トライアスロン選手のトレーニングに対する考え方が素晴らしかった件 | 鍼灸師 しんもりのブログ

鍼灸師 しんもりのブログ

店舗
◼️芝浦スポーツ整骨院 https://shibaura-seikotsuin.com
◼️新浦安しんもり整骨院 入船院 https://irifune-seikotsuin.com/sp/
■ 新浦安しんもり整骨院 今川院 https://www.shinmori-seikotsuin.com/sp/
・サッカー元日本代表 中村俊輔選手 専属トレーナー

先日トライアスロンをされてる40代後半の男性が来院されました。フルマラソンは2時間台、アイアンマントライアスロン(swim4km.bike190km.run42.2km)も出場する、まさに鉄人という印象です(^^;;



そんな方が、今後はウエイトトレーニングをしていきたいとおっしゃっていて、その理由も含めてなんて頭のいい方だと驚きました。


40代になり関節や筋肉系のケガが増えた

➡️ウエイトトレーニングにて衝撃に耐える身体作りを行う

・長時間練習すると疲労が抜けにくくなった

➡️短時間で負荷をかけれるウエイトトレーニングにて調整する

・まだまだ成績を向上させたい

➡️これまで無駄な筋肉は必要ないと思っていたが、筋量がないと限界があると感じた


湘南の有名なチームに所属していて、そのチームもウエイトトレーニングを推奨しているそうです


私にこの考えどうですか?と尋ねられたので、「素晴らしいと思います。ご希望があれば優秀なSCをご紹介出来ますのでお申し付け下さい」とお答えしました


サッカー界にもこんな考え方の選手が増えるといいなと思うので、情報を発信していこうと思います。