Another Studio Jurassic Emotion

Another Studio Jurassic Emotion

管理人のIROMONO-MANが日々思ったことを色々綴るblogです。ただし、絶望的にくだらない内容ですのでご注意ください・・・。

絵仕事募集中!


 現在絵仕事を募集しております。恐竜等の古生物、美少女キャラクター、ドラゴン等のクリーチャーが得意です。現生の動物も大歓迎!



 ただし、以下に当てはまるものはお断りさせていただきます。



 ・ 風俗など、一切の実写系アダルト関連

 ・ 一切の宗教関連

 ・ パチンコ、競馬などを含む一切のギャンブル関連

 ・ 一切の金融関連

 ・ 非実写系のアダルト物でも陵辱や調教がメインのもの。触手とかも含みます。

 ・ その他いかがわしいと判断されるもの



 サンプル





サンプル4

サンプル3

サンプル2

サンプル1

 ご興味をもたれましたら以下のアドレスにメールをお願いいたします。

 shln@trust.ocn.ne.jp


あと、メールを送信される場合、メールアドレスやホームページアドレスは最低どちらかひとつは必須です!





現在登録させていただいております!管理人のページはこちら です!


テーマ:

今年の7月は気になる古生物ニュースが結構多かったような気がするのでここでまとめてみます。

 

 青森 12万年前の絶滅鳥類化石

 

Web東奥

毎日新聞

 

 

 青森で19世紀に絶滅したという海鳥のメガネウの化石が発見されています。この発見によりかつてはベーリング島だけに生息していたというメガネウがより広い範囲に生息していたということがわかったようです。発見部位は翼当たりのところだけのようですが、いずれは全身骨格とかが見つかってほしいような気がします。

 

 ミャンマー 恐竜時代の赤ちゃんヘビ

 

朝日新聞

 

ナショナルジオグラフィック日本版サイト

 

 

 ミャンマーで白亜紀の琥珀の中からヘビの赤ちゃんの化石が発見されています。新種だそうで、学名はXiaophis myanmarensis。

 

 全長は4.75㎝程度ですが、背骨などの保存状態が非常にいいようです。ただ、頭部がなくなっていたそうですが・・・。これとは別にヘビの皮膚らしき化石がある琥珀も見つかっています。この発見はヘビの進化の研究について相当貴重なようです。

 

 アメリカ 新種の鎧竜

 

 ナショナルジオグラフィック日本版サイト

 

 カラパイア

 

 アメリカのユタ州で7500万年前の白亜紀後期の新種ヨロイ竜の化石が発見されています。学名はアカイナセファルス・ジョンソニAkainacephalus johnsoni。

  全長4mほどで、全身骨格が発見されています。アジアのヨロイ竜の近縁種のようで、ヨロイ竜の進化を考えるうえで貴重な存在といえるかもしれません。いずれ来日してほしいような気がします。

 あと発見された化石の保護区がどうなるのか気がかりです・・・。

 

 大学に保管されていたお宝 実は…。

 

 読売新聞

 

筑波大学

 

佐賀新聞LIVE

 

福島民報

 

日本経済新聞

 

茨城新聞

 

60年以上筑波大学に保管されていた化石が絶滅哺乳類パレオパラドキシアのものであることがわかったそうです。部位は右の大腿骨です。

こういう形での大発見もあるものです。

 

 今年(2018年)の7月はいつもの月と比べてすごい発見が目立ったような気がします。今後もこの調子で発見があるでしょうか。

 

 


テーマ:

【ムー恐竜壁画の謎】アルゼンチノサウルスと人類が共存していた!? 
やはり人類と恐竜は共存していたのか!? その事実を裏づける“岩絵”の存在が明らかになった。
≪続きを読む≫

 

 恐竜(鳥類以外の)と人類が共存していた証拠だという壁画の記事です。

 

 恐竜の存在を知っている我々現代人から見れば確かにそう見えるかもしれません。ですが、壁画が描かれた当時の人類は実際には何を見て描いたのでしょうか。ただ、この記事での写真を見る限りではかなり恐竜に見えますが・・・。

 

 こういう人間と恐竜の共存の可能性についての話になると、進化論を根底から覆すという話になりますが、どういう理屈からなのでしょうか。

 あと、人類の時代まで鳥類以外の恐竜が生き残っていたとしても我々が知っているものとはかなり異なる存在になっていたと思います。大型哺乳類とどのようにすみ分けていたのかも気になります。

 

 

 


テーマ:

朝日新聞デジタル

高知新聞

毎日新聞

読売新聞

 

 昨日(2018年4月26日)、高知県室戸市にて新しい水族館がオープンいたしました。その名はむろと廃校水族館!!

 

 この水族館はその名の通り廃校(椎名小学校)を改造したもので、この試みは珍しく、私が知る限りではほかに聞いたことがありません。

 飼育されているのは主に室戸沖の生物で、珍しいクロウミガメなどがいます。さらに25mプールまでもが水槽にされていて、そこでウミガメや魚が飼育されているそうです。

 水族館としては小規模かもしれませんが、何かで四国に行く機会があれば行ってみたいと思います。


テーマ:

 本日、名古屋に第2の水族館がオープンいたしました。施設名はシーライフ名古屋

 

 以前からある名古屋第一の水族館である名古屋港水族館とは異なり、イルカやペンギンなどはおらず、小規模かもしれませんが、木曽川や竜宮城をイメージした水槽があったり、海生生物とのふれあいコーナーがあったりします。いずれは行ってみたい気もします。

 

 あと、名古屋港水族館のほうも鯨類進化がテーマで、古代鯨類も多数展示されている進化の海コーナーがリニューアルされています。パネルが一新されていたり、パキケトゥスの全身骨格が展示されたりしました。

 

 名古屋の2つの水族館はそれぞれかなり違ったイメージがあるので時間があったらワンセットで行ってみたいような気がします。

 

 


テーマ:

朝日新聞デジタル

ディスカバリーチャンネル

ナショナルジオグラフィック日本版サイト

AFPBB

 

 イギリスの海岸で2016年に発見された化石が海生爬虫類としては史上最大である可能性があるようです。魚竜の1種で、部位は下顎の一部だそうです。時代は2億500万年前のジュラ紀はじめぐらいです。

 発見された化石は1mぐらいだそうで、そこから推定される大きさは全長26mになるそうです。

 

 全長20mを超える海生爬虫類といえば、2004年にカナダで発見されているショニサウルス(シャスタサウルス?)・シカニエンシスが存在しています。今回の発見と同じ魚竜類で、全長21mと見積もられています。今回の発見である下顎の一部とショニサウルスの下顎の同じ部位との比較で上記のような数値がでたようです。頭部が体のわりに大きいとかでもない限り、これまでに発見された中で史上最大の海生爬虫類であることは間違いなさそうな気がします。新種かもしれません。

 

 今回の巨大魚竜はいったいどのような姿だったのでしょうか。どのような生態だったでしょうか。いずれは全身骨格とかが見つかってほしいような気がします。

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス