筋肉ドクターの気まぐれ日記

筋肉ドクターの気まぐれ日記

Killing Timeに日記を書き候

 

 

私はサプリでプロテインって今までの人生で摂ってないことの方が圧倒的に多いし、摂ったときに筋肉ついたとも思えなかった。

逆にプロテイン摂ってどんどん筋肉つくなと思ったら、何か薬物でも混入してるんじゃない?って疑いそうです。

 

もちろん成長期だって、蛋白質を好きな子が筋肉質になるなんてことも無いと思うんですよね。

筋肉質な子は、甘いもの好きでも筋肉質だと思うんです。

 

結局体質と運動習慣以上に、食事で筋肉つくなんてありえないなと自分の実感と周り見ていて思うわけです。

それ以上は薬物使ったトレーニングしか無いかなと。

まあ、往年のトップビルダーも晩年は薬物の副作用に苦しめられているようですが。

 

ただ、やはり今まで多くの方を見ていて、きっちり筋トレ頑張ってもらっているのに全然筋力上がってこないなって思った人で、全然食べてないという人がいました。

拒食症に近いような人はやはり筋力はつけれません。

 

なので、筋力を上げようと思うと食べるのは必要だと思いますが、過食は必要とも思わないですし、なにもプロテインまみれになることも必要だとも思いません。

 

体は必要な栄養は、食べてれば吸収してくれるものだなと。

特別変な食事しなくても、正しく筋トレしてれば筋肉はつくなと。

 

筋トレしても筋肉がつかないってなった時に、安直にプロテインがアミノ酸がとか言い出す人が多いですが、自分のやっている筋トレがざんねんなものではないのか確認すべきだと思いますね。

 

そもそも私は要素還元論や統計学(エビデンス)は参考程度にしかしない。現代の栄養学者はこれを盲信しないとなれない状況ですが。短い科学の歴史でも栄養学はコロコロ言うことが変わってますから。真逆になることも珍しくない。それよりも歴史的に人間は何を食べてきたのか、人類は何を食べてきたのかを参考にする方が、間違いない答えになると思っています。これもKIS原則です。

 

と今までのナチュラル筋トレ人生してきて思うところです。

 

 

長年老化するままに生きてきた方は、変化=悪と捉えるようだ。

なので、最初に筋トレしてもらうと、こんな〇〇が起こったから辞めときますみたいな、辞める理由にされる。

 

しかし、環境に対する生体の反応として、時間の短いほうから反応、順応、馴化、適応と言いまして、筋肉が大きく筋力が強くなる適応を起こそうと思えばまず反応させないといけないわけです。

 

トレーニーの方なんて、なんとか今回のトレーニングで体を変化させようと、反応させようと必死で頑張っているわけですが、長年老化するままにしてきた人は変わらない=善と思っているようです(本当は徐々に弱る変化が起こっているのですが)。

 

故マイク・メンツァーは、1回やって変化がないことを何度繰り返しても変わらないとおっしゃっていたが、その通りだと思います。

なので、体をより強くかっこよく変えようと思うと、まずすぐに反応し出すようなことをしなければ意味がないわけで、その反応をもって辞めるなんてもったいなさ過ぎます。

 

1回やっただけで反応が起きるってことは正しいことをしている証拠ですから、そこから更に良い変化を求めてやっていくのが正しい判断だと思いますけどね。

変わらないことをやり続けても仕方がないですから。

しかし、多くの方は賽の河原で石を積むような変わらない運動をしたがる人が多いですね(というか結局続かないんですが)。

 

ということで、すぐに反応しないような運動続けても、老化するままなのは変わらないということです。

 

 

筋トレの効用と言うか筋肉量のある人の方が結果がよろしいという医学論文が散見されます。

 

有名なところでは、糖尿病は一見血糖値を下げるために有酸素運動と思われがちですが、筋肉量の多い人の方が耐糖能と言って血糖値を下げる能力が高いとか、がんはなるかどうかにミトコンドリア活性とか言うのが重要で、ミトコンドリア活性は筋肉量が多い人の方が高いとか、がん治療で生き残る人も筋肉量の多い人の方が生き残りやすいとか、全般的に寿命は筋肉量の多い人の方が長い傾向とか、内科方面でもいろいろ言われています。

 

ですが、一応筋トレを含めたリハビリテーションの有効性は低い、無いという論文も多い。

 

これはリハビリテーションの筋トレがざんねんな筋トレであることに起因しているのは火を見るより明らかですが、でも、こういう内科疾患の方が筋トレするかって言われたら、安静にする人、ざんねんな筋トレしかしない人、有酸素運動だけする人がほとんどだ。

 

全身の筋力の強い弱いの判断に握力を指標にする場合がありますが、握力が強いと〇〇に良いなどあると、握力だけ鍛えようみたいな人が多いのも笑える事象です。

 

とまあ、ざんねんな筋トレは大多数の方の要望で生まれている部分もありますよね。