れ渡っておりました。

いやぁ今日はスタジオC謹製のキャップを被ってきて良かったわ〜

で、そのままサイゼリアに入って1人寂しく昼食を食べました。。。
その後、スタジオに向かうと私は到着1番目〜

ふと受付を見ると、何かメッチャかわいいお姿の赤江さん
それがあんまりにもキュートだったので、今日は帰り際に赤江さんにお願いしてそのお姿の写真を撮らせて貰いました

それから受付でお金を支払っていつもの様にお水を買おうとしたら、
七夕なので…と言いつつ、赤江さんが極(キワミ)とゆ〜ペットボトルのお水を一本と、
いつも樫木先生が手持ちのお水に入れて飲んでいるメーカで粉末のクエン酸を一本プレゼントして下さいました

樫木先生からなんだそうです
早速そのお水にクエン酸を溶かして少人数制トレに飲ませて頂く事にしました。
今日のお水は味付きで美味しかったです

赤江さんにアレコレと話掛けている内にスタジオフロアの準備が整って庭山マネージャーさんの入室オッケーの声。

もうひと方、本日2回目だとゆ〜方がみえてましたが、健康管理カードに記入されているのを尻目に先ずは階下へ。
場所取りしなきゃ!と勇んで降りて行きました。

既に先生と庭山さんがいらしていて、ご挨拶の言葉を交わしながらもチャッカリと好きな場所を確保

そして、先生の本日の出で立ちもこの間のパンツの別バージョンでエギゾチックジャパンの様な(笑)雰囲気。。。
スカートみたいに見える先生は、とてもかわいらしくて大好きなのです

故にこのお姿の先生とのお写真も撮らせて頂いたので、後程、赤江さんのお写真と合わせて素敵コーデとしてこの記事にも残しておきたいなと思っています

そう言えば、私。
いつものイリグさんのでは無いものの、スタジオの受付フロアで新たに売られていた見慣れないトップスのウエアを1着、デザインに一目惚れして買いました。
外国製のもので、ロンドンにて作られてイギリスで発売されているトップウエアなんだそう

置いてあったラインナップの全てがXSのサイズなので、私なんかは通常ならば到底着られない事請け合いなのですが( ̄▽ ̄)生地が意外と伸びるタイプのモノで、しかも私が選んだのは日本製のと比べるとカナリ大き目でもあり。。。

なので衝動的に購入をしちゃう事に決めたのでした
後で支払いをします〜と、赤江さんにオレンジピンクのタンクを一枚預けて前回トレ時と同様に赤江さんの後ろを追っかけて再び階下フロアへと降りました

私が参加する部は少人数制なので、人数が限られています。
参加者の方の中には、スッカリ顔馴染みのカーヴィラーさんでWさんやCさん、YさんにNさんがおられました。

(長くなったので続きます

(前編からの続きです。)

時間になってから始まった七夕での樫トレ少人数制は、参加者の面々がほぼお馴染みのカーヴィラーさんで固まっていたのでハード寄りな内容となっていました( ̄▽ ̄)

終わった後、疲れた…。眠いし。
先生はこういった内容の指導をほぼ毎日されているのにお元気。
単に私の体が鈍っているのネ〜!(笑)

今回は、イベント参加のノベルティだった私も家に持ってる健康カーヴィーの団扇を使っての動きも指導されたので、す、がっ!

誰1人として正しく教えられた通りに体を動かせた人が居なかったとゆ〜

団扇カーヴィー、難し過ぎた…
やっていてアップのリズムより私の中では全くピンと来なくて、先生の教えたい意図が分かりませんでした。
体が相当苦手な動きの分野なのかも。
頑張らないと…!と、思いました。

でも、難易度が高い動きがある様に思えるだけで、今回も、とっても充実したトレ内容でしたよ
先生はこの少人数制の後もパーソナルや夜の部の指導で忙しそうでした。。。

その時にサッとお写真を撮らせて頂いたのがコチラ!⬇︎

{4AB18EDC-11EE-4841-B076-ACF748B7642B}

ね?
エキゾチック ジャパ〜ン☆て感じですよね?
先生、七夕仕様でゆったりとしたラインのパンツが女性らしさをグッと出してくれていて雰囲気込みで、とってもキュート!
隣に写して頂いた私は安定のカット&スタンプで体型と顔をシャットアウトだぜ!( ̄▽ ̄)www
目にも楽しい写真以外はぶっちゃけ、不要ですよね〜★

もう一枚、内緒の私得のポーズで撮らせて頂いたけど、ソレは私だけの宝物なのです

そして、夏を感じさせる赤江さんのロマンティックなホワイトのトップスを纏い、
髪の毛をハーフアップに纏めた何ともお嬢様風な出で立ちがあまりにもかわいらしく、気になってしまったので写真を撮らせて頂きました

赤江さん、かわいぃいいいいい!⬇︎

{4125421F-5708-4830-9542-B29D076D67DF}

いつも、スタジオCの皆様には先生を始め、本当にお世話になってます。
楽しい時間をこうしてスマホの写真データに残しておけるのはとてもありがたいですね!

さて。
今日も早目に帰らなきゃ…と思い、トレの前後には何の予定もなくいつものボッチ・身軽だった筈なんですけど、
コレから行われる夜からの部の別メニューのトレにも参加される予定のCさんから思い掛けず嬉しいお誘いの声を掛けて頂けたので、
チョコっと参加をさせて貰える事になりました

その時のメンバーは他にお茶をするのは随分とお久し振りになったYさんと、
いつもはサッと帰られてしまうので中々ユックリとはお話しする機会に恵まれなかったNさんとの4人です

皆さん私以外は夜の部の参加者の方々で、軽く夕飯も食べるテイでの時間の様でした。

行き先はミッドタウンでしたが、私が時間的にもお茶のみしか出来ないので…と伝えると、皆さまお心遣い下さってNさん行きつけの(笑)カフェにして下さいました。
ソコはつい数日前にKさんと前を通って密かに気になった場所でした

Cさん曰く、普段は化粧品を扱う会社で有名なカフェで、美容をコンセプトにした様々な美容健康カフェメニューが用意された非常に女子向けとゆ〜か、キレイ女子の為のお店。

各種テーマの決まったお食事やスムージーのメニューからは選ぶのも迷ってしまって一苦労!
ガチで全部味見したい衝動に駆られながらも涙を飲んでとあるスムージーとスープ(少量)をそれぞれ1個ずつ頼みました。

Nさんが豚肉のジンジャー焼きを一切れ分けて下さり、思い掛けずお食事メニューのお味見が出来てしまってラッキーだったのですが、
とても美味しかったので今度また来てコレを一皿食べようと心に決めたのでした。。。

その後、皆さんと話すお喋りの時間が楽し過ぎたのと、今の時期は外がいつまでも明るいものだからついつい長居をしてしまって気が付けば結構、遅い時間になってしまいました…

イカン!家までは遠いから更に遅くなってしまう…。
と思っても後の祭り。
私以外は夜までもう少し過ごされるとの事だったので飲食した分のお金を置いてお別れのご挨拶。

この度は気の合う皆さんの中に、こんなウロンな女を仲間に入れて下さって本当にありがとうございました。

そうして、名残惜しくもお別れをした後は、モウひたすらダッシュで帰るのみです

楽しい事に流されてしまう自律心ユッルユルの腐れ毒女タイプなので、アカンわ
仕事が出来ない人って、こんな風に気持ちを切り替えて生活にメリハリが無いタイプの人が多いと思うのです。
つい、ズルズルと…みたいなのはホント、ダメですね

楽しい時間だからこそ、自分の中でケジメを付けて限られた時間だけどその範囲を目一杯楽しんでサッと引く方がスマートで充実した生き方なのでは無いのかな?と思いました。

ちゃんと時間を管理している中での余暇を楽しんでいらした皆さんのお仲間に入れて頂けて良かった!と思っており、
お茶に参加した事を後悔している訳では勿論なく、また気兼ねなくお声掛けして頂ける様な動き方を自らが律してしなきゃと思った次第です。

…帰りの大江戸線は丁度帰宅ラッシュの時間帯に入っておりました
そこから離れた所にある私鉄の駅へとダッシュし、何とか乗換案内に提示された時間より数分早く地元中継駅へと帰れる電車に乗る事が出来て安心だったのですが、
どんなに早く着いたとしても、コンビニで家族の夕飯弁当を買い、家に到着した時間はソコソコの時間…

ヤバ〜イ
と焦って車を家の駐車場に停めていると、娘が出迎えてくれました。
私の帰りが遅いので、娘は、もしこのまま帰って来なかったらどうしようと心配をしていた様です。。。

そして、素晴らしかったのが私とは対極の処にあった、この時の娘。
自力で分かる範囲で宿題を終えており、公文の宿題も終え、今日は時間的には厳しいかな…?と思っていた自宅学習をこの後、する事が出来たのです。

少し寝る時間が遅めにはなってしまいましたが、金曜日だから明日は学校がないので、ヨシ。

ただ、私は娘の学童お弁当用のハンバーグの冷凍ストック分が無くなったので早起きして新たに16個作らねばならず、
しかも夕方からは足もみのKMRさんの40周年記念パーティに会員枠としてのご招待を頂いていて、それに参加する予定があったので、早目に寝られなかったのが痛かったです

でも、とても楽しくて素敵な1日でした
お月様がとってもキレイな夜でしたよ
関東地方は、朝方まさかの快晴
ビックリです。

片や、島根では台風対策で厳戒態勢が敷かれていると、今朝テレビのニュースで見た。
一体、どうなってるの?日本列島。

昨日、暴風被害の出た地域の方々は大丈夫でしょうか?

昨夜、私が大好きで応援していて、個人的にとても心の安否を心配していたとあるママブロガーさんが無事だった事が分かり、心底、ホッとしました。

そして、今日の晴天!

テンション上がりますねぇ…
暑いけど。
しかも今日は、お友達のKさんとデートの約束をしている日だったので、この天気は倍、嬉しいなぁ

最近、以前とあんまり変わらないんだけども数分だけ私が早目に起きられるようになりまして、
それによって娘が登校する時間がスムーズになってきたんですよ。
本人の希望でズット切らない後ろ髪が結構伸びてきたので、今の時期は暑かろうと後ろで一つに纏めて簡単な三つ編みを作ってるんですが、
その時間を取ってもまだ子供達予定の待ち合わせ時間へちゃんと間に合う様に家を出られる様になってきたのが何だか精神的にもとっても楽です( ̄▽ ̄)

寒い時期が過ぎて暑くなってきたので、娘の中でも朝に活動しやすくなってきたのもあるかも知れません。

小学校に入学してからズット食べるのが遅い上に少食な娘は、親には一欠片も似ずw早食い大食いが出来ないのでほぼ毎日、給食を残していた様です。

私が子供の頃には無かったな〜。
真逆だ…

でも、最近子供達の給食の残食を改善しようと学校で取り組んでいる対策の中で、
1人の子に配膳される食事の量を減らして完食する達成感を味あわせる事にチャレンジをして下さっているそうで。
通常よりかは食べる量配膳少ないながらも、ママ、今日も給食が食べられたよ!誇らしげで嬉しそうに報告してくれる我が子の姿を見ていると、嬉しくなってます

更に娘のクラスでは、子供達に給食カードを配布して給食が食べられた子には一つずつスタンプを押して、それが5個貯まるとご褒美シールが貰える取り組みがスタートされたそうです。
効果はテキメンなんだとかで、担任の先生も喜んでいました。
少しずつ、量が増えると残食のゼロにも繋がるので娘には引き続き楽しく頑張って欲しいです。

なので、その事が自信の一部にもなったのか、朝ごはんを食べるペースも少しだけ上がりました。
普通のご飯だと食べるスピードが遅いので、以前は果物を数種類、娘用の朝食として出していました。
今はそれに加えてご飯と具入りのお味噌汁が追加されています。

好きな果物は自ら進んで食べるのですが、排便を考慮した毎日のバナナには飽きてしまった様で、自ら食べない果物と成り下がりました

で、冬はそのバナナとご飯&お味噌汁を中々食べないのでそれで朝の用意が物凄く遅くなっていたんですね。
娘が自発的に食べないグループに属した食べ物達は、隣に座るパパが娘に対して赤ちゃんの様にスプーンやお箸で取った食べ物をお口に運ぶスタイルで毎朝協力してくれるので食べられています。
(いつもお世話になってます

今も実はそんな感じではありますが、それでも食べ終わるのが随分早くなったのでその分早目に家を出られる様になったんですよね。

今日も最後にトイレを済ませてから、張り切って出掛けて行きました
今日は暑いので恐らくプールは実施されるんじゃないかな。
ファイト〜!

その後は準備が終わった主人が出掛けて行き、義母をお風呂に入れ、洗濯機を回して干す時間はなさそうなので洗濯物の下洗いのみを済ませてから風呂のお掃除も。
帰ったらすぐに洗濯物を回して干せば、夜の時間を有効に使えます
本日は月一、新聞の回収日でもあるので主人が出掛けるのに合わせて一緒に玄関に出て出しておきました。

そしてそこ迄準備を整えた後は家を出るばかり…だったんですけど、チョイと催してしまったので、トイレに行っておく事にしました( ̄▽ ̄)

そこで、不意に私の人生史上にて世紀の大発見があったのです
コレは是非、誰かに聞いて欲しい…!

でも、御察しの通り暫く少々の下ネタとなります。
そういった話題がお嫌いな方はその間、避けて頂ければと思いますm(_ _)m

催したのはの方。

そこで、質問です。

アナタはトイレで大を生み出す時、いきみますか…?

私ね。
今迄生きておりまして今日迄、ずっと思い込んでいた事があります。

口から入った食べ物が胃や小腸や大腸などの消化器系臓器を巡ってカスの塊となる所謂、大便…。うんち

最終的にはウネリのある大腸内を巡ってヒトの肛門から排出される訳ですから、
自発的な内臓のぜん動運動だけではパワーが足りず、
必ず外部からの排出協力の力である いきみ が無ければ排便は叶わないものなのだと。

私は幼き頃から便秘が酷くて、当時は親にイチジク浣腸をされた経験もある程の頑固な便を腹の内に宿す体質で、思い切り強くいきむ事で苦しみながらも繰り返し過去に排便を行ってきた女。。。

人は主に自分の過去体験した中からでしか、常識認識を考える事は出来ないのではないでしょうか?

かくして私の中では、大便とは仕上げにいきむ事で肛門外からトイレへと排出する事が出来るとゆ〜のが当たり前の認識だったのです。

故にいついかなる時も、排便時はとにかく、いきむ。

酷い便秘人間なので、いきむと必然的に尻の穴が痛むのです。
当然、立派な痔主となりました。

妊娠中なんてマァ便秘が酷くて、肛門も傷付きまくりでしたね〜。
切れたり、出てきたり、垂れ下がったり…。

便秘とセットで、この痔症状が私にとってはカナリ恐怖だったのです…。

アレはいつの事でしたか。
切れ痔の時にフト思い付いて、薬局に売っている傷口の消毒用アルコールをトイレットペーパーに染み込ませ、それを一旦拭いた後に直接痔の患部へ押し付けてみる…とゆ〜行為を試してみたのです。

アルコールは傷口に強烈に滲みて、燃える様な感覚が襲いました
しかしトイレの個室で、私は静かにその波に耐えたのです。

その耐え切った向こうに、不思議な爽快感が待っていました。
で。
アルコールで痔の患部を消毒する行為は、アリだな…!と思った事もあり、
今だにそれは思い続けています。
1時は灼熱地獄の痛みを感じますが、その後はスカッとして爽快感があります
痔主の方で興味を惹かれた方は、気が向いたら試してみて下さい( ̄▽ ̄)★

でも、そもそも無理矢理にいきみさえしなければ、痔自体を患いにくいのではないかな?と思います。。。

そこで今朝の話なんです。

我が家は洋式トイレです。
なので、便座に座りながら用を足します。

以前から、いきむ前段階で我が腸内をブツが通る際にカーヴィー式に下腹部を引っ込めを繰り返す事で、その道の通りが良くなる事を知ってはいたのですが。。。

更に、それから先の世界で世紀の大発見に繋がったのですよ〜ッ!

便座に座りつつと、もしかして奴はまだ結構腸内の奥の方にまだ待機してる…?と思っていた私。

スグ出るのかなぁ?
早く済ませて外に出たいなぁ。。。

と、薄っすら思っていました。
しかし私はその時に、唐突にカーヴィーで苦手な動作、アップのリズムの練習をしてみたくなったんです。
(最近では、家事の合間やフトした時に何とかソレを克服したくって、色んな感じに体を動かしてみたりしています。)

で、大便さん待ちをしながらこの時も私は、戯れにアップのリズムの動作を繰り返していました。

すると…!

驚いた事に、その動きに合わせて腸内を便が移動している様な気がするではありませんか…。

そうこうする内に、次々と溜まっていた奴らが便器へと排出されて行くのです。
その様は実にスムーズでした。

え…?
アタイ、いきんでないよ?

そう。
全くいきむ事なく、便が排出されたのです。
そんな事、私の中だといきまないで行うお産の様なもの。

し ん じ ら れ ん 。。。滝汗

そんな事は人生で初めての体験だったので、本当に驚きました。
そうして、今迄疑いもせず自分の中で認識していた当たり前の常識が、もしかしたら違うのかも知れなかった事実に辿り着いたのです。

もしかして、人はいきまずにウンチをする事が出来る生き物なのではないか…?

自分が便秘過ぎて知り得なかった世界の話でした。

これからは、下腹部(骨盤)をカーヴィー的に半円や左右に動かしてみたり、
アップのリズムを刻む事でいきまず肛門も傷付けずにウンチをする事が出来る…?!

と、思ったら嬉しくて堪りません。
それ程に排便に伴う私の痔症状は恐怖であり、辛かったのです

そんな大発見をした事を私は今日会うKさんにも是非しようと決意し、その後家を出ました。
(Kさん、思わぬ大迷惑

順調に予定よりも早く駅に着けたので、私は早い時間の私鉄電車に乗り込みました。
そうしてウキウキとKさんに早く着けるよ!と、事もあろうにそんな迷惑メッセージLINEを送りつけたのです。

心の優しいKさんは、じゃあ…と、私に合わせて何と待ち合わせ時間を早めてくれました

急いで向かった土地は、愛しの六本木
今日はスタジオではなく、ミッドタウンをKさんと彷徨いに出てきました

まずはリーズナブルな料金でランチをしようと、落ち合ってスグに星野珈琲へ。

本日、私が食べたのはコチラ!
スフレドリアとゆ〜モノ。
運ばれてきた時のインパクト大です

{DE3B5A03-222F-4563-A36B-E0534E08F693}

お味は、まぁフツーかな。。。

ココで手始めなのにも関わらずの、マシンガントーク(笑)
Kさんは聞き上手なので、喋りまくって日頃の鬱憤を晴らしました( ̄▽ ̄)

次にミッドタウンへと移動し、普段は時間が無くてそれ程回れない為に見られなかったファッションフロアを色々と見て回りました。

お値段は漏れなく六本木価格で、1着10万クラスの洋服とかがザラに置いてあり、
安定の買わなさっぷりを展開しつつの完全なるウインドーショッピング。

道中も喋りまくっておりました(笑)
どれだけ喋り倒しても、トークネタが尽きません。

お腹がこなれた頃にジャンポールエヴァンでケーキとコーヒーを飲みながらお茶をしましたが、
やはり美味しいワ

限定のチョコムースは口当たりのフワッと軽い生クリームの下にあるムースがまた冷たくって絶品でした。

絶対、また来よっと

その後、また少しお店を見ながら歩いてから、外の公園前にあるテーブルセットに腰掛けてからは、殆ど私が義母の愚痴を吐き出している感じになりましたが、
相槌を打ちながら辛抱強く話を聞いてくれたKさんには感謝しかありません。

お陰様で随分と心も軽くなりました。
そして夕方頃までその場で過ごし、名残惜しくもお開きの時間に…

一緒に大江戸線の駅まで歩きながら更に話しましたが、電車に乗る方面が別々なのでそれぞれにホーム階へ向かう階段でお別れとなりました

Kさん、今日は本当にありがとう!
とても楽しかったし、一緒に過ごせて幸せでした

また、次回のお料理教室の席でご一緒出来るのがとても楽しみです!

私はそのまま電車を乗り継いで帰宅し、地元中継駅まで着くと、地面が濡れていました
どうやら激しく雨が降った模様。

KさんにLINEで訊いてみたら、Kさんが住む地域は降ってなかったとゆ〜ので、地元方面だけだったのかも知れません。
帰宅してから恐る恐る尋ねてみたら娘の学校の帰宅時に降ったようで、傘が無かったから濡れたと言ってました。

私が帰ると自主的に学校の宿題と公文の宿題に取り組んでいて、公文の方は終わっていました。
学校の方は算数のスキルが分からなかった様なので一緒に解き、
それから自宅学習を進めたのですが、かさの範囲はイマイチ分からなかった様なので先に学校の授業と同じ範囲の3桁の計算の問題の方を昨日から進める事に変更したのです。

それは結構理解出来てきていて、お互いに気楽に楽しくサクサク進むのがとても爽快でもありました。
明日からもこの調子で頑張れるといいなぁ

ジメジメ〜。

テーマ:
梅雨明けはまだ先なんだそうです。。。
台風3号もやって来て、駆け足で日本列島を通って行くそうですが、
蒸し暑さはともかくとして、お天気が雨だと何となくテンションが上がりませんね…。

昨日は娘が学校で今年初のプール授業を受けて来られた様です
ホントは先週が初めての日だったんだけど、雨が降っちゃったので中止に。

この時期のどこにでもある都立の小学校なので、夏になると体育の授業が持ち回りでプールになりますよね。( ̄▽ ̄)
私の頃は、小学校からミッチリと泳ぎの指導が入っていた時代だったので、殆どの生徒が何かしらのか型で泳げるのが普通だったんですけど、
今は水泳としての時間枠も少ない上に先生が複数生徒に対して一通りのカリキュラムをなぞるだけの簡単な指導が行われるだけっぽくて、
ある程度の泳ぎを習得したいなら各自プライベートでスイミングスクールに通うのが一般化しているみたいですよ

ウチの娘は泳ぎが得意ではなく、水の中に潜る行為ですら好きではない様なので、このままだと恐らく泳げない人になりそうな予感。

私は昔から完全に運痴文系タイプだったので水泳なんて大嫌いで今でも泳ぎに行きたいワなんて少しも思わないのですが、
それでも小学生時代に全員が最低でも25Mは泳げるのが普通のレベルまで指導して下さっていたのでクロールでならば水中を進めますし、立ち泳ぎで浮けます。

わざわざスイミングに通わなくてもそれが普通のラインかと思っていたのですが、娘の学年を追って見ていると今は違うんですかね…。(遠い目)

