筋肉ドクターの気まぐれ日記

筋肉ドクターの気まぐれ日記

Killing Timeに日記を書き候

NEW !
テーマ:

 

 

筋トレは現在ブームらしいですが、まあ筋肉系芸能人の方がやっていたり、長渕剛さんやダウンタウンの松本人志さんやT.M.Revolutionの西川貴教さんみたいに昔細見だったのに、今や筋肉系な方もいます。

女性では、良い体をしている芸能人がやってたりもします。

 

そういった影響で、良い体になりたいという方がやるものっていうのが主な目的になってますよね。

 

 

逆に度を越してボディビルディングやパワーリフティングに足を踏み入れる人なんて、オーバーワークで体を壊している人なんて多いわけです。どこか痛めながらもやり続けるのがかっこいいみたいな。

 

パワーリフティングはいかに重いものを持ち上げるかなので、筋トレと言うよりも重いのを上げる技術みたいな部分も大きいように見受けられます。

逆に、筋トレはできてないんじゃない?筋力上がってないんじゃない?って思わなくもない。

 

 

しかし、筋トレってのは筋力を増強するものでもあるわけです。

アイアンクリニックやうちの診療所ではどちらかと言うとええ体作りっていうよりも、衰え行く体力の向上をメインにやっています。

 

実際、腱鞘炎だ、関節炎だって言うている女性に運動してもらったら、片手に3㎏も持てなかったり、体重すら蹴れない人がいたりします。

そりゃこの体力で運動して痛くならない方が不思議じゃないですか?

きっと、通常の整形外科では、安静指示して、痛み止め処方して、もしかしたら注射して、リハビリと称する温熱や電気治療して、理学療法士がいてもMMT5とか言うてるんでしょうけど。そりゃ、これで痛みが引いても、次やったらまた痛くなりますよね。

 

こういう人に非常に有効に筋トレは使えるわけです。

別に良い体になってもらわなくても、日常生活の運動レベルが上げられるようになるわけです。

 

ここを改善せずに、歩け歩け、走れ走れとかやると、更に痛くなるだけなわけです。

 

 

そういう激弱女性に筋トレをやってもらううちに、脚が締まってきたのはこのせいですか?とか言い出す人もいたりしますが、私としては別にそこは狙ってないわけです。

ただ、美容整形の隆盛を見れば分かりますが、美容にさして効果があるのか疑問な高価なものを馬鹿な女性に売りつける方が儲かるわけですから、うちも美容押しでやった方が来られるのかなとも思いながらも、結局筋肉量だけ増えても綺麗になるかどうかは主観的だったりするわけで、そんな詐欺めいたことはやらないですが。

まあ、キストレやるのはインチキ美容より余程美容にも効果的なわけですが。


テーマ:

 

 

一般的に整形外科と言うと、内科とともに外来が混雑する科です。

 

湿布を定期的に貰いに来る人、ブロック注射を希望する人、慰安的リハビリへ並ぶ人でごった返します。

でも、病理薬理学的にもエビデンス的にも、これらで何かが治るってのは無いわけで、症状を緩和してるだけで、逆に依存させてリピーターを作っていると言っても過言ではない。もはや製薬業界、医療機器業界が一体となりビジネス化した既得権益となっている。

 

しかし、こんなことしていても、弱った人の体が強くなるわけもなく、効果的なリハビリ、きっちりと筋力訓練するリハビリもやるべきだろうと、自らやっているわけですが、ある意味依存させれば健康的になってもらえるし、治る人は治るし、一般的な殺伐とした整形外科外来とは違って、雰囲気の良い整形外科外来だなと思うわけですよ。

しかも無駄なリピーターいないから、そんなに混雑もしないし(儲からないけど)。

 

そもそもうちには交通事故などの疾病利得系の被害者意識が強く無料でマッサージ受けなければならないという妙な信仰を持った人は来ないし、そういう変な権利意識みたいなのが強い人が整形外科外来を更に殺伐とさせていると思うんですよね。

 

湿布と注射とマッサージに行列する生活保護の方も、うちでは指定受けていないのでおられませんし。

パチンコ行ってから整形外科でマッサージを受ける毎日をルーチン化している生活保護の方もいると聞きます。

整形外科でマッサージ受けるのは、医療行為として認められているので、生活保護の方は無料ですからね。

一般の仕事して納税されている方が、癒やしを求めてお金払ってマッサージ受けているのにね。

 

皆さん頑張って健康になろうと努力されている姿を見て、逆にそういった妙な権利意識の強い方は場違いに思って来られなくなる気がします。

まあ、与えてもらうことだけで良い目をみようと思っている方には、確かに場違いなクリニックです。

何かしてもらおうと思って来られた方は、がっかりするのでしょう。

 

既得権益化している整形外科業界ですが、そういうのから離れてうちみたいのも一軒くらいあってもいいだろうと思う今日この頃です。


テーマ:

 

 

比較的遠方から診療所へ来て頂く方もおられます。

もちろん、来られた方には懇切丁寧に、今後も近くで続けられるように説明しているつもりです。

しかし、そういった方は大体、近くでやってもらえないんですか?と聞かれる方が多い。

なので、少なからず弱った方にキストレのニーズはある。

 

しかし、じゃあ私が自分が強くなるために行ってきたことが、誰かから直伝された秘訣があるからできるのかと言うと、そうではない。

イージーゲイナーでない私がいかにして効果を上げるか、薬物など使用せず健康的に運動のみで効果を上げるかに注目して、行き着いた結果がキストレなわけです。

なので、私からしたら、やりたきゃ誰でもいつでもできると思うわけです。

 

ハード面では世の中フィットネスブームと言われていて、24時間利用できる施設も多くあるわけだし、やる気になればどこでもできるわけです。

ソフト面がやってみて分からなかったら私が出した書籍もあるわけで、それ読めば別に包み隠さず私が得たキストレが詳らかに分かるはずです。

 

なのに、私が近くにいないとできないというのは、基本的にやる気ないでしょと思わなくもない。

確かに、筋トレに学生時代から親しんできた私とは違って、見たことも聞いたことも無い人には分からないかもしれませんが、でも筋トレの世界に飛び込んじゃえば分からなくてもハード面もソフト面も充実しているわけですから、ああ、このことねって分かって頂ければ良いと思うわけですよ。

 

ということで、手取り足取りじゃないとできない人も確かにいるんでしょうから、指導者育成するしかないかな。

まあ、そもそもやる気がない、できない人もいるでしょうけどね。

 

遠方からわざわざ来ていただいて有り難いですが、うちで体験してもらって、継続して頂けてるのかな?と思うところです。

Ameba人気のブログ