吹けば飛ぶよな家具屋のおやじ

吹けば飛ぶよな家具屋のおやじ

ブログの説明を入力します。

昨日、巨人対ヤクルトの試合を見ていたら、村上選手が登録抹消されて試合に出ていないという。

 

村上選手と言えば今ヤクルトにとって村神選手と言われている神のような存在である。

倦怠感を覚えた村上選手はPCR検査を受けたが陰性だったという。

そこでプロ野球ではコロナ特例2022と言うものがあるのだという。

選手に症状がなくなれば10日間待たずに再登録出来るのだという。

もしかして、本日にでも出てくるかな。

 

おかげさまで巨人はなんとか勝ったが、村上選手が居ないヤクルトは気の抜けたラムネのごとくである。

各選手が村上選手が居るだけで2倍にも3倍にも強くなるのである。

偉大な選手になりましたね。

心から脅威を感じます。

 

それにしてもコロナは日本列島をくまなく駆け巡り昨日も大変な数である。

しかし、東京は感染増加が早かったせいかピークが早くも来たようである。

昨日土曜日までの一週間が先週に比べて102%とほぼ横ばいになった。

僕の記録に寄れば今後は緩やかに減少していく。

一気に上がって減少速度は遅く長く続く。

 

全国はまだ増えているが、東京が先に減少に転じて、後から減少に転じる見込みである。

新しい変異株がまん延しないことを祈るばかりである。

 

思えば、夏休みであり全国気をつけながらも移動が始まっている。

2年間我慢してきたので政府が規制しないと言うことで旅行はして居る模様である。

 

先日も僕の弟が東京方面から家族7人で一台の車でやってきた。

聞けばこれから新潟へ行くという。

 

小学生の一人が先日コロナで熱が出たが一日で治ったと言って豪快に笑って出かけて行った。

どうやら他の家族は大丈夫だったようだ。

 

日本は症状のない陽性者も数えているから世界一の感染者数になっているが、感染したりしても医者にも行かないアメリカなどのように早く制度を変える必要がある。

 

本日、けろっと村上選手が出てくるか、僕は戦々恐々として待っている。

 

 

朝、新聞を見る。

さて、本日の巨人戦は何時かな?

 

しかし、ないのである。

よく見ると巨人対DNA戦は中止だという。

巨人は77人がコロナ陽性者になった。

中身を見てみると内野手が3人しか集まらないという。

また、休んでいたので選手が筋肉がなまってしまい動けないという。

苦しい事情は分かるが、又批判が噴出しそうな予感がする。

 

巨人は政界で言えば自民党である。

その自民党にも今厳しいマスコミの批判が集中している。

統一教会と自民党との関係である。

 

どうしても選挙があるので票が集まり協力体制が優れている団体に顔を出す。

しかし、安倍元総理の銃撃事件から再び反社会活動をして居ると言う実態が弁護士により報告されている。

 

そこへ、福田発言があった。

何が問題なのか分からない。

切り取られた発言がネットを駆け巡る。

炎上である。

あちゃー。

 

福田さんは僕の地元選出である。

正直な発言が多いが言ってしまったなあ。

申し訳ありません。

 

一方、岸田さんがこの件についての発言がなく、うっかりの福田発言のように口を開けばやけどをするのが現状である。

しかし、口を開かない、何もやらないで高支持率を保ってきたが 

コロナも爆発していていよいよ危ないぞ。

 

コロナについては伸び率がいよいよ下がってきてピークが見えてきた。

巨人のように社会活動が出来ない組織が出来てくる現状は今後の日本のやり方を変えなければならないところに来ている。

 

今こそ政治主導が求められる。

が、肝心な自民党が批判にさらされていてこころもとない。

ヒーローが出てこないかなあ。

 

 

 

安倍さん、ウクライナ、コロナ感染爆発、物価の値上げ等々重い空気について前回触れた。

 

しかし、人間考え方次第である。

明るい考え方に徹して明日を明るく生き抜かねばならない。

 

安倍さんは残念だったが、なんだか岸田さんがしっかりしてきた感が出てきていいのではないか。

政策もしっかり伝えてくれた。

 

ウクライナについても小麦などの輸出にロシアとの合意が出来たと4者会談で発表された。

これで世界は救われると国連事務総長は胸を張った。

しかしすぐにその出荷の港をロシア軍が攻撃したらしい。

しかし、ロシアは否定している。

これはいつものこと。

でも進んでいることは確か。

 

コロナの爆発についても僕の毎日の統計数字では一週間当たりの伸び率が減少に転じている。

数字がでかくなってきたので皆ビックリしてしまっているが、

又専門家は外れると大変なので言わないが、

伸び率が減少に転じてから翌週か翌々週にピークを迎えるのが通例である。

もう少しの辛抱だ。

 

巨人が感染者が70人以上出てここ3試合中止になった。

そしたら、ヤクルトは主力がかけても試合をしたので6連敗したという不公平論が出てきた。

 

まあまあいいじゃないか、

巨人は勝つことが滅多になくてひたすら負け試合を我慢しながらまさかの逆転劇を信じて最後まで見続けるという苦行をフアンはして居るのですよ。

中日と試合をしていたなら又負けて最下位に沈むところだった。

 

巨人にとって救いは8日間の連休がいただけたと言うことである。

巨人は政界で言えば自民党であり、たたかれる運命にある。

勝って当たり前なので巨人の監督は厳しいのですよ。

いい話題は8連休と言うことだけだが、今の巨人には恵の8連休である。

 

その他の明るい話題と言えば一時の40度の日々がなくて、せいぜい35度止まりくらいが続いていることか。

 

大谷君の奮闘も明るい話題。

探せば結構ある。

明るく考えを切り替えて重い空気を乗り切ろう。