ゴーグルも着用可とか聞いて、カナリ色々と変わったんだなぁと娘の人生を通してイマドキの若い子の学校常識を知る事が多いです。

ま、特に今後娘をスクールに通わせる予定はありません。。。

泳げないよりは泳げた方がいいと思うけど、私も主人も海とかプールとかにあんまり魅力を感じない文系運痴なので、子供の教育の一環としても興味が湧かないとゆ〜のが理由です。( ̄▽ ̄)

でも、だからこそ学校時代のプール授業で子供達が目指す各級の設定課題を最低限、身に付けていってくれるとイイのになぁという風に私は思うのですが、何だか顔付けすら出来ない日があるので、きっと難しい感じです。

…昨日は雨も降らず気温もとても暑かったので、恰好のプール日和だったのでは?と思ったのですが、
午前中の1・2時間目の授業に娘たちの学年が入った時には肌寒くて震えたそうです。
御愁傷様。。。 。。。

一方で昨日の私は、午後から予定されていた保護者会に参加して来ました。
その後は各クラスに戻って懇談会がある流れ。

今回は忘れずに(笑)キッチリと参加をして来ましたよ

保護者会は二学年の親御さんのみが音楽室に集まって小一時間程、開催されました。
参加者は初回に比べるとずっと少なかったです

道路工事で車が流れず、原チャで行ったにも関わらず信号待ちプチ渋滞に巻き込まれてしまい、私が音楽室へと滑り込んだのはホント、始まるギリギリでした

…夏休みの事を中心に、二学期の始まりまでの流れや簡単な内容、そして通信簿の説明が代わる代わるしながらそれぞれの担任の先生の口から行わる形は一年生の頃と同じです。

その頃の視聴覚室での保護者会と違って、音楽室での会合は地べた座りではなく椅子があったのがありがたかったなぁ( ̄▽ ̄)
そうして保護者会は恙無く終わり、その日も悲しい程に身軽な私はwいち早く娘の教室へと移動をしました。

教室でも、懇談会への参加の親御さんの数の少ない事…
私を含めて10人位だったのかな?

そして担任のI先生…。
司会進行が、驚く程に下手でした滝汗
どんな風に懇談会を進めるかとか、予め考えてないの?

昨年の時とは違って親が喋るタイミングがイマイチ分からず、シーンとした時間がとても目立つ会でした
先生も緊張しており、雰囲気が暗くなってスミマセンと、何度も謝っていたり。

人柄は良い先生だとは思うのですが、ヤハリ全体から醸し出される頼りなさは否めず、体育会系の方なのに
コレ、もし荒れてる学校だったら学級崩壊しちゃうのでは…?という風に思わずにはいられませんでした。

会話も特に盛り上がらず、この時間枠をどう使えば…?といった雰囲気が流れる中、どうして浮上したのか忘れてしまったのだけれど、
参加されていた1人の男の子のお母さんが先生に対して意図のよく分からない質問をし始めました。。。( ̄▽ ̄)

先に私も書いたプールに関しての事だったんですけど。
小学校では、学校の授業のプール以外に夏季休暇中に実施される水泳指導があるんです。
私も夏休みに、学校ではなくて公民館のプールへ近所に住む学校のお友達とスク水姿で道を練り歩きながら泳ぎに行っていた記憶があり、
まぁそれと同じ様な感じの事なのかな?と勝手に受け止めて昨年は実施日にはプールへ行く様に娘に伝えて通わせていました。

確かにその水泳指導に関しては誰からも何の説明もなく、具体的に何の目的でどういった風に進められるモノなのかが一切謎だったので、娘の話を聞いてそれを頼りに想像するしかありません。

私にとって娘が初めての子供で、一人っ子なので初めて体験する事はその時限りで終わる事が多いので、
自分なりにアレはこうだったのかな…?と考えてこじ付けに納得して終わるしか無い訳なのですが、お子さんにご兄弟をお持ちの方が多いとは言っても他にも私の同じ様な立場の親御さんはいらっしゃる訳で、
同じ様に疑問を抱えられていても不思議ではないとは思います。

私の中では、娘の話からの情報で完結させていたのでその疑問を先生に質問して解決しようと迄は思っていなかったのですが。。。

学校の授業で行われるプールに必要なカードは、夏休み中のプールカードとは別な事が昨年の経験から分かっていました。

学校では、定められた課題をクリアする毎に級が上がり、学年毎に何級まで…とゆ〜付与レベルの目標設定もされている様です。

そして娘の話から、その夏休みに指導をしに来るのは学校の先生との事。
泳ぎに行った普段は指示通りに泳いでおり、定まった日の数日のみ、検定が行われるそうなのです。

総合して私が思うに、昨年の娘みたいに学校の授業中に目標設定までの級が取れなかった生徒は引き続き水泳指導に通い、生徒のレベルに合わせた感じに緩めの指導を受けながら練習を行い、
検定の日に課題にチャレンジして受かればその級の印となる水泳帽に縫い付けられたマジックテープに貼れる色別シールを貰えるといった仕組み。

しかしその年に過去出来ていた課題が出来なくなっていれば、昨年取った級から降級してしまう事もあるのだとか…

しかし確か昨年は雨で中止の日が多く、夏休み中の検定の日が中止となった為に検定自体が行われず、昇級せずに夏が終わってしまった事を考えると、
何てテキトーな水泳指導なのかと思わずにはいられませんでした

更に娘に話を聞くと、プールの日に来ない子もチラホラ居ると聞いて、別に率先して行かなくてもいいものなのかな?と思ったりもしました。

最近のプールの授業は、マジやってもやらなくても良い程低レベルにまで落ちているのかな…とガッカリしたのを覚えています。

そのお母さんももしかしたら同じ様な思いだったのかなぁとは思いつつも、しかし懇談会の席で発言された質問の意図が私にはよく分かりませんでした。

…その前に先生が雑談をされている話題の中で、その朝に授業があるのでプール掃除をした際に虫の死骸が沢山浮いていて、網で取るのに苦労したよとゆ〜エピソードを話してくれていたんですよ。

田舎にある学校のプールなので、虫の量が半端ないのは想像が付きますし、私が子供の頃は生徒が集まってプール掃除をするといった季節の風物詩があった事をうっすら思い出しました。( ̄▽ ̄)
私の時は虫とか蜘蛛とかの他にも、足元もヌルヌルで沼みたいになった水が溜まる中、何故かおたまじゃくしとか居たなぁ。。。

で、娘の学校の場合はそれを先生方が協力して掃除してから生徒が授業で使える様にするスタイルなんだと思うのですが、
そのお母さん曰く、自分のお子さんが学校のプールが汚い事が気になっている様な事を前置きしつつ、
夏休みの水泳指導には行かせないと言ってる親御さんが居て、
生徒の男の子も自分の家から学校が遠いのにプールに入りに行くだけの為に通いたくない!と言うのを行きなさいと言ってはいるのだけれど、
もしかして特に行かなくても学校的には問題はないのかどうなのか?と、いう様な事を聞いていました。

そもそもアノ水泳指導とは、学校の授業に関係があるの?
子供が行きたくないと言っていたら行かせないでもいいのかどうか学校側的にはどうですか?と。。。

昨年のS先生ならある程度答えられたのかも知れませんが、I先生は今年から市外の区で他校より転勤されてきた方なので、そもそも基本的にこの学校の事を知りません。

とは言っても仕事なので、全ては無理でも積極的にピントの合った着眼点を持って、これから自分が所属する学校の、基本的な知識を蓄えようとする姿勢というかその努力は必要だと思います。

が、私の親としての見解では、この先生は人柄は良くても普段から忘れっぽかったり頼りない面が何かと目立つ要領の悪い感じのタイプだと思うので、
彼の内情を鑑みると日々の生徒指導で一杯一杯なのではないかな…?と想像出来るのです

私は早々に見切りをつけて、二年生になった一年間の事だけだから…と、必要以上には頼らない事に決めたのです。
幸い、人柄が良いので1日の殆どが学校生活となる小学生の娘の情緒面で良い先生であってくれれば…という風に期待をする事に思考を切り替えました。( ̄▽ ̄)

もしも担任が非の打ち所がない様な優秀な教師だったなら、先生とはこういう存在だとその人物像を学べたらいいと思うし、
ウッカリ八兵衛先生からは、教師像とはこうあるべき!とゆ〜優秀さよりも、その人柄の良い所に接して人と人とのコミュニケーションを学べば良いのかな?と思っています。

人は自分ではないので、こうして欲しいと思った所で思うままに相手を変える力はありませんし、労力ばかりが掛かってただただ、シンドさを負担に感じるのみ。
ならば折り合いをつけて、こちらが形を変えるだけの話です。

…話が脱線しまくりましたけど、要は、そんな話をこの学校の経験不足な先生に聞いた所で答えられる訳もないのに、
何でそんな質問をするんだろう…?と、そのお母さんに対して思ったし、
そして、それを聞いた所でどうするの?と思わずにはいられませんでした。

もし子供が行きたくないと言っても、親が必要だと思えば行かせたらいいだろうと思うのです。
お友達が別に行ってはいない事を聞いて子供の気持ちを汲みたいと親が思うなら、希望通りに行かせなきゃ良いのでは?

その判断思考を学校側に委ねたいと思うのは、何だかピントがズレている気がして。。。

因みに、学校で実施されるプールの授業は二学期からの通信簿評価に反映されるそうです。
級が取れなかった子は、その結果が判定の参考にはされるでしょう。
夏休みの水泳指導に参加するかしないかはきっと、評価の対象外の様な気がするのですが、
そこで行われる練習の参加や検定によって級が上がれば成績評価の判断材料として加味される可能性はあるのかなと思います。

まぁ仮にそうでなくても、私の場合では別に娘に優秀な子でいて欲しいとは思っていないので、成績に響くかどうかはモウどうでもいいです( ̄▽ ̄)
そういった良い成績を取る事を競う事が期待出来る子と、出来ない子が居て、
娘はそうでない事を私は、よぅく知っていますw

ただなるべくなら泳げる様になればいいし、それによって級が上がればいいなと思うので、ウチもプールなんてやりたくないって嫌がってますけど、
折角なので、水泳指導には通わせますけどね。。。

…そして、I先生からの返答も、思った通り寄せられた質問に沿ったモノではありませんでした。
その答えを出すための知識材料がまだ無かったのでしょう。
なので、謎は謎のまま。

ただ、前の学校で先生が経験した事からの個人的な意見を答えていらして、水泳指導を通して皆んなが泳げる様になれたらいいと思う…との事でした。

勿論、先生の答えもズレまくっているのでそのお母さんの欲しい答えではなかった事と思われます。

まぁ、そうなるわな。

更にそのお母さん、続けてまたまた発言爆弾を投下。

急に担任に対して、平日の通学日に学校を休んで某人気キャラクターがシンボルの夢の国へ行ったとゆ〜家族の例を挙げ、
学校としては、比較的空いている日を狙いたいと学校を休ませて子供を夢の国へ連れて行く為の欠席について学校側としてはどう思われますか?

その場合、建前の理由で休むのと堂々と理由を告げて休むのとどちらがマシ?なのか。

みたいな事を突然に言い出しました…

それって、学校側に聞く事かなぁ?
家庭の考え方如何なのではないのかな?

ぶっちゃけ行きたきゃ行けばいいし、人それぞれの良識に基づく価値観みたいな類の事を学校側が咎められる時代ではないと思うのだが。

てゆか、基本的にはアカンやろ。
学生は学業優先やろ。
混んでる遊園地でレジャーしたらええやん。
それもまた、子供にとっては経験になると思う派だよ。

でも、どうしても空いてる遊園地で子供を遊ばせたいとその親が思うなら、
その人の自由じゃないのカナ?
私の価値観の中にはその行動は無いので、スゲー事する家やな…って心の中で思うだけで、
人が何をしてても好きにすれば良くて、どうでもいいです。

私の場合は娘には、させません。

だって、1日授業を聞かないだけで、どれだけ勉強が進むと思う?
タダでさえ自宅学習で普通レベルを目指して必死なのに、これ以上学校が進んでしまったら、と思うとゾッとします。
ゆったり気分のレジャーは大人になって時間が出来てからでも十分だし、子供時代に積む家族の思い出は出来る範囲で作ればいいと思う。

それにしても、あの人は何なの?
と、ぶっちゃけ心の中でイラつきました。
自分で判断すればいい事ばかりを学校に訊きたい気持に全く共感が持てなかった私でした。( ̄▽ ̄)

きっとお友達にはなれないタイプだなぁ。
マァ向こう様も元より私なんぞとは関わりたいなんて思われもしないはと思いますけどネ
なので極力、今後もなるたけ関わらない様にしたいと思います。

そんな一幕があって、更に盛り下がる懇談会。

最後に、先生から参加した保護者に向けて以前から質問したいと思っていたと言い、
このクラスをどんなクラスにしたいと思いますか?と考えを訊かれたんです。

先生は私たちの意見を参考に、クラスの子やその親の気持ちを一つにして目標を定め、この先のクラス作りをしていきたいと考えていらした様です。

本当は前回の懇談会でこの質問をしたいと思っていたけど、忘れていたそうです
参加人数が少ない時に聞いてしまう事になって申し訳ないのですが…と述べていましたが、後半の実情はそこまで暴露しなくても良いのにね。

そして保護者一人一人が発言する場となったのですが、戸惑いながらも次々に発言される中で思わぬ方から意外と厳し目の意見が出て、内心、ビックリしました。

その方は以前、少しだけ親しくしていた時期のあるママさんで、お子さんの内の次男の方の子が娘のクラスメイトです。

学校公開などで見ていても、この学年は落ち着きがなく、まだ一年生だった頃ならいざ知らず、未だに集中力に欠いていてワサワサしていると。

その前にあった他の方の発言の中に、物騒な世の中とはいえ校内で出会う顔見知りの保護者にすら挨拶をしない子が多いので、
そういうのはどうなの?と思っているという内容で、それも挨拶しない子が居ても特に気にならない私的にはそんなに気になるかなぁ?と思っていたのに、
それに被せてその方が、
年上のお兄ちゃんと比べて挨拶も少ないしもう少し年相応に落ち着いても良いのでは?との事でした。

前々から、お子さんが男の子なのに優しいタイプで何気ない言動に傷付いたりしている事もある…という様な事を何度か仰っていましたが、
今回はハッキリと、人が傷付く子供の発言を子供だからと容認して欲しくは無いし、
思いやりをもっと持てるクラス作りをする必要があるのでは?といった内容を訴えていました

私が感じていたこのクラスの雰囲気では、まだこの年代を加味すれば全く許容範囲内にあったので、
実はその方は不満を抱いていた事を知って驚いたのです。

そしてクラスがワサワサしているのは、発達障がいの子が居るからだと思っていました。
私の娘もADHDです。
やや多動の傾向にあるので、授業にはまさに集中出来ない傾向が出ているなと認識をしていました。

その方とは今は特に個人的には親しくしなくなってしまったので、ADHDをテーマにした話題なんかはした事がありませんでしたが、
明らかに色濃く出ている少年が居る事をこれまでの参観授業で知る事はなかったのだろうか?

確かに、娘からもクラスのお友達と喧嘩したなどの愚痴を頻繁に聞く事はありました。
でも、話を突き詰めていくとそこまで子供達の性質が悪質でもなく、8・7歳という年齢は私の中ではまだまだ幼い子供でしかなく。
なので深刻に受け止めるのは早いのでは?と感じていました。

成る程、こゆのがADHDを持つ子の親としての心痛にの原因に繋がるのか…と、改めて思いました。
考え方の違い、人と人との心の垣根なんですね。

私はその方の事を嫌いではありません。
でも、コレが世間一般的にステレオタイプの意見なんだなと彼女の話を聞いて悟り、心得る事が出来ました。
そして娘が彼女の息子さんの足を引っ張る側の立場なんだと弁えて、それなりの対応を考えたやり方をしなくちゃいけないんだな、と思いました。

仮に彼女がADHDの知識を知らなかったのだとしたら、そんなに深く掘り下げた状況を考えた発言ではなかったのかなと思うし、
単に同い年だった時の兄よりと比べたらどうも幼過ぎて…といった風にその目に映ったので、
次男くんの為に今回シッカリと気持ちを訴えたのだと思います。

一方で娘の立場から考えると、学校の中ならば、各種の障がいを持って円滑に学校生活が進まない場合には、個人的な指導や時には専門学級などへの移動によって対応する事で普通クラスを基準のボーダーラインのレベルに整えれば、一見は問題が見えなくなりますから、そのクラスはきっと平和になって、
彼女みたいなタイプの方にも安心して貰えるんじゃないかと思います。

ただ、この先の社会へと出ればそんな対応は難しくなりますし、
娘も次男くんも含めて、この先に色々なタイプの人と子供達は接していかなくてはならない時が来る。

それを見越して、親である立場の私がどう娘を導いて行ったらいいのかを真剣に考えるのは大事な事だと思い知りました。

娘の場合、確かに年よりも思考や行動が幼いです。
私も思う所です。
何も知らないを前提で、
躾でどうにかして!と思うのは健常児の親としたら自然な感情の流れなんでしょうね。

しかし私の中では娘がADHDである以上、必要以上に年相応を目指してレベルを上げなきゃ…とは思いません。
故に先生にもそれを求めません。
親ですら困難なので、不特定多数の生徒を相手取った先生にそのケアが完璧に出来る訳がないと思うのです。

しかしソレが周りの人々から開き直りの悪手と受け取られ、子供が迷惑を掛けてるのに悪びれないバカ親だと思われるなら。

極端な話ね。
学校なんて、娘には行く必要ないかな…?( ̄▽ ̄)

円滑に進むメンバーだけでクラスを組織して、無難に学校生活を送ってくれればいいと思います。
義務教育で必要性があると思うから学校にも通わせていますけど、
今のご時世ではプールの授業一つにしても、都立・公立の学校で学ばせる事で将来を見据えた時に子供の為になると思っていません。

ウチの場合、娘は天才児でも何でもない。
今の状態だと下手すりゃ普通以下の高望み出来ない資質の持ち主だと思えます。
寧ろ子供に合ったペースで、義務教育過程での勉強なんかは家や塾なんかでもして貰う事が出来ますしね。。。

今回、何も考えず気楽に参加した懇談会では、
人の思いがけない考えを知り、それに対する自分の考えや、親として子供に出来る事の最善の方法を模索する必要性がある事や、
漠然とした課題点も見えてきたので、楽しくは盛り上がらなかったけど私個人レベルの中ではとても実のある懇談会だったのではないかと思っています。

それにしてもホント、色んな考えがあるもんなんですね。。。
娘が他の子よりもハンデを背負っている立場としては、そのハンデを補う為のベターな方法を常に考えて歩いて行かないといけないですね( ̄▽ ̄)

他の方の意見では、イジメのないクラスになるといいなとか、そう言った発言が出ていました。
あまり上手くは言えなかったのですが、私からは先生にお願いしたい事が一つあったので、
それを交えての話をしました。

私はまだ子供達はまだ子供のままで、いいと思うんです。

そりゃ大人には生きてきた年数分の経験値が積み重なっていますから、ある程度の酸いや甘いは知って判断が出来ますが、
いきなりその知識をこうだよ!って子供に押し付けたって、経験してない子達ばかりなのでピンと来ないでしょうし、理解が追い付かないのは仕方がない。

しかもその中にはADHDの子も混じっていて、更に理解のハードルは高い訳ですよ。

たがら、今の子供達が分かる範囲で先生には動いて貰いたいのです。
彼のパーソナリティ的に優秀さは求めません( ̄▽ ̄)w

ただ、その人柄を信じて、コミュニケーションを取る事に力を入れて欲しいと強く思いました。
幼さ故に、理不尽な自己主張が激しい面がどんな子供にもあると思います。

子供達だけで過ごしていて喧嘩なんかをしていると、より強い主張にねじ伏せられる事がよくあります。
でも幸いな事に、幼さにはまだ老獪な知恵なんかは伴っていないので、
そこに深刻な悪意はまだ絡んでこない様なホントに素直な時期だと思います。

知識としての勉強はある程度必要だけど、それよりも私は子供達には娘同様、愛情や情緒面が豊かな子供になって欲しいと思うのです。

特に強調して、今の時期は。

子供同士の喧嘩の中にもし担任の先生という大人の存在が入ってくれて、
その目で見て、当事者の気持ちをそれぞれにキチンと聞いてくれて、その上で解決方法を模索する形で仲裁に入ってくれるだけで、
それ迄は単に自分で思うだけだった相手の気持ちを初めて知る事が出来る。

仮にそこに誤解があった事なんかをボンヤリでも知る事で、それがまた、その子の経験値にもなります。

どういうクラスを目指すのか?

それを先生が考えてくれるなら、割ける時間の中だけでも構わない。
学校にいる間は親が子供を育てる事が出来ないけどこれからの人格を形成する大事な時間でもあります。
是非、そこで生徒一人一人を見て欲しいと思います。

それだけで、この素直な時期はたくさんの大事な発見や経験を得る事が出来ると思うので、
それをお願いする事にしました。

…当初、時間を持て余していた懇談会は親の一人一人が話をするウチに30分弱、終了予定時間をオーバーしてしながらの終了を迎えました。

今回もまた記事がものすごく長くなりましたが、コレは昨日の話です

今日は特に何の予定もないので、更新するネタはありません。(笑)
今日は義母のデイサービスがお休みで、ずっと家に居るから何となくソレで私のメンタルが窮屈だと思う位ですかね〜。

この後学校が終わって娘が帰って来たら、私の気まぐれのままにイチャイチャでも、しよっかな〜。(笑)

最近、娘がカワイイ!と激しく思う時と、
もうマジ憎たらしい、嫌いっ!と思う時の気持ちの差が激しいです

全ては、私がエゴイストだからに他ならない。
私を振り回す娘を私もまた、それ以上にきっと振り回しているのです。

私に母親の溢れる様な愛情心と、それから人としての優しさ成分がサプリメント的にインストールが出来るなら、
お金を出してでもやりたいんですけどね。
今日は、とても蒸し暑い日でしたね

でも、その暑さに負けず、先月予約をしていたわくわくさんすうひろばに娘を連れて参加してきました

これは数楽会の指導会員さんで、√会とゆ〜組織を運営している有賀先生が主催されたさんすうに親しむ為の催しで、
横浜の神奈川県民センターにて行われ、
数字のパズルなどが各種用意されたゲームコーナーや算数に関する工作遊びと連携したワークショップ、
時間制で二回違う内容のスタッフ様方による手作りパネルシアターを見られたり、充実した内容が盛り沢山の2時間を過ごす事が出来ました

このひろばは他県での開催であり、私の地元からだと少し距離があるので、主人に頼んで車で連れて行って貰ったのですが往復の高速代が思いの外高くて更に駐車場代も含めて考えると電車で行った方が遥かに安かったなと思うと何やら申し訳なかったです。。。

