患者様の声 腰椎すべり症 手術回避 | 新浦安しんもり整骨院 入船院
新型コロナウイルスに関する情報について

新浦安しんもり整骨院 入船院

・プロスポーツトレーナーのいる整骨院
・超音波エコーを見ながら鍼治療を行います
・スポーツマッサージ、骨盤調整、はり、リハビリ、トレーニング など
・肩 こし ひざ 首 背中 しびれ 足首 など
・交通事故 むちうち 専門治療
・美容鍼、リフトアッププログラム


手術を回避(腰椎分離すべり症) 40代 女性


長年、腰痛と腰から足への痺れに悩まされており

カイロプラクティックや整体などに数年通う。

(カイロでは、強いアジャストを1年近く受けていた)





症状は落ち着いていたが、しびれ・痛みがひどく

歩くのもつらい状態になり、整形外科を受診。


腰椎分離すべり症」と診断され、手術を勧められる。





なんとか手術は避けられないかと、当方に相談される。


初診時、しびれ・痛みが強く、前屈もほとんどできず、

(立って前屈して、手の指先が膝までも行かない)

寝返りもままならない状態。





背骨・骨盤の調整を中心に一か月治療を施す。

(痛みが強い場合は、はり治療も行う)





腰を反らさない事やストレッチなど、日常生活についても指導し、

患者様のがんばった甲斐があり、2週間位から、歩行・寝返りが楽になる。


一か月後には、前屈が床につくようになり、しびれもほぼ消失。





結果的に手術は回避し、現在も定期的に治療しており、

症状の悪化はみられない。





詳細の解説はこちら