しかも長距離の運転を完全にお任せしてしまった事もあり、カナリ疲れさせてしまった様でした
貴重なお休みをフル酷使してしまってホント、大変申し訳なく…

しかも実は、昨夜から娘の気が急に変わって今更ヤッパリ行きたくないだの駄々を捏ね始めていたので流石にそれは相手方に迷惑がかかると頑として許さなかったのですが、
内心では参加してくれないのではないかと、とてもハラハラしていました

数楽会は日頃、私が準会員として子供に算数を教えるプライベート塾の教材やそのサポートを提供して頂く為に所属をしており、
娘が自宅学習でお世話になっている団体様なのです。

つい先週末に事務局のOさんに新たな分野の教材を提供して頂く様に依頼の電話をした所、
遥々大阪の地から、わくわくさんすうひろばへとスタッフさんとして参加する事が決定したので…と、その時に教材を渡して頂ける手筈にもなっていたのでした。

なのに、ニーナの奴は直前になって気を変えてお友達と遊びたいから行きたくない、断ってくれと言い張り、昨夜はその事でカナリ揉めました…

間に挟まれた主人にもカナリ困惑をさせてしまいましたが、何とか上手く参加へと娘の気持ちを誘導する事が出来て心底ホッとしました

気が変わらない内に速やかに準備をして朝早めに家を出て、私の車を主人に運転して貰いながら横浜へと到着。
駅のすぐ近くにあるので、入り組んだ道がややこしくて主人にはその面でも苦労を掛けてしまいましたが、
県民センターの近くにあったヨドバシカメラの駐車場を発見してソコに車を停め、
ヨドバシカメラの地下にあるお蕎麦屋さんで昼食を摂ってから向かいました。

横浜駅の近くの街並みは立派な都会だったのですが、県民センターはというと改装中なのか外は工事の足場が組まれている様な状態でした。
中身は何ともレトロ〜な昭和感が満載の雰囲気(笑)

三階の会議室でひろばは行われていたのですが、内部のエスカレーターに乗るとその年季の入った汚れっぷりがコレまた何だか無性に懐かしい感じ( ̄▽ ̄)w

…私がまだ大阪府に住んでいた中学生だった頃、やや京都寄りになるのですが、茨木市とゆ〜所に住んでおりました。
その時にあった関西方面では有名な大手私鉄の、阪急茨木市駅に程近い場所に当時あった古ぼけた商業ビルの記憶を彷彿とされられて、懐かしさが募りました。

故に古ぼけた内装のビルとか、未だに嫌いではないです。
寧ろノスタルジーを掻き立てられて、好きかもっ!

ビル内には他にエレベーターもあったんだけど、呼んでも何故か果てしなく来なくてまるで異空間にでも繋がってるのか?(笑)と思う程だったので、程々に諦めて仕方なく三階へは階段を利用しました。

その階段もレトロ感半端ねぇ!( ̄▽ ̄)w

わくわくさんすうひろばの会場となった会議室はとても狭くて、参加希望者が定員一杯になったとの説明を受けたのですが、他の参加者の皆さんが揃うともう満員でした。。。

わくわくさんすうひろばは、とってもアットホームな会でした。
数楽会は元々手作り工作などが特色の会でもあるので、要所要所、何だか納得がいきます

変な派手さは一切なく、落ち着いていて小規模な集まりでしたが、
それ故にゆったりとした気持ちで楽しめ、参加した子供達もめいめい楽しそうで会は大成功だったのではないでしょうか?

直前になって物凄く参加を拒否し始めた娘も、工作なんかに参加する内に側から見るとそうでも無さそうな感じの割に意外と夢中になっていた様です。
百均で買えるカラフルな二種類のストローを使って立方体の骨組みをやり方を教わりながら作る工作は子供心に楽しく、
次に参加した三角錐の底と側面に同じイラストに見える様に計算して絵を描いて組み立てる工作など、大人でも頭を悩ませる程に難しかったけど、
そこは先生の指導の元でやり始めると考える時に脳を動かすのもまた楽しいなぁと思えました。
(娘はチャレンジした図案の難易度の高さに早々にギブアップしてしまいましたが…

時間制で二回に渡って見せて頂いたスタッフの先生方によるパネルシアターは、様々なシーンの絵や背景のパーツを磁石でくっ付けて動かしているのかと思いきや、
その実、布を貼ったカンバス的なパネルに布地で作ったキャラ絵を何と摩擦を利用しただけで貼り付ける技法がさり気なく駆使されていて、驚きました。

娘は二度目に見たシアターでのかきのきマンとゆ〜キャラクターがメインで出てくる寸劇を冷静に観察してそれを記憶していたらしく、
大盛況で終わった後にスタッフの先生からキャラ絵の道具をお借りしていて、無言で動きをトレースしながら再現して見せる1人遊びに没頭し始めていたのには、驚きを禁じ得ませんでした

先生はそんな身勝手とも取れる驚き行動の娘の様子にも咎める事もせずに気長に暖かく接して下さり、
気が済むまで自由にやらせて下さったので、ありがたくて頭が下がる思いでした。

ひろばの閉会は三時だったのですが、その15分前にパーツを組み立てる市販のパズルに突然興味を持ち出し、多面体をどうしても組み立てたくて堪らなくなったらしき娘。。。

担当スタッフの若い女性の方がパーツを片している傍らなのに、その様子を一切気に留めずに衝動的に組み立てへ没頭しようとする娘に対して親である私達も焦り、
声を掛けて何とか穏便に辞めさせようとしたのですが、その女性スタッフの先生、私が見るに実はカナリの数学オタクの方の様な感じだったのです(笑)

リケジョと思われる方の、その自然な振る舞いと娘はもしかしたら相性が良いのかも知れません。

その女性は娘の行動を咎めるどころか嬉々として、女性が知る算数の楽しさを伝えようとしてくれて、
これまた素敵な反応をして下さった事が私の中では大変、ありがたかったのです。

娘は好意的に振って下さる会話に上手く対応出来るスキルが備わっていない子なので打てば響く様に返答は出来ずに居て無言だったのでしたが、
その女性の好意的な対応は私自身がとても好きな対応でした。

数学好きな方に悪い人は居ないんじゃないかな…って、何となく思える様な、
どことなく独特な感じがあったのですが、それがまた楽しいと感じられる会でもありました。

なので、娘がまだ算数をそこまで好きじゃないのが残念でもあります。。。
ただの勉強教科の一つであり、学校に通う上でやらなければならないとゆ〜だけの認識。

それでも、いつか段々と娘の意思で好きになってくれたら良いのになぁ。
この数楽会を通せば娘だってきっと、算数を通じて自己肯定感を高める事が出来るんじゃないかな?という考えに至りました。

ハッキリとした根拠は無いのですが。。。

つい昨日までは突然に参加を嫌がり始めて、今日も参加はするけど…と、なるべく早くに帰りたいとゴネていた娘だったのに、
いざ参加をしてみたら、その終わりの時間まで存分に居座っていました( ̄▽ ̄)

…結局、楽しかったって事なのかな?

私が娘と毎日接する中で感じるのですが、娘は心で感じた正直な気持ちを余り正確に言葉にはしない子で、
よく心とは裏腹な言葉を発するので、
娘ではない他人の私としてはソレによく惑わされる事もあり、娘の気持ちや考えを把握し切れない事が多々あるんです。

だから、私の楽しかった?とゆ〜問いに対する、楽しかった!との答えは、言葉通りに娘の気持ちがそのままであると示しているとは限らない。
楽しくて実は興味を惹かれていても、今日みたいに態度として顔に出ない時もあり、感想を率直に言葉にしない時もあるからです。

まだまだ、娘には親として研究の余地が沢山あるな…と思うと難しいけど、
徐々に少しだけでも、その謎を紐解いて行けたらと思います。

Oさんとは実は会の冒頭に、少しだけご挨拶を交わして教材を受け取っただけのサラッとした交流で終わりましたが、
七月末の研修合宿でも改めてお会い出来ると思うので、その時にまた他の先生方をも含めて改めて交流が出来ると良いなぁと思いました

開催をして下さった皆様には簡単にお礼とご挨拶を伝えて県民センターの会議室を後にし、
その後はビックカメラでチラッとお買い物。
でも、最終的には単におもちゃ売り場階にて無理矢理主人が娘に望まぬオモチャを買わされてしまうとゆ〜悲劇的な一幕に終わりました。

当初は早く帰りたいと言っていた娘の気持ちは、目の前に広がる多数の誘惑(オモチャ)の前にスッカリ変わってしまい、既にどうでもよくなった模様。
欲望に解放された娘は野獣の様で我が子ながら、恐ろしいです( ̄▽ ̄)

物欲半端ねぇな!

こういった時は、主に主人が1番の被害者です。
さながら、まんま草食動物としか。
イヤイヤ、貴方はもっと毅然と心に鬼を飼いましょうや。

そんなこんなで、色々と活動した挙句に帰りの車内では後部座席で重なり合い、スッカリ爆睡をブッこいていた私達母娘( ̄▽ ̄)
一方で運転手の立場の主人も心底疲れており、激しく襲い来る睡魔と戦いながらの孤独な戦いを繰り広げていた様です。。。

時折、奮起の雄叫びを何度も上げては睡魔の退散の儀式を行っている声が私の耳にも届きましたが、
既に寝汚く眠りの淵に堕ちている私にはどうする事も出来ませんでした。

その後は一旦自宅に戻り、主人とそれでも寝足りなかった私がそれぞれに小一時間程の仮眠を取ってから、
帰宅後にスッカリ覚醒して、買って貰ったオモチャを利用して狂った様に遊びを繰り広げていた娘を連れてAEON MALLへと向かいました。

目的は、
娘が納得するサイズの新しい傘を買う事。
小さくなって履き辛い上履きを学童用と学校用のモノ全てを新調する事。
一年と半年で驚く程にボロボロになって外観が壊れてしまった筆箱を新しくする事。

結果、何故か傘を二本買う羽目に陥っていた主人。
そして上履きは洗い替え用に三足、私の希望が入って買わされてしまいました。(憐)

娘の父親でありながら、娘の奴隷の様な主人。
娘にとっては、とてつもなく良いパパだと思います。

こんなに甘やかされてて、良いのかなぁ?

最後にAEONのフードコートに立ち寄り、各々好きなお店でご飯を買ってそこで夕飯を食べました。
義母には、すき家の牛丼をお持ち帰り。。。

主人はヘトヘトになりながらも気力を総動員してお酒を飲みつつテレビで気になる都議選の開票状況を見ていました。
主人の予想通り本日はバタバタになったので、昨日の時点で期日前投票に行って投票を済ませておいて本当に良かったと思います( ̄▽ ̄)

その間に娘に学校の宿題の残りをさせ、その間の監視役は私。
中々作文を書き終えないのでイライラしましたが、何とかかんとか終了したので、
本日AEON MALLで買って来た学童品にそれぞれ名前を書いて娘の明日の学校の準備をチェックしながら整えました。

それから、暑いから気が進まないと難色を示す娘を説得して一緒にお風呂に入り、
階下へ降りて排便を促すシロップ薬を飲ませてから、その流れで歯磨きをして口内チェックも終え。

最後に完璧に明日の準備を仕上げ終えてからの就寝でした。
朝、出掛ける前に干した前日から溜まっていた洗濯物の一部は湿度が高いせいか微妙に乾いておらず…

ああ、残りの洗濯物は月曜日にズレ込んでしまうなぁと、未練の気持ちを残しつつ、
諦めて床に就く事にしました。

明日、娘は今年初めての学校プールの日です。
雨が降らないと良いんだけどなぁ。
梅雨だし、こればかりは読めないよね

そして夏休み前の一学期最後の保護者会も予定されています。
学校の生活の時間に子供達が育てているとゆ〜個人栽培のプチトマトの鉢も持って帰らなきゃ〜!

トマトはイイよね。
沢山なればみんなで美味しく食べられるしね…
7月ですっ!

し、下半期の始まりですねぇ…滝汗

今日は初っ端から雨〜!?
と、梅雨を恨めしく思いますが、私が出掛ける時には止んでくれたので、まぁギリセーフで良しとしましょう( ̄▽ ̄)←何様なのか

今日は土曜日なんですが、大好きなスタジオCでの樫トレ基礎のプログラムメニューが受けられるのが私のスケジュール的にもこの日しかなく、申し込む事にしたのですが、
やはり以前と主人の生活サイクルが変わってしまったので、土曜日にトレなどの参加の為に家を出るのが大分厳しくなりました…。

昨年から基本的に勤務先が土日の休みとなり、主人は自主出勤なんですよね。
なので帰宅時間が普段より早い上に、以前の時の土曜日と比べるとカナリ早い。

故に以前の様にコッソリとは出られないとゆ〜

ただ、樫トレ基礎の始まりの時間が今日は12:00〜と最近の平日トレよりは早目の設定だったので、
急げば何とかシレッと帰られるかな?と思いながらのドキドキの日。。。

こうしてトレの為に出掛ける事を主人に申請して行っても構わないっちゃ構わないんですけど、
その場合、月に何回も…となると人間心理としてはヤッパリ、またかよ?っていう風になっちゃうなぁと思うと、
出掛ける事を知らなくていられるなら、なるべくなら知らないままでいて貰った状態で出掛けたいと思う姑息な私。( ̄▽ ̄)
昨日の娘の事は咎められない立場にある事に気付きながらも、親という身分はホント、狡い身分ですよね
この様に、私は自分を棚上げしているタイプのクソ親です

…そんな訳で今朝、第一のミッションとして、家を誰にも気付かれずにコッソリと出掛けるのには成功しました。

家人が先に出たからです。( ̄▽ ̄)
まず、車で送る役の主人がやっとの事で用意の整った娘が車と出掛け、
その後あんまり間を置かずに矢継ぎ早に義母がデイサービスに通所で出掛け…。

その後に、主だった朝の家事は出来なかったけど、チョコチョコ朝食の片し迄は終えて、コレまたコソコソッと準備していたお出掛け用の荷物を持って慌てて家を出ました。

今回のトレは始まるのが早いので、早目に行けるなら行って場所取りをしたいのですが、
出た時間から逆算すると、一本早い発車時間の私鉄に乗るのは厳しいかなと、雨の中で車を走らせていたのですが、道路がスムーズに流れていない事もあり、案の定、希望の電車には乗れませんでした。。。

が、予定の急行電車よりも一本早い各停が停まっていて、それに乗れば途中の駅で急行電車に乗り換える事が出来、更にまた先に行く各停電車に乗り換えて大江戸線と繋がる駅に心持ち早目に降りる事が出来ると乗り換え案内で調べる事が出来たので、実践。

それにより、ほんの数分だけですが早く六本木駅に到着出来ました。

ハァ…。それにしても地元から六本木は遠いですヨ
急いでいる時は特に遠さの認識が際立ちますネ

そんなこんなで、駅からは一目散にスタジオC目指して歩きました。
時々歩く地上の雨は完全には止んでおらず、時にはごく小雨に降られながらもコレくらいなら…と、傘なしでガシガシと歩を進めていたワタシ。

何とか無事に扉の開放時間にスタジオへ着いたら、今日は何と、2番目でした
全く新しく樫木先生のトレを受けるとゆ〜方が恐らくお二方程いらしていて、
その内のお一人が一番目の方だった様です。

他にも次々に基礎を受ける方々がみえて軽く挨拶を交わしつつも、
私は受付を済ませると本日のお金を支払い、それからまずは場所取り!とばかりにフロア階へと急ぎましたニヒヒ
まだ先生方はいらしておらず、どなたもいらっしゃらないフロアは何となく寂しかったです。( ̄▽ ̄)

続いてフロアに用意をされている貴重品入れの中にスマホと充電器を忍ばせ、
好きな場所を確保。
それから誰も居ない更衣室へ入った後、着替えていると他の方も入ってみえて、着替えた後は何となく受付階に戻って、人恋しさに仕事に追われている赤江さんに絡んでは迷惑を掛けていたのです…( ̄▽ ̄)

モウ、赤江さんが好き過ぎるw
迷惑感、一杯ですね。
コレでも最近は纏わりつくのを随分とガマンしていたのですが、その分、溜まっていたのかも?

ただ、トレ前は受付のお仕事がメインなので他の会員さんがいらした時はさすがの迷惑行為防止条例女も引潮モード。
その時に、応接テーブル前で私は発見しちゃいました!

七夕の飾りを…

去年も書いたっけ。
と、昨年の七夕に想いを馳せ、痩せたい…と書いた事を思い出して叶ってないなと、切なくなった。
イヤ、厳密にはカーヴィーメソッドパワーにより少しはスリムになったんだけど、
元が元だった為、まだまだドスコイ体型からは脱出する事が出来なかったのだと思われます。

ハァァ。。。どうやったら痩せるんだろ?

今回は、アップの動作が出来る様になりますようにって書いておきました。
こんなに通っておきながら太いままで、オマケにアップのリズムが全く出来ない動きがあるなんて、恥だわ、恥っ!

今年の願いは叶うといいなぁ

そんな事をしていると、ガチャッとスタジオのドアが開き、
目を疑うほどの可憐な女性こシルエットが私の脇目に飛び込んで来ました!

な ん と 、 そ こ に は … !

めっちゃフェミニンな通勤バージョンの我らが樫木裕実先生だったのだ〜っっ!

後で知りましたが、目端では私服のスカートに見えたボトムスは、この後のトレにそのまま着用されるデザインパンツであり、
アウター部分はその胸元にレースをあしらった白のキャミソール風タンクトップで、一般の歩道を歩くのにそれだけだと目立つので白のゆったりしたシャツを羽織っていたのが凄く凄く凄く女性らしくエレガントな感じで素敵だったんです!

私はシャープなデザインで決めてるカッコイイ系の樫木先生も好きで、どうせならゴシック調のんとかスチームパンク系の格好が似合うのに…とマニアックな趣味全開で妄想したりもするのですが、
お花畑系のゆるふわフェミニンな姿も物凄く似合うと思っているので、
いらした時の姿がまさにそんなイメージで、昼近い感じではあったけど、朝から完全にハートを射抜かれてしまいました(キュン死)

上着は脱がれてしまったけど、後程そのフェミニン樫木センセのスタイルをねちこく(笑)ご紹介しますね

そうこうする内、他にも樫トレ基礎からみえる方がいらして、
その中に何と、プリティーキューティー主婦のSりんさんがいらしていて、

とにっっっっ!…かく!!

久しぶりの拝顔でしたうおーっ!

2人の男児を現在進行形でお育てとは思えないプリティーキューティーさ。
ご主人のお仕事の関係でお住まいが遠いので、中々スタジオでもお会いする機会に恵まれないのですが、
フェミニンな私好みの先生の姿を見られ、Sりんさんにもお会い出来、
今日は何て良い日なのかと、天に祈られずには居られません。
ありがとう、本当にありがとう…!

さてさて。
そんなこんなで全員が次々に階下へと進む中で、その後どうしても私が受付から退かないので、とうとう痺れを切らした赤江さん。(いや、まぁこの表現は嘘なんですけど。)

私は下に行くので一緒に行きますか?と、私をデートに!
我ながら、気が多いと思うけど、困るわぁ〜デレデレ
(ソレ チガウ デ〜。 カンゼン 二 カンチガイ ヤデ。

そんな訳で階下へ続く螺旋階段を赤江さんの可憐な背中を追って短いデートしましたのン…ラブ

トレ前からヤバイテンションで幸せ気分に浸りつつ、その後は大人しく場所取りを済ませた椅子に掛けて時を待ちました。

樫トレ基礎のマックス人数は11名。
本日は満員でした。

そう言えば、今日は来る時に場所取りを…と思って急いでいたので、乗る電車の駅間の移動は急ぎ目でした。
六本木駅に着いてからも、最初にホーム階からのエスカレーターへ2番目に乗れたので、初っ端からガッと歩きながら登って行く事にしたんですね。
私の前に私よりも若いサラリーマンの男性が同じくエスカレーターを登っていたんですよ。

私はその後を付いて登る感じだったのですが、フト思い出して股関節を意識して登ってみたんです。
すると、全然体にシンドイ感じが来ない
まだ、トレ前なのにこの効果…。

凄くないですか?
股関節を意識した動きを取り入れるって。
そんなふうに思いながら、楽々登っていました。

そしてエレベーターの二基目に辿り着いた時、微かに息を乱したリーマンのお兄ちゃん。
二基目は、やり過ごす事にしたのか歩みを止めました。

気持ちは分かる!
だって大江戸線のホーム階から改札階へ行く間もエスカレーターや階段が複数あるけど、
とにかく長いのよ。。。

あんなに続く階段類を足で登るとか、正気の沙汰とは思えない…
若者は若さのパワーで平気かも知れないし、体を鍛えたアスリートならトレーニングになると思えるかも知れないけど、
普通疲れるし、無理だし、シンドイやろ!

と思うと、チャレンジを辞めたリーマン兄ちゃんの気持ちが手に取るように分かりました。

ましてや私なんて、アラフォーだし、どこからどう見ても運動好きにも見えない体型だし、
真っ先にへばるのが目に見えている感じなので、必要に迫られでもしない限りは好き好んで階段なんか上がるかぃ!と思う派だったから。。。

しかし、今日の私は違ったんです。
自分でも、何が起こったのか今でも信じられません。

あろう事かそのリーマン兄ちゃんの脇をくぐり抜け、二基目のエスカレーターも登り詰めてしまったのです

(三基目からは張り切るの自体が怠くなってきたので止めましたけど。。。

全ては、股関節パワーです!

詳しくは、スタジオCにて、樫木先生のグループトレメニューに参加してみて下さい。
普段の生活動作や体の運動機能は、決して体力や体型ばかりに左右されはしないという事を身を以て知る事が出来るのではないかと思います。

学研からのムック本、健康カーヴィーを本屋さんや楽天ブックスさんなどで購入されてお試しされてみるのも良いかも知れません

どうか、この感動をアナタにも!と、思ってしまいます。
(あたくし、別に先生の回し者じゃありませんぜw)

…樫木先生のメソッドを良く分からない初心者の方は、私が本日受けた樫トレ基礎に参加されると良いと思います。

私自身、樫木先生のメソッドの良さを知っていても更にこの樫トレ基礎が受けたいと思うので、
本当にオススメです。

今日も、基礎からミッチリと教わりました。
健康カーヴィーの動作を盛り込んだ樫木先生直伝の何とも贅沢な時間

先生は大人気トレーナーなので、一介のぼっちカーヴィラーの私なんぞには最近はパーソナルの時間は回って来ないのですが、
パーソナルの貴重な時間も宝物だけど、こうして基礎をしっかりと丁寧に教わる機会が出来ただけでも、私には至福だったりします

毎日毎日、こうして真剣にトレの時間などでカーヴィラーの皆さんに向き合って指導して下さる時間もまた、何事にも代え難い宝物なのです☆

受ける度に体には、如何にして楽に体を長く動かし続けるかとゆ〜メソッドが確実に蓄積されている実感があります。

若い頃から徐々に左膝が痛くなって、一時は動かす度に痛みが起こり、走る事が困難になった時期もあったけど、
今では全力で走る事は勿論の事、階段やエスカレーターを駆け上がって電車にも間に合うし死ぬ程疲れなくなったりとか、我ながら本当に驚くばかり。

体に負担をなるべく掛けない上手な動かし方の技があるんだなぁと、知る事が出来ました。
基礎トレ中は、飛び上がって着地しても一切膝が痛くなんてならないし、
股関節の特殊な使い方のコツ一つで、こんな風に着地時の衝撃が散らされるんだ…!と思ったりもします。

この梅雨の時期、湿気が体にも入ってくるのかアチコチ古傷が痛む様になりましたが、
体が負った傷は元には戻らない様で、痛みは痛みとして、それ事態を無くす事は出来ないのですが、
それに脳が囚われて体に負担を掛ける動きをするのをなるべく防ぐ方法を自分の体を以ってして学ぶのが、樫木メソッドなのかなぁ…と、それが私なりの解釈です

七月はこの次に七夕の日にも少人数制で昼間にお世話になる予定にしていますが、
今からどんな風になるのかなぁと楽しみでもあります

本日も、充実の90分間をありがとうございました

先生は、この後も続けてバラードカーヴィーの時間の指導が予定されていました。
基礎を受けたメンバーさんの中にも引き続きバラードカーヴィーを受けられる方がいらっしゃって、Sりんさんもその中のお一人。

一泊して明日、帰られるのだとか。
おウチカーヴィーを普段からコツコツと頑張っていらっしゃるSさん。
滞在中は目一杯、先生とのカーヴィーの時間を楽しんで頂けたらなぁと思いました

そして、その貴重な休憩時間の途中にお願いして先程大絶賛だった樫木先生のハーフフェミニンなお姿のお写真をご紹介させて下さい

{A0860960-36B9-4AA3-AD97-48F3190A3802}

画像効果の加工が上手くいかなくてボヤけてしまい、何だかリアルよりも魅力が上手く伝わらない感じの写真になりましたが、お願いして取って頂いた先生のポーズはコーデの良さを出すにはバッチリだったな…と密かにお気に入りです酔っ払い
いつものスポーティな先生と比較すると、今回のウエアは凄く女性らしさが色濃く出たコーデだと思うのです。

こゆカラーのウエアの先生もドンドン見たいなぁと妄想が膨らむ、隠れファッション好きの私でした( ̄▽ ̄)☆

この後も出るんだよね?と先生には聞かれましたが、土曜日は早く帰らなくてはならないので…と、後ろ髪を引かれまくりでスタジオを後にしました。

バラードには、引き続き組みでSりんさん、SBさん、Aさんなどの方々が残られる様です。
新たにこないだランチからご一緒したSさんや最近稀にチラホラとお見かけするOさん、お久しぶりにスタジオで拝顔したNさんのお姿もお見掛けしました。

私はトレ系のメニューばかりに出ているので、バラードは出なくなって久しいです。。。

1人寂しく帰路に着いた私。
でも家族が家に帰る前にいち早く、シレッと帰り着く事が叶いました

良かった良かったwww

何も食べずのトレだったから激烈空腹でしたが、お店に寄って食べたり何かを買っていると帰宅が遅くなるので我慢、我慢。
ダイエットにもなるだろう…と、ひたすら車を運転して駅からは真っ直ぐに帰りました。

ただね、何だかモーレツに眠い…
トレ後の車の運転はチョットした拷問です
帰ったら、爆睡してしまいました

その後、義母を筆頭に娘、主人と順番に続々と帰宅を果たし、寝ていた私は主人に叩き起こされました( ̄▽ ̄)☆
そして、暫くしてから皆んなで市役所に赴き、都議選の前日投票に向かいました。

小学生の娘以外の3人で各々投票を済ませ、ホットモットて夕飯弁当を買ってから帰宅。
それを食べてユックリ過ごしました。

今夜はフジテレビでパイレーツオブカリビアンをやりますね!
三夜目の放送です。

意外と娘が夢中になっていて、映画のシリーズは眠くなるまで、観ています。
今夜の放送も、もうすぐですね。
ワタクシも楽しんで観てきます

ふぅ。

今回は先日、水曜日の話も少し冒頭に混じります。( ̄▽ ̄)
今日もですが、この日も朝から雨でした☂️
梅雨入りしちゃいましたね〜。
今年の梅雨は、ジメジメして蒸し暑いなぁ

火曜日は義母の介護保険認定後の会議がありまして、担当のケアマネさんと通所のデイサービスの担当者さんお二人が来て下さって無事に継続作業も終わりました(^^)
二年間、再びお世話になります。

そして日が変わった水曜日。
義母の内科の通院予約日だったので、付き添いで通院して参りました。
その時に、今更感満載ですが先日の日曜日に起こった腹痛の診察をして頂くべく外科にも急遽診察をお願いし、
最初にその外科の方で腹部のレントゲンとCT検査を実施して頂いた結果、
主に本人がw懸念していた腸閉塞の症状は見られず、経過観察という結果に落ち着きました。
現在腹痛は収まり、軽い食当たりか何かだったのかな?と思われます。

…日曜日の夜と朝には何も食べずに過ごしていた義母でしたが、吐き気はなく便通も毎日あった上にその後は食欲も徐々に戻っていた様なので大丈夫そうかな?とは思っていましたが、
診察によって更にその確証を得たので今はホッとしています。

入院となるとまたゴタゴタしてくるので、診察された時にはまだ少し残ると訴える腹痛がこのまま何事もなく治まると良いなぁと思いつつ、
しかし次の内科では、またHbA1Cが上昇との事。

そう言うと義母は、矢鱈とデイサービスのオヤツを辞めた方が良いのかとばかりを言ってくるのですが、
デイサービスで出されるオヤツなんかそこまで心配するカロリーも甘さも無いと私的には思っているので、
コッソリと自室で食べてるらしい間食をどうにかした方が良いと再三言ってはいるものの、
別に間食はしてないとの否認一点張りなので、モウ好きにすれば良いよと思っています。

内科では、数値は右肩上がりだけどマァ急激な上昇でないので更に経過観察との事になりましたが、
毎回少しずつ上がってきているのは事実なので、そこは今後の本人の自覚で何とかして貰うしかないのかな…と思っています。

そんなこんなで、今日も無事にデイサービスへと出掛けて行きました。
義母92歳。
何だかんだで元気ですね!( ̄▽ ̄)

私も必要以上にデブっている以外は特に自覚する体調上の不調はなく、元気にやっています。
ただ、昨日のフジテレビから放送されてたノンストップとゆ〜番組で、
某女性議員の話題に絡めたアンガーマネジメントのお題の話題を見ていて泣けてきました( ̄▽ ̄)ww

それにより、我ながら見事な情緒不安定は自覚出来たかも…?

その放送枠の範囲でしたからチラッとしか認識出来てはいないと思いますが、
怒りのメカニズムを知り、何故か涙が溢れて来るとゆ〜感じのヤバさ加減ですかね?( ̄▽ ̄)www

詳しい方ならご存知の事なのかも知れませんが、無知な私には知らな怒りって事だったので、とても新鮮に響いた様です。

人が露わにする怒りってモノが、単に怒りとゆ〜個の感情が爆発して現れるモノではなかったってのは、知って本当に驚きでした。

それよりも寧ろ、所謂悲しみや不安や劣等感などのネガティブな感情が十把一絡げに纏まった感情が心の中のコップに溜まって行き、
コップが満杯になった時、淵から溢れた感情が怒りなんだそうで…

し…、知らなんだわ…。

て、事はアレかね?

怒りって奴は、積年に於いて自らの心の中に溜まりに溜まったアノ嫌な感じのネガティブ感情がこれ以上は…っ!って心の中にしまい切れなくなって耐え切れずに溢れ出した苦しみの集大成の様な濃い濃い濃〜い淀み切ったコールタールガソリンみたいな心の爆発物って事なのか?

今迄はただ単に、己が未熟な故にコントロールし切れなかった怒りを持て余してキレてしまうだけで、恥ずかしいだけの事だと思っていたのだが、
意外と根深いものだったのね。。。

それならば、怒りを爆発させた後のアノ言いようもない徒労感にも頷ける気がして、何故だか妙に得心がいきました。

怒りを爆発させた背景に、いつも人が慢性的に抱えている負の感情がコップ一杯になった結果なんだと考えると、
何やら自分の中でも、更に世の中の怒ってる人に対しても、
溜め込んでる辛さの事を考えると苦しくて、涙が溢れてきて、号泣したくなった。

…その番組内では、怒りの自我コントロールの面に関してはあんまり言及していなかったイメージだけれども、

私が個人的に感じた事として。

怒らない為には、ネガティブ感情を普段からあんまりコップに溜めない様にする事が先決なのね。

ムズイ!

けど、我が如何に鬼であるとて、本心では、無闇矢鱈に怒りたくはないです。
怒ったって全然スッキリなんてしないしさ、
寧ろ辛さが増すだけだったし。

それも当たり前なんですね。
溢れて溢れ出した部分が単に爆発されただけなんだから、コップの中身はまだ満タン状態なだけなんだもん。

そのコップの中身を減らさないと、理不尽な怒り感情は自分の中からは消えないのね。
それを知れただけでも、何となく心が軽くなった気もする。
(まぁ、気がしただけw)

番組内では、他人が怒っている人に対する対処法をこんな場合はこう接すると良いみたいよ?
と、勧めていた。
こちらの発する怒りにムカついて更に相手側の怒りで応酬してしまうのは最もマズイ対処法なんだそうですわ。

まぁ、そうよね。
こちらが最高潮に怒ってる時に、相手から怒り返されたら反省するどころか、ヒートアップしている分、喧嘩にもなるよね…( ̄▽ ̄)コワイコワイ。

人は、その見えてる嫌な怒りの裏に潜むネガティブ感情を読み取り、それに見合った安心方法を選んで対処すると効果的らしいです。

けどさ、そんな他人の感情に対して察しの良い人がこの世に果たしてどの位居るのか?とも思うけどね。。。
周囲に無神経な人が多過ぎるから、皆んな怒ってんじゃね〜の?( ̄▽ ̄)★

取り敢えず、涙を流して声を出して泣くとちょっとだけですけど、スッキリはしますよね。
何しか、微々たる知識アップが図れて良かったです

そして昨日は学校帰りの娘を誘って、また学校脇にある図書館の分室へ行こうかと思っていたのですが、
休館日でした…

娘の帰りを待っている間に、近所に住む娘の登校班の姉弟に出会い、
そこへ暫くしてから娘が合流したので全員車に乗っけて家まで送って行ってあげる事に。

そのままお友達姉弟だけをそのお宅の前に下ろして娘と中央図書館の方へ行くつもりが、
娘はそのお友達を慕って遊びたいから…と、付いて行ってしまいました。

あろう事か、自分のランドセルを車内に残して…

仕方なく1人寂しく初めての市内中央図書館へ車で向かったのですが、
昨日は雨も降っていなかったのでそれ位、原チャで行けば良かったです

初めての場所へ1人で行く時は、不安心からなのか何なのか、持ち前の不器用さもパワーアップ。
何かしらをやらかしてしまう私なのですが、やはりやらかしましたね。

図書館の場所的には、娘がお世話になっていた歯科とほぼ近くにあるので駐車場迄は上手く辿り着けたんです。
立駐の一階に、柱の立つ隅っこへ空きが一つあるのを見付け、軽専用の表示がない事を確認してココでもいっか〜と、バックで駐車をしようと試みました。

普通に白線枠内に車を狙ってバックしたつもりでした。
そのまま真っ直ぐにバックして行けば収まると思っての事だったのですが…。

ユックリとバックした時、ガガガガガ!っと、不穏な音が何か左側前方から響くぅ〜ゲロー

何何何何?!

と、停止してから焦って音のした方を見ると。。。

スペース充分と思われていた立駐を支える柱と私の車のミラー部分のスペースが皆無で、
ミラーが柱に引っ掛かって首が向こう後ろに傾いてるぅううううっ

どうする?
どうする??
どうしたら???

パニックに陥った私は、良い考えが全く浮かばず。
もう前には行かれない気がして、かといって今の状態ではミラーを畳む事が出来ないとだけは不思議と認識出来ており、
恐る恐る、停車位置までそのままバックをする事にしたのです。

ガリガリ言いながらミラーは普段畳まれる方向とは真反対の方向に無理矢理折り曲げられ、
あ。コレ、折れるな…と思いながら停車位置まで。

更に折れたな…と思いながら、せめてミラーを仕舞おうと思い、自動収納の操作ボタンを押しました。
すると、変な音を奏でながら左側のミラーも180℃の動きで元に戻ってくれたのです。

き、奇跡…っっ!

最近のミラーはこういった自損事故を想定して、折れずに向こうにもひん曲がれる作りにでもなってるんですかね?

いつの物かは分からないけど、車のミラーへの傷がまぁまぁガッツリ付いていたものの、
折れたり破損したりが無かったので車は事無きを得ました。。。
普通に動くし、何か、ありがとう。
SUZUKIよ…

で、車を降りて図書館を探しました。
こちらも休館日ではありません様にと祈りながら…。

しかし駐車場は一発で分かったんですが、肝心の図書館が何処にあるのか分からず、立駐の敷地内をウロウロしている所を何か市のイベント帰りで別の階に車を取りに行く思われるジジババの団体と擦れ違って、
そんな私の謎行動を不審の目で見られたりして恥ずかしかったです。。。

その後、ジジババがやって来た方向へ試しに進んでみると、建物を発見。
そこが、まごうかたなき中央図書館でした。

私が図書館に来た理由。

ソレは本日、またまた読み聞かせの第2弾が行われる日で、
2回目は何と、娘のクラスへの出張読み聞かせの日だったのです

前回の一年生のクラスへの読み聞かせか楽しくて、スッカリやる気になっていた私は張り切って本選びに励みました。

が。
二年生には一体どんな本を読み聞かせたら良いのか、探しているウチに分からなくなり、迷走

図書館内でも児童書あたりをウロつく不審者っぷりを披露しながら、色々検討した結果。
夏らしく少しコワイ本と、私が幼い頃にウチにあって母から読み聞かせられて面白かった本を見付けたので、その二冊にしました。( ̄▽ ̄)

無事に本を借り、その後は駐車場でミラーを引っ掛ける事もなく、
(狭目だけどスペースが無いわけではないココで、私は何故引っ掛かったのだろうと改めて疑問に思えました。。。)
お次はイオンへ向かい、サッと夕飯弁当を買い上げて帰宅しました。

地域の子供に向けて帰宅を知らせる鐘が鳴り、間も無く私も帰宅しました。
途中で娘とお友達の弟が道を歩いている姿を発見し、手を振ったものの、何か様子がおかしい?

玄関前で暫く待てど、帰って来ず。

何…?

と、嫌な予感。

結局、彼女は後にコソッと帰って来たのですが、勝手にゴッソリ貯めてる自分のお年玉を持ち出して禁止していた子供だけでコンビニに買い物へ行っていた事が発覚し、
娘に対して叱りつけた私。

まだお金の価値も計算もままならないアナタがお金を管理して遣うのはまだ早い!と、こっ酷く叱りつけて、罰として暫く締め出した家に迎え入れました。

お友達に奢っていたりしたらお友達の家の教育問題にも関わって来るので、
駄目だと言い聞かせましたが、話を聞くと、お友達はお友達でご家庭から託されたお買い物があった様で、奢ってはいないと言うので、少し安心しました。

駄目という事を勝手にやってはいけない事、
コッソリとしてバレなければ駄目という事をやる子の言葉に信用は無くなるものだから、二度とやってはならないと、説教をしました。

その後は学校と公文の宿題を終えてから自宅学習も終え、夕飯と歯磨きと入浴を終え、
就寝に至りました。

その時に借りて来た本を見せて、試しに読んでみました。
準備は万端です

そして翌日の今日。

生憎の雨…

今朝、娘が持って行く傘が家にある物が大き過ぎるのと小さいのしかないとゴネ始め、お迎えの子達が来てくれたのに中々学校へ行かない事で、
母方激し目の母娘喧嘩が勃発しました。。。

怒っても言う事を聞かないのは分かっているんですが、その時は原因のしょうもなさに腹が立って仕方がなく、何で?!と言う気持ちになります。

結局の所、一旦お友達には先に行って貰ったのですが後発の娘は主人が車で送る事にして、
道中で娘のお友達を拾って学校へ送って行く事になった様でした。

私としては腹立たしい限りなのですが、主人は甘いですねぇ。
ADHDなんだから怒っても仕方ないでしょう?と言ってくるので、
オイオイ、何でもかんでもADHDで片付けていいのか?と、イラつきます。。。
何にでもそういう風に考えれば楽は楽なのかも知れないけど、
何だか境界線の匙加減の難しい所ですね。

コレも、傘への拘りみたいなものなのかなぁ?

元々本人も気に入ってなかった大きい傘が、一緒に行くお友達にも邪魔だとダメ出しされたのが気になっている様で、
コレで行きたくない!と主張するのです。

分からない世界だわ。
傘なんて何でもいいじゃん、雨に濡れなければ。
(暴言)

私以外の家族全員が出掛けてから、私も朝の家事仕事があるのでそれを片付けました。
今日はお掃除の方がみえ、お昼過ぎに帰られました。

昼からは学校の休み時間に本読みに出掛けなければなりません。
空模様がまだ悪いので、車にすべきか、賭けに出て原チャで行くべきなのか迷いつつ、
時間になったので家を出ました。

その頃には雨が降っていなかったので、賭けに出て原チャにしましたが、結局雨には遭遇しなかったのでラッキーでした(笑)

読み聞かせのボランティアは2回目なので、単独で参加してもモウ勝手が分かるのはありがたい
中休みで遊ぶ児童達を横目に校庭を横切る途中でウチの娘が遊んでいる姿に遭遇。
目が合ったので軽く手を振り、教室を目指しました。

前回の時は、集合設定時間ギリギリに着いたのですが、今回は早目に着いてしまい、まだ生徒の少ない暗い教室の前で手持ち無沙汰になってしまいました

暇なので持って来たスマホを片手に差し障りのないページを開いて見たりしていると、人の気配。
二年生の違うクラスに読み聞かせを行う娘のクラスメイト男児のママさんだったので、軽く挨拶を交わし再びスマホ画面へ。

すると、再び廊下で私の脇を通る人の気配が。

よく見ると、何と校長先生だったのでした
いつもお世話になってます…と、すぐ様私がご挨拶をするとサッと風の様に移動されて行かれました。

こうして改めて個人的にご挨拶するのは初めての事で、何となく緊張しちゃった私(笑)

その後、娘の担任のI先生がみえ、ご挨拶を終えるもののその後も現れたり居なくなったりと神出鬼没。( ̄▽ ̄)
一年生の読み聞かせを行った時には集合時間には既に生徒が揃って居て教室へ案内されたのですが、
娘のクラスの時は中々教室の電気すら点かず、大丈夫かな…と若干不安になって来ました。

チラホラ集まりつつある生徒で娘の友達関係などで顔見知りのお子さんからは声を掛けて貰ったりしたので雑談をして時間を潰すものの、
一向に始まる気配もなくていよいよ不安になって来たのですが、
暫くしてやっと準備が整った様で、I先生からお声掛け頂いて教室内へ入りました。

先生が促して日直さんの号令で気を付け・礼で始まりの挨拶を受けてから、
所定の位置に移動して本読みの始まり始まり…。

怖い本から読み始め、私なりに演出を凝らしつつ、二冊の本を読み終えた所で丁度終わりのチャイムが鳴るとゆ〜何だかグッドなタイミング

前日に軽く家でタイムを計りながら読み聞かせの練習をしていましたが、こんなに上手い時間内に読めたのは何だか気分も爽快になれました

子供達も喜んで聞いてくれたみたいで良かった良かった。
娘が帰宅してから聞くと、みんな本の物語が大好きみたいなので、読み聞かせは毎回楽しみなんだそうで、私達もやり甲斐があるなぁと思いました。

来年からも、またやろうかな
私自身が本読みがすごく好きみたいで、何より楽しかったし、まだまだ素直な子供相手だとちゃんと耳を傾けてくれて喜んでくれている様子がダイレクトに伝わって来て、何だか凄く読み聞かせの楽しさに目覚めてしまった私だったのでした(笑)

終わったら速やかに退室し、今度は誰もいない校庭を再び横切り、まずは図書館の分室に速攻で借りた本を返してから、原チャに乗って家に帰りました。

そして着くや否や荷物を持ち変えてその足ですぐ様車に乗り換え、お客様感謝デーで5%オフとなるAEON MALLへ直行!

様々な品物の纏め買いを決行しました。
買えるなら娘の算数の学習用にdl表示がされているメスシリンダーが欲しかったんですが、
幾ら探してもそんな物は何処にも売っていませんでした。。。

仕方なく必要なものだけ購入してから帰宅。
軽く買って来たもので昼食を摂り、そしてそれから少しの間お昼寝をしちゃいました( ̄▽ ̄)

その後義母や娘も帰宅し、学校と公文の宿題と学校で習っている3桁の数字の計算の前にかさの範囲に入った自宅学習を疲れたと嫌がる中、無理矢理に続けてやる様に強要したのですが、
そんな中でも意外と、かさや長さの単位が入ると単なる計算をするよりも頭に入るようで計算はスムーズでした。

ただ、慣れないアルファベットを使うdlをいちいち書くのがとても嫌な作業らしく、
内容は分かるのに、それを書くのが嫌だとゴネてしまって遅々として進まず、最終的にはイラついた私に怒られるとゆ〜、かわいそうな娘。。。

せっかくの褒められどころを澱みなく活かせない要領の悪い娘に憐れさを感じてしまいます。

何だかんだで時間が掛かり、仕事で帰宅していない主人を除いた家族で遅目の夕食を始め、
先に食べ終わった義母は自室へと戻って行きました。

その後、娘も食べ終わった所で主人が帰宅し、彼が夕飯を食べている間に娘と私はお風呂に入りました。
先に娘をお風呂から出してからモウ寝ている様に指示をし、
私は再びユックリとお風呂を楽しみました。

そうして風呂から上がると、主人は既に夕飯を終えて先に寝に行った娘と共に床に就いていました。( ̄▽ ̄)

ドーンと大きい主人と下手すりゃ5歳くらいに見えてしまう小さくて細っこい娘の対比が何だか眺めていると面白い。

そんなこんなでいつの間にやら日付が変わり、もう7月です。
私も早く寝なくては
明日は予定があるので、お休みなさい。

打つのが間に合わなかったのですが、この記事は内容的に6月最後の日時更新としてセットし、アップをする事にしました

ではでは、お休みなさい。